バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  読経、座禅、ロングブレス、心身...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  読経、座禅、ロングブレス、心...
イノベーションは頭ではなく心...
心身の健康、医療介護福祉の安...
心身ともに健康に生きる秘訣
「3人寄れば文殊の知恵」コラ...
マネジメントは資源を顧客価値...
心身ともに健康に生きる秘訣
顧客に聞くだけではなく顧客の...
組織の内部で発生するのはコス...
腹は丹田とも言い丹田呼吸で心...
メタファー(比喩)による発想
グローバルビジネスとグローバ...
楽天的に不良長寿を目指そう!
探検とは想定外の現象を発見す...
企業間のサプライチェーンは共...
怒りや恐れや悲しみなどのスト...
希少な事実から洞察を得ること...
再送 人は指揮命令で行動する...
人は指揮命令で行動するのでは...
人は指揮命令で行動するのでは...
人生を楽しむことが健康で長生...
デザイン思考はニーズを需要に...
マネジメントが基盤にすべきも...
マネジメントの目的の第1は自...
イノベーションという革新には...
マーケテイングはニーズを探し...
生命力アップの為には腹(腸)...
新しいイノベーションの目標は...
異質な知見を組み合わせて多様...
人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...
健康管理に役立つ小口多頻度供...
物に本末あり事に終始あり、前...
カリスマによる指揮命令型の組...
腸内細菌も人間も大自然の一部...
イノベーションとは技術革新で...
強いのが生き残りの条件ではな...
ヨーグルトなど健康維持に発酵...
改善の『改』は改める、新たな...
事が起こらなくても心身の可動...
生活ルーチンが人の心身のマネ...
制約のない状況の中でのデザイ...
優劣というのは相対的なもので...
脳からの指令だけではなく腸か...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第757号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆



「知覚、感性、美的感覚、芸術でノベーションを起こす」


目次
…………………………………………
〇前書き  「日本人のコア・コンピタンス」
〇本文   「日本経済社会は思考ではなく知覚で理解する必要がある」
〇編集後記 「西洋画と日本画」
…………………………………………………



いつもお読みいただきありがとうございます。


令和5年2月1日水曜日メルマガ配信します。




〇前書き「日本人のコア・コンピタンス」


■日本経済の低迷、ひとり当たりGNPのランキング下落、
日本の大学の国際ランキングの低迷など
日本人が自信を失うような事実が続ています。

自虐史観に陥りますます
自信を無くして新しいイノベーションに挑戦
しなくなりつつあります。

こんな時こそ、日本の先人が行ったことを
見直して自信回復が必要ではないでしょうか?


■歴史的にみて
確かに欧米で発明したものを改良し品質を上げ
経済的に成功ものも多くあります。

紡績、列車、自動車、電機、半導体など
世界を制覇した時期もありました。

より良いものを、完成度の高いものを、
感性に訴えるものを作りこむこと
ものづくりでもイベントにおける「おもてなし」
など欧米や他のアジア諸国が
諦めたものをさらにレベルアップする。


■GAFAMのうような少数の企業で
ビッグテックを作り上げるようなイノベーションが出来なければ
逆に多くの企業が市場の小さなニッチ産業をたくさんつくる。


現に自動車やスマホの部品の多くは
日本製のグローバルニッチ企業が支えている。


■日本の大学から博士号取得者が少ないとか
論文発表が少ないとか
特許出願が少ないとか言われているが

物質資本主義が終わろうとしている世界において
日本が先端を走っているかもしれないと
思います。


■これからは縄文時代から地下水脈に流れている
知覚、感性、美的感覚、芸術が
ものづくり、くに造り、ことづくりにおいて
イノベーションを起こそうではありませんか?

日本のコアコンピテンスは
どうやらそこにある。


■さて、
本日のテーマ
==============================
「日本経済社会は思考ではなく知覚で理解する必要がある」
(日本成功の代償:日本美術を通してみた日本、P.F.ドラッカー、ダイヤモンド社)」より
==============================

■マクルーハンが
現代は考える人間から感じる人間に変わったと宣言した。

その背景はテレビなどメデイアの影響とした。

しかし西洋人の知覚については
日本美術の影響でずっと前から知覚的に変化していた。

ドラッカーに言わせるとメデイアではなく
日本の影響だと言う。


現代西洋人が伝統的写実描写と分析から
日本人が昔から持っていたデザインと位相数学に
変化していたからと。

■西洋美術史家のロバート・ローゼンベルグは
現代の西洋美術は西洋北部による
描写からデザインに変化したと言った。


しかし日本ではずっと昔から芸術において
思考より知覚に
描写よりデザインに
幾何より位相に
分析より形態に
に重きを置いた。

■元駐日大使のライシャワーは
日本では第一級のオリジナルな思想は生まれていないと
述べた。

現代日本でも日本人は経済低迷し、
GAFAMのようなイノベーションは起きていないと
批判されている。

日本の自虐史観でも日本人は西洋人のように
論理的思考ができないと言われている。


中世における業績として、
西洋ではトマス・アクイナスの「神学大全」があり
これは人間の歴史上もっとも偉大な思索的分析的業績
でがある。

■しかし中世の日本では
世界初の小説である紫式部の「源氏物語」が生まれている。
そこには男女の生活・愛・病気・死に関する奥深い描写がある。

江戸時代の劇作家、近松門左衛門は
文楽や歌舞伎で歌・踊り・衣装・音楽など
映画が無い時代に映画の手法を考え出した。

日本の伝統の中の知覚は
日本の近代社会の成立・経済活動の発達の根底に
大きく横たわっている。

日本人は外国である西洋の制度や産物のエッセンスと
基本的形態を素早く把握することができ
それをさらに再構成することができた。

日本美術を通して
日本の社会経済を見る時、
「知覚的」という言葉がふさわしい。





〇編集後記(西洋画と日本画)
===========================
西洋絵画は写実を描くのに対して日本絵画は情緒を描く。
西洋文化には論理、美、調和という概念が存在します。
この要素を絵画に持ち込んだのが西洋美術です。

西洋美術では遠近法を使い遠近の対象の違いを描き分け、
絵画の中に現実に対象が存在するように描くことが尊重されました。
レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」はまさに写実を象徴する。

一方日本絵画では日本人特有の情緒を心象風景として描きます。
心象風景とは現実に存在する風景ではなく、
心の中に存在する風景の事を指します。
情緒を表わす絵画なので、そこに描かれる絵は人の心を癒すような
静けさ、広がりがあります。
===========================







■ホームページご案内

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは
供給連鎖において在庫削減と欠品防止のジレンマを解消して
利益体質を改善する手法です。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/m0oo9qn122yjkyk2avHJB




そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


ホームページご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/m0ooaqn122yjkyk2avJMs


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
(普通)口座番号 5324740
口座名義 株式会社21世紀ものづくり日本


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/m0oobqn122yjkyk2avwkY



■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/m0oocqn122yjkyk2avdAY

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/m0oodqn122yjkyk2av3MZ


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/m0ooeqn122yjkyk2av5LC


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。