バックナンバー

  Marketing Topics http://www.focusmarketing.co.jp/

□ 最新号

  フォーカスマーケティング メル...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  フォーカスマーケティング メ...
フォーカスマーケティング メ...
フォーカスマーケティング メ...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Marketing Topi...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus  ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
Weekly focus マ...
第107号 健康ニーズとRI...
第106号 自分のニオイ他人...
第105号 オタク市場を概観...
第104号 スポーツやってい...
第103号 ロボットがヒトに...
第102号 今週より再開いた...
第101号 仕事は段取りと運...
第100号 2016年もよろ...
第99号 今年もお世話になり...
第98号 アマゾンプライム加...
第97号 吉野屋の集客プロモ...
第96号 若手ビジネスパーソ...
第95号 管理職を望む、働く...
第94号 パートナーには働い...
第93号  コインランドリー...
第92号 和民が介護事業を売...
第91号 マーケターの必要ス...
第90号 景気の良し悪しを判...
Weekly Focus 第...
第88号 ポータブルテレビが...
第87号 お盆はランドセルの...
第86号 スターバックスの成...
第85号 シニアのスマホ事情
第84号 シニアのスマホ事情
第83号 怪味って、どんな味...
第82号 日本版CCRCにつ...
第81号 男は自分の臭いに気...
第80号 爆買いの要因を探っ...
第79号 和民の再建計画に思...
第78号 客数と客単価は相関...
第77号 日本の酒消費は大酒...
第76号 「和民」大苦戦の要...
第75号 デフレ型ビジネスの...
第74号 まだまだ大きな需要...
第73号 ネット生命保険の危...
第72号 「大人の○○」の効...
第71号 ユニクロ脱価格戦略...
第70号 ABC-MARTの...
第69号 今年の新入社員のタ...
第68号 ネットで情報収集 ...
第67号 爆買!再びの予兆
第66号 爆買いの現状を分析...
第65号 20代30代の方が...
第64号 チェキのヒット要因...
第63号 若者たちの意識を統...
第62号 飲むときはガッツリ...
第61号 コスパを意識する若...
第60号 中古車を買わなくな...
第59号 先入観・固定観念か...
第58号 シニア世代の消費特...
第57号 若者に対する固定観...
第56号 シニア世代は肉食系...
第55号 家計調査を仮説設定...
第54号 ドンキホーテ好調の...
第53号 ドンキホーテ好調の...
第52号 妻の時間夫の時間 
第51号 セブンカフェに続け...
第50号 時代の流れに逆行し...
第49号 原田泳幸さんの言葉
第48号 ファストフードと肥...
第47号 フォルクスワーゲン...
第46号 男の共感を捉えた缶...
第45号 健康寿命の意味
第44号 女性は共感意識が高...
第43号 国際的に高齢者の就...
第42号  ロボット掃除機を...
第41号 家計の管理は結婚...
第40号 野菜摂取におけるニ...
第39号 データに基づくディ...
第38号 自動車業界は安泰?
第37号 クールビズの許容範...
第36号 20代のうちにして...
第35号 うなぎの価格推移
第34号 プチ贅沢!を考える
第33号 消費増税の影響を考...
第32号 50代の不思議な食...
第31号 マーケティングトッ...
第30号 ユニクロの価格戦略
第29号 amazonで中古...
第28号 4Kテレビは売れる...
第27号 朝食を考える
第26号 テーマパーク好調の...
第25号 エナジードリンクを...
第24号 ラグジャリー市場に...
第23号 レジャー観光を考え...
第22号 缶コーヒー飲用率低...
第21号 マクドナルドの復活...
第20号 ゴールデンウィーク...
第19号 既婚有職女性のニー...
第18号 今年の新入社員は自...
第17号 ファミリー消費が主...
第16号 50代男性の潜在ニ...
第15号 スマホ敬遠理由から...
第14号 掃除機市場を考える
第13号 マーケティングリサ...
第12号 コンビニコーヒーに...
第11号 差別化戦略を考える
第10号 外食好調と消費税に...
第9号 アベノミクスの成果?
第8号 バブル世代のライフス...
第7号 高齢化時代のマーケテ...
第6号 企業におけるデータ活...
第4号 ゾゾタウン新サービス...
第3号 プライベートブランド...
第2号 消費者の嗜好ビッグデ...
第1号 シニア世代の消費を考...

第17号 ファミリー消費が主役?

  発行日:2014年03月20日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ファミリー消費が主役?ネット通販 / Weekly Focus第17号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フォーカスマーケティングの蛭川速です。

今日は3連休前ですが肌寒い一日になりそうです。

もうすぐ4月となりますが、4月と言えば・・・
新聞やテレビでは消費税増税前の駆け込み需要が取り上げられ
ています。
増税前のまとめ買いの様子を映像で見ると高齢者が目につきます。
変化への備え意識(防衛意識)が強いということでしょうか、
単に高齢者が買い物をする場所と時間帯を撮影したかどうか
分かりませんが・・・

さて本日は消費状況変化としてインターネットによる支出に
ついてフォーカスしてみたいと思います。


--------------------------------------------------------------------------------------------
ファミリー消費が主役?ネット通販
--------------------------------------------------------------------------------------------
総務省が実施している「家計消費状況調査」の平成25年(2013年)
平均結果が公表されました。
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0rotet07nthsjfg15bCv


●1世帯当たり1か月間のインターネットを利用した支出金額の推移

平成25年 5,801円 (前年比14%増)
平成24年 5,077円 (前年比11%増)
平成23年 4,560円 (前年比 8%増)

ここ2年間の増加が目立ちます。

*インターネット上で商品・サービスの注文や予約をした場合の
支出の総額をいい、インターネットを利用しなかった世帯も集計に
含まれています。


●インターネットを通じて商品・サービスを購入した世帯の二人以上
の世帯全体に占める割合

平成25年 24% (前年比2.7%増)
平成24年 22% (前年比1.7%増)
平成23年 20% (前年比0.2%増)

インターネットを利用して商品などを購入している世帯数が増加しています。
こちらもここ2年間の増加率が顕著です。



ここ2年間でネット購買が増加した理由はどのようなことが考えられる
でしょうか?
1つ考えられるのがスマホやタブレットなどの普及があげられます。
------------------------------------------------------------------------------------------

総務省「平成24年通信利用動向調査」によると
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0rouet07nthsjfg159fr


●スマホからネット接続した比率は

平成24年 31%
平成23年 16%

とほぼ倍の比率となっております。

参考までにタブレットは

平成24年 8%
平成23年 4%


また同調査で
家庭内と家庭外でインターネットで実施していることを聴取しています
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0rovet07nthsjfg15s1Z

●商品・サービスの購入
家庭内 57%
家庭外 31%

スマホやタブレットで家庭外でも商品購入をしていることが推察できます。
機器の普及によってネット通販の機会が広がったと考えられます。

「平成24年通信利用動向調査」はほぼ1年前の状況ですので
25年は更に普及が促進されていると予測できます。

------------------------------------------------------------------------------------------

ではどんな人がネット購買し出したのでしょうか?

前述の 1世帯当たり1か月間のインターネットを利用した支出金額 を年代別
に比較すると

●世帯主年代別1世帯当たり1か月間のインターネットを利用した支出金額
20代 6,304円
30代 9,693円
40代 9,508円
50代 7,173円
60代 3,874円
70代以上 1,582円

となります。
ネット通販の主役は30代40代世帯と考えられます。
さらに3年前の平成22年と比較すると増加率も高いことが分かりました。

●世帯主年代別1世帯当たり1か月間のインターネットを利用した支出金額
(平成22年)

20代 5,704円
30代 7,089円
40代 7,110円
50代 5,656円
60代 3,163円
70代以上 1,337円


●平成22年比の増加率

20代 11%増
30代 37%増
40代 34%増
50代 27%増
60代 22%増
70代以上 18%増

ファミリー層がネット購買を押し上げていると考えられます。

---------------------------------------------------------------------------------------

ではどのようなモノを購入しているのでしょうか?
(株)ブラケットの実施したネット通販に関する調査
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0rowet07nthsjfg15ECX
によると

●ネット通販でよく買うもの

1位 男性 本雑誌(47%) 女性 本雑誌(46%)
2位 男性 家電(42%) 女性 洋服(44%)
*20代〜60代以上の全体の比率

ここ2年でネット通販が増加した理由として、ゾゾタウンなどの
アパレル通販の躍進や電子書籍の普及が推察できます。


では30代40代の消費の特徴はどのようなところがあるでしょうか?
三井ダイレクト損害保険株式会社の「インターネットでのお買いもの」
に関するアンケート調査
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0roxet07nthsjfg15WSk
によると


●インターネットで購入・申込みしたことのあるもの

【20代】
1位 本・CD・DVD 70.0%
2位 洋服 60.0%
3位 食品 50.0%

【40代】
1位 本・CD・DVD 82.4%
2位 食品 63.9%
3位 ネットバンキング 60.2%

20代は洋服、40代は本と食品に特徴があります。
書籍は利便性、食品は価格や重いもの(まとめ買い)などが
想定できます。

--------------------------------------------------------------------------------------
まとめ

1.ネットを利用した商品・サービスの利用はここ数年、増加傾向にある。
2.増加に貢献しているのは30代40代の世帯。

仮説として
●仕事や家庭で忙しいファミリー世帯がネットに利便性を感じて消費を増加
 させている
●子育てで生活費が厳しい中で少しでも安く購入しようと情報収集した結果
 ネットで購買している

***********************************************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。

前回は50代男性の潜在ニーズについて触れました。今回は30代40代です。
高齢化社会の進展によってシニアが着目されがちですが、実際の消費行動を
細かくみるとそれ以前の年代にも特徴があり、潜在ニーズを掘り起こす
ポテンシャルが大きいと思います。
今後も世代別の消費特性についてフォーカスしていきたいと思います。

★フォーカスマーケティングでは皆様のマーケティング仮説立案の
ご支援をしています。

ご意見、お問い合わせお待ちしています。
info@focusmarketing.co.jp
まで!


----------------------------------------------------------------------------------
定量データを営業活動に活用する
----------------------------------------------------------------------------------
ビジネスはほとんど全てが「仮説」で成り立っています。
営業活動においても、何が受注の決定ポイントとなるのかは
やってみなければ分かりません。
ただやってみた結果を振り返り、次回の改善に役立てる事は
意義のあることです。
そのためには比較するためのデータ活用が求められます。

定量データをマーケティング・営業活動に活かすノウハウを
まとめてあります。

書籍「マーケティングに役立つ統計の読み方」
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0royet07nthsjfg15umB


またBtoB企業の営業活動では直接顧客と折衝する機会が
多く、顧客のニーズや課題を顕在化させることが、受注の成否を分ける
重要なポイントとなります。
弊社HPで考え方を解説しています。
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0rozet07nthsjfg15G3Q

★営業力強化のためのデータ活用と仮説設定に関して
企業内研修も承っております。
詳しくは
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0ro0et07nthsjfg25SW2
にてご相談ください。

***********************************************************************

*このメールマガジンは、フォーカスマーケティングの蛭川速、
小出浩、桐畑慎司の3名が、これまでに名刺交換をさせて
いただいた方々、3名が講師を務めたセミナーにご参加
いただいた方々、ホームページで資料請求いただいた方々に、
お送りしています。

ご迷惑な方は、お手数ですが以下URLより解除お願い致します。
http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0ro1et07nthsjfg25glE



***********************************************************************
☆ 発行責任者:蛭川速
☆ 問い合わせ:info@focusmarketing.co.jp
☆ フォーカスマーケティング:http://k.d.combzmail.jp/t/8f9a/d0ro2et07nthsjfg25C7T
***********************************************************************


(バックナンバー更新 2014年03月20日12時21分)