バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  生命現象のメカニズムを知りスト...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  生命現象のメカニズムを知りス...
大谷翔平、湯川秀樹、トヨタ自...
生命現象の制御とマネジメント
身体のメカニズムからマネジメ...
トップだけではなくエコシステ...
生命現象のメカニズムを知りス...
イノベーションマネジメントの...
国家のマネジメントの指標は福...
超現代は主客と客体を統合する...
喜寿に思うマイウエイ:人生最...
喜寿を迎え持病もなくひとり暮...
人生とは1日1生の積み重ね
幅広い人生体験
高齢化社会の当事者として人生...
高齢化社会の当事者として人生...
読経、座禅、ロングブレス、心...
イノベーションは頭ではなく心...
心身の健康、医療介護福祉の安...
心身ともに健康に生きる秘訣
「3人寄れば文殊の知恵」コラ...
マネジメントは資源を顧客価値...
心身ともに健康に生きる秘訣
顧客に聞くだけではなく顧客の...
組織の内部で発生するのはコス...
腹は丹田とも言い丹田呼吸で心...
メタファー(比喩)による発想
グローバルビジネスとグローバ...
楽天的に不良長寿を目指そう!
探検とは想定外の現象を発見す...
企業間のサプライチェーンは共...
怒りや恐れや悲しみなどのスト...
希少な事実から洞察を得ること...
再送 人は指揮命令で行動する...
人は指揮命令で行動するのでは...
人は指揮命令で行動するのでは...
人生を楽しむことが健康で長生...
デザイン思考はニーズを需要に...
マネジメントが基盤にすべきも...
マネジメントの目的の第1は自...
イノベーションという革新には...
マーケテイングはニーズを探し...
生命力アップの為には腹(腸)...
新しいイノベーションの目標は...
異質な知見を組み合わせて多様...
人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第288回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 「昨日より今日・今日より明日へ」


●2月8日から9日にかけて
娘夫婦と両方の親交えて
富士忍野周辺へ一泊二日の旅行をしました。

会員性別荘ポイントバケーションで
婿が持参した
ナパバレーの高級ワイン OPUS ONEと
松葉カニとナベ料理を楽しみ
快晴の朝の富士山の眺望を満喫し、
嫁に行った娘家族との交流を深めました!

●今はやりの経済的な会員性別荘ですが、
妻の介護旅行を目的に8年前に
会員権を購入したものです。

不治の病と宣告されて平均余命を知った時は
病気の妻とどんな生活を送ろうかと日々思案しました。

結論は病気と闘うことではなく
「限られた人生最大限に楽しむ!」でした。


余命半年と言われた人が居直って
人生を楽しんで生きることに
心を切り替えて
癌が消滅した人がいるそうです。

生活を楽しむことと
孤立しないで人と人との繋がりを
楽しむこと。

人生は喜怒哀楽の中で
楽しむためにある。


●人も組織も人のために(顧客)のために仕事をして
自分を活かしている。

みな生産者であるとともに
消費者であり、生活者である。

買い手であり売り手であり生活者である。

一人ひとりが多元的な生き方をして
経済連鎖の中で共生して生きているのです。

共生関係の中で生活を楽しみ幸せを感じる。

会社の組織もしかり。

顧客や仕入先を犠牲にして(偽装して)
自社だけが繁栄するはずがない。


●モノづくりも医療や介護の仕事も
生活の質を上げるための共生関係の連鎖の中で
昨日より今日、今日より明日へとよりよく
生きたいものです。

そのための工夫が、イノベーションが
必要です。

今岡善次郎が提唱する
サプライチェーンマネジメント(SCM)を
イノベーションに必要な創造的発想法とともに
お話します。

今年最後のカフェ塾ご案内します!

■■■カフェ「ドラッカー塾」第6回のお知らせ■■■

■平日コース12月12日18:30〜
週末コース12月14日15:00〜
新中野 ビジダイン事務所(添付チラシ参照)

テーマは「実践的イノベーション発想のために:
実践知SCM目指して」

サブテーマ1「東西の賢人から創造的発想を学ぶ」
サブテーマ2「実践知SCM:時間・統合・流れ」

■人間を含む生命は宇宙生命の中で
生態系(エコシステム)の一部として創造された。

森信三はこれは第一の創造であるという。

モノ作り、組織変革、社会改革は
第一の創造を模倣した人間による第二の創造と言う。

西洋はアリストテレス、ヘーゲル
そしてP・F・ドラッカー、
東洋はブッダ、孔子、日本の仏・儒・神から現代の賢人まで
エコシステムとしての創造の方法論は共通しています。

実践SCMもモノとカネと情報の流れを
つくる生態系の連鎖を創造することです。

生産システムもロジスティクスも生き物として
創造するイノベーションを提案します。


■今年最後のカフェ「ドラッカー塾」となります。


今年を忘れ
来年に向けて楽しい交流会で
盛り上がりましょう!


12月5日木曜日のFBイベント

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0b713x0plfmqa72kns4O

ホームページ(写真付き)

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0b723x0plfmqa72knbg2

チラシ更新

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0b733x0plfmqa72knkTY


スポット参加大歓迎!



スポット料金参加費4000円
(1期〜5期フルコース参加者は
スポット参加料金半額の2000円です)


申し込みお待ちしています。

このメール返信でお申込下さい。

・お名前
・所属
のみで結構です。


さて、
本日のテーマ
===================
1.森信三の世界:人間の知性の限界
2.資本主義社会の後に来るもの
3.事例研究:伊那食品工業「新陳代謝」
===================

 
1.人間の知性の限界


■地球は宇宙に存在する無数にお天体の中にあって
極微極小の惑星の一つに過ぎない。

太陽系の惑星であり、太陽系は一つの銀河系にあり、
無数の銀河系がある。

一方天体の極微な小部分である地球上に存在する
物質が細胞になり命を持ち、
地球上に生物が誕生した。

微小な生物が細胞分裂と進化を繰り返して
無数の生命が生まれた。

■人間も高次の生物に違いないが
人類は他の生物と違って「知性」を持った。

この知性はより良いものを選ぶ。

よりよいと思う判断基準「選択知」が
やがて自然科学を生んで高度な文明を創った。

しかし今、人間的知性の産物たる自然科学は
原子力を生み、自然を破壊し、
社会科学の雄である経済学は
国家財政の破綻を救っていない。


■人間の知性は有限であり相対的である。

人間の理性は無限でもなければ絶対的でもない。

理性で考えられた正義が戦争を起こしたというのは
ドラッカーの分析とも同じです。

なぜか?

人間の知性は「主体と客体」に区分する。

つまり自分と自分以外を区分する
「個」が知性の正体である。

知性は人間を主体とし
自然を客体として分離する。

■人間の知性でよりいいもの、正しいもものを
探求して行くとやがてそれが裏目に出る。

自然破壊も、国家財政破綻も、国際紛争も
自己中心、人間中心、自社中心、自国中心という
知性がよりよく選択する結果である。


一人ひとりがよりいいもの
正しいモノを求めることが裏目に出る。

これが人間の知性の限界だと
森信三は言うのです。

より良いものとは
エコシステム(生態系)の命にとって
評価しなければなりません。

ドラッカーも経済学に批判的でした。


2.資本主義社会の後に来るもの

■資本主義社会の後に来るもの、
すなわちポスト資本主義社会についてドラッカーは多く
述べています。

前回までドラッカ―が戦中に書いた
「産業人の未来」を読み解きました。

時代は下って現在を読み解くとき1993年に書いた
「ポスト資本主義社会」を利用します。

■メルマガでドラッカーを書いているうちに
東洋思想、特に日本の思想に共鳴するようになりました。

ドラッカー思想をわれわれ日本人が
あまり意識しないが低流に持っているものを
言葉で再発見する触媒にしたい。

そして21世紀日本人が世界の中でこれからどう生き、
産業社会をどう創っていくのか
なにをすべきなのか考えたいと思います。


■ドラッカーによると
日本は西洋中心の世界経済の中で
新規参入者であった。

20世紀の新規参入者であった日本は
経済、政治、社会の在り方において
又世界との関係において
世界の転換に大きく影響を及ぼす。

これは
「ポスト資本主義社会」
(P・F・ドラッカー、ダイヤモンド社、1993年)
の日本語版の序文で書いています。


新しい時代への移行に関して
実は日本がもっとも準備されていると言う。

それから20年バブル崩壊後の長い
低迷で自信を失った日本人は私も含めて当時
ドラッカーの言葉を理解できなかったと思う。

■ドラッカーによると
ポスト資本主義社会は知識社会である。

日本は大学進学率が高いだけではなく
よく訓練された労働者が多い。

日本では労働者とエリートと言う
西洋から入れた概念になじまない。

一人ひとりが自律し助け合う知識社会が
ポスト資本主義社会であると言う。

一方ドラッカーは日本に期待しながらも
高等教育は昔のままである。

自動車や家電の地位は高いが新しい産業が弱い。

大企業は階層的指揮命令組織のままであると
苦言を呈しています。


3.事例研究:伊那食品工業「新陳代謝」
(http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0b743x0plfmqa72kni6S)


■改善、改革、イノベーションは
自然界でも常に行われています。

常緑の松も必ず葉を落とし、新しい葉をつける。

新陳代謝をしています。

人の細胞も常に死に常に新しく生まれている。

新陳代謝のように
生命の世界では表面に見えない
多くの活動が営まれています。

■景気を向上させ、 GDP に貢献するのは何も、
生産設備への投資や改善、
売り上げ増につながる販売力増強、
改善だけではないと伊那食品は考えています。 

やるべき事はたくさんあります。 

人間教育、環境整備、バリアフリーへの投資、
メセナやボランティア活動、まちづくり…、
数え上げたらきりがありません。
 
■自然界が休みなく、絶え間なく動いているように、
会社というものも、
たんに売上高が増えるから忙しいのではない。

売上高には関係のない、
多様な行動によって活気づいている状態が望ましい。

■社会生態学者と自称したドラッカーは
企業は新陳代謝を支える活動として
不要になった機能を廃棄する
ことの重要性を説きました。

新陳代謝が無い組織は流れが滞留する。
 

●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0b753x0plfmqa72knpXJ

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0b763x0plfmqa72kn461


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0b773x0plfmqa72knpGD
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0b783x0plfmqa72knnPA
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。