バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  志を高く持つことは魂を成長させ...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  志を高く持つことは魂を成長さ...
ご案内セミナー5月28日:ド...
共生は個人や組織の生態系の安...
セミナー『ドラッカーと志マネ...
日本的経営思想にあるアリ型マ...
セミナー「ドラッカーと志マネ...
これからの時代に活きる渋沢栄...
仕事を通して人格を磨く『精進...
松下幸之助の商人道:ドラッカ...
主客分離から主客統合へのシス...
宮本武蔵の兵法:ドラッカー塾...
生命力強化のために両極端の二...
第4回2022年4月30日土...
ドラッカーマネジメントと宮本...
ドラッカー塾第4回「日本的心...
日本の強みはイデオロギーとい...
ドラッカーと神仏思想を繋ぐエ...
ドラッカー塾第3回マーケテイ...
恐怖心ではなく平常心で課題に...
ドラッカーマネジメント塾第3...
専門家からはイノベーションは...
ドラッカーマネジメント塾第3...
日本画にみる日本的マネジメン...
鬼滅の刃:ひとり一人の中に人...
ドラッカーマネジメント塾:人...
千日の稽古を「鍛」とし万日の...
LIFE SHIFT時代のド...
人も動物も花も鳥も日も月も星...
再送:人類の古代からの英知を...
人類の古代からの英知を現代シ...
宗教も政治経済も健康管理もマ...
ドラッカー塾ご案内「第一回ド...
日本人の自然道は日本復活のコ...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
ドラッカーのマネジメントは生...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
生活と仕事と信仰の統合
明けましておめでとうございま...
政府主導ではなく民間の活力の...
日本を活かす今岡ドラッカーマ...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
縄文時代からの生態系の思想と...
「精進」と「積小為大」が日本...
「精進」と「積小為大」が日本...
日本的経営の神髄は二律背反を...
病気を治して患者の命を失うと...
不安不満の解消で心身の豊かさ...
対立する主張はその根拠をお互...
人間は考える管である
人間は考える管である
人間は考える管である
人も組織社会も時とともに改ま...
組織社会を家族のように共同体...
日本的経営の基盤は天理人理と...
欧米コンプレックスによる自虐...
ドラッカーの肩に乗って日本的...
医学を含む科学は永遠不滅の神...
ムダを取るというイノベーショ...
道徳のない経済は犯罪であり経...
生命は2つの正反対の力のバラ...
ドラッカーとトヨタ式経営の共...
日本人は外国から取り入れたも...
自分の命は自分で守る「自助」...
土曜日8月21日ドラッカー塾...
ドラッカーに古今東西の知見を...
日本が創った薬でコロナを完全...
ひとり1人の命と社会の命の両...
コロナ禍をたくましく生きるマ...
近代の科学的方法論を超えて古...
自然の原理と人間の理性を合わ...
兵法もマネジメントも社会の問...
仏教もドラッカーもすべてが繋...
自然の力である免疫力と医学の...
マネジメントの体系化に役立つ...
和魂洋才の志マネジメント

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第663号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆



「イノベーションは教条的ではなく現実的に壮大ではなく着実に」


目次
…………………………………………………
〇前書き  「西洋の革命思想」
〇本文  「教条的ではなく現実的に、壮大ではなく着実に」
〇編集後記「東洋と西洋の学問」
………………………………………………………



いつもお読みいただきありがとうございます。

令和3年4月21日水曜日メルマガ配信します。




〇前書き「西洋の革命思想」

■ドラッカーのマネジメントの発明は
ヒットラーのナチスを生んだ思想の系譜にフランス革命から始まる
教条的革命思想への批判があります。

処女作「経済人の終わり」では経済学は人を
モノとカネで理論化していることを批判しました。

「産業人に未来」では
働く庶民、職人、商人、労働者がそれぞれ自分で社会の需要を
考えて仕事する。

江戸時代初期の三河武士から僧侶になった鈴木正三は
「四民日用」という書物で士農工商それぞれの
仕事は仏業であり、市場は奪い合いものではなく共生の場であると。

そんな市場が社会を安定させると言いました。

ドラッカーが言っていたことを300年前に説いていた。



■次回4月24日
『ドラッカーマネジメントにおける人間の本質』:個人と組織
開催します。


第1部「ドラッカーは人間の本質をどう見たか」

近代西洋科学に基づくマネジメントは経済学と同じく
人間の特質をモノとカネで動く存在としてモデル化して
失敗しました。

それではマネジメントを成功させるにはどのような人間観が
必要でしょうか。

どんな特質を伸ばせばいいのか?


第2部「脱西洋近代と東洋思想の人間観、脳科学」

西洋の勢いが弱まる中でU理論のオットーシャーマーや
学習理論のピーター・センゲ、
5段階人間欲求理論のアブラハム・マズローなど脱西洋近代思想と
日本を含む東洋思想の人間観は
最近の脳科学で解明されていることに重なる部分があります。

そしてそれらはドラッカーが語っていたことでもあります。

興味ある方は是非ご参加頂き
深め合いの交流会で意見交換しましょう!


4月23日スポット申し込みサイトはこちらです。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0vytvp0sydwzgsitkuoi


■割引のあるお得な
DCC第二期「和魂洋才の新時代のマネジメント」
残り11回一括新規申し込みページ(新しい決済システム)
こちらへ

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0vyuvp0sydwzgsitkR6U



CC第一期10回分のダイジェストご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0vyvvp0sydwzgsitkaXU




■さて、
本日のテーマ
==============================
「教条的ではなく現実的に、壮大ではなく着実に」
「イノベーションと企業家精神」(P.F.ドラッカー、ダイヤモンド社)」より
==============================

■企業においても社会や経済においても
イノベーションは必要である。

しかしイノベーションは革命ではない。

ドラッカーは
啓蒙思想やフランス革命やロシア革命が
もたらしたものは幻滅であったと

ゲーテやトマスやジェファーソンを引用して
結論づける。

■腐敗した組織や制度、経済格差に対して
理想を求めて旧制度を破壊し新しい理想的システムを設計すること
即ち革命とイノベーションとは異なる。

平等や福祉国家を目指した革命は世界に広がって
個人の権利が重視された結果は
生産流通に関わりる産業人の負担となった。

組織制度、政策が集中し、巨大な官僚機構を生み
もはや存在理由はなくなり
恵となるものが苦痛となった。

永続する理想ではなく
それぞれの世代でそれぞれの民族で革命を必要とする。

■革命は解決にはならない。

革命は構想することも
方向づけすることも
コントロールすることもできない。

しかもそれは間違った者に権力を与える。

さらに悪いことには
当然のことのように結果が約束の逆となる。

制御不能な官僚システムへの従属であり
政治的知的経済的文化的活動の一極集中となって
持続する。


■企業活動も経済社会においても
必要なのはそれぞれの
イノベーションと企業家精神である。

一挙にではなく段階的に行われる。

青写真ではなく機会やニーズに焦点を合わせる。

暫定的であって期待した成果が無ければ
消え去ることが必要である。

教条的で壮大なシステムは効果がなくて
苦しみをもたらしても持続してしまう。


〇編集後記(東洋と西洋の学問)
===========================
日本の政治経済人に大きな影響を与えた安岡正篤は
東洋の学問、西洋の学問について語る。東洋の本当の学問を
やった人、いわゆる悟道(ごどう)し道を修めた哲人は、
骨の髄まで学問になっている。これに対して西洋の思想家・学者は、
知識や教養は豊かで洗練はされていても、人物が本当に磨かれて、
学問と同じように人聞が出来ているという人は非常に少ない。
(安岡正篤一日一言)
===========================





■ホームページご案内

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは
供給連鎖において在庫削減と欠品防止のジレンマを解消して
利益体質を改善する手法です。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0vywvp0sydwzgsitkAiO


■以下の動画は回転摩擦抵抗の多いミニ四駆で走行速度が
10%程度向上しました。




今岡テクノロジー『制振装置R2O』ミニ四駆実験
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0vyxvp0sydwzgsitkeEu


2つのイノベーション
「在庫削減と欠品防止の両立」
「負荷運転でもアイドリングに近い軸振動抑制」


そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


ホームページご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0vyyvp0sydwzgsitkHJS


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 アイエスデイアイ


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0vyzvp0sydwzgsitkVPL



■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0vy0vp0sydwzgsiukoCv

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0vy1vp0sydwzgsiuk5WB


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0vy2vp0sydwzgsiuk1Jy


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。