バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  トップだけではなくエコシステム...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  トップだけではなくエコシステ...
生命現象のメカニズムを知りス...
イノベーションマネジメントの...
国家のマネジメントの指標は福...
超現代は主客と客体を統合する...
喜寿に思うマイウエイ:人生最...
喜寿を迎え持病もなくひとり暮...
人生とは1日1生の積み重ね
幅広い人生体験
高齢化社会の当事者として人生...
高齢化社会の当事者として人生...
読経、座禅、ロングブレス、心...
イノベーションは頭ではなく心...
心身の健康、医療介護福祉の安...
心身ともに健康に生きる秘訣
「3人寄れば文殊の知恵」コラ...
マネジメントは資源を顧客価値...
心身ともに健康に生きる秘訣
顧客に聞くだけではなく顧客の...
組織の内部で発生するのはコス...
腹は丹田とも言い丹田呼吸で心...
メタファー(比喩)による発想
グローバルビジネスとグローバ...
楽天的に不良長寿を目指そう!
探検とは想定外の現象を発見す...
企業間のサプライチェーンは共...
怒りや恐れや悲しみなどのスト...
希少な事実から洞察を得ること...
再送 人は指揮命令で行動する...
人は指揮命令で行動するのでは...
人は指揮命令で行動するのでは...
人生を楽しむことが健康で長生...
デザイン思考はニーズを需要に...
マネジメントが基盤にすべきも...
マネジメントの目的の第1は自...
イノベーションという革新には...
マーケテイングはニーズを探し...
生命力アップの為には腹(腸)...
新しいイノベーションの目標は...
異質な知見を組み合わせて多様...
人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...
健康管理に役立つ小口多頻度供...
物に本末あり事に終始あり、前...
カリスマによる指揮命令型の組...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第514号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「心身のストレスをコントロールし自然体で生きる」



平成30年5月9日水曜日のメルマガ配信します。

5月の連休明けになって雨模様で気温が低くなりました。

最高気温が15度と言えば3月中旬の気温ですね。

冬物の下着で体調管理が必要ですね。


■7日連休明けの月曜日、かって社員として在籍していた
大塚製薬のOBの一人退職後故郷の熊本に帰っていたが
東京に戻って来たということで親しい元同僚8人が
集まりました。


聞くと熊本地震の余震が
退職後の生活のストレスになったという。

僕以外の7人は新卒から社員として1つの会社に貢献する
仕事人生を送っていた。

それぞれ支店長として営業部長として
又研究所の所長として
また海外の子会社や合弁会社や買収した会社の社長として
経営の現場で実績ある元同僚達が
途中入社し途中退社の僕を誘ってくれるのは
光栄であり嬉しく思いました。


■総じて皆さんは仕事だけではなく、
ゴルフや飲み会に興じ、家庭生活の大事にしてきた。

会社勤めの時代を思い出して話が盛り上がりました。

しかし
僕が親しく仕事していて連絡が途絶えた同僚の
逝去の事実も聞くと悲しい気分にもなりました。

皆さんと違って
僕は日本の会社2社、米国系外資系会社の2社に勤務し
コンサルタントとして多くの企業のために働き
妻の介護などで多くのストレスを受けてきたことは
事実ですが全て挑戦すべき事実として
受け入れてきました。



そして現在は誰に雇われることなく
身銭を切ってイノベーションを目指しているが
心身のストレスは巧くコントロールしていると
自分では思っています。


さて、
本日のテーマ
====================
「自然体で生きる」
「蘇活力」南和友、アチーブメント出版)より
==================

■南先生は外科医として人の命に係わる手術を
仕事としているために
相当の自律神経の緊張にさらされ
交感神経を刺激する生活を送ってきました。

長くいい仕事をするために
自律神経を上手に制御する方法を医師らしく
自分でいろいろ工夫している。


医師だけではなく
スポーツでも将棋や囲碁なとでトップクラスの人は
自律神経の制御が上手いように見えます。

単なる根性論ではない。


■根性論では「頑張る」ことをモットーとしている。

休まないので交感神経過多になり、
イライラする、寝つきが悪い、食欲がなくなる、
休日に何もする気が起きない・・・などの症状が出やすい。

頑張り続けている人ほど頑張ることを生きがいにする。

徹夜して仕事したことを自慢する。
無理が効くと思い込む。

一旦休むと動き出せなくなるという恐怖心がわく。

もっと頑張ることを自他に強要する。


■しかし南先生に言わせると
これは仕事の質においても生活の質においても
逆効果である。

中途半端な休みではなく徹底的に休む。

心身を弛緩して
脳のデータをクリアする。

すぐ立ち上がるのではなく
倒れたままでいる。

挑戦している課題で興奮している交感神経の回路の
スウイッチを一旦切る。


■充分休むと自然と身体が動く。

副交感神経でリラックスしたら交換神経は分泌される。

これは自律神経だから脳の働きではない。

自然体に任せるのだ。

自然体とは自律神経がバランスする生き方である。

交換神経が強くなると副交感神経が抑える。

副交感神経がしばらく優位になると
生命現象は刺激を求めて
身体を動かせるために交感神経を分泌する。

血管を締めたり緩めたりして血流をコントロールする。

アクセルとブレーキ
加速と減速
交感神経と副交感神経
善玉コレストロールと悪玉コレストロール
物質の伸縮

身体も機械の制御システムと同じでフィードバックの
メカニズムが働いている。


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 21世紀ものづくり日本


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0r6xur0utb9wjpccjHtS

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0r6yur0utb9wjpccjd0U


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0r6zur0utb9wjpccjNJR

----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。