バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  トップだけではなくエコシステム...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  トップだけではなくエコシステ...
生命現象のメカニズムを知りス...
イノベーションマネジメントの...
国家のマネジメントの指標は福...
超現代は主客と客体を統合する...
喜寿に思うマイウエイ:人生最...
喜寿を迎え持病もなくひとり暮...
人生とは1日1生の積み重ね
幅広い人生体験
高齢化社会の当事者として人生...
高齢化社会の当事者として人生...
読経、座禅、ロングブレス、心...
イノベーションは頭ではなく心...
心身の健康、医療介護福祉の安...
心身ともに健康に生きる秘訣
「3人寄れば文殊の知恵」コラ...
マネジメントは資源を顧客価値...
心身ともに健康に生きる秘訣
顧客に聞くだけではなく顧客の...
組織の内部で発生するのはコス...
腹は丹田とも言い丹田呼吸で心...
メタファー(比喩)による発想
グローバルビジネスとグローバ...
楽天的に不良長寿を目指そう!
探検とは想定外の現象を発見す...
企業間のサプライチェーンは共...
怒りや恐れや悲しみなどのスト...
希少な事実から洞察を得ること...
再送 人は指揮命令で行動する...
人は指揮命令で行動するのでは...
人は指揮命令で行動するのでは...
人生を楽しむことが健康で長生...
デザイン思考はニーズを需要に...
マネジメントが基盤にすべきも...
マネジメントの目的の第1は自...
イノベーションという革新には...
マーケテイングはニーズを探し...
生命力アップの為には腹(腸)...
新しいイノベーションの目標は...
異質な知見を組み合わせて多様...
人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...
健康管理に役立つ小口多頻度供...
物に本末あり事に終始あり、前...
カリスマによる指揮命令型の組...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第497号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「ドラッカーは通常の認識とは違うイノベーション」



平成30年1月17日水曜日のメルマガ配信します。


今日もお読みいただき
ありがとうございます。


■年が明けて2週間いろんなイベントに参加したり
昨年来のイノベーションのためのアクションを
一歩づつ進めています。

閉じこもって資料を読んだり、
実験したり、データ分析したりする時期も必要ですが、
人に会って意見を求めたりパートナーを探したり
行動を再開しました。


ややおおげざに表現すると
回転軸振れ抑制技術の開発と
シンクロ・オペレーションマネジメントの
サプライチェーンマネジメント・システム開発
の2つは、

現状観察からシステムダイナミックスのモデル化を
コアコンピタンスにしている僕にとっての
ライフワークとなる使命だとに考えています。

ドラッカーの「企業家精神とイノベーション」は
マインドセットの熟練に大いに役立っています。

本メルマガや「ドラッカー塾」でドラッカーを僕になりに
紹介していますが、
いろんな人のドラッカー感を聞くのも楽しいものです。


■13日土曜日はドラッカー学会の上野周雄さんが主催している
「英語でドラッカーを学ぶ」
10周年記念シンポジウムに誘われ参加しました
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0ke1gq0st95zxdboiW0X

「もしドラ」のベストセラー作家の岩崎夏海さんを始めとする
ドラッカーに直接会って記事を書いたり翻訳している方々の講演を聞き
又懇親会で多くの人と知り合いました。

イノベーションは通常の認識とは違う視点からの
新規な発想から来る。


出来上がったと思われる科学技術体系でさえ
疑う認識が必要になることもある。

日本的な思想を見下して
ドラッカーを含め外来もの信仰する認識も
疑うことも必要です。





さて、
本日のテーマ
====================
「確率統計論の限界」
「トヨタ生産方式のIE的考察」(新郷重夫、日刊工業新聞社、1980年)」より
==================

■品質検査において全数検査と抜き取り検査の2つがある。

確率統計という学問的裏付けがあるというので
科学的管理手法として一般化している。

しかし、日本のものづくりの追求において
不良を0にするマインドがあった。

シックスシグマという統計用語をシンボルにした
品質管理が日本のTQCに対抗して米国で確立された。

百万個に1個という確率で不良を容認する思想であるが
日本ではデフェクト0、すなわち
百万個に1個の不良を許さないという
改善魂があった。


■統計的品質管理論ではデフェクト0は実現できない。

どんなに頻度が低くても品質不良を容認する管理と
品質不良を0にする管理手法は全く異なる。

新郷氏は品質管理に確率統計を導入するのは
検査の改善であり品質の改善ではないと見抜いた。

その結果、不良を作らない検査方式、
加工工程で検査を同時にする自主検査
前工程から渡されたモノの検査と加工を同時にする順次点検方式
品質の原因となる条件を管理する源流管理方式
などが次々開発された。


■在庫を0にするという
カンバンシステムもマインドは同じである。

確率統計論では在庫は欠品を避けるために容認する。

在庫を削減すると欠品する確率が増える。

欠品しないようにするためには在庫が増える。

確率統計論のモデルで在庫管理をすれば
在庫問題と欠品問題は相いれないトレードオフ(相互矛盾)の
関係にしかならない。


確立統計論は不確定性をモデル化する数学的手法である。

ある意味で
現実の現象間の根本問題にさかのぼる観察を
科学的方法論の陰に隠れて放棄する手法である。


■確率統計論で不確定性をモデル化する前に
品質に影響する根本原因を「何故を5回」問うことや
需要の不確定性の中で供給の手法(サプライチェーンマネジメント)を
高度化することを問うことが
かっての日本のものづくりのイノベーションであった。


確率統計論という一見科学的マネジメントに頼ることは
実は科学的認識とはかけ離れている。


改善やイノベーションに終わりはないという
マインドが必要である。



●ご質問ご意見は気軽に
返信で意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 21世紀ものづくり日本


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0ke2gq0st95zxdboiMfb

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0ke3gq0st95zxdboip0O


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0ke4gq0st95zxdboiNAW

----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。