バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  読経、座禅、ロングブレス、心身...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  読経、座禅、ロングブレス、心...
イノベーションは頭ではなく心...
心身の健康、医療介護福祉の安...
心身ともに健康に生きる秘訣
「3人寄れば文殊の知恵」コラ...
マネジメントは資源を顧客価値...
心身ともに健康に生きる秘訣
顧客に聞くだけではなく顧客の...
組織の内部で発生するのはコス...
腹は丹田とも言い丹田呼吸で心...
メタファー(比喩)による発想
グローバルビジネスとグローバ...
楽天的に不良長寿を目指そう!
探検とは想定外の現象を発見す...
企業間のサプライチェーンは共...
怒りや恐れや悲しみなどのスト...
希少な事実から洞察を得ること...
再送 人は指揮命令で行動する...
人は指揮命令で行動するのでは...
人は指揮命令で行動するのでは...
人生を楽しむことが健康で長生...
デザイン思考はニーズを需要に...
マネジメントが基盤にすべきも...
マネジメントの目的の第1は自...
イノベーションという革新には...
マーケテイングはニーズを探し...
生命力アップの為には腹(腸)...
新しいイノベーションの目標は...
異質な知見を組み合わせて多様...
人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...
健康管理に役立つ小口多頻度供...
物に本末あり事に終始あり、前...
カリスマによる指揮命令型の組...
腸内細菌も人間も大自然の一部...
イノベーションとは技術革新で...
強いのが生き残りの条件ではな...
ヨーグルトなど健康維持に発酵...
改善の『改』は改める、新たな...
事が起こらなくても心身の可動...
生活ルーチンが人の心身のマネ...
制約のない状況の中でのデザイ...
優劣というのは相対的なもので...
脳からの指令だけではなく腸か...

他のバックナンバー

顧客に聞くだけではなく顧客の立場に立って顧客と共感する

発行部数: 9,992部  発行日:2024年02月21日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第812号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「顧客に聞くだけではなく顧客の立場に立って顧客と共感する」



目次
………………………………………………………………………………………………………………………………
〇前書き   「ニーズを需要に変換するイノベーションのための感性」
〇本文    「観察から洞察を得るために欠かせない共感」
〇編集後記 「Empathy共感」
………………………………………………………………………………………………………………………………



いつもお読みいただきありがとうございます。


令和6年2月21日水曜日メルマガ配信します。



〇前書き   「ニーズを需要に変換するイノベーションのための感性」

■自分以外の他人がどう感じているかを知る「共感」
は製品やサービスを改善したり
新しく作るのに必要な作業です。

顧客、ユーザーを観察し洞察し
共感することでアイデイアが生まれ
プロトタイプ案が生み出される。

デザインチーム以外の他者を通して世界を観察し
他者の経験 を通して世界を経験し、
他者の感情を通して世界を感 じる。


■作り手であるデザイナーが
ユーザーである未知の人々の立場に立って
問題を発見する。

自分が顧客になって体験する。


ニーズを需要に変換するイノベーションのための感性が
共感と言えます。


■単に顧客に聞いてもイノベーションは起きない。

ヘンリーフォ ード曰く。

顧客に聞けばもっと早い馬が欲しい、
馬のいない 馬車が欲しい、というだろう。

人々が気付いていない潜在的ニーズを顕在化する。

イノベーションのための3つの感性
Empathy共感
Observation観察
Insight洞察


〇本文
■さて、
本日のテーマ
===========================
「観察から洞察を得るために欠かせない共感」

「デザイン思考が世界を変える」(テイム・ブラウン、千葉敏生訳早川書房、2019年)」より
===========================

■潜在・顕在に関わらず
ユーザーを観察するここととともに
観察対象の人々と
根本的レベルで繋がりあうことが必要である。

この段階は「共感」という。

共感こそ
デザイン思考の肝である。

デザイン思考は観察から洞察を、
洞察から生活に役立つ製品やサービスを生みだすことだが
その過程に「共感」がある。


■一見すると説明不能な人々の行動は
厄介で複雑な矛盾した世界に対処するため
やむを得ない戦略と言える。

コンピュータを操作するために
コンピュータ専門技師は
複雑な技術装置を作った。

発足後間もないアップルコンピュータが
技術者以外の一般に人々のための
コンピュータを作りたいと考えた時

技術者以外の
一般人の「共感」を得ることが
必要と考えたときマウスが発案された。

技術者ではない一般の人の
「共感」が必要だった。


■セントルイスにあるSSMでポール病院が
緊急治療室を改革しようとデザイン思考に「共感」
を利用した。

デザイン思考家が患者になり気って
患者の苦痛を「共感」することで改善点を探した。

患者になり気って
受けつけから検査まで実際に緊急治療室を体験した。

彼は足の怪我を装い、
患者の身になって担架に横たわって移動した。

受付プロセスがいかに分かりにくいか、
目的も理由も伝えられないまま待っているストレス、
誰か分からない職員に車いすを押され
無機質な廊下を進み、
恐ろしい扉を通り抜け、
強烈な光と騒音に包まれた緊急治療室に入っていく、

心許なさにじっと耐えた。

■病院の職員の効率や品質だけを考えて
設計された緊急治療室よりも
患者本位に考えて作り直すことの必要性が
浮き彫りになった。

病院は医療業務や管理業務についての
合理的な考慮事項と
人間の立場に立った
感情的な考慮事項のバランスを取る必要がある
という認識が生まれた。

コンピュータ画面を机の上に見立てる
デスクトップというメタファーも
共感を通して生まれた。

これによってコンピュータは
科学者にしか価値のないものから
オフィスや学校や家庭にも価値のあるものに変わった。




〇編集後記(Empathy共感)

===========================
エッジの効いたプロダクトの開発やデザイナが
イノベーションを起こすにはEmpathy共感が必要です。
デザイナーが持つEmpathy共感とは、
自らがデザインする対象(モノ・サービスetc)に関わる人に対して、
自分の人生の中から過去に経験したことのある体験や感情を
探して他者と感情を共有する、「共感」しつながろうとする
能力のこと。
===========================
https://k.d.mail-magazine.co.jp/t/ce7j/n0aylin1q39oh87p3bnDm





そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


ホームページご覧ください。

https://k.d.mail-magazine.co.jp/t/ce7j/n0aymin1q39oh87p3boyu


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
(普通)口座番号 5324740
口座名義 株式会社21世紀ものづくり日本


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.mail-magazine.co.jp/t/ce7j/n0aynin1q39oh87p3bANO



■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.mail-magazine.co.jp/t/ce7j/n0ayoin1q39oh87p3b5kN

バックナンバー
https://k.d.mail-magazine.co.jp/t/ce7j/n0aypin1q39oh87p3b6go


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.mail-magazine.co.jp/t/ce7j/n0ayqin1q39oh87p3bJjs


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。