バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  生命現象のメカニズムを知りスト...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  生命現象のメカニズムを知りス...
大谷翔平、湯川秀樹、トヨタ自...
生命現象の制御とマネジメント
身体のメカニズムからマネジメ...
トップだけではなくエコシステ...
生命現象のメカニズムを知りス...
イノベーションマネジメントの...
国家のマネジメントの指標は福...
超現代は主客と客体を統合する...
喜寿に思うマイウエイ:人生最...
喜寿を迎え持病もなくひとり暮...
人生とは1日1生の積み重ね
幅広い人生体験
高齢化社会の当事者として人生...
高齢化社会の当事者として人生...
読経、座禅、ロングブレス、心...
イノベーションは頭ではなく心...
心身の健康、医療介護福祉の安...
心身ともに健康に生きる秘訣
「3人寄れば文殊の知恵」コラ...
マネジメントは資源を顧客価値...
心身ともに健康に生きる秘訣
顧客に聞くだけではなく顧客の...
組織の内部で発生するのはコス...
腹は丹田とも言い丹田呼吸で心...
メタファー(比喩)による発想
グローバルビジネスとグローバ...
楽天的に不良長寿を目指そう!
探検とは想定外の現象を発見す...
企業間のサプライチェーンは共...
怒りや恐れや悲しみなどのスト...
希少な事実から洞察を得ること...
再送 人は指揮命令で行動する...
人は指揮命令で行動するのでは...
人は指揮命令で行動するのでは...
人生を楽しむことが健康で長生...
デザイン思考はニーズを需要に...
マネジメントが基盤にすべきも...
マネジメントの目的の第1は自...
イノベーションという革新には...
マーケテイングはニーズを探し...
生命力アップの為には腹(腸)...
新しいイノベーションの目標は...
異質な知見を組み合わせて多様...
人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第396号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「多摩大学大学院最終講義と日本発21世紀義塾」



■18日夕方代官山オンザヒルにて
「日本発21世紀ものづくり日本の手法」と題して
多摩大学大学院最終講義と
4月開講予定「21世紀義塾」プレオープンの交流会兼ねて
開催しました。

経営を現人と人をつないで
資源を顧客満足に変換する連鎖としてモデル化する
サプライチェーンマネジメントを過去15年体系化もの
を総括しました。


■最初に取り組んだナレッジであるゴールドラット博士も
P・F・ドラッカーもその理論的体系には
すばらしい切れ味がありますが、
日本が与えた影響も大きい。

たとえば、

ゴールドラット
←大野耐一
←豊田佐吉
←二宮尊徳
←近江商法(鈴木正三)

P・F・ドラッカー
←渋沢栄一
←江戸時代武士道文化
←二宮尊徳の神道・儒教・仏教
←近江商法(鈴木正三)

日本の手法と何か、
何が源流か、
それを体系的に知れば日本発の手法が体系化できると
考えました。

その源流に日本の古事記を紐解いてみました。


■主体と客体分離:メカニズム(機械制御)に対して
主体と客体の統合:オーガニズム(有機系)いのちを活かす

人と人の関係、人と組織の関係、
組織と組織の関係から
国と国の関係まで自分(主体)と相手(客体)まで
分離して対象を制御しようというメカニズムが近代西洋文明を
発展させました。

その結果は
戦争と革命、
グローバル市場での一部の勝ち組と大多数の負け組を作ってきた。


■古事記には人間の特質において
和魂御(にぎみたま)と荒御魂(あらみたま)が必要であるとする。

荒御魂(あらみたま)には
幸御魂(さきみたま):分析・分割
奇御魂(くしみたま):統合・設計
の2つがある。

この区分からいくと
西洋は幸御魂(さきみたま):分析・分割
に焦点を当てて近代を創った。

21世紀日本の手法は
古代日本人の和魂御(にぎみたま)と奇御魂(くしみたま)
にウエートを移していくことになる。

日本発21世紀義塾のコンセプトは
三つの魂(精神・戦略・実戦)の三位一体
を考えています。


さて、
本日のテーマ
====================
「動物も自然も人間と同じ生きもの」
「日本人の価値観:生命本位の再発見」(立花均、ぺりかん社)より
==================

■人間と動物や自然も生きものとして
いのちを感じる感性は日本人だけではなくもともと古代から
人類は持っていた。

生命本位は人類にとって古い価値観であり理性主義は
人類にとって新しい価値観である。

日本人を特徴づける「生命本位」とは
人類発生以来の「原始的」価値観である。


■理性とか知性は素朴な原始的な価値観を脱した
人類が弁証法的に進化した高級な思想と見なされてきた。

2500年前に理性主義が起こりそして又
フランス革命以降の近代西洋においても理性主義が
新しい人類の進化だと見られた。

唯物論、弁証法がマルクスの理論にたどり着き
共産革命は必然のものと見られた。

今だに共産党は存続しているが
共産主義社会は20世紀の実験で結果はでているのではないか。

しかし古代の人類に対して原爆や戦争や自然破壊をしている
現代人は進化しているのだろうか?


■理性主義は人間として自然ではない。

人間が自然にもつ感情、いかり、悲しみ、喜び、楽しみ
などは理性の下に置くことが本当にいいと言えるのか?

生命本位とはどんな人間にも、人種や年齢や、男女や
障害のある無しに関わらず、
ましてや動物も、月日も川も、海も風も
自ら動いているものに意思を認識し生命を感ずる感性である。


■立花先生の理性本位と、生命本位の区分は
日本人を理解するのに大変有用だが、
もうひとつの視点から見ると
主体と客体を分離するメカニズムに対して
主体と客体を統合するオーガニズムともいえるのではないか。


生命は自他を分離しない。

理性は分割して自他を分ける。


●ご質問ご意見は気軽に
返信で意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f076tkr0hqh758b9ttbkv

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f076ukr0hqh758b9ttdLi


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f076vkr0hqh758b9ttlws
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f076wkr0hqh758b9ttWik
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。