バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  生命現象のメカニズムを知りスト...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  生命現象のメカニズムを知りス...
大谷翔平、湯川秀樹、トヨタ自...
生命現象の制御とマネジメント
身体のメカニズムからマネジメ...
トップだけではなくエコシステ...
生命現象のメカニズムを知りス...
イノベーションマネジメントの...
国家のマネジメントの指標は福...
超現代は主客と客体を統合する...
喜寿に思うマイウエイ:人生最...
喜寿を迎え持病もなくひとり暮...
人生とは1日1生の積み重ね
幅広い人生体験
高齢化社会の当事者として人生...
高齢化社会の当事者として人生...
読経、座禅、ロングブレス、心...
イノベーションは頭ではなく心...
心身の健康、医療介護福祉の安...
心身ともに健康に生きる秘訣
「3人寄れば文殊の知恵」コラ...
マネジメントは資源を顧客価値...
心身ともに健康に生きる秘訣
顧客に聞くだけではなく顧客の...
組織の内部で発生するのはコス...
腹は丹田とも言い丹田呼吸で心...
メタファー(比喩)による発想
グローバルビジネスとグローバ...
楽天的に不良長寿を目指そう!
探検とは想定外の現象を発見す...
企業間のサプライチェーンは共...
怒りや恐れや悲しみなどのスト...
希少な事実から洞察を得ること...
再送 人は指揮命令で行動する...
人は指揮命令で行動するのでは...
人は指揮命令で行動するのでは...
人生を楽しむことが健康で長生...
デザイン思考はニーズを需要に...
マネジメントが基盤にすべきも...
マネジメントの目的の第1は自...
イノベーションという革新には...
マーケテイングはニーズを探し...
生命力アップの為には腹(腸)...
新しいイノベーションの目標は...
異質な知見を組み合わせて多様...
人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第303回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「明日開講 ネットワーク交流の場」

 
お早うございます。

今日もルマガお読み頂きありがとうございます。

朝昼夜の気温差が大きい季節です。

体調管理に気をつけましょう。

■5日土曜日奉職している
社会人向け大学院である多摩大学大学院の入学式と
その後の歓迎懇親会に参加しました。

学長と理事長の挨拶にもありましたが、本学の特徴は

社会人だけを対象としていること
教員も社会人として仕事を持っている人が多いことです。

20歳代から60歳代までの大学院生が入学してくる。

若い企業勤務者から自衛隊幹部まで多彩なキャリア。

教員より年上の学生も多いし、
社会的に成功している人も多い。

■僕にとって息子より若い学生もおれば同世代か
人生の先輩もいる。

だから学生同志、学生を教員同志、教員同志の
ネットワーク交流の場と言えます。

学ぶ知識より他業界の知見や思想やセンスを
コミュニケーションを通じて身につける絶好の機会となります。

■僕が主催するカフェ「ドラッカー塾」も
同じようなコンセプトの簡易版と言えます。

多摩大学大学院と両方参加している
人も多くいます。

今回カフェ塾参加の動機をメールしてくれました。

・他業界に関わる方々の思想、知見に触れて、
センス・感覚を高める

・様々な方とのコミュニケーションを通じて、
仕事の目的、生き方をよりクリアにしていく

このような場にしたいと思っています。


■■■平日コース4月10日19:00
コミュニテイカフェ「ドラッカーマネジメント塾」
第7期2014年春期開講します■■■

初回テーマは
「ドラッカーの社会生態学マネジメント」
です。

社会生態系(エコシステム)のモデルで
社会と組織を人間を観察します。


僕の多摩大学大学院の公開講座に聴講に来て
概念に共通点があるとロルフィングを教えてくれた
現在多摩大学大学院生である、
米国認定ロルファー 川口舞子さんが
「身体の統合と調律」というテーマでゲスト講師として
お話します。

ダウンロードチラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d02e1pt07nqwihyisefGU


なお川口さんは
六本木にある酸素カプセルなどボデイケアサロン
のマネージャーです。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d02e2pt07nqwihyiseUlv

顧客の健康に役立つ仕事とともにボデイケアサロンの
マネジメントも研究テーマとして取り組もうとしています。

組織の生命力(QOL:Quality Of Life)を
目的にする点で同じです。


■なお週末コース開講日は4月12日土曜日
ゲスト講師は
「食品開発と地域再生」を話して頂く
食品コンサルタント 門田直明さんです。

これも日本農業とも関連があるエコシステムです。


日程、料金、申し込み方法、場所等
詳しくは以下チラシをご覧ください。

ダウンロードチラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d02e3pt07nqwihyiseSpv

お待ちしています。

視点を変えてお話しますので過去に
参加された方も大歓迎です。

過去3年フルコース参加者でご希望の方に
修了書お渡ししていましたが
今期からフルコース修了者全員に修了書お渡しします。

又スポット参加歓迎します。

又初回スポット参加でフルコース切替の方は
スポット料金を控除した参加費を後ほどお支払い下さい。

フルコースは時間の都合がつかない方は
参加できなかった回は秋の第8期に追加料金なしで
参加できます。

本メール返信でお申込下さい。


さて、
本日のテーマ
===================
1.陰が極まれば陽に転ずる(森信三全集)
2.組織は道具である
(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.事例研究:
ハーマンミラー社「ベストを尽くせる組織か」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

===================

 
1.陰が極まれば陽に転ずる(森信三全集)


■ヘーゲルの弁証法に通じると森信三が論じた
「易」の代表的思想は
「極陰は陽に転ずる」
(陰が極まれば陽に転ずる)

どん底に落ちれば上がるしかない。


人も組織も社会も
盛衰、吉凶を繰り返す。

吉と凶は人の最も切実な具体的現実である。


■東洋哲学は宇宙の世界観と
現実の処世を結びつけようとする。

一方西洋の哲学は知的体系のスケールは大きいが
現実の人生の実務から離れる。

知的対話や関心が主たる目的となる。

ドラッカーによると
西洋の知識人は知識が現実に応用されることを
堕落と観ていた。

現代日本の知識人の間でも現実の人生に関わる「易」は
非科学的な占いとしてしか見なしていない。

■しかし、現実の世界で
人生や組織をマネジメントする時
陰陽二元論は強力な思想的道具となります。

工場における増産と減産、稼働と非稼働、
欠品と過剰在庫、攻めと守りなど
陰と陽のバランス制御でスムーズな流れが
マネジメントできます。



■歴史を俯瞰しても
覇権国家の盛衰は陰陽を繰り返す。

七つの海を支配した大英帝国の没落も、
世界の警察官となったアメリカの経済力も
陰から陽に転じそして又陰に転じつつある。

陰が極まればまた陽に転ずるかも知れない。


人間の身体も交感神経と副交感神経
アドレナリンとエンドルフィンという
正逆(陰と陽)でホメオステータス(安定維持)が
マネジメントされています。

企業のマネジメントも
生体的リズムを参考にした
自律的制御の仕掛けが必要になります。



2.組織は道具である


■企業、病院、政府など組織は
それぞれ一つの目的を持つ道具である。

顧客にとっての道具であると
ドラッカーは言います。

包丁やまな板など調理道具
ノコギリ、金槌など大工道具
剣、鉄砲、槍などの武器

それぞれ単一の目的を持つことで切れ味が
するどく使う人にとって役立つ。

組織も専門分野を絞ることで
目的遂行能力を高めることができます。


■組織も一つの目的を持ち
一つの問題しか扱わない。

企業は社是によって分野を絞ることで
成果を上げます。

車を作る会社から食品を買う顧客は少ない。

組織は1つの目的に集中して始めて
効果的な存在となる。

ところが家族や地域社会、国家という
コミュニテイは人間の生活全てに関わるから
全ての問題を扱わざるを得ない。

■ドラッカーは
組織の目的が多様化することで崩壊することを
アメリカのキリスト教会を例に上げて説明しました。

教会の使命は「魂の救済」であるに関わらず
社会変革を促進し政治化して
統合力と訴求力と信者を失ったことがあった。

■医療や介護や患者家族会でも同じだと思います。

患者や家族を支援することが使命であるにも関わらず、
行政や社会変革や教育機関となることで
顧客を失います。

家族の道具が行政の道具になっては
会員は離れていきます。

組織は顧客を正しく認識して
顧客の道具になってはじめて社会的存在価値が
あるのです。



3.事例研究:
ハーマンミラー社「2種類のリーダーシップ」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

■組織にとって突発的な問題が発生した時
トップダウンのリーダーシップで問題が対処されることは
通常の組織では稀である。

組織の階層とは関係のない誰かがリーダーシップをとって
欠かせない関係者を巻き込んで
迅速に事に対処することが多い。

トップの命令があってもなくても
事が急ぐ場合もある。

■ハーマンミラー社では
組織上のリーダーではない突発的課題に
対処するリーダーを遊軍リーダーという。

遊軍とは軍隊用語で予備隊である。

企業では通常の業務は階層構造の組織でこなすが
突発的な課題に対処するには
プロジェクトか委員会を作って対処します。

遊軍とはプロジェクト組織とも言えます。

■縦の指揮命令系統は権威で人が動くのに対して
プロジェクトや遊軍は信頼関係と規律が
欠かせません。

信頼関係とはお互いに依存し合っている組織において
互助の心と心のつながりである。

規律とは責任と義務である。

■ハーマンミラーの元CEOのマックスデブリ―は
個人として集団として潜在能力を
フルに発揮する組織にするために遊軍リーダーシップ
を尊重しました。

仕事に活力を与え
社員にとって人生に意味を与えることを職場の目標にしていた。

縦の階層構造の目標を達成することだけが
人生ではないと。


●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d02e4pt07nqwihyiseF3q

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d02e5pt07nqwihyiseyFo


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d02e6pt07nqwihyiseY3E
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d02e7pt07nqwihyiseWiw
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。