バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  ドラッカーの知見を活かしたイノ...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  ドラッカーの知見を活かしたイ...
腸を制する者は健康を制す
イノベーションは自然の生命シ...
イノベーションは教条的ではな...
セミナー案内4月24日『ドラ...
ドラッカーとエコロジーと神道...
身体も企業も社会もエコシステ...
和魂で読み解くドラッカー社会...
ドラッカーから学ぶ和魂洋才の...
【オンライン無料体験】ドラッ...
再配信【オンライン・無料体験...
生命全体を維持する免疫系制御...
【オンライン・無料体験】 「...
いつまでも志をもって生きる人...
和魂洋才のイノベーション
ドラッカーに影響を与えた渋沢...
志は死を自覚して今を生きるこ...
ドラッカーと渋沢栄一
集団的恐怖心を煽る検査より無...
自律するひとり一人が現実に基...
本当の知恵は専門家の理論から...
他人に振り回されないで現実か...
現場もマネジメントの一角
問題解決の前に現状観察から問...
個人を超えて組織や日本や人類...
日本的経営の真髄は現場主義・...
【使命】とは、【誰でも人が存...
狭い専門家の視野ではなく現実...
ドラッカーコミュニテイカレッ...
自由と自律が人間の基本的特質...
ドラッカーのマーケテイングと...
江戸末期の農村振興に貢献した...
真摯さを説くドラッカーと徳を...
人の寿命は無常なり,先ず臨終...
要素分解ではなく因果関係で問...
東西融合の新しいマネジメント...
青年ドラッカーの志と学生時代...
URL修正再配信 男女のコラ...
男女のコラボで展開する参加型...
日蓮とドラッカー:ドラッカー...
再送 無料の公開講座(オリエ...
ドラッカー・コミュニテイ・カ...
過去や現状を基準にして未来を...
理論や理想論より成果を上げる...
ドラッカーの社会生態学的マネ...
実践があってはじめて精神、戦...
政治も企業のマネジメントも大...
人生は一方が解決すれば他方に...
頭を切り替えて限られた人生の...
コロナ後にも生き残るニッチな...
社会正義を振りかざしひとり一...
科学、宗教、哲学思想、そして...
専門家ではない方がデータを虚...
現場現実を重視する日本的イノ...
何を価値にする経済システムに...
書斎からではなく自然観察から...
人間50年、下天の内に比べれ...
長期トレンド、広い世界、多く...
ヒューマンアカデミー主催 「...
組織間の関係性の中でイノベー...
コロナ禍を教訓にして:危機を...
感染予防しながら経済社会活動...
武士道と云ふは死ぬ事と見つけ...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第610号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「冷静にデータ分析し免疫力を高める」




目次
…………………………………………………
〇前書き  「新型コロナデータ分析で言えること」
〇本文  「受注生産に近い見込生産で在庫を減らす分割平準生産」
〇編集後記「日本の年間死亡数と出生数」
………………………………………………………

令和2年4月15日水曜日のメルマガ配信します。



〇前書き「新型コロナ感染速度データ分析で言えること」

■新型コロナのパンデミックが世界で猛威を振るっています。


しかしながら
むやみに恐怖心を煽るだけではなく
現状を正確に把握分析することはなくひとり一人が
どう対処して生きるか考えなければなりません。

日本はダイヤモンドプリンセスでの感染者、
武漢からチャーター機による感染者の帰国者、
中国人の春節期の観光客の来日などで

当初から危険にさらされていました。


そして世界から日本は危険な国として
注目され厚労省の対応が批判されていました。



■しかし中国からヨーロッパにかけて広がり
4月初めになると世界に広まっています。


4月13日現在全世界で約200万人が感染し11万人の死者がでています。

国別に10万人当たりの感染者の大きい順でみると

スペイン355人
イタリア259人
米国176人
ドイツ147人
フランス146人
イラン87人
韓国87人
中国6人
日本6人

検査数が少ないとは言え日本では感染速度は抑えられています。

<出所>
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j037deq05xw0p77w1qB8n

■検査数が国毎に違うのでパンデミックの深刻さは
100万人当たり死者数の推移でみる方が正確かもしれません。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j037eeq05xw0p77w1qa5M

<100万人当たり死者数>
イタリア329人
フランス220人
イギリス(UK)156人
アメリカ62人
ドイツ33人
カナダ19人
ブラジル5人
韓国4人
ロシア0.89人
日本0.67人

死者数推移カーブは縦軸が対数で表示されています。

時間遅れでイタリアの急増と同じトレンドにあるのが
スペイン、フランス、イギリス、アメリカ、ドイツ、カナダです。

日本の感染者が早期に出ていた割には
死亡数増加速度(傾き)がなだらかで、死者数は比較的に少ない。

イタリアやアメリカでも感染爆発していますが
増加速度がなだらかになっている。

増加速度が一定になると
インフルエンザと同じく他の多くの死因と同じように誰しも
直面する死として受け入れるようになる。


■ちなみに
日本における死因別100万人当たり死亡数は

悪性新生物(癌)2600人
心疾患1400人
脳血管疾患1000人
肺炎850人
老衰350人
不慮の事故300人
自殺240人

■現在蔓延している恐怖は、正体が分からないウイルスであることと
感染速度が急上昇していることである。

しかし
イタリアやアメリカなど感染しても治って退院し
抗体が出来ている人も増えている。

そして感染速度が鈍化しており、
日本も間もなくピークを迎え
コロナ騒ぎも落ち着いてくることが予想される。

今の時期は

・冷静にデータ分析することと
・マスクや3密を避ける行動、外出自粛などだけではなく
運動や音楽や入浴や食事など
快適、感動、感激などで免疫力を高める行動をすること

が大事ではなかろうか。




〇本文
■さて、
本日のテーマ
===========================
「受注生産に近い見込生産で在庫を減らす分割平準生産」

「トヨタ生産方式のIE的考察」(新郷重夫、日刊工業新聞社、1980年)」より
===========================

■多くの会社では
工場には完成品の製品在庫が山のように積み上がっている。

倉庫に入らなくて外部倉庫を借りている場合も多い。


製品の完成と出荷の速度の違いが原因であるが
一般には出荷需要が変動するから
需要変動に対応するためにやむを得ないと考えています。

しかしながら外部要因である需要(顧客の注文)だけが
在庫は増える要因だろうか?

実は内部の効率を求める部分最適生産が在庫を過剰にしている。

■例えば家電メーカーで需要トレンドとして
大型冷蔵庫の売れ行きも小型冷蔵庫の売れ行きも日々変動するが
それに合わせて小刻みに生産することは現実的ではない。

月当りでまとめると大型冷蔵庫100台に対して
小型冷蔵庫200台が見込まれる場合を想定して

工場では効率を考えて
月の前半で大型冷蔵庫100台作り
その後小型冷蔵庫200台作るまとめ生産をする。


月単位では生産量と出荷量は同じだから
同期しているので問題は無いように見える。

■しかしながら大型と小型をまとめ生産することは
大型を作っている時の生産速度は大きいが
小型の生産速度は0である。

逆に小型を作っているときは大型の速度が0である。

この家電メーカーが
大型冷蔵庫1に対して小型冷蔵庫2の
割合で毎日どちらも平準化生産する場合在庫変動は小さくなる。

平準化とはまとめ生産による製品毎の
生産速度が大きく変動させない作り方と言えよう。

工場倉庫に在庫しないで
工場から販売店に直接送り直行率が大きく改善するので
在庫での滞留時間が減る。


■販売店からの注文の変動にあわせる生産は無理であるが
前半と後半に大型と小型をまとめて生産するより
在庫変動が少ない。


分割平準生産とは限りなく受注生産に近い、
見込生産であり、
欠品も生じさせないで在庫削減できる
生産方式である。



〇編集後記(日本の年間死亡数と出生数)
===========================
2018年、出生数92万人と死亡数136万人の差である「自然増減数」は
マイナス44万人で、人口減少ペースはさらに加速している。
死因をみると第1位のがん、第2位の心疾患に変わりはないが、
脳血管疾患を抑えて、第3位に「老衰」が浮上している。
===========================





■ホームページご案内

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは
供給連鎖において在庫削減と欠品防止のジレンマを解消して
利益体質を改善する手法です。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j037feq05xw0p77w1qKcZ


■以下の動画は回転摩擦抵抗の多いミニ四駆で走行速度が
10%程度向上しました。




今岡テクノロジー『制振装置R2O』ミニ四駆実験
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j037geq05xw0p77w1qmJy


2つのイノベーション
「在庫削減と欠品防止の両立」
「負荷運転でもアイドリングに近い軸振動抑制」


そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


ホームページご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j037heq05xw0p77w1qjc1


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 アイエスデイアイ


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j037ieq05xw0p77w1qFPG



■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j037jeq05xw0p77w1q7nJ

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j037keq05xw0p77w1qaJg


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j037leq05xw0p77w1qNjO


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。