バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...
旧来の常識に囚われている専門...
専門領域以外のことに関心を持...
ホメオスタシスという健康維持...
詭道ではなく自己鍛錬がチーム...
分類する理論と統合するイノベ...
心身のストレスをコントロール...
楽しいパーテイができるのも企...
欠落部分を補い全体を結合する...
世界は日本的な日本を必要とし...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第298回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 「終末までの人生をどうデザインか」


お早うございます。

今日もルマガお読み頂きありがとうございます。

早いもので今年も2ヶ月が過ぎ
弥生3月に入りました。

●年齢とともに年の過ぎゆくのが早くなる。

やりたいこと,
成すべきことがたくさんある。

このメルマガやカフェ塾も
大学での講義も皆様と共に成長したいとの
思いを強く持っています。


●先週の土曜日自分の終末について
3人の子供達と話し合いました。

日本の伝統では
次男の僕は実家の墓に入れない。

妻も実家の墓に入れない。

次男の僕は墓を新しく作らなければならない。

田舎の親戚の叔父を通して東京のお寺さんを
紹介してもらいました。

新しい墓を創るとして僕を初代として
長男が代々継承してくれるのか?

●やはり今から約束できないと言う。

僕もつい最近までは
海への散骨か自然の樹木葬がいいと
思っていた。

ところが終末が実感できるようになった今
やはり伝統的な埋葬がいいと思い始めました。

●もう終末のことも語れない妻と
終末を意識し始めた僕にとって
終の住処を決めることは
時間と場所を決めてそこから逆算して
現在の立ち位置を決めることになる。

子孫がどうするかは子孫が決めること
僕は自分の終末までの人生をどうデザインするか。

生きることに貧欲になろう。

成すべきことに
優先順位を付けなくてはならない。


■■4月10日新スタイルで開講!・・・・・・・・・・・

第7期2014年春「ドラッカーマネジメント塾」のご案内■■


誰のため、何のための仕事か、を問う「仕事の哲学」。

成果を上げるための動機と戦略をどう導くべきか。

プロジェクトマネジメント実学のツールを網羅しました!


■江戸時代の日本画から日本人の感性に共感した
ピーター・F・ドラッカーは社会生態学思想家であり
「いのち」の人間学に立脚したマネジメントを発明しました。

ドラッカーを元に東西の知を換骨奪胎し、
心と頭と身体(心技体)の枠組みでツールとして
「マネジメント塾」を主催し3年経過し多くの方に
共感して頂きました。

4年目に入り参加頂いた方の中からゲスト講師として
お話して頂きます。

飲食を楽しみながらの気軽な交流の場として、
実践の実学としてご活用下さい。

■第7期の変更点

・過去3年間の塾生を中心に10人の方にゲスト講師お願いします。
・8回を10回に増やします(4月から8月まで)
・平日参加しやすいように18:30開始を19:00開始にします

申し込み方法等
詳しくは以下をご覧ください。

ホームページ
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0yj5ct07nu0awc8b4Air

ダウンロードチラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0yj6ct07nu0awc8b4KWN

お待ちしています。



さて、
本日のテーマ
===================
1.人類の生存への危機(森信三全集)
2.テイラーと労働組合と資本家
(ドラッカー「ポスト資本主義社会」)
3.事例研究:
ハーマンミラー社「優れた組織か優れた人のいる組織か」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

===================

 
1.人類の生存への危機(森信三全集)

■森信三だけではなく世界の賢人が
警告している。

自然科学文明の過度の発展の結果
重大な危機に瀕している。

中国の経済発展は周辺国の大気汚染を引き起こしている。

地球の異常気象は一層激しきを増している。

■原発も廃棄物問題が解決されていない。

資本主義経済も国家財政リスクや
人間社会のしらけの原因となる格差を広げている。

共産主義は崩壊したが資本主義経済も
人類の福祉に貢献していない。

■人間の科学技術による第二の創造は
近視眼的自己中心の工夫と努力によって
一部人類に豊かな生活をもたらしたが
度が過ぎて人間社会に危害損害を加える結果となった。

人間社会の局部的な短期的な調和が人類にとって
破壊的になりつつある。

■調和的原理が今や重大な不調和を現出させていると
言った森信三は警告する。

人間がその自己中心的なる見解に囚われないで
大宇宙調和の原理に従うべきであると。

人類のために
経済社会をどうマネジメントするかが問われています。


2.テイラーと労働組合と資本家(ポスト資本主義社会)

■科学的管理法の発明者であったフレデリック・テイラーは
仕事を要素に分解することによって
未熟練労働者を短期に訓練することを可能にしました。

仕事に知識を応用して
生産性を抜本的に増大する歴史的なイノベーションだった。

生産性を2倍にすれば
同じ人数で同じ時間で生産量が2倍になるのです。

■どんなビジネスでもイノベーションによって
利益を受ける人間と不利益を被る人間に分かれる。

アメリカの労働組合は技能を独占し
仕事を秘伝にし非組合員に対して優位を保つ
利得権集団だった。

誰でも生産性がに2倍できたら
自分達の利得は無くなるとテイラーを批判した。

資本家は科学的管理法を自分の利益のために使い
その恩恵を労働者に還元しなかった。

テイラーは労働者全体が恩恵を受けるべきだと
資本家を批判した。

テイラーは労働組合からも
資本家からも攻撃された。

■日本では江戸時代、二宮金次郎が
小田原藩から栃木の桜町の農村復興という
イノベーションを行った。

町村民からも小田原藩の武士からも
攻撃されて一度挫折した。

二宮金次郎の農村改革は
分度設定という過去の実績と農家の生産能力把握と
推譲という助け合いの精神で抜本的な
改革であった。

一部の豪農や武士階級ではなく
すべての農民のために改革であった。

改革は誤解され抵抗される。

■ドラッカーが「顧客は誰か?」という問いを
重視した理由は、誰がイノベーションを享受するか
によってイノベーションが変わる。

誰のためにマネジメントか
資本家のためか労働者か顧客のためか。

ドラッカーはマネジメントを資本家のためではなく
社会福祉向上にあると考えた。

テイラーも同じだった。

どの世界も改革は抵抗を受ける。


3.事例研究:
ハーマンミラー社「優れた組織か優れた人のいる組織か」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

■職場において
ハーマンミラーでは2つを大事にしていると言う。

人は組織に帰属し「仕事と人間関係」を求めている。

熱意を持って貢献し成果を上げて
人の役に立ちたいと考えている。


■そこには指揮する人間と指揮される人間の
関係である権力によるマネジメントではなく
参加型の対等なマネジメントがある。


参加型マネジメントとは
人々の潜在能力を信じることが大事である。

権利や義務は全員が持つ。

■職場における人間関係は
「契約の関係」と「心の関係」の両者が必要である。

心の関係で仕事をすることは
報酬や罰則ではなくボランテイア精神で働くことである。

同じ残業時間でも心の関係がなければ
ブラック企業と言われる。

■指揮命令型で業績を上げる優れた組織もあれば
参加型の「心の関係」の信頼関係がある組織もある。

優れた組織で働きたいか
優れた人々がいる組織で働きたいか。

参加型マネジメントとは信頼関係のある
組織でこそ可能である。


●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0yj7ct07nu0awc8b480V

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0yj8ct07nu0awc8b4oBg


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0yj9ct07nu0awc8b4ecu
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0yjact07nu0awc8b4LZh
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。