バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  マネジメントとは人生・組織・社...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  マネジメントとは人生・組織・...
精神性を大事にする日本の伝統...
今岡ドラッカー塾第11回イン...
日本を破壊する邪悪な思想を排...
今岡ドラッカー塾第11回20...
成果を上げる者は仕事からでは...
12月3日土曜日今岡ドラッカ...
組織や事業をデザインするイン...
今岡ドラッカー塾第11回イン...
生命は部分最適の総和は全体最...
今岡善次郎が教授陣の一員とし...
マネジメントの実践と身体の健...
ものづくりドクター鈴木 甫 ...
今岡ドラッカー塾第10回20...
日本の宗教「神道」は日本人の...
第10回「今岡ドラッカー塾」...
戦争のない世界を構築する方法...
ものづくりドクター鈴木 甫 ...
今岡ドラッカー塾第10回タイ...
戦略(軍政)と実戦(オペレー...
今岡ドラッカー塾第10回タイ...
マネジメントの実践における原...
組織も社会も生命現象として個...
第9回9月24日土曜今岡ドラ...
掛け替えのない人生の時間を有...
第9回0924今岡ドラッカー...
日本は外国の影響を混合するの...
第9回今岡ドラッカー塾「デザ...
腸が人間の知情意を活性化し生...
自動車生産から食事作りまで共...
今岡ドラッカー塾ご案内:20...
日本人は外国文化を受け入れ、...
第8回今岡ドラッカー塾[弁証...
現状を見るとは俯瞰的に問題を...
セミナー:ヒラメキ発想の手法...
敢えて自分に負荷をかけて挑戦...
ありのままの現実を見て成すべ...
今岡マネジメント塾OODAに...
警察力も防衛力も設備の保全も...
今岡ドラッカー塾:緊急時に活...
木を見て森も観る現実認識がマ...
生き残りマネジメントセミナー...
相手を支配することではなく自...
今岡ドラッカー塾「兵法から学...
細分化する専門性ではなく生態...
人生は時間の使い方で決まる
U理論と仏教思想の諸法無我
外から見た日本観で日本のコア...
U理論:深呼吸して奥深い思想...
マネジメントは組織の生命力を...
今岡ドラッカー塾:ヒラメキ発...
カイゼンによる日本経済の復活
志を高く持つことは魂を成長さ...
ご案内セミナー5月28日:ド...
共生は個人や組織の生態系の安...
セミナー『ドラッカーと志マネ...
日本的経営思想にあるアリ型マ...
セミナー「ドラッカーと志マネ...
これからの時代に活きる渋沢栄...
仕事を通して人格を磨く『精進...
松下幸之助の商人道:ドラッカ...
主客分離から主客統合へのシス...
宮本武蔵の兵法:ドラッカー塾...
生命力強化のために両極端の二...
第4回2022年4月30日土...
ドラッカーマネジメントと宮本...
ドラッカー塾第4回「日本的心...
日本の強みはイデオロギーとい...
ドラッカーと神仏思想を繋ぐエ...
ドラッカー塾第3回マーケテイ...
恐怖心ではなく平常心で課題に...
ドラッカーマネジメント塾第3...
専門家からはイノベーションは...
ドラッカーマネジメント塾第3...
日本画にみる日本的マネジメン...
鬼滅の刃:ひとり一人の中に人...
ドラッカーマネジメント塾:人...
千日の稽古を「鍛」とし万日の...
LIFE SHIFT時代のド...
人も動物も花も鳥も日も月も星...
再送:人類の古代からの英知を...
人類の古代からの英知を現代シ...
宗教も政治経済も健康管理もマ...
ドラッカー塾ご案内「第一回ド...
日本人の自然道は日本復活のコ...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
ドラッカーのマネジメントは生...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
生活と仕事と信仰の統合
明けましておめでとうございま...
政府主導ではなく民間の活力の...
日本を活かす今岡ドラッカーマ...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
縄文時代からの生態系の思想と...
「精進」と「積小為大」が日本...
「精進」と「積小為大」が日本...
日本的経営の神髄は二律背反を...

他のバックナンバー

鬼滅の刃:ひとり一人の中に人間と鬼がいる

発行部数: 4,614部  発行日:2022年02月23日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第708号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆



「鬼滅の刃:ひとり一人の中に人間と鬼がいる」


目次
…………………………………………………
〇前書き  「鬼滅の刃に見る人間と鬼」
〇本文  「ヨーグルトや乳酸菌飲料で善玉菌を増やし免疫力を上げる」
〇編集後記「鬼滅の刃」
………………………………………………………



いつもお読みいただきありがとうございます。


令和4年2月23日水曜日メルマガ配信します。


〇前書き「鬼滅の刃に見る鬼と人間」

■人間社会には善人と悪人と分ける慣習があります。

仏教では仏と凡夫。
儒教では君子と小人。

欧米の一神教世界では旧約聖書では
人間は羊で神は羊飼いとの比喩があります。


どうやら世界は人間を2つに区分しているが
日本では人間と鬼に分けている。

ひとりの人間の中にも鬼がいる。

善人と悪人、どちらでもなれる日和見人がいる。

■信じるかどうかいろいろ見方がありますが
たまたま見た動画で、
日本は明治維新以来西洋の帝国主義列強のアジア各地で悪をなした
鬼を退治した。


人種差別の元で植民地人民を動物扱いに搾取し
本国の富みを増やした「鬼」を滅して
多くの民を救った(植民地が独立した)。


毀滅隊は死んだが民は助かった。

日本は負けたが
アジア各国は人間として生きる国家を作った。


■人間と鬼、善人と悪人、一人ひとりの中にいる
両極の2つのバランスを制御し、
悪より善が、鬼より人間が多いようにすることが
マネジメントかもしれません。

本日のテーマである腸内生態系で善玉菌を悪玉菌より
増やすことが人間の健康管理という
マネジメントであるように。


■次回第2回2022年2月26日土曜日午後14時今岡ドラッカー塾
テーマは「人間の本質:個人と組織社会との関係」も
人間の本質は鬼ではないことを確認したいと思います。



アジェンダは以下の通りです。

1.ドラッカーの人間観
2.ピーターセンゲ、オットー・シャ―マー、アブラハム・マズローの人間観
3.東洋思想の人間観
4.人間の本質についての
最近の生命科学・脳科学の知見
5.まとめ:東西の「個と全体の関係」と思想統合



詳しくは

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0knlmo1f02f7f5fjekSh

■場所アクセス:〒164-0011東京都中野区中央5-3-11ロイヤルプラザ中野606

丸の内線新中野駅徒歩2分荻窪方面出口でて杉山公園交差点から中野通りを北に1分左側柴田屋酒店の隣
今岡の携帯番号090-2538-7867

■対面受講料(講義後カフェ懇親会付)

各回スポット5000円 以下の口座にお振込みの上
申し込みフォームに名前、アドレス、申し込み区分を記載の上本メール返信して下さい。

<振込口座>

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
(普通)口座番号 5324740
口座名義 株式会社21世紀ものづくり日本
 

オンラインZOOMのみでのご参加も可能です。
 
■お申込みフォーム11:30 2022/02/20

お名前:
メールアドレス:

参加動機、キャリア等自由記述:



詳しくは

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0knmmo1f02f7f5fjezYH


〇本文
■さて、本日のテーマ
==============================
「ヨーグルトや乳酸菌飲料で善玉菌を増やし免疫力を上げる」
(「腸の免疫を上げると健康になる」奥村康、アスコム刊、2011.3)より
==============================

■大人の腸内細菌は善玉菌が約15%悪玉菌も約15%で
日和見菌が70%でほぼバランスしています。

善玉菌が悪玉菌より優勢だと悪玉菌がのさばらないで
腸内生態系は良い環境に守られています。

腸が弱ると善玉菌が減り悪玉菌がのさばります。

悪玉菌がのさばると腸内で腐敗が進み、
アンモニア、インドール、フェノールなど有害物質が発生し
全身を駆け巡り肌荒れや風邪を引きやすくなります。

免疫力が低下します。


■人間社会の社会生態系と同じで悪玉菌が多いと
不安定で病気が多くなります。

善玉菌増やす鍵は、最も多い日和見菌を
善玉菌になびかせることです。

日和見菌は通常は善も悪もなさず、
その時の風向きで
強い方になびく菌だそうです。


■善玉菌は
高齢化、食生活の乱れ、ストレス、過労が
原因で減ります。

悪玉菌は逆に
不摂生、ストレス、過労などが原因で増えます。

■善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすには
ヨーグルトや乳酸菌を摂取し、睡眠、運動などで
ストレスを減らす生活ルーチンを形成することです。


生きたまま腸に届く乳酸菌、ビフィズス菌を摂ると
腸粘膜を程よく刺激し、
体の免疫力を活性化させます。

乳酸菌が死んでも食物繊維と似た動きで
悪玉菌を掃除して体外に排泄して
腸内生態系環境を良好に維持してくれます。





〇編集後記(鬼滅の刃)
===========================
本作は『週刊少年ジャンプ』2016年11号から2020年24号まで連載された。
漫画家吾峠呼世晴の作品。炭売りの少年がいる。彼は家族全員を鬼に殺され、
さらに妹が鬼になる。妹を人間へ戻すために『鬼狩り』になる。
時は大正。主人公・竈門炭治郎は亡き父親の跡を継ぎ、
炭焼きをして家族の暮らしを支えていた。
炭治郎が家を空けたある日、家族は鬼に惨殺され、唯一生き残った
妹・竈門禰??豆子も鬼と化してしまう。禰??豆子に襲われかけた炭治郎を
救ったのは冨岡義勇と名乗る剣士だった。義勇は禰??豆子を「退治」
しようとするが、兄妹の絆が確かに残っていることに気付き剣を収める。
義勇の導きで「育手」鱗滝左近次の元を訪れた炭治郎は、
禰??豆子を人間に戻す方法を求め、鬼を追うため剣術の修行に身を費やす。
2年後、炭治郎は命を賭けた最終関門である選別試験を経て、
「鬼殺隊」に入隊する(ウキペディア)
===========================





■ホームページご案内

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは
供給連鎖において在庫削減と欠品防止のジレンマを解消して
利益体質を改善する手法です。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0knnmo1f02f7f5fjeN6Q




そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


ホームページご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0knomo1f02f7f5fjewdf


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
(普通)口座番号 5324740
口座名義 株式会社21世紀ものづくり日本


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0knpmo1f02f7f5fjeyUp



■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0knqmo1f02f7f5fjeTld

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0knrmo1f02f7f5fjewEe


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0knsmo1f02f7f5fjexkt


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。