バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  生命現象のメカニズムを知りスト...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  生命現象のメカニズムを知りス...
大谷翔平、湯川秀樹、トヨタ自...
生命現象の制御とマネジメント
身体のメカニズムからマネジメ...
トップだけではなくエコシステ...
生命現象のメカニズムを知りス...
イノベーションマネジメントの...
国家のマネジメントの指標は福...
超現代は主客と客体を統合する...
喜寿に思うマイウエイ:人生最...
喜寿を迎え持病もなくひとり暮...
人生とは1日1生の積み重ね
幅広い人生体験
高齢化社会の当事者として人生...
高齢化社会の当事者として人生...
読経、座禅、ロングブレス、心...
イノベーションは頭ではなく心...
心身の健康、医療介護福祉の安...
心身ともに健康に生きる秘訣
「3人寄れば文殊の知恵」コラ...
マネジメントは資源を顧客価値...
心身ともに健康に生きる秘訣
顧客に聞くだけではなく顧客の...
組織の内部で発生するのはコス...
腹は丹田とも言い丹田呼吸で心...
メタファー(比喩)による発想
グローバルビジネスとグローバ...
楽天的に不良長寿を目指そう!
探検とは想定外の現象を発見す...
企業間のサプライチェーンは共...
怒りや恐れや悲しみなどのスト...
希少な事実から洞察を得ること...
再送 人は指揮命令で行動する...
人は指揮命令で行動するのでは...
人は指揮命令で行動するのでは...
人生を楽しむことが健康で長生...
デザイン思考はニーズを需要に...
マネジメントが基盤にすべきも...
マネジメントの目的の第1は自...
イノベーションという革新には...
マーケテイングはニーズを探し...
生命力アップの為には腹(腸)...
新しいイノベーションの目標は...
異質な知見を組み合わせて多様...
人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第388号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「21世紀ものづくり日本のひとづくり」



11月25日水曜日の朝を迎えました。

これから季節忘年会やいろんな行事で飲み食いする
機会が増えますね。

健康に気を付けて
楽しい人生を送りましょう!


■22日日曜日には2つのイベントに参加して
社会的交流を楽しみました。

お昼はNSK研究会という戦後日本の産業を発展させた
鉄鋼業界OBを中心としたIE(インダストリアル・エンジニアリング)
専門家の集まりに新しく会員として入会し、
始めて総会、懇親会に参加しました。

平均年齢は70歳を超え、
現役時代はものづくり現場の品質改善、経営改善に貢献し
ものづくり日本を支えた人々の集まりです。


■現場こそマネジメントの一角だと言ったドラッカーの
言葉通り、米国起源のIEが日本に導入されて
現場の問題から経営全体の問題解決するマネジメント手法となった。

政府・銀行・家庭のトータルの対外的金融資産が
世界一であるのは
低迷していると言われる日本の
ものづくりが相対的に未だ世界一であることの
結果である。

ものづくりが日本の経済力を高めたという事実は
自虐的日本的経営ダメ論の評論家によって無視されている。

こめづくり、ものづくり、ひとづくりが
一体となった日本的経営は21世紀のマネジメント教育に欠かせません。

現在別のプロジェクトで休講しているドラッカーマネジメント塾
を再開し、
21世紀のマネジメント体系化を探究することは
微力ながら僕にとっても残された使命だと思っています。

■夕方からは若年認知症家族会の定例会とその後の二次会
に久しぶりに参加しました。

妻がアルツハイマー発症した時、
この家族会で知り合った家族会員は同じ苦しみや
喜びを共有する同志でした。

僕もそうだったように初期の段階は
病気になった本人と一緒に参加して同じ修羅場経験者が
体験を共有し癒されます。

二次会の懇親会の後は
三次会のカラオケまで付き合いのが
習慣となっている家族会でした。


さて、
本日のテーマ
====================[
====================
「ひとづくり:知識社会の教育」
(「ポスト資本主義社会」P・F・ドラッカー、ダイヤモンド社)より
==================


■ドラッカーは知識社会における教育について
学校教育だけではなく、
ポスト資本主義時代の教育、ひとづくりについて
熱く語っていました。


350年前に西洋で作られた学校が
それ以前と全く異なったように
ポスト資本主義社会の学校は20世紀から続いている教育と
全く異なる要件が必要であると。

今までは知識、読み書きの語学、
就業前教育、学歴重視だったがこれからは全く異なる。


■生活と仕事に必要な知識だけではなく、それを使う方法に関する
知識の双方を教えなければならない。

現状のMBA教育を批判しているヘンリーミンツバーグが
学校は知識という部品を教えているが多様な部品の
組み立て方を教えていないといっていることと同じである。

又日本では梅棹忠夫が
「学校は知識を教えるけれども知識の作り方は教えない」
と言っていることとも同じである。

また、学歴や年齢や国籍関係なく
生涯継続教育でなければならないと。


■また教えることと学ぶことは相互関係である。

恐怖感を与えて脅したり、教師の権威で威圧して
崇めさせる教育は前世紀の遺物である。

日本では明治時代に西洋の知識を貪欲に
吸収するために強圧的な教育が盛んだったが
知識社会の教育は自律的で自由な創造性を育むことが
時代の課題を解決するひとづくりになる。

■学校教育が独占であってはならない。

ポスト資本主義社会における教育は企業、政府機関、
非営利組織、個人の私塾などが連携し、
教えることと学ぶことが同時並行になる
多様性が求められる。


教師の果たすべき役割は
動機づけし、アドバイスし、
激励することであるとドラッカーは言う。

教師はカリスマであってはならない。、
相談相手になることである。


●ご質問ご意見は気軽に
返信で意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0c3pov0zovk1xrbyvSCh

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0c3qov0zovk1xrbyvjmU


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0c3rov0zovk1xrbyvl1g
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0c3sov0zovk1xrbyvL2i
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。