バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  生命現象のメカニズムを知りスト...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  生命現象のメカニズムを知りス...
大谷翔平、湯川秀樹、トヨタ自...
生命現象の制御とマネジメント
身体のメカニズムからマネジメ...
トップだけではなくエコシステ...
生命現象のメカニズムを知りス...
イノベーションマネジメントの...
国家のマネジメントの指標は福...
超現代は主客と客体を統合する...
喜寿に思うマイウエイ:人生最...
喜寿を迎え持病もなくひとり暮...
人生とは1日1生の積み重ね
幅広い人生体験
高齢化社会の当事者として人生...
高齢化社会の当事者として人生...
読経、座禅、ロングブレス、心...
イノベーションは頭ではなく心...
心身の健康、医療介護福祉の安...
心身ともに健康に生きる秘訣
「3人寄れば文殊の知恵」コラ...
マネジメントは資源を顧客価値...
心身ともに健康に生きる秘訣
顧客に聞くだけではなく顧客の...
組織の内部で発生するのはコス...
腹は丹田とも言い丹田呼吸で心...
メタファー(比喩)による発想
グローバルビジネスとグローバ...
楽天的に不良長寿を目指そう!
探検とは想定外の現象を発見す...
企業間のサプライチェーンは共...
怒りや恐れや悲しみなどのスト...
希少な事実から洞察を得ること...
再送 人は指揮命令で行動する...
人は指揮命令で行動するのでは...
人は指揮命令で行動するのでは...
人生を楽しむことが健康で長生...
デザイン思考はニーズを需要に...
マネジメントが基盤にすべきも...
マネジメントの目的の第1は自...
イノベーションという革新には...
マーケテイングはニーズを探し...
生命力アップの為には腹(腸)...
新しいイノベーションの目標は...
異質な知見を組み合わせて多様...
人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第306回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「マーケティングとイノベーション」

 
お早うございます。

今日もルマガお読み頂きありがとうございます。


■昭和の日の昨日、
昨年の年末の女の子を出産した娘が
初めての女の子のおばあちゃんになる妻に
面会しました。

殆ど目を開けない寝たきりの妻ですが、
娘としては自分の子を見てほしい。

元気な妻ならどんなに喜んだことだろうか。

孫と娘と婿と僕の4人が
病棟の懇話室で昼食の食事介助しながら
言葉は返ってこないが楽しく笑い声で
話しかける。


孫と祖母が初めて面会する記念すべき
いのちの繋がりを確認する大切なイベントでした。


さて、
■■カフェ「ドラッカーマネジメント塾」2014年春第7期
第3回「マーケティングとイノベーション」
ご案内します。


5月8日木19:00平日コース
5月10日土15:00週末コース


前半は
■ゲスト講演
テーマ「大企業の開発現場におけるマネジメント」

講師は馬場 圭三 (ばば けいぞう)様にお願いします。

馬場様は株式会社リコーの画像システム開発本部に緒属する
グループリーダーです。

開発現場で起きていることや苦労していることを紹介し、
ドラッカー論と対比させながらお話して頂きます。

馬場様は本塾の塾生としてコース終了し、
その後何度か参加されています。


後半は
■私 今岡善次郎による
「ドラッカーのマーケティングとイノベーション」
のお話をします。

誰のための仕事か「顧客は誰か」を問う
マーケティングと
世のため人のため「顧客のため」の改革を問う
イノベーションが
ドラッカーのマネジメントの基盤です。


馬場様の現実の事例を受けて
ドラッカーのメッセージと関連付けて対話したいと
思います。

ドラッカーのマネジメントを
産業革命や米国で発展した科学的管理法との対比、
又TOC(制約理論)との対比なども交流会のテーマにしたい
と思います。


スポット参加大歓迎です。
講義のみ4000円、カフェ参加込み5000円

2周目以降の方は
講義のみ2000円、カフェ参加込み3000円


申し込み方法等
詳しくは以下をご覧ください。

ホームページ
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0rpdst08nl2k430t2PhL

ダウンロードチラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0rpest08nl2k430t2giP



お待ちしています。



さて、
本日のテーマ
===================
1.文明の興亡(森信三全集)
2.組織が成果を上げるために
(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.事例研究:
ハーマンミラー社「$参加型資本主義」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

===================

 
1.文明の興亡(森信三全集)


■人のいのちが有限であるように
人の集団である組織や社会も有限である。

人に歴史があるように
いのちである社会や文明も又、
盛衰の歴史がある。

文明や文化も花と咲き誇っていても
やがて散る時がある。


■森信三は人類の興亡を分析したトインビー
の研究を参照します。

古代から14の文明を選んでその盛衰興亡の変遷を
明かにして、
西洋人として西洋中心の文明の行く末を考察した。

西洋の自然科学と機械文明について
貴重な示唆と教訓を導いた。

■民族の文明自体がいのち、生きものである以上
盛衰があるのは自然現象であると。

仏教の縁起法も古代中国の易法も
社会の無常、盛衰の変遷の原理を説明している。

当然、人と世界の間になる社会、企業組織も
例外ではない。

個人の生と集合体である民族の生命との
比喩(メタファー)は
米国サンタフェ研究所の「複雑系研究」でも
フラクタル現象として自然界に見られる現象の一部である。

■現在世界を支配している西洋発の近代文明も
永劫に不変だとは言えない。

トインビーの警告は西洋では無視されていたが
最近同調する賢人が増えていると言う。

近代の合理主義とは
自然征服思想から成り立っている。

現代の社会の病気は人類の反自然への反作用である。

森信三によると脱近代への処方は
自然の一部である人間が
自然(エコシステム)の一部として
自然と一体化することである。

それは二宮尊徳が「天人合一」と言った思想である。


2.組織が成果を上げるために


■組織の成果は内外の人々を惹きつける魅力を
磨かなければなりません。


組織内の人間も顧客も魅力がなければ
組織から離れやがて組織は崩壊する。

ドラッカーはそのためにマーケティングが
必要だと言います。

営利目的の会社であれ非営利組織であれ
組織人と組織が価値を提供する人々(顧客)
にあるべき姿を描き実施する。


■ドラッカーによると
マーケティングとは誰のためか(顧客は誰か)
どんな貢献を行うかという
役割、義務、使命を定義することである。


使命によって任務を果たすべき
専門家が必要になる。

ただし必要な専門性は知識レベルではなく
貢献度合いによって優劣を判断しなければなりません。

■現代の組織では上司と部下の関係、
指揮する人間と指揮される人間の関係だけでは機能しない。

使命とかビジョンとか理念などを共有化している
組織でメンバーが自律的に
仕事の仕方を考え、成果について責任を持つ。

組織の使命に焦点を当てることが
第一番です。

■大事なことは組織の自立であり、
特定の人間や行政機関から独立していなければならない。

皆が目標を共有し
自由に意見を言い合える組織にしなければならない。

組織は成果を上げるには
皆がビジョン(心)を一つにする必要があります。




3.事例研究:
ハーマンミラー社「場を与える」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

■ハーマンミラーの成功の大きな秘訣は
効率や生産性よりも
それぞれの分野に潜んでいる人材に
「場」を与えて来たことだという。

「場」を与えることで自律的に機会を発見して
大きな仕事を創出してきた。


■創業まもない頃に会社の資金が不足し
優秀な営業マンにクリスマスの時期にも関わらず
販売報酬を支払えなかった。

創業者は申し訳ないとその営業マンに対して
長い間借りを作って自責の念を持ち続けた。


ところがその営業マンは当時を振り返って言った。

「あのクリスマスは人生のハイライトでした」

何故かと創業者は聞いた。

「あの日、あなたは私をニューヨーク地区の
マネジャーに任命してくれた」と答えた。

■ある優秀なデザイナーが自律的に
外部の優秀なデザイナーを採用するように提案してきた。

デザイナーのアイデイアやスケッチを
試作モデル(プロトタイプ)にする才能ある人材が集まる。

障害者に「場」を与えて生産性を高める特殊な能力ある人材が
求めなくても現れる。

■このような人材をジャイアンツ(巨人、又偉人)という。

目立たなくても潜んでいるジャイアンツを発掘して
「場」を与える。

積極的に「場を与える」ことで企業は
自律的に成功へ導かれる。

場ではなくリーダーが命令を与えるピラミッド組織の
マネジメントとは大きく異なります。



●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0rpfst08nl2k430t2pz5

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0rpgst08nl2k430t2cx6


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0rphst08nl2k430t2u0Z
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0rpist08nl2k430t2ihr
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。