バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  トップだけではなくエコシステム...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  トップだけではなくエコシステ...
生命現象のメカニズムを知りス...
イノベーションマネジメントの...
国家のマネジメントの指標は福...
超現代は主客と客体を統合する...
喜寿に思うマイウエイ:人生最...
喜寿を迎え持病もなくひとり暮...
人生とは1日1生の積み重ね
幅広い人生体験
高齢化社会の当事者として人生...
高齢化社会の当事者として人生...
読経、座禅、ロングブレス、心...
イノベーションは頭ではなく心...
心身の健康、医療介護福祉の安...
心身ともに健康に生きる秘訣
「3人寄れば文殊の知恵」コラ...
マネジメントは資源を顧客価値...
心身ともに健康に生きる秘訣
顧客に聞くだけではなく顧客の...
組織の内部で発生するのはコス...
腹は丹田とも言い丹田呼吸で心...
メタファー(比喩)による発想
グローバルビジネスとグローバ...
楽天的に不良長寿を目指そう!
探検とは想定外の現象を発見す...
企業間のサプライチェーンは共...
怒りや恐れや悲しみなどのスト...
希少な事実から洞察を得ること...
再送 人は指揮命令で行動する...
人は指揮命令で行動するのでは...
人は指揮命令で行動するのでは...
人生を楽しむことが健康で長生...
デザイン思考はニーズを需要に...
マネジメントが基盤にすべきも...
マネジメントの目的の第1は自...
イノベーションという革新には...
マーケテイングはニーズを探し...
生命力アップの為には腹(腸)...
新しいイノベーションの目標は...
異質な知見を組み合わせて多様...
人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...
健康管理に役立つ小口多頻度供...
物に本末あり事に終始あり、前...
カリスマによる指揮命令型の組...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第338回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「友人関係・研究会関係・家族関係」

12月3日水曜日の朝を迎えました。

いよいよ師走となり
本格的な冬が巡って来ました。

寒くなりますがそれぞれの季節の変化に順応することが
交感神経と副交感神経を交互に活発化し
自律神経を強化し、
力強い健康な人生を送る訓練になります。


■この時期は忘年会を兼ねた集まりが多いものです。

先週金曜日11月28日島根県出雲高校の
同級生が上京する時にあわせて何人かの急遽声をかけたら
8人集まりました。

自営業者や私学の大学教授など現役もいますが
リタイヤした者も多く、
それぞれの人生経験を反映して話題はいろいろ広がり
酒と料理で盛り上がりました。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0wgliw0cnq0muopbpuDa

■翌日29日土曜日はある研究会で講演しました。

大手電機メーカーやシステム関係の
企業の技術者やコンサルタントを経験したOBや
現役が組織と離れて
ボランティア活動で20年以上続いている研究会です。

技術大国日本を作った技術者のエネルギーは
組織を離れても健在です。

システム技術とプロジェクトマネジメントへの
関心は歳をとっても研究心旺盛です。

懇親会でも年齢や経験を超えて盛り上がりました。

■その翌日30日日曜日は孫娘の1歳の誕生を
お祝いしました。

3人目の孫ですが離れて暮らしているので
たまにしか合わないですが可愛いものです。

というわけで
「友人関係・研究会関係・家族関係」と
一人暮らしでも結構多忙な年末を送っております。


■■■青梅街道 新中野 
今岡‘塾’(ドラッカー塾)第5回ご案内■■■
12月4日木曜日19:00
11月6日土曜日15:00

第五回テーマを少し変更します。
「使命に基づくマネジメント」から

「資本主義経営から共生主義経営へ」と題して
近代社会を作ったイデオロギー経営から脱皮を提案します。

社会主義も資本主義も経済システムの名称である。

ハイエクやシュンペーターによると
経済システムは社会システムの一部(サブシステム)である。

循環器系は身体システムのサブシステムであるのと
同じです

共生主義は人と人、人と社会、人と自然の関係を含む
全体を含む概念です。


■「顧客」「人間の本質」「使命」という
人と人の繋がり、社会的役割と位置付けをどう考えるかが
マネジメントの基本になります。

「個と全体」の組織構造において
日本のコメ作りモノづくりの共生の社会構造は
デカルトやフロイトの
個人に注目する近代西洋の思想に対する反省から出た思想
精神生態学のグレゴリー・ベイトソンや
行動心理学のアブラハム・マズローの思想(理論)で
説明できることを発見しました。


人も組織も社会も、
自然や歴史や文化と繋がる統合(インテグレーション)のモデルが
これからの産業社会、人類に必要です。

そこに必要なのがビジョンや理念であり、
そこから導く創造的イノベーションです。

■12月4日木曜日のゲスト講演
「企業理念がいい会社をつくる」と題して
企業理念研究家 青木篤実さんにお話して頂きます。

青木篤実さんは「ドラッカー塾」第一期生で
その後も何回もご参加頂いています。

勤務先は
自動車や建産機に使用する部品を
製造する会社で27年間勤めておられます。

13年間技術部門で勤務し、出産を機にIT部門に異動、
現在は経営企画部門に所属。

旧態依然とした職場の女性に対する考え方に異論を唱え、
10年の月日を経て初の女性管理職に。

現在は、主婦業(子育て)、会社勤務に加え、
企業理念研究家としての活動を積極的に行っています。

「いい会社」研究会にも所属していて、
この度コンサルタントとしての経営講座も修了し、
更に活動範囲を広げて、
「いい会社」を増やすべく推進中。

●製造企業で技術部門、IT部門、経営企画部門を
こなしながら女性として子育て、
家庭生活をマネジメントし「企業理念でいい会社を増やすことで、
いい国を子どもたちに残したい」という使命感を
持って活き活きと人生を送っておられます。

マネジメントは人をマネジメントすることではなく
自分をマネジメントすることだという
ドラッカー思想を実践しておられます。


女性ならではの感性と実行力は誰もが見習うモデルと言えます。



■12月6日土曜日のゲスト講演のテ―マは
「ICTを活用した組織イノベーションへの挑戦」
富士通FUJITSU Way 推進室加藤 美治様です。

最近学会で発表したばかりだそうです。

<講演主旨>

日本のIT 産業はアップル,グーグルの後塵を拝する状況が
続いている。このような状況を脱していくためには,
イノベーションが必要である.

イノベーションの本質は,単なる技術革新ではなく,
革新的な製品・サービスにより社会に役立つ
新たな価値を創出し続けることである.

つまりそれを実現できるのは機械ではなく
人間の創造性である.
人間が創造性を発揮し新たなものを創出するためにはどうすれば
よいかについて,
人間のモチベーションにも触れて議論していきたい.


<加藤様プロフィール>

1983年富士通株式会社入社以降、通信装置のハードウェア開発に従事。
海外向け交換機、国内キャリア向け交換機から、キャリア向け
大型ルータの開発を長年行ってきた。

現在は、内部統制、業務改革、企業理念に関する業務を実施中。
並行して、イノベーションに対する研究を継続して実施。

2009年東京農工大学大学院技術経営研究科(MOT)修了
現在、電気通信大学大学院情報システム学研究科在学中


皆様のご参加お待ちしています。


●スポット参加者大歓迎です。

ホームページご案内します。
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0wgmiw0cnq0muopbp2a8

今岡‘塾‘コンセプト
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0wgniw0cnq0muopbpFiJ

開催要領場所アクセス
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0wgoiw0cnq0muopbp6mx

開催日程
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0wgpiw0cnq0muopbphKt




●スポット参加者
講義のみ4000円、カフェ参加込み5000円

2周目以降の方は
講義のみ2000円、カフェ参加込み3000円



是非皆様のご参加お待ちしています。

参加日を選択の上、お申込下さい。


imaoka@bizdyn.jp
までご連絡下さい。


今岡善次郎


さて、
本日のテーマ
===================
1.女らしさとは(森信三全集幻の講話)
2.通貨・情報・環境
(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.事例研究:トップダウンとボトムアップ
「システム再構築入門」(金田秀治、ぱる出版)
===================

 
1.女らしさとは(森信三全集幻の講話 )


■男らしさとか女らしさを論じることが
現代社会でタブーとなった。


男らしさとしての責任感、決断力、人間関係構築力は
男でも女でも同じではないかと
言われる。

それはそれで良いとしよう。


■一方で女らしさの表現として
すなおさや優しさが上げられる。

これも男にとっても大事な特質である。

責任感、決断力、人間関係力、
優しさ、素直さ全ては人間の特質として重要である。


■しかし女らしさの中にある「母性」は人間社会に
欠かせないと森信三は言う。

キリスト教でも聖母マリアへの敬慕、
仏教では「観音菩薩」は特に日本では女性をシンボルに
していると言う。

人々は母性の優しさを欲している。

男女同権、女性の社会進出、女性の経済的独立で
経済的能力を高めるとともに
女性には男以上の社会的能力があるのも事実である。

■女性が男性より長寿であり
精神的にも肉体的にも強くなっている。

もともと日本の神話ではイザナギ・イザナミという
父と母、男女の神から人も自然も生まれた。

交感神経と副交感神経から自律神経成り立つように
社会は男女半分づつその特性を発揮して
社会の秩序が保たれる。




2.大国間の戦争は無くなるか?
■米ソ連戦時代の軍拡競争で米ソ両国は
経済的に自滅した。

経済の崩壊がソ連を崩壊させただけではなく
米国の国力も低下した。


若い技術者や科学者が軍用部門に使われ
人類に役立つ知識が枯渇した。


■一方で核兵器、化学兵器、生物兵器が拡散して
中東諸国、インドやパキスタン、北朝鮮など
大国とは言えない小国が戦争能力を獲得している。

こうして「巨大国家」は袋小路に入った。

しかしながら以前のような国民国家に戻ることは無いと
ドラッカーは見ていました。

■超国家の調整機関である国連も
地域別経済共同体もTPPを見るように利害調整は
困難を極めている。

国家の役割機能が弱くなるなかでグローバリズムが台頭しつつ
スコットランド独立などスペインの地域の独立
香港や台湾と中国の関係など
覇権国家に対する自立の動きも激しさを増している。


■人間社会は歴史・文化・伝統によって
共同体が維持される。

一方で確実にグローバルリズムが進んでいる分野は
通貨・情報(インタ―ネット)・環境である。


対立から調和する社会、
人と人、地域と地域、人と自然、国と国が
自立性を維持しつつ協調する統合化が必要になる。


そのための媒体が「通貨・情報・環境」を繋ぎとする
マネジメントの思想が必要なのである。



3.事例研究:トップダウンとボトムアップ
「システム再構築入門」(金田秀治、ぱる出版)


■組織改革にはトップダウンとボトムアップ方式がある。

トップダウン方式では
ファーストリテイリングの柳井会長や
コマツのダントツ経営で有名な坂根相談役、
以前は宅配便のヤマト運輸の創業者である小倉元社長
などが上げられる。

トップ自ら
強烈なコンセプトによって企業を再設計したケースである


■大野耐一氏の下でシステム再設計した金田氏によると
これらのトップダウン改革は通常稀である。

トヨタ以外の会社トップがトヨタ方式を導入する場合も
既存システムの破壊であるトップダウン方式も
成功するのは難しい。

■トップが方針を示してミドルが具体的なプロジェクトを
定義して改善を進めればいいように考えられるが
成功しないと言う。

なぜならばどの会社も既存システムでそこそこ成功している
からである。

慣性の法則が働いているため殆どの社員は
今までのやり方に固執する。

改革とは生きものである組織に痛みのある手術である。

■トップが強い思いを持つとともに
変革(手術)する必要への思いがミドルにどれだけ共感できるかが
問われる。

現状のシステムについての診断分析によって
問題構造が腑に落ちていなければならない。

そのために強い思い(危機感)によって現実に向き合うことが
要求されるのである。



●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0wgqiw0cnq0muopbp2eX

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0wgriw0cnq0muopbpWzw


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0wgsiw0cnq0muopbplea
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0wgtiw0cnq0muopbpIeX
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。