バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  人間の自然生命力を強化する納豆...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...
健康管理に役立つ小口多頻度供...
物に本末あり事に終始あり、前...
カリスマによる指揮命令型の組...
腸内細菌も人間も大自然の一部...
イノベーションとは技術革新で...
強いのが生き残りの条件ではな...
ヨーグルトなど健康維持に発酵...
改善の『改』は改める、新たな...
事が起こらなくても心身の可動...
生活ルーチンが人の心身のマネ...
制約のない状況の中でのデザイ...
優劣というのは相対的なもので...
脳からの指令だけではなく腸か...
デザイン思考・OODA・KJ...
布施・自戒・忍辱・精進・禅定...
天理人理による健康長寿を目指...
経営戦略をデザイン思考で考え...
二宮尊徳の報恩仕法とドラッカ...
人生を楽しむことで免疫力を上...
デザイン思考はアリストテレス...
覇権主義の世界に日本の和を
社会経済も身体の命のように部...
新時代のイノベーションをデザ...
知覚、感性、美的感覚、芸術で...
食事、運動、生き方など心身の...
アリストテレスの弁証法でイノ...
微生物から植物・動物まで地球...
科学は所詮諸刃の道具と考えて...
現実に起こる様々な問題に対し...
マネジメントを含む仕事は神聖...
今岡ドラッカー塾最終回第12...
科学信仰より現実観察による効...
:2022年12月24日土曜...
Dr. Practiceマネ...
マネジメントとは人生・組織・...
精神性を大事にする日本の伝統...
今岡ドラッカー塾第11回イン...
日本を破壊する邪悪な思想を排...
今岡ドラッカー塾第11回20...
成果を上げる者は仕事からでは...
12月3日土曜日今岡ドラッカ...
組織や事業をデザインするイン...
今岡ドラッカー塾第11回イン...
生命は部分最適の総和は全体最...
今岡善次郎が教授陣の一員とし...
マネジメントの実践と身体の健...
ものづくりドクター鈴木 甫 ...
今岡ドラッカー塾第10回20...
日本の宗教「神道」は日本人の...
第10回「今岡ドラッカー塾」...
戦争のない世界を構築する方法...
ものづくりドクター鈴木 甫 ...
今岡ドラッカー塾第10回タイ...
戦略(軍政)と実戦(オペレー...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第367号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「籠の中の鳥、日本はいつでるのか?」


おはようございます。

7月1日水曜日、2015年、平成27年も半分経過しました。

時間は無常にも過ぎていきます。

すべてが順調いくこともあれば
壁にぶつかる場合もある。


ものごとが進まないのは
考える時間が必要であることを知らされている
と思えばすべては大丈夫!


■ギリシャのデフォルトの危険が迫ってきました。

世界経済のカネの流れが停滞するなか
EUは北と南が分断されいつ崩壊するかわからない。

アメリカも再び
サブプライム現象で延命しているようです。

籠の中の鳥日本はいつでるのか?

鶴と亀がすべって、
後ろの正面、・・・日本!
といくか?

■27日神渡人間学の集まりに参加しました。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0xmxxt0xonkw08gctHWC

ものづくり・ことづくり・ひとづくり
そして21世紀日本のくにづくり

ひとと世界をつなぐ「日本の世明け」が来るか。


さて、
本日のテーマ
====================
「知識経済と日本的経営」
(「ポスト資本主義社会」P・F・ドラッカー、ダイヤモンド社)
==================

■ドラッカーは知識の生産性について
20世紀の終わり、英国、ドイツ、米国、日本について
比較観察していました。

英国は歴史的に科学技術の知識の生産量は
第2次大戦後もリーダーだった。

抗生物質、ジェット機、コンピューターなど多くの発明をした。

しかし、それを製品化、産業化することができなかった。

それをドラッカーは知識の生産性が低いと分析した。


■ものづくりの発明を事業化・産業化することにおいて
アメリカは英国を凌駕した。

工作機械、コピー機、FAX、PCなど新しい技術と産業化したのは
アメリカだった。

しかしアメリカも先行はするけれど、
重要産業において日本企業がその技術を改良し市場を開拓し
ただ指をくわえてみるだけになった。

そしてマイクロソフトやグーグルや、アップルのような
GNP、雇用に大きく貢献しない分野で世界を凌駕している。


■ドイツは工業の分野でも銀行や保険いおいて
世界市場で高い生産性を発揮した。

しかし、ドイツはIT,バイオテク、電気通信、先端技術の分野において
知識は増やしたが、産業化するための知識の生産性は
高いとは言えない。


■実は日本は古い知識の製造業においても
新しい知識を基盤とする分野の置いても
知識は導入しながらも産業化においてもっとも進んだ。

知識の発明、概念化において日本は出遅れている。

知識そのものの輸入において日本は純輸入国ではあるが
産業化においては日本は生産性がもっとも高いと
ドラッカーは評価している。

日本人が欧米信仰する中で逆にドラッカーは日本を評価する。

これからの時代は知識を作り出すことよりも
環境や社会の健全化のために資源をどう活かすかという
マネジメントの生産性が中心的な課題になる。

知識は資源の一つに過ぎない。

すなわち、科学技術や科学的マネジメントのツールを
どこから入手しようとも社会のために
事業化し産業化して人類の福祉に貢献する
マネジメントが課題である。

それこそ日本的経営の出番である。



●ご質問ご意見は気軽に
返信で意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0xmyxt0xonkw08gctOEP

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0xmzxt0xonkw08gcttt5


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0xm0xt0xonkw08gdtECZ
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0xm1xt0xonkw08gdtbsG
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。