バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  生命現象のメカニズムを知りスト...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  生命現象のメカニズムを知りス...
大谷翔平、湯川秀樹、トヨタ自...
生命現象の制御とマネジメント
身体のメカニズムからマネジメ...
トップだけではなくエコシステ...
生命現象のメカニズムを知りス...
イノベーションマネジメントの...
国家のマネジメントの指標は福...
超現代は主客と客体を統合する...
喜寿に思うマイウエイ:人生最...
喜寿を迎え持病もなくひとり暮...
人生とは1日1生の積み重ね
幅広い人生体験
高齢化社会の当事者として人生...
高齢化社会の当事者として人生...
読経、座禅、ロングブレス、心...
イノベーションは頭ではなく心...
心身の健康、医療介護福祉の安...
心身ともに健康に生きる秘訣
「3人寄れば文殊の知恵」コラ...
マネジメントは資源を顧客価値...
心身ともに健康に生きる秘訣
顧客に聞くだけではなく顧客の...
組織の内部で発生するのはコス...
腹は丹田とも言い丹田呼吸で心...
メタファー(比喩)による発想
グローバルビジネスとグローバ...
楽天的に不良長寿を目指そう!
探検とは想定外の現象を発見す...
企業間のサプライチェーンは共...
怒りや恐れや悲しみなどのスト...
希少な事実から洞察を得ること...
再送 人は指揮命令で行動する...
人は指揮命令で行動するのでは...
人は指揮命令で行動するのでは...
人生を楽しむことが健康で長生...
デザイン思考はニーズを需要に...
マネジメントが基盤にすべきも...
マネジメントの目的の第1は自...
イノベーションという革新には...
マーケテイングはニーズを探し...
生命力アップの為には腹(腸)...
新しいイノベーションの目標は...
異質な知見を組み合わせて多様...
人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第524号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「仕事も人間関係も取捨選択が人生の成果を決める」



平成30年7月25日水曜日のメルマガ配信します。

統計開始以来最多の熱中症による死亡者が出ています。


先週は毎日のように35℃を超える外気の中で歩き回り
新事業のイノベーションのためにいろんな人に会い、
夜は連日会食で交流しました。


■本メルマガアでは
ドラッカーの「イノベーションと企業家精神」
をはじめクレステンセンの「技術とイノベーションの戦略的マネジメント」
から歴史的な成功失敗の事例を参考にしながら
古希過ぎた「老頭」を駆使しています。

仕事の成功と失敗は
人生の成功と失敗とは別物でありますが
共通点も多い。

人生を振り返ると
少年時代の夢を潜在意識に持ちながら自分なりの生き方に沿って
20歳代移行の学びや仕事の選択をしてきました。

生活や介護においても仕事と同じように意味を求めて
生きてきたように思います。


■人生において何も制約がないと言うことはあり得ない。

思いがけない出来事で時間的にも資金的にも
意図せざることに時間も資金も取られる。

イノベーションマネジメントの歴史を見ると
イノベーターは最初から目的向かって順調にプロジェクトを
遂行しているのではなく人との出会いによって
廃止するか、続けるか、新しく始めるか
乗るか反るかの判断に迫られている。

限られた時間と資金の中で仕事も人間関係も
取捨選択が人生の成果を決める。

最も難しいのが廃止することだとドラッカーは言います。

その判断基準は「生き方」にある。



■さて、
本日のテーマ
====================
「知識によるイノベーションは賭けてみるしか選択の道はない」
「イノベーションと企業家精神」(P.F.ドラッカー、ダイヤモンド社)」より
==================

■ハイテクに代表される新知識によるイノベーションは
専門家によって称賛されても無視されても批判されても
乗るか反るかの勝負となる。

現在のAI,IOTは期待と称賛で盛り上がっているが
かってのコンピュータ産業も
鉄道、電機、自動車も同じように称賛され期待された。

しかし、産業全体で見れば僅かの企業が利益を上げている中で
殆どの企業は企業の規模と専門性にかかわらず
膨大な損失を出した。


■調査、技術開発、生産、技術サービスに多額の資金を必要とする。

時間が勝負だから短期の嵐を乗り越える資金的余裕と
投資する見通しが分からない。

多くの企業がマネジメントができなくて撤退する。

ドイツ銀行が成功したのはゲオルグ・ジーメンスが
世界で初めてトップマネジメントチームを構想し実際に作りあげたから
成功した。

デュポンが成功したのは体系的な組織構造は長期計画、情報システムを
世界で初めて作り上げたから成功した。

アライドケミカルは一人の天才によってマネジメントされて
失敗した。


■しかしマネジメントは必要条件だがそれだけで
成功を保証するものではない。

知識によるイノベーションはニーズを創造することを目的とする。

ニーズは市場の顧客に聞いても、受け入れるか、無関心か、抵抗するか
事前に分からない。

鉄道が流行する前に
「ベルリンからポツダムまで乗馬を楽しめるのに
金を払って1時間しか乗れないものを使うものなどいないであろう」
という意見が過半だった。

コンピュータも又
そのようなもの代物を企業が必要とすると予測したものは
いなかった。

■市場調査は
市場に存在しないものには役立たないどころか有害になる。

社会に受け入れられるかどうかの権威の評価が
正しいかどうか後になってからしか分からない。


結局のところ
知識によるイノベーションはそれが受け入れられるかどうか
やってみるしか道はない。

リスクをマネジメントしながら実践する。

世に与えるインパクト、
我々自身の世界観、位置づけ、生活の変化をどうもたらすか。

イノベーションにおいて適切な取捨選択するには
システム思考、自己規律、組織的かつ目的志向が不可欠である。



●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎



●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 21世紀ものづくり日本


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0paxms0vt6k5hzn03Sxx

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0payms0vt6k5hzn038SL


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0pazms0vt6k5hzn03hQ3

----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。