バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  喜寿に思うマイウエイ:人生最終...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  喜寿に思うマイウエイ:人生最...
喜寿を迎え持病もなくひとり暮...
人生とは1日1生の積み重ね
幅広い人生体験
高齢化社会の当事者として人生...
高齢化社会の当事者として人生...
読経、座禅、ロングブレス、心...
イノベーションは頭ではなく心...
心身の健康、医療介護福祉の安...
心身ともに健康に生きる秘訣
「3人寄れば文殊の知恵」コラ...
マネジメントは資源を顧客価値...
心身ともに健康に生きる秘訣
顧客に聞くだけではなく顧客の...
組織の内部で発生するのはコス...
腹は丹田とも言い丹田呼吸で心...
メタファー(比喩)による発想
グローバルビジネスとグローバ...
楽天的に不良長寿を目指そう!
探検とは想定外の現象を発見す...
企業間のサプライチェーンは共...
怒りや恐れや悲しみなどのスト...
希少な事実から洞察を得ること...
再送 人は指揮命令で行動する...
人は指揮命令で行動するのでは...
人は指揮命令で行動するのでは...
人生を楽しむことが健康で長生...
デザイン思考はニーズを需要に...
マネジメントが基盤にすべきも...
マネジメントの目的の第1は自...
イノベーションという革新には...
マーケテイングはニーズを探し...
生命力アップの為には腹(腸)...
新しいイノベーションの目標は...
異質な知見を組み合わせて多様...
人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...
健康管理に役立つ小口多頻度供...
物に本末あり事に終始あり、前...
カリスマによる指揮命令型の組...
腸内細菌も人間も大自然の一部...
イノベーションとは技術革新で...
強いのが生き残りの条件ではな...
ヨーグルトなど健康維持に発酵...
改善の『改』は改める、新たな...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第414号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「25年連続ダントツの対外純資産を持つ日本」


2016年5月28日水曜日、日々夏日が続いて慣れない暑さで
熱中症患者が増えているようです。

是非お身体に気を付けてお過ごしください。

■22日日曜日、日本の古典や現代史を含む歴史上の事件やものがたり
から日本人とは何かを発信している小名木善行さんの講演を聞き
懇親会で面識を得ました。
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0b0t0t0jqlt4yq2teDom


ものづくり日本のマネジメントは
欧米のMBAとはどう違うかを研究している者として
大変参考になるお話です。


■米国の戦略経営のコンサルタント会社で仕事をした体験や
米国の会社の日本法人代表したり
TOC(制約理論)とその源流にトヨタ式経営を研究して
自分なりにサプライチェーンマネジメントのコンサルタントとして
国内外の企業の経営支援の経験があります。

東京農工大大学院MOTで多摩大学大学院MBA,法政大学理工学部の
非常勤の教師としてマネジメント手法の体系化に
関心を持ってきました。

戦後日本は戦前を否定し自虐史観に捕らわれていますが
ものづくり日本のマネジメント、
日本的経営も否定する風潮があります。

■国の借入金が1000兆円とか、財政破綻危機とか、
ものづくりは古いとか、日本にはビルゲーツやステーブ・ジョブズが出ないとか
経営のガバナンスが効いていないとか
自虐的論調に満ちています。

しかしながら
国の財政力とは日本経済の実力であり対外純資産こそ適切な指標です。
国家だけではなく個人、企業の経済システム全体では
25年連続で世界1で339兆円で
2位のドイツ200兆円に比較してもダントツです。


ベースはものづくり日本のひとり一人の勤勉な日本人の総和であり
ものづくりの精神を復活させることが
流通や金融や情報産業の活性化する日本的経営の課題だと思います。

自虐感から脱却して自信を持って
日本人の価値観を取り戻しましょう!


さて、
本日のテーマ
====================
「シーラカンス時代の価値観を保存している日本人」
「日本人の価値観:生命本位の再発見」(立花均、ぺりかん社)より
==================

■日本人はなぜ特殊なのか?

立花先生によると
日本人は太古の生活様式とは言わないまでも
縄文時代の生活様式とは似てにつかない近代的な生活を送っているが
生命に神秘を感じ敬う精神は
保持している。

人類の歴史から見れば
つい最近の2500年前までの長い歴史を
生命本位の価値観で過ごした人類は
理性を獲得してからは幼児に残る生命への神秘性を
「大人」の理論
一神教の神のモデルで説明した。

■日本以外でもどこの国でも
その土地の「古い」土着の価値観を掘り起こしてみれば
生命本位というか、
生命への崇拝の精神に行き当たるはずである。


数十万年という長い人類種の歴史から観ると
日本人は特殊なのではなくて日本人が普通なのだ。

理性を発達させ文明は
生命現象を曖昧模糊として絶滅させてしまった。


■昆虫や虫の生態学に詳しい養老孟司さんによると
生態系は何万年も何十万年も同じ土地や風土の中では
変わらないという。

日本という島国では
大陸や西洋から理性的精神が侵入しても
精神の生態学は縄文時代のままなのかもしれない。

日本人は古代人が持っていて
とうの昔に絶滅してしまったはずの価値観を
今なお日々の生活を送る生きた価値観を持ち続けている
特殊な文明を持っていると言える。。


■子供は人類の価値観の言わば系統発生のプロセスを
個体発生のプロセスを経て脳を進化させる。

世界の子供達と日本人は共通している。

マッカーサーは日本人は12歳の子供のようだと言った。

ドラッカーは日本人の経営者が夜の社交界で見せる「遊び」の
幼児性に批判的でなく、純粋な日本を見たと言った。

小賢しいパフォーマンスを嫌う日本人の
価値観はシーラカンスかもしれない。

しかし、それは一周遅れで実は
最も進んでいる価値観かもしれないのだ。


●ご質問ご意見は気軽に
返信で意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0b0u0t0jqlt4yq2te7Fh

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0b0v0t0jqlt4yq2teol9


株式会社21世紀ものづくり日本
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0b0w0t0jqlt4yq2texS5
法政大学理工学部経営システム工学科非常勤講師
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。