バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  人間の自然生命力を強化する納豆...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...
健康管理に役立つ小口多頻度供...
物に本末あり事に終始あり、前...
カリスマによる指揮命令型の組...
腸内細菌も人間も大自然の一部...
イノベーションとは技術革新で...
強いのが生き残りの条件ではな...
ヨーグルトなど健康維持に発酵...
改善の『改』は改める、新たな...
事が起こらなくても心身の可動...
生活ルーチンが人の心身のマネ...
制約のない状況の中でのデザイ...
優劣というのは相対的なもので...
脳からの指令だけではなく腸か...
デザイン思考・OODA・KJ...
布施・自戒・忍辱・精進・禅定...
天理人理による健康長寿を目指...
経営戦略をデザイン思考で考え...
二宮尊徳の報恩仕法とドラッカ...
人生を楽しむことで免疫力を上...
デザイン思考はアリストテレス...
覇権主義の世界に日本の和を
社会経済も身体の命のように部...
新時代のイノベーションをデザ...
知覚、感性、美的感覚、芸術で...
食事、運動、生き方など心身の...
アリストテレスの弁証法でイノ...
微生物から植物・動物まで地球...
科学は所詮諸刃の道具と考えて...
現実に起こる様々な問題に対し...
マネジメントを含む仕事は神聖...
今岡ドラッカー塾最終回第12...
科学信仰より現実観察による効...
:2022年12月24日土曜...
Dr. Practiceマネ...
マネジメントとは人生・組織・...
精神性を大事にする日本の伝統...
今岡ドラッカー塾第11回イン...
日本を破壊する邪悪な思想を排...
今岡ドラッカー塾第11回20...
成果を上げる者は仕事からでは...
12月3日土曜日今岡ドラッカ...
組織や事業をデザインするイン...
今岡ドラッカー塾第11回イン...
生命は部分最適の総和は全体最...
今岡善次郎が教授陣の一員とし...
マネジメントの実践と身体の健...
ものづくりドクター鈴木 甫 ...
今岡ドラッカー塾第10回20...
日本の宗教「神道」は日本人の...
第10回「今岡ドラッカー塾」...
戦争のない世界を構築する方法...
ものづくりドクター鈴木 甫 ...
今岡ドラッカー塾第10回タイ...
戦略(軍政)と実戦(オペレー...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第293回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 「共に生きる社会」


お早うございます。

今日もルマガお読み頂きありがとうございます。

2月5日の朝を迎え今日一日が充実した日でありますうに。


●2月2日日曜日8時「TBS駆け込みドクター」

‘10年間で14倍に増加!アルツハイマーを学ぶ’ 

家族会で親しくしている伊藤金政さんご夫妻が
出演しました。

病気発覚してしばらく人生どうなるかと不安で一杯
パニックで仕事やめたが今は現実を受け入れて
「毎日共に充実したセカンドライフの人生を送っている」
「妻に感謝している」と語りました。

奥様は家事は出来ないが
間違ったも怒らない。

映像から笑いと優しい笑顔とカラオケを楽しむ
前向きの生き方が伝わりました。

そこに要介護者と介護者という
区分は無い。

新しい形の夫婦ができている。

スタジオでは思わずゲスト出演者が涙を漏らした。


さっそく電話して本人の了解をとってFB公開しました。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d03bdzs06n42pqqspdOc4

金政さん、ありがとう! (写真9枚)

●数年前私も
「たけしの本当は怖い家庭の医学アルツハイマー病」で
俳優さんによる再現ドラマあり、インタビューあり
夫婦で散歩している映像あり15分に渡って全国放映されました。

その後田舎の中学校時代の同窓生が集まって放映ビデオを見て
寄せ書きを書いて送ってくれました。

しばらくは妻の病気を伏せていましたが、
公開して孤独介護から脱した方が楽になることを学びました。


障害者とその家族が閉じこもらないで
医療や介護の専門家とともに市民社会と繋がることの
ありがたさを実感しました。

助けられる弱者と助ける強者という主客分離から
共に生きる共生の主客統合の社会
「共に生きる社会」
これからの時代のテーマではないでしょうか。


■4月以降第7期のドラッカーマネジメント塾開講に向けて
準備しています。

参加した方もまだ参加していない方も
メルマガ読者にご意見お願いします。


ゲスト講師として話すテーマのある方
聞きたいテーマのある方
どんなことでも結構です。

例えば
・ドラッカーを実践して良かったこと難しかったこと
・自分がやっていることは
ドラッカーが言っていることだった
・・・


お待ちしています。


さて、
本日のテーマ
===================
1.安心立命のために
2.新マルクス主義
3.事例研究:
ハーマンミラー社「リーダーは世話役」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

===================

 
1.安心立命のために

■我々人間は自己を取り巻くすべてのことに
正しい認識をして
自分の立ち位置を確認したい存在です。

何のために生きているか、

仕事とは何か、

周辺で生や死や病気などに無数の無常に直面して
正しく現実を認識して
正しく働きかけ正しい処理が出来た時
一切の矛盾が解決して安心します。

■自分とは何か、
仕事とは何か
何のために生きているか・・・
こんな青臭い議論や思考を避けなくなった時
大きな力が得られる。

深く考えること
哲学的、または形而上学的努力が必要なのです。

稲盛和夫が再生したJALでは
青臭い議論ができるようになったと言う。

人間は自分が生きている時と場所から
極大と極小の世界を知りたいと考える。


■無限大なる倍率を持つ天体望遠鏡と
無限小なる微生物や元素を見る電子顕微鏡を
心の中に持つ。

そして一瞬の内に交互に転換ように操作する。

この二つの顕微鏡を操る修業が
「哲学」なのだと森信三は言います。

■現実を正しく認識して
成すべきことを成すマネジメントこそ
哲学が必要なのです。

ドラッカーもそう考える哲学者でもありました。

現在直面している問題は内から見ても分からない。

外から(顧客から)見る
遠くから(顧客の顧客から)見る。

内なる現場を見て遠い外から自分を見る。

一瞬にして交互に転換する。

知的シュミレーションも哲学的思想である。

哲学的思想が安心立命に不可欠なのです。



2.新マルクス主義

■ポスト資本主義社会についてのドラッカーの考察は
20世紀を総括することがスタートラインでした。

そして問題は20世紀の血なまぐさい世紀を経験した
日米欧の先進国が何を学びどうするかだと。

それに入る前に新興国や第3世界についての分析が
大事なので紹介します。


■20世紀後半に現れた第3世界の英雄、
インドのネール、中国の毛沢東、キューバのカストロ、
ユーゴのチト―、チェゲバラ・・・

革新系の知識人が持ちあげた人々。

これら第3世界が
世界の新しい秩序を創造すると期待された。

しかし、
ドラッカーは彼らを新マルクス主義者とみなした。

マルクス主義者が血なまくさい世界を作ったように
第3世界の英雄達も冷酷な世界を作ったと。

■21世紀の現在も
シリヤ、アルジェリア、エジプトなど中東諸国も
中国も20世紀先進国が経験した乱気流と激動の時代は
終わっていない。


ポスト資本主義社会は日米欧で起こると
ドラッカーは言う。

21世紀の現在、
金融資本主義は隆盛と崩壊を繰り返し、中央銀行が
経済の安定化のために強権を使っている。


■政治家が強権を使っていないのが救いです。

マルクス主義、新マルクス主義という
知性に頼る全体主義が20世紀の主流だったが
それが崩れた。

ポスト資本主義社会とは
知的理想論による全体主義が破壊された後に
新しい社会を創るものは何かに答えることではないか。

このようにマルクス主義と新マルクス主義を
総括をすることが次世代の社会を創るのに
有効だ思います。

3.事例研究:
ハーマンミラー社「リーダーは世話役」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

■一般に解釈されているリーダーは
組織の所有者か権限の所有者である。

ハーマンミラーの元CEOマックスデブリ―によると
リーダーは組織の世話役である。

「人の上に立つ人は仕える者のようになりなさい」
(新約聖書)

がリーダーの本質であると。

■最近リーダーシップ3.0とか
サーバントリーダーと言うコンセプトが認知されているが
その思想的原点も同じである。

世話役としてのリーダーは
人に命令したり苦痛を与えるのではなく
自ら責任と苦痛に耐える。


人が仕事をやり易いように
現実を正しく認識しなければならない。

■リーダーは頭脳ではなく
全身のたたずまいであるという。

マックスデブリ―は
リーダーは偉大さでもカリスマでも有名であることでもないと
言う。

ドラッカーによるとカリスマは人々の自由を奪うという。
リーダーの資質は「真摯さ」にあると。

■メンバーがそれぞれ自由に潜在能力を
フルに発揮しているかどうかがリーダーの評価になる。

メンバーがリーダーの顔色を伺う組織のリーダーは
最悪である。

自説を説くだけで聞く耳を持たないリーダーではなく、
人の話を真摯に聞く品位がリーダーの
条件であると。


●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d03bezs06n42pqqspd9BP

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d03bfzs06n42pqqspdqxG


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d03bgzs06n42pqqspdYsc
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d03bhzs06n42pqqspdgYd
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。