バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  羅針盤である志を持つことが人生...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  羅針盤である志を持つことが人...
多様な生態系の中で生きる
介護と看取りまでにいろんな出...
20年にわたるアルツハイマー...
訃報 妻が逝きました
謙虚にして信念をもって仕事に...
今岡善次郎マネジメントメルマ...
身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る

他のバックナンバー

謙虚にして信念をもって仕事に取り組む

  発行日:2019年11月09日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第588号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「謙虚にして信念をもって仕事に取り組む」




目次
…………………………………………………
〇前書き  「謙虚さと信念の相矛盾する資質を持つ」
〇本文  「企業の成長がトップ1人でマネジメントできる限界を超えたとき」
〇編集後記「ジムコリンズと中江藤樹」
………………………………………………………

令和元年10月30日水曜日のメルマガ配信します。



〇前書き「謙虚さと信念の相矛盾する資質を持つ」


■リチウムイオン電池でノーベル化学賞を取得した
旭化成の吉野彰先生は僕は面識はありませんが
大学と修士課程も同じで入学も卒業も同じ年です。


成功の前に3度、プロジェクトが実らなかった自身の経験から
「失敗しないと絶対に成功はない」と説きました。

ノーベル財団から
「環境問題の解決に役立つ技術」
とコメントされたことを喜んだ。

蓄電システムによって
太陽光発電や風力発電などの供給変動が激しくても
電気需要の変動があってもエネルギーロスがなくなる。

在庫にできない製品の生産コストは下げられない。

■今はスマホやPCへの応用が注目されているが
大きな動機は人類にとっての最大の問題、
環境問題解決だったのですね。

数年前のノーベル賞のLEDは
光エネルギーロスの節約が評価されました。


実は僕の特許技術も
回転軸ブレ抑制でありエネルギー消費の
大きい動力エネルギーの節約が動機でした。

僕なりの原理があり構造がありますが
専門家の間では理解されていない。


■特許をとっても実用化されるまで20年以上かかっている。

製品化は旭化成ではなくソニーだった。

失敗や試行錯誤もあるが
周りの人や世間の無理解にもめげずに継続した。

「自信を持っているつもりでやっていかないと、
なかなか「死の谷」は乗り越えられない」という。


光通信の分野で独創的な業績を上げた
西澤潤一先生の場合無理解な学会や特許庁に対して
常に「挑戦」していたという。

「自信」は時には周りから「傲慢」とも見られる。

謙虚さと信念の相矛盾する資質を持つことが
イノベーションにつながる。




■さて、
本日のテーマ
====================
「企業の成長がトップ1人でマネジメントできる限界を超えたとき」
「イノベーションと企業家精神」(P.F.ドラッカー、ダイヤモンド社)」より
==================

■市場において地位を得て上場を果し資金を得て
経営システムも組織も確立した。

それにも関わらず
数年後に危機に落ちいる企業が多い。

事業体として成功し成人したかに見えるとき
理解できない苦境に立つ。

製品は一流、評判も良い。

しかし、事業は成長しなくなる。

収益や財務という数字の面で成果が上がらない。


■この場合の原因はおよそ同じである。


トップ1人でマネジメントできる限界を超えたときであり、
マネジメントのチームが機能していないことが
原因である。

適切なチームマネジメントが必要である。

士気が衰え、従業員の熱気が失われる。

やがて事業を作り上げた創業者が追い出される。


■対策はトップが事前にチームを構築することである。

相互信頼と相互理解ができるチームを機能させることが
不可欠である。

トップがリーダーシップを発揮している間に
いずれマネジメントチームに引き継ぐ決意をして
おかなければならない。

準備期間が必要である。


■マネジメントチームの役割は
創業者とキーになるマネジメントが重要な経営課題について相談し
理念や考え方の共有が必要である、

意見の違いや対立があっても
十分な話し合いの元で検討しなければならない。

重要な活動について
経営書の中から探すことは出来ない。

実際の事業の分析から見出さなければならない。

人のマネジメントか資金のマネジメントか。

それぞれの得意とすることに意見が一致する必要がある。

誰がどの仕事を担当すべきか。

重要な仕事の能力が実績によって証明されなければならない。

創業者は、自信と信念で突っ走るが
「謙虚さ」を兼ね持つことで
マネジメントチームに「協力と信頼」、
「責任」を持たせることを学ばなければならない。




〇編集後記(ジムコリンズと中江藤樹)
===========================
米国の現代に経営学者ジムコリンズ著「ビジョナリーカンパニー」
によれば優れた経営者の第一の能力は「謙虚さと自律」だと言いました。
日本の江戸時代の陽明学者、中江藤樹は人間としての資質の
第一は「謙譲」そして「自尊」であると言いました。

===========================



■以下の動画は回転摩擦抵抗の多いミニ四駆で走行速度が
10%程度向上しました。




今岡テクノロジー『制振装置R2O』ミニ四駆実験
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/i0zjdft0lvyajktahbgYP


2つのイノベーション
「在庫削減と欠品防止の両立」
「負荷運転でもアイドリングに近い軸振動抑制」


そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


ホームページご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/i0zjeft0lvyajktahbagj


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 アイエスデイアイ


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/i0zjfft0lvyajktahb61P



----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。