バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  トップだけではなくエコシステム...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  トップだけではなくエコシステ...
生命現象のメカニズムを知りス...
イノベーションマネジメントの...
国家のマネジメントの指標は福...
超現代は主客と客体を統合する...
喜寿に思うマイウエイ:人生最...
喜寿を迎え持病もなくひとり暮...
人生とは1日1生の積み重ね
幅広い人生体験
高齢化社会の当事者として人生...
高齢化社会の当事者として人生...
読経、座禅、ロングブレス、心...
イノベーションは頭ではなく心...
心身の健康、医療介護福祉の安...
心身ともに健康に生きる秘訣
「3人寄れば文殊の知恵」コラ...
マネジメントは資源を顧客価値...
心身ともに健康に生きる秘訣
顧客に聞くだけではなく顧客の...
組織の内部で発生するのはコス...
腹は丹田とも言い丹田呼吸で心...
メタファー(比喩)による発想
グローバルビジネスとグローバ...
楽天的に不良長寿を目指そう!
探検とは想定外の現象を発見す...
企業間のサプライチェーンは共...
怒りや恐れや悲しみなどのスト...
希少な事実から洞察を得ること...
再送 人は指揮命令で行動する...
人は指揮命令で行動するのでは...
人は指揮命令で行動するのでは...
人生を楽しむことが健康で長生...
デザイン思考はニーズを需要に...
マネジメントが基盤にすべきも...
マネジメントの目的の第1は自...
イノベーションという革新には...
マーケテイングはニーズを探し...
生命力アップの為には腹(腸)...
新しいイノベーションの目標は...
異質な知見を組み合わせて多様...
人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...
健康管理に役立つ小口多頻度供...
物に本末あり事に終始あり、前...
カリスマによる指揮命令型の組...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第417号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「TOCと生産システムと機械システムの振動問題」


2016年6月15日水曜日,
梅雨の晴れ間、初夏の清々しいひと時に新緑に中を
散歩するのは気分がいいものですね。

■先週9日、日本TOC協議会(JTA)カンファレンスにて
TOC(制約理論)の応用事例として
「時間をキャッシュに変えるものづくり」と題して
「利益速度」のビジネスモデルを紹介しました。

ものづくりで利益を上げるには
制約となる資源(設備や人)の時間当りの生産速度、販売速度
を同期化(シンクロナイズ)することである。

TOCの開発者、イスラエルの故ゴールドラット博士は
物理学者であり、
日本的経営のトヨタ生産方式を参考にしたことで知られています。

■生産システムも機械システムも
速度が時間とともに変化する。

速度を上げるのは加速度(需要)であり、
速度の結果は距離(キャッシュ)である。

講演でも触れましたが、
古希の年齢になって今年は生産システムと機械システムの
振動をテーマにした論文を書こうと決心しています。

■13日月曜日夕方、
回転機械の振動低減のテーマで学会向け論文の
原稿ができたので大学教授を含む3人の工学博士と弁理士の
4人に自宅事務所に御足労願いご説明し
いろんなアドバイス頂きました。

自分の頭の中では出来上がっていることでも
論文として多くの人に認めて頂くためには
いろんな視点から自己観察しフィードバックする
ことが重要だと認識しました。


生産システムの振動は同期化することでキャッシュが生まれるが
機械システムの振動は同期化(共振)すると機械が壊れる。


■生命は心臓の鼓動も呼吸もすべての臓器の振動リズムが
同期化している。

宇宙である自然は一定の周期で回転して(振動して)いる
生きものです。

力、加速度、速度、距離の関係は自然現象を扱う
ニュートン力学の法則に従い、
そこに自然界の「美」を感じます。

老人の妄想か世紀の大発見か
今年中に結論がでます。

さて、
本日のテーマ
====================
「大人の誕生 学校教育」
「日本人の価値観:生命本位の再発見」(立花均、ぺりかん社)より
==================

■日本人の特質とは違う価値観の理性主義は
古くは仏教や儒教など経典を伴って日本に入り、
明治以降は学校教育によって科学や社会学によってもたらされた。


言葉による人間教育は理性を重視する。

日本人は表向き理性社会に生きているが
人間と人間の生活の場では理性より情で生活している。


■西洋的思想であるリベラルズムやグローバリズムは
理性をベースとして人間は同じだとする。

生命本位の伝統的な文化、宗教とは一線を画す神社にお参りして
自然の神々しい感覚は生命観そのものである。

これを自然に大切にする価値観は理性主義の
西洋から見ると子供じみているという。

西洋の大人社会はいつ頃から形成されてたのか。


■日本人ではなくても西洋でも中世までは
大人と子供の区別はそれほど無かったという。

立花先生は、西洋人であるフィリップ・アリエスの著作
(翻訳「子供の誕生」、みすず書房)を参照して

フランスをはじめとする西洋社会では
17世紀まで大人と区別される形での
「子供」「子供期」という概念は無かったという。

教育の手段として学校が徒弟制度にとって代わった。

子供達を隔離する学校や学院を推進したのは
カトリックとプロテスタントの改革者が中心だった。

■日本でも学校教育によって価値観が理性主義になった。

家庭教育がしっかりできていた時代は
子供と大人は一体化していた。

21世紀現代日本はどんな状況か?


グローバリズムやリベラリズムが
日本的な価値観を古いと切り捨てる一方で
日本的な価値観が世界で好まれる兆候がたくさんある。

日本人が日本のこころを大切にすることで
生命本位の人間は自然の一部とする
純粋な心、西洋から見ると子供の心が
平和な社会をつくるのではないか。

大人の理性の論理は違いや区別する心であり
戦う心を醸成している。



●ご質問ご意見は気軽に
返信で意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0ggtbt0kqir2o9d9vLMC

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0ggubt0kqir2o9d9vx2o


株式会社21世紀ものづくり日本
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0ggvbt0kqir2o9d9v5Qe

----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。