バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  人間の自然生命力を強化する納豆...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...
健康管理に役立つ小口多頻度供...
物に本末あり事に終始あり、前...
カリスマによる指揮命令型の組...
腸内細菌も人間も大自然の一部...
イノベーションとは技術革新で...
強いのが生き残りの条件ではな...
ヨーグルトなど健康維持に発酵...
改善の『改』は改める、新たな...
事が起こらなくても心身の可動...
生活ルーチンが人の心身のマネ...
制約のない状況の中でのデザイ...
優劣というのは相対的なもので...
脳からの指令だけではなく腸か...
デザイン思考・OODA・KJ...
布施・自戒・忍辱・精進・禅定...
天理人理による健康長寿を目指...
経営戦略をデザイン思考で考え...
二宮尊徳の報恩仕法とドラッカ...
人生を楽しむことで免疫力を上...
デザイン思考はアリストテレス...
覇権主義の世界に日本の和を
社会経済も身体の命のように部...
新時代のイノベーションをデザ...
知覚、感性、美的感覚、芸術で...
食事、運動、生き方など心身の...
アリストテレスの弁証法でイノ...
微生物から植物・動物まで地球...
科学は所詮諸刃の道具と考えて...
現実に起こる様々な問題に対し...
マネジメントを含む仕事は神聖...
今岡ドラッカー塾最終回第12...
科学信仰より現実観察による効...
:2022年12月24日土曜...
Dr. Practiceマネ...
マネジメントとは人生・組織・...
精神性を大事にする日本の伝統...
今岡ドラッカー塾第11回イン...
日本を破壊する邪悪な思想を排...
今岡ドラッカー塾第11回20...
成果を上げる者は仕事からでは...
12月3日土曜日今岡ドラッカ...
組織や事業をデザインするイン...
今岡ドラッカー塾第11回イン...
生命は部分最適の総和は全体最...
今岡善次郎が教授陣の一員とし...
マネジメントの実践と身体の健...
ものづくりドクター鈴木 甫 ...
今岡ドラッカー塾第10回20...
日本の宗教「神道」は日本人の...
第10回「今岡ドラッカー塾」...
戦争のない世界を構築する方法...
ものづくりドクター鈴木 甫 ...
今岡ドラッカー塾第10回タイ...
戦略(軍政)と実戦(オペレー...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第254回   
     ★ドラッカーから学ぶ一流の仕事術★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

寄付金制度&配信解除手続きは最後をご覧ください
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


『大和魂』 

   
●22日月曜日
故郷の出雲高校同窓生男女8人が
八重洲富士屋ホテルで食事しました。


出雲や大阪から上京する友人との再会と
定年退職する学校の先生の慰労会も兼ねて
(理由はあまり重要ではない)
小さな同窓会でした。


話題は我々の高校生時代には無かった
数多くの遺跡発掘と古代出雲の歴史などで
盛り上がりました。

昼に集まり、夕方はカラオケで
1965年前後の流行歌を歌い時代を溯りました。

最後は定番の「高校三年生」で閉めました。


●今年は伊勢神宮、出雲大社の遷宮の年で
「伊勢女」「出雲ガ―ル」と称される女性が
パワースポット目指して押し寄せているそうです。

魂を大切にしてきた日本人は
「和魂洋才」「和魂漢才」の歴史で、
西洋から、中国から「才」を外から求めました。

「大和魂」があったから漢才も洋才も
そして世界の料理や文化も日本化できたのです。

「大和魂」とは軍国日本の精神ではなく
人と人、人と自然の繋がりを大切にする庶民の精神です。

社会のエリートではなく、
庶民や女性の感性が
日本人の魂を伝えているように思います。


●株式会社と言えども組織は
カネを生む機械ではなく、
人と人が共通の理念で仕事をする共同体です。

マネジメントに「魂」を排除することはできません。

ドラッカーのマネジメントも
マーケティングも
イノベーションも
「魂」が入っています。


■■■2013年春期第2回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■

今週25日木曜日平日コース
27日土曜日週末コース
開催します


●テーマは以下の二つです。

テーマ1 ドラッカーのマーケティングとイノベーション
テーマ2 マネジメントの歴史とドラッカーマネジメント

・テーマ1

組織にいても個人でも仕事は与えられるものではなく
自分でつくるものです。

ドラッカーの
マーケティングとイノベーションは仕事をつくる
にはどうしたらいいかのヒントをくれます。

マーケティングの目的である顧客の創造とは?

イノベーションには何が必要か?

日本の商人道に相当する言葉は何か?

なぜ生まれてきたのか、なぜ仕事をするのか、
その答えを見つけましょう!

・テーマ2

西洋の産業革命でのマネジメント革新は何だったか?

フレデリック・F・テイラーの科学的管理法の
成果と限界は何だったか?

専門化が極端に細分化されて
時代の問題解決に行き詰っている現在
ドラッカーの俯瞰的マネジメントはどうして有効になるか?

伝統的なマネジメントから脱却する
ドラッカーマネジメントの本質を学びましょう!


●麻婆豆腐に
野菜たっぷりの焼肉
ビールに焼酎で交流会行います。

スポット参加大歓迎!


詳しくは最後のチラシのURL
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0oixbu0klj4zfie076rr
ご覧ください。


お申込はお名前とコース選択(木曜、又は土曜)し
imaoka@bizdyn.jp
にメールして下さい。


さて、
本日のテーマ
===================
1.煩悩即菩提(ばんのうそくぼだい)
2.理性万能主義は全体主義を生む
3.日産のグローバル・サプライチェーン
===================
 
1.煩悩即菩提(ばんのうそくぼだい)


■親鸞の「煩悩即菩提(ばんのうそくぼだい)」とは

悪人だからこそ救われるということでした。

煩悩を持っているから正しく生きられると
いう思想でした。


■煩悩(ぼんおう)と菩提(ぼだい)とは
一見正反対に見えますが、
悟りの知恵は煩悩の中にある。

煩悩と菩提は一体のものである。

これが親鸞の知恵です。


■「渋柿の渋そのままの甘さかな」

松原泰道師によるとこの句が
煩悩を菩提の関係をよくあらわしているそうです。

渋も甘さも一体であるように煩悩と菩提は一体
であると。

毒草が生えるところに薬草も生える。

裏と表は模様は違っても同じコインである。


■理性で区別すれば違うものが
感性では同じに感じる。

人の為に利することと
自分の為に利することと
実は同じものである。

喜怒哀楽の煩悩があるから
悟りの菩提がある。



2.理性万能主義は全体主義を生む


■ヒットラーのナチズムは理性のかけらもない
全体主義の悲劇をもたらしました。

しかし歴史的に因果関係を探っていくと
ドラッカーを生んだ根本原因となる文化的背景は
リベラルな理性主義だったと
ドラッカーは分析します。


■一見、リベラルな(自由主義的な)自由主義と
ファシズムは正反対の関係に見えます。


自由のルーツは封建領主と戦った
理性万能主義のフランス革命だったという一般論の説は
間違いだとドラッカーは言います。

理性万能のフランス革命は自由の敵だったと。


■ヨーロッパの歴史において
あらゆるファシズムはリベラルな理性万能主義から
発している。

ルソー、マルクス、スターリン、ヒットラーは
それぞれの時代の理性万能主義の失敗から生まれたと
言うのです。

理性主義に全体主義的要素を内在している。

企業経営においても理性万能主義は
戦略至上主義となる。

■マネジメントも科学的理性だけでは
一人ひとりの現場の心を無視した
トップダウン経営戦略の実行になります。

現場を無視した指揮命令という恐怖による
支配だけに終わってします。

企業も社会も理性は一面でしかない。

企業経営も社会のマネジメントも
精神の領域での思いがなければ
又段取りという現場がなければ何も起こらないのです。



3.日産のグローバル・サプライチェーン

■2010年に日産が主力車種のマーチの生産を
タイ工場に移したと話題になりました。

日本で販売するマーチの全てが
タイで作られ日本に輸入される。

■ゴーン体制で生産販売のグローバルな
サプライチェーンが再編されました。


グローバル生産技術センター(GPEC)は世界の
日産の生産と技術を統括するマザー工場となる。

グローバル・トレーニング・センター(GTC)は
現場作業者の技術教育訓練の研修センターとなる。

その他
グローバル・ロ―チング・エクスパート(GLE)という
専門家をグローバルに派遣する制度や

グローバル・パッケージング・デザイン・センター(GPDC)
という効率的物流形態を考える専門組織もある。

■新車開発、生産、技術訓練、デザインなど専門性の高い
機能を本社に統合する試みである。


西洋流の集中化、専門化による効率性の追求と言えます。

その中心を日本において
日本人を軸にしたグローバル展開のように見えます。


■効率・戦略・標準化・集中化という
20世紀製造業のキーワードがグローバルに展開している。

地域の精神文化との融合や
専門性に横串を入れる地域市場での
ユーザーとのコミュニケーションが課題になろうと
思います。

地域マネジメントより
グローバルな集中機能センターが優位になる時が
あるとすれば問題になるかもしれません。


●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


フェースブック始めました

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0oiybu0klj4zfie07Qmy

友達募集!

申請して下さい。


ドラッカーマネジメント塾グループ
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0oizbu0klj4zfie07QWJ


塾生募集(友達募集)

■■■2013年春期第2回
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」ご案内■■■

今週25日木曜日平日コース
27日土曜日週末コース
開催します


●テーマは以下の二つです。

テーマ1 ドラッカーのマーケティングとイノベーション
テーマ2 マネジメントの歴史とドラッカーマネジメント

・テーマ1

組織にいても個人でも仕事は与えられるものではなく
自分でつくるものです。

マーケティングとイノベーションは仕事をつくる
にはどうしたらいいかのヒントを与えます。

マーケティングの目的である顧客の創造とは?

イノベーションには何が必要か?

日本の商人道に相当する言葉は何か?

なぜ生まれてきたのか、なぜ仕事をするのか、
その答えを見つけましょう!

・テーマ2

西洋の産業革命でのマネジメント革新は何だったか?

フレデリック・F・テイラーの科学的管理法の
成果と限界は何だったか?

専門化が極端に細分化されて
時代の問題解決に行き詰っている現在
ドラッカーの俯瞰的マネジメントはどうして有効になるか?

伝統的なマネジメントから脱却する
ドラッカーマネジメントの本質を学びましょう!

麻婆豆腐に
野菜たっぷりの焼肉
ビールに焼酎で交流会行います。


お申込はお名前とコース選択の上
imaoka@bizdyn.jp
にメールして下さい。


場所、アクセス、時間、料金はチラシをご覧ください。
チラシ
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0oi0bu0klj4zfie17O50



■■■■■寄付金のお願い■■■■

メルマガ初刊から4年半経過しました。

経費ご負担の寄付金制度導入して2年になります。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

又これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)




■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0oi1bu0klj4zfie17R9S

最近のバックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0oi2bu0klj4zfie17vY4

2012年11月以前のバックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0oi3bu0klj4zfie17Wsr

 
株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0oi4bu0klj4zfie17pNe
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/c0oi5bu0klj4zfie17FVm
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。