バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  生命現象のメカニズムを知りスト...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  生命現象のメカニズムを知りス...
大谷翔平、湯川秀樹、トヨタ自...
生命現象の制御とマネジメント
身体のメカニズムからマネジメ...
トップだけではなくエコシステ...
生命現象のメカニズムを知りス...
イノベーションマネジメントの...
国家のマネジメントの指標は福...
超現代は主客と客体を統合する...
喜寿に思うマイウエイ:人生最...
喜寿を迎え持病もなくひとり暮...
人生とは1日1生の積み重ね
幅広い人生体験
高齢化社会の当事者として人生...
高齢化社会の当事者として人生...
読経、座禅、ロングブレス、心...
イノベーションは頭ではなく心...
心身の健康、医療介護福祉の安...
心身ともに健康に生きる秘訣
「3人寄れば文殊の知恵」コラ...
マネジメントは資源を顧客価値...
心身ともに健康に生きる秘訣
顧客に聞くだけではなく顧客の...
組織の内部で発生するのはコス...
腹は丹田とも言い丹田呼吸で心...
メタファー(比喩)による発想
グローバルビジネスとグローバ...
楽天的に不良長寿を目指そう!
探検とは想定外の現象を発見す...
企業間のサプライチェーンは共...
怒りや恐れや悲しみなどのスト...
希少な事実から洞察を得ること...
再送 人は指揮命令で行動する...
人は指揮命令で行動するのでは...
人は指揮命令で行動するのでは...
人生を楽しむことが健康で長生...
デザイン思考はニーズを需要に...
マネジメントが基盤にすべきも...
マネジメントの目的の第1は自...
イノベーションという革新には...
マーケテイングはニーズを探し...
生命力アップの為には腹(腸)...
新しいイノベーションの目標は...
異質な知見を組み合わせて多様...
人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。



◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第366号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「芯ブレしない身体と芯ブレしないモータ―」


おはようございます。

6月24日水曜日、梅雨の夏日は前線の上下で
気温が大きく変動しますね。

心身ともに外的負荷に耐える健康づくり
頑張りましょう!

■先週6月17日から19日の3日間
国際展示場にてスマートコミュニテイ「次世代自動車」展に
出展社エイ・アール・アイ合同会社の共同出展社として
シルバーベンチャーとして立ちげた
株式会社21世紀ものづくり日本(KK.MN21)も参加しました。


回転体に芯ブレ自動補正オートバランサー
僕もブース来場者に仮説原理を交えて、
デモをして説明しました。

発明者の山本博明さん、
この技術を高く評価した金型制作技能に関して
世界NO1の吉原且滋さんともども熱く語りました。

■僕が客員教授を務める多摩大学大学院にボデイケアの専門家である
川口舞子さんという院生がいます。

彼女の手法である、ロルフィングという
身体の姿勢を筋膜に焦点を当てて調整する理論を重ねる
とオートバランサーが説明しやすくなりました。

■人間の身体の重心とそれを支える支点である足や坐骨が
運動や歩行して移動しても相対的に垂直線上で一致することで
外的負荷がかかっても無理なストレスがかからない。

重心に相当する回転体の慣性中心と
支点に相当する回転中心の距離が芯ブレであり、
オートバランサーは外的負荷がかかても
芯ブレを相対的にゼロに近づける技術であり、
身体の仙骨の役割をしていると説明しました。

■芯ブレしない身体と芯ブレしないモータ―!

人も機械もブレてはいけません。

この比喩で説明すると感度のいい来場者から共感を得ました。

従来のニュートン力学に頼らない、
こんな説明に皆さんワクワクします。

博士課程に入学した僕もこの仮説で実証実験に臨みたいと思います。

この画期的発明に力学の専門家は冷やかに観ている人が多いですが、
自分の知識の枠内にとらわれない上位の視点が欠かせません。

現象第一の視点、幅広い人の意見を聞く謙虚さが
成功の要因であると認識します。


さて、
本日のテーマ
====================
「死は人生の総決算である」
(「森信三全集」致知出版社を参考)
==================

■「人生2度無し」は森信三哲学の根本であります。

「死」は誰にとっても絶対不可避な事実であり、
この事実を受け止め認識することが
いのちを認識することである。

「死」を徹底的に観ることが
「生」を充実させることである。

■「死」を意識すれば
どんな逆境も重要な修業となる・

一度絶望の淵に沈んでみれば
人生の本当に意味が分かる。

大事な家族の死や不治の病気、
失業や事業の失敗に直面して初めて人は
「生」のありがたさを知る。


■僕にとって、母の死、
妻の不治の病、交通事故などは「死」を意識せざるを得ない
逆境の経験でした。


やがて自分にも必ず「死」が訪れる。

「人生2度なし」とは「死」を意識することで
生涯を自らの人生に賭ける気持ちが起こる。

■僕が「ものづくり・ことづくり・ひとづくり・
そして21世紀くにづくり」のKK.MN21を同士でつくったのも
「死」を意識した人生の賭けかもしれない。


肉体の朽ち果てた後に残るものは
生きている間に成した事実のみである。


名を残すことでもない。


生きた証を残そうとする悲壮感きわまりない
覚悟を持つことで生命力が高まる。


「死」は人生の総決算である。


●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e07c1xt0wogn53ry81ufq

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e07c2xt0wogn53ry81qij


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e07c3xt0wogn53ry81UzM
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e07c4xt0wogn53ry81u4D
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。