バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  戦略(軍政)と実戦(オペレーシ...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  戦略(軍政)と実戦(オペレー...
今岡ドラッカー塾第10回タイ...
マネジメントの実践における原...
組織も社会も生命現象として個...
第9回9月24日土曜今岡ドラ...
掛け替えのない人生の時間を有...
第9回0924今岡ドラッカー...
日本は外国の影響を混合するの...
第9回今岡ドラッカー塾「デザ...
腸が人間の知情意を活性化し生...
自動車生産から食事作りまで共...
今岡ドラッカー塾ご案内:20...
日本人は外国文化を受け入れ、...
第8回今岡ドラッカー塾[弁証...
現状を見るとは俯瞰的に問題を...
セミナー:ヒラメキ発想の手法...
敢えて自分に負荷をかけて挑戦...
ありのままの現実を見て成すべ...
今岡マネジメント塾OODAに...
警察力も防衛力も設備の保全も...
今岡ドラッカー塾:緊急時に活...
木を見て森も観る現実認識がマ...
生き残りマネジメントセミナー...
相手を支配することではなく自...
今岡ドラッカー塾「兵法から学...
細分化する専門性ではなく生態...
人生は時間の使い方で決まる
U理論と仏教思想の諸法無我
外から見た日本観で日本のコア...
U理論:深呼吸して奥深い思想...
マネジメントは組織の生命力を...
今岡ドラッカー塾:ヒラメキ発...
カイゼンによる日本経済の復活
志を高く持つことは魂を成長さ...
ご案内セミナー5月28日:ド...
共生は個人や組織の生態系の安...
セミナー『ドラッカーと志マネ...
日本的経営思想にあるアリ型マ...
セミナー「ドラッカーと志マネ...
これからの時代に活きる渋沢栄...
仕事を通して人格を磨く『精進...
松下幸之助の商人道:ドラッカ...
主客分離から主客統合へのシス...
宮本武蔵の兵法:ドラッカー塾...
生命力強化のために両極端の二...
第4回2022年4月30日土...
ドラッカーマネジメントと宮本...
ドラッカー塾第4回「日本的心...
日本の強みはイデオロギーとい...
ドラッカーと神仏思想を繋ぐエ...
ドラッカー塾第3回マーケテイ...
恐怖心ではなく平常心で課題に...
ドラッカーマネジメント塾第3...
専門家からはイノベーションは...
ドラッカーマネジメント塾第3...
日本画にみる日本的マネジメン...
鬼滅の刃:ひとり一人の中に人...
ドラッカーマネジメント塾:人...
千日の稽古を「鍛」とし万日の...
LIFE SHIFT時代のド...
人も動物も花も鳥も日も月も星...
再送:人類の古代からの英知を...
人類の古代からの英知を現代シ...
宗教も政治経済も健康管理もマ...
ドラッカー塾ご案内「第一回ド...
日本人の自然道は日本復活のコ...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
ドラッカーのマネジメントは生...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
生活と仕事と信仰の統合
明けましておめでとうございま...
政府主導ではなく民間の活力の...
日本を活かす今岡ドラッカーマ...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
縄文時代からの生態系の思想と...
「精進」と「積小為大」が日本...
「精進」と「積小為大」が日本...
日本的経営の神髄は二律背反を...
病気を治して患者の命を失うと...
不安不満の解消で心身の豊かさ...
対立する主張はその根拠をお互...
人間は考える管である
人間は考える管である
人間は考える管である
人も組織社会も時とともに改ま...
組織社会を家族のように共同体...
日本的経営の基盤は天理人理と...
欧米コンプレックスによる自虐...
ドラッカーの肩に乗って日本的...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第681号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆



「日本人は外国から取り入れたものを混合ではなく一体化(統合)する」


目次
…………………………………………………
〇前書き  「世界は日本的な日本を必要としている」
〇本文  「日本の政府の自動車産業政策は国民や業界に敗北した」
〇編集後記「戦国時代の日本の軍事革命」
………………………………………………………



いつもお読みいただきありがとうございます。

令和3年8月25日水曜日メルマガ配信します。


〇前書き「世界は日本的な日本を必要としている」

■1981年出版のドラッカーの著作「日本 成功の代償」によると

日本は、外国からの影響を自らの経験の一部とする。

外国の影響のなかから自らの価値、信条、伝統、目的、関係を
強化するものだけを抽出する。


その結果は混合ではない。
15世紀や18世紀の日本画が示すように、一体化である。
これこそが、真に日本に固有の特性である。


歴史上、ほとんどあらゆる非西洋の国が、
自らの西洋化を試みて失敗した。

ところが日本は、明治維新では、西洋化を試みなかった。

ドラッカーは
「日本が行なったのは西洋の日本化だった」と言う。


■だから日本は成功した。

「私は、日本が歴史上繰り返し行ってきたことを
再び行うよう望む。

今日世界は、近代的であると同時に際立って
非西洋的な文化を必要とする。

世界は、ニューヨークまがいやロサンゼルスまがい、
あるいはフランクフルトまがいの日本ではなく、
日本的な日本を必要とする。


■日本画を観察してドラッカーが観た日本の特徴は何か。

日本は外国から取り入れたものを
「混合ではなく一体化」する特質と見ました。

一体化とはインテグレーション(統合)
です。

混合(ミックス)ではなく
一体化(インテグレーション)というのです。

水素原子や酸素原子が別々に存在するのがミックスなら
水素でも酸素など原子の集まりではなく、
水素と酸素が結合して「水」という分子を作る。

異質なものを一体化という統合する能力が
日本にはあるというのです。

次回のドラッカーセミナーはこの「統合」がテーマです。

■次回の【ドラッカーコミュニティカレッジ】のテーマは
「分断から統合へ」です。

◆開催日時 2021年9月11日 (土)13:30〜15:30
        

●講義テーマ「分断から統合へ」


近代科学の方法論は
業務を分割することで単純化して効率をあげた。
しかしながら・・

木を見て森を見ない
個別最適の総和が全体最適にならない
統合がうまくできていない


以下のようなトピックでお話しします。

ドラッカーの統合思想
トヨタ式生産システムの本質
ゴールドラット博士のTOC(制約理論)
プロジェクトマネジメントとCCPM

 
お申込みはこちらへ。    


https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0bu1br0vys1uj7444Da7

■さて、
本日のテーマ
==============================
「日本の政府の自動車産業政策は国民や業界に敗北した」
「日本 成功の代償」<『フォーチュン』他評論集から>
(P.F.ドラッカー、ダイヤモンド社)」より
==============================

■現在では日本の自動車産業は
トヨタを筆頭に世界最強であるが
1961年当時は政府と政府の意向に従うマスコミは

自動車産業の拡大に反対であった。

自動車は贅沢品であり高速道路や
日本に算出しない石油や鉄鉱石など貴重な資源を
輸入しなければならない。

■貿易収支が悪化するし、
そもそもGMやフォード、フォルクスワーゲンなど
長い歴史がある米国、ドイツの優れた技術に勝てるわけがない。

日銀も日本の自動車業界は日本経済にとって
お荷物と考えていた。

日本の自動車産業の拡張は
日本の貿易収支、世界経済における立場を危うくする。

また日本経済におけるバランスや生産性全般に
悪影響を与えるものと真剣に考えていた。

排気ガスによる環境問題も指摘していた。


■欧米から見ると日本株式会社といわれるような
政府と民間が一体的に行動するときの司令塔である
通産省(現在の経産省)の政策は破綻した。

つまり政府は敗北したのだと
ドラッカーは観た。

日本の自動車産業は前進を続け、
トヨタ、日産、ホンダ、三菱、マツダ、スバル、スズキ、いすゞなど
日本国内で競争しながら海外進出を続けた。


■ドラッカーは日本社会や組織が政策をどのように決定し
行動するか分析している。

日本で最も強い役所の一つが推進していた政策が
自動車産業ではなく鉄道事業を強化することだった。

それが日本の世界経済における地位を安定させることで
あり自動車産業の振興に反対していた。

しかし日本の大衆と産業界は自動車産業を受け入れた。

ドラッカーはこの一連のプロセスで
日本の生産性、競争力、貿易収支に対する自動車産業の
影響などの問題が完全に議論されたことの重要性を
高く評価している。




〇編集後記(戦国時代の日本の軍事革命)
===========================
戦国時代の覇者、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と
スペイン、ポルトガル、オランダなど西洋との付き合い方も
最初はキリスト教容認で西洋の武器、知識を入れて軍事革命し
日本の統一を成し遂げたがキリスト教は禁教にして
宗教は入れなかった。日本化したといえる。
===========================





■ホームページご案内

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは
供給連鎖において在庫削減と欠品防止のジレンマを解消して
利益体質を改善する手法です。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0bu2br0vys1uj7444DMo


■以下の動画は回転摩擦抵抗の多いミニ四駆で走行速度が
10%程度向上しました。




今岡テクノロジー『制振装置R2O』ミニ四駆実験
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0bu3br0vys1uj7444Mwr


2つのイノベーション
「在庫削減と欠品防止の両立」
「負荷運転でもアイドリングに近い軸振動抑制」


そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


ホームページご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0bu4br0vys1uj7444AYi


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
(普通)口座番号 5324740
口座名義 アイエスデイアイ


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0bu5br0vys1uj7444Rsn



■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0bu6br0vys1uj7444qgc

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0bu7br0vys1uj7444prL


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0bu8br0vys1uj7444jh5


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。