バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  トップだけではなくエコシステム...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  トップだけではなくエコシステ...
生命現象のメカニズムを知りス...
イノベーションマネジメントの...
国家のマネジメントの指標は福...
超現代は主客と客体を統合する...
喜寿に思うマイウエイ:人生最...
喜寿を迎え持病もなくひとり暮...
人生とは1日1生の積み重ね
幅広い人生体験
高齢化社会の当事者として人生...
高齢化社会の当事者として人生...
読経、座禅、ロングブレス、心...
イノベーションは頭ではなく心...
心身の健康、医療介護福祉の安...
心身ともに健康に生きる秘訣
「3人寄れば文殊の知恵」コラ...
マネジメントは資源を顧客価値...
心身ともに健康に生きる秘訣
顧客に聞くだけではなく顧客の...
組織の内部で発生するのはコス...
腹は丹田とも言い丹田呼吸で心...
メタファー(比喩)による発想
グローバルビジネスとグローバ...
楽天的に不良長寿を目指そう!
探検とは想定外の現象を発見す...
企業間のサプライチェーンは共...
怒りや恐れや悲しみなどのスト...
希少な事実から洞察を得ること...
再送 人は指揮命令で行動する...
人は指揮命令で行動するのでは...
人は指揮命令で行動するのでは...
人生を楽しむことが健康で長生...
デザイン思考はニーズを需要に...
マネジメントが基盤にすべきも...
マネジメントの目的の第1は自...
イノベーションという革新には...
マーケテイングはニーズを探し...
生命力アップの為には腹(腸)...
新しいイノベーションの目標は...
異質な知見を組み合わせて多様...
人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...
健康管理に役立つ小口多頻度供...
物に本末あり事に終始あり、前...
カリスマによる指揮命令型の組...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

「滞留のTOC原因診断が企業収益向上の処方に欠かせない」


今岡善次郎です。

メルマガ読者にご案内します。

明後日5月11日のセミナーご案内します。

20年来のテーマである「サプライチェーンマネジメント」
を分かりやすく解説します。

タイトル
「部署にまたがるビッグデータ統合のサプライチェーンマネジメント」

アジェンダ
1.SCM(サプライチェーンマネジメント)とは何か
2.経営システムの「血流診断」と「処方」
3.ストックとフロー(PSI)
4.まとめ




◆健全な企業収益を上げるにはコストダウンだけでは限界があります。

TOC(制約理論)を開発した故ゴールドラット博士は
現代経営理論の多くはコスト削減のため効率向上の多くに
注目したけど成果は殆ど上がっていないと言いました。

その最も大きな原因は経営指標(KPI)にあると指摘しました。

TOC(制約理論)では3つの指標がある。

第一がスループット
第二がインベントリー(在庫)
第三がエックスペンス(コスト)

である。

その重要度は圧倒的に第一のスループットであるが
殆どの企業では最も重要度に低いエックスペンスに経営努力が
費やされている。


■TOC(制約理論)では「スループット」であり、
トヨタ生産方式では「流れ」です。

スループットを上げるには
流れの滞留か所を診断しなければばなりません。

流れの滞留とはどこで何がどれだけの時間滞留しているか
「見える化」しなければならない。

企業内で滞留している時間の総和は
材料在庫時間+仕掛在庫時間+製品在庫時間の
総和で計算できます。

しかしながら
その元データは社内各部のそれぞれ異なるシステムの
ファイルにいろいろな形式で保存されています。

マクロでは財務諸表から
ミクロでは拠点ごとの在庫の受払データファイルから
どのデータをどのように利用するか
実務的なお話しからマネジメントのお話しまで繋げます。

◆昨今IOTやI4やビッグデータなどICT絡みの
話題が多いですが、
医療に喩えるとCTやMRIなど高度な診断技術でビッグデータが
得られても
治療に直結する診断仮説を持っていなければ
猫に小判です。

今回のセミナーでは
収益改善への仮説の作り方
診断すべきポイントなど分かりやすくお話しします。


工場から店舗や自動販売機までを
IOTで繋いで収益向上のインフラ作りに役立つお話しします。



セミナー案内申し込みは以下まで
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f01vdys0jqt81mmndgKX1


◆講演 :「部署にまたがるビッグデータ統合のサプライチェーンマネジメント」
経営コンサルタント(SCM) 元東京農工大 MOT 客員教授
(元多摩大学 MBA 客員教授、元法政大学非常勤講師) 今岡 善次郎 氏

◆日時 :5 月 11 日(水)13:30〜14:30 

会場 :東京ビッグサイト 東 3 ホール
小間番号:東 27-36ビッグデータ活用展【春】内、

セミナー会場(定員 50 名)

◆申し込み

セミナー案内申し込みは以下まで
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f01veys0jqt81mmndgW7u