┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  ┳ =====================================================  
┃●●●●     オンラインワッシーズ本店 メールマガジン
┃ ●●●              ワシ等の日々。
┃ ●●            https://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/f0i114v0nqjaz296g2JLJ
┃   ●======================================================  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


DearName (E-Mail)


オンラインWassy'sの藤井です。

 

先日、ニュージーランドから帰国されていた
Folium Vineyard(フォリウムヴィンヤード)岡田岳樹さんの
ランチセミナーに参加させていただきました。




ニュージーランドといえば、大きな地震がありました。
幸い、岡田さんやワイナリーに大きな被害は出ていないようです。
余震や道路の分断など、落ち着かない日々だと思います。
私たちは岡田さんや岡田さんのワインの紹介を通して応援したいと思います。



さて、↓↓に岡田さんにお伺いした話をまとめましたので、
ぜひご覧くださいませ。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ランチセミナーは、姉妹店のレストラン「スープル」にて
輸入会社の方と社長ワッシー、実店舗スタッフと
和やかな雰囲気の中で行われました。


 

岡田さんと言えば、笑顔の写真の少ないことでちょっと有名(?)
なのかもしれません。




けっして無愛想なわけではなく、「人見知りなんですよ〜」とのこと。



 
今回は、そんな岡田さんがたくさんお話ししてくださいました。
お話を伺っていると、ものすごくおもしろいんです。
お話の内容もお人柄も。
そして、もちろんワインもとっても美味しいんです(*´∇`*)
 



「前に出るのは苦手」とおっしゃる岡田さん。
フォリウムと岡田さんの魅力をもっと皆さんに伝えたい!
というのが、社長ワッシーや我々スタッフが
いろいろ考えているところなのです。

 


そこで、今日は実際にお話を聞いた私が「スゴイ」と感じたところを
ご紹介させていただきたいと思います。





〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓
★★    「スゴイ」その1     ★★
〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓


2010年の創業以来、6ヘクタールの畑を一人で(!)管理していますw|;゜ロ゜|w

ソーヴィニヨン・ブランとピノノワールを育てていて
ブドウ栽培からワイン造りまで全て岡田さんがされています。
(最近は、パートタイマーのおじいちゃんと
癒し係の子ヤギちゃんが加わったそうです)

→岡田さんは「ワインを造るより売る方が大変」と言います。

そして、いろんな人から、なぜワイナリー名を「オカダ」にしなかったのか
と問われると、「前に出たくないんですよ〜」と言いつつ、
実は、ワイン造りで一番大切な仕事をしているのは
ぶどうの樹だから、ぶどうの樹に敬意を表して
「フォリウム」(ラテン語で「葉」の意)にしたんです、とのこと。

そんな岡田さんは、カリフォルニア大学デービス校でブドウ栽培を学び、
フランス・ロワールのアンリ・ブルジョワが手がけるNZマルボロの
クロアンリで栽培責任者も務めていた、という経歴の持ち主です。


 

〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓
★★    「スゴイ」その2     ★★
〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓


2010年に創業したのち、2011年には灌漑をストップしたそうです。

→理由は、雨がずっと一定に降っている状況を人工的に造ることになるので、
おかしいんじゃないかな、と思ったから。

そして、雨が全然降らないわけではなくて、
フランスのちょっと乾燥した年くらいは降っているから、とのこと。

今では、灌漑をやめた年よりも、ぶどうの樹が青々としているそうです。
これは、無理して根を伸ばすことをしない怠け者のぶどうの樹が
「新しいオーナーが何かおかしいこと始めたぞ」と気づいて、
生き残っていくために頑張ったからじゃないかなぁ、と。




〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓
★★    「スゴイ」その3     ★★
〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓


畑は、NZの有機農業認定機関BioGro(バイオグロ)認証を取得されています。
ほぼ一人で管理されているのに大変では!?

→大変ではないそうです。
灌漑をやめたことが結果的に良い方向へ繋がって、
雑草対策もずいぶんと楽になったそうです。
「怠け者の僕でもできるんだから、誰でもぶどうを育てられますよ」とも。
そんなことは決してないと思うなぁ…。

 


〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓
★★    「スゴイ」その4     ★★
〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓


有機農法で認められていることでも、おかしいと思うことはやらない。

→きっとものすごくいろんなことを勉強されているんだと、
言葉の端々から感じました。
ぶどう栽培やワイン造りをしている人は、基本的にみなさん
ものすごく勉強家なのだと思います。

岡田さんは、有機農法の認証は取得しているけれど、
それに固執することは無いですとのこと。
灌漑をやめていることについても、何が何でもしないわけではなくて、
いろんな手立てを講じた後に、最後の手段として最低限行うこともあります、と。

何かルールがあって、その中でやっていくのは安心できて
楽でもあると思うのですが、自分の判断でもって物事を進めていくのは、
判断するための知識や決断力など、なかなか大変じゃないのかなぁ、と思います。

 

〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓
★★    「スゴイ」その5     ★★
〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓


そんな岡田さんは、社長ワッシーのマニアックな質問で話が止まらなくなります。

→私たちからの普通の質問や社長ワッシーからのマニアックな質問に
岡田さん独特のたとえ話などを交えて分かりやすく答えてくださいました。

たとえ話が、ピリッとスパイスが効いた感じで、キレがあって面白いんですが、
とっても正直な方なので、これはオフレコかな?ということも。

岡田さんのお話は、1本すとーんと筋が通っていて、
しっかりとした考えの方なのだと思います。

社長とのマニアック話、私はもっと聞いていたかったのですが
「このままじゃ止まらんくなるから、この辺でやめとこうか」
と、ほどほどになりました。

 


〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓
★★    「スゴイ」その6     ★★
〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓


前に出るのが苦手で笑顔が貴重といわれる岡田さん。
とびっきりの笑顔の写真がフェイスブックにあがったことがありました。

→社長ワッシーが驚いて急いでシェア。
そして、オンラインのスタッフは「めっちゃ笑顔の岡田さんや、珍しい!」と
ざわつきました。

先にちらっと書いた、癒し係の子ヤギちゃん。
あまりに可愛すぎて思わずアップしちゃいました、とのこと。

子ヤギちゃんはぶどうを食べてしまうので畑には入れてもらえず、
敷地内の雑草を食べたり、癒しに徹しているそうです。
社長ワッシー曰く、「今まで出たことが無かったツンデレの『デレ』が出たな」

気になる方は、岡田さんのFBを探してみてくださいね。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


そんなわけで、岡田さんの印象を書いてきましたが、
肝心のワイン。

 

ワインについて岡田さんに伺うと、
「人それぞれの感じ方があるから、皆さんの好きなように感じてもらえれば」
とのこと。

 ・

 ・

 ・

えぇ〜、岡田さーん、もっとアピールしてくださぁいm(__)m。
                 −オンラインスタッフより−

 

けれど、灌漑をしていないことで、
その年の天候、ヴィンテージの差を面白く感じていただけると思います、
とも仰られていました。
スタンダードとリザーブは畑の違いからくる果実の凝縮具合も
感じていただけるんじゃないかな、とのこと。

 

フォリウムのワインは、よく「フランスとNZの間のワイン」と
言われるそうで、岡田さんご自身も「NZっぽくないですよ」と言われていました。



1本筋の通った岡田さんそのもののようなワインたち。
岡田さんのご友人は、岡田さんのソービニヨンブランを飲んで
「竹を割ったような清涼感あふれるフォリウム」と表現されたそう。



ぜひ皆さまにも楽しんでいただきたいなと思います。
私の個人的な感想の部分もありますが、ご案内させていただきます。




◆◆ソーヴィニヨンブラン◆◆ 親しみやすいフォリウム スタンダード
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

フォリウム ヴィンヤード マールボロ ソーヴィニヨンブラン[2014] 
\2,970(税込)
https://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/f0i124v0nqjaz296g2ZW4


パーンとくるフルーツやハーブっぽさ、いわゆるNZっぽいとよく言われる
印象は確かに控えめですが、穏やかな中からふわっと柑橘や洋ナシ、青リンゴの
ような香りが広がります。口に含むとキリッとした酸とうま味ともいえるコクも。
ピュアでクリーンな印象。




≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
 
フォリウム ヴィンヤード マールボロ ソーヴィニヨンブラン[2015]
\3,996(税込)
https://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/f0i134v0nqjaz296g25BG


2014年に比べると、2015年はブドウの成熟期に暖かく乾燥した日が続いたため、
より凝縮感を味わえる仕上がりになったそう。洋ナシやリンゴの香りと
ほのかにパッションフルーツなどトロピカルフルーツが顔をのぞかせます。
味わいにも、より厚みと凝縮感が感じられ、2014年との比較を楽しめます。





◆◆ソーヴィニヨンブラン・リザーヴ◆◆ 果実の凝縮感が感じられるリザーヴ
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

フォリウム ヴィンヤード リザーヴ マールボロ ソーヴィニヨンブラン[2014]
\3,402(税込)
https://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/f0i144v0nqjaz296g2cjM


柑橘、青リンゴ、石灰、貝殻など、穏やかだけどしっかりした印象の香りと
柑橘類の凝縮した果実味。味わいには、穀物を思わせるコクがあり、
厚みが感じられます。



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡


フォリウム ヴィンヤード リザーヴ マールボロ ソーヴィニヨンブラン[2015]
\4,082(税込)
https://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/f0i154v0nqjaz296g2Zcg


柑橘、青リンゴ、石灰、貝殻など、穏やかだけどしっかりした印象の香りと
柑橘類の凝縮した果実味。しっかりとした骨格が感じられます。
リザーブは、スタンダードと比べてそんなにVT差が出ておらず、安定した
味わいとのことです。





◆◆ピノ ノワール◆◆ フォリウム ピノの魅力が詰まったスタンダード
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

フォリウム ヴィンヤード マールボロ ピノノワール[2015]
4,860(税込)
https://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/f0i164v0nqjaz296g2MpT


ラズベリー、プラム、赤系ベリーのピュアな果実味。
酸とタンニンのバランスも良く、果実の甘味が柔らかくチャーミングで、
するりと飲みやすい印象。



◆◆ピノ ノワール・リザーヴ◆◆ 重厚感とエレガンスを兼ね備えるリザーヴ
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

フォリウム ヴィンヤード マールボロ ピノノワール リザーヴ[2014]
\6,480(税込)
https://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/f0i174v0nqjaz296g2l57


熟したラズベリー、土、スパイスなど複雑な香りに包まれます。
酸とタンニンは穏やかで、ダシのうまみのような味わいが広がり、
奥行きを感じます。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


今回、食事とともに試飲させていただいて感じたことは、
どのワインもお料理との相性が良かったということです。

 

もちろん、レストラン「スープル」の岩田シェフがワインに合うように
お料理を作ってくれたこともあるのですが、
岡田さんのワインは、前に出て主張するわけではないけれど
しっかりとした存在感を放つ、岡田さんの印象そのもののような
イメージを受けました。

 

お料理の邪魔をすることなく、すっと後ろに控えてお料理の良さを
押し上げてくれるワイン。
ぜひ食事とともに楽しんでいただきたいと思います。


 
◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆

フォリウム・ヴィンヤードのワインはこちらからどうぞ
バックヴィンテージもあるので、垂直試飲も楽しめます↓↓↓
https://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/f0i184v0nqjaz296g2kp9

◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆
 
木村さん、佐藤さん、小山さんに、小林さん…
他にも世界で活躍する日本人ワインメーカーがたくさん。

世界に羽ばたく日本人特集はこちら↓↓↓

https://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/f0i194v0nqjaz296g2uFD

◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆




◆※◆※◆※ ワシ等の日々。ワイン屋ブログ&facebook ※◆※◆※◆

カリフォルニアワイン ニュージーランドワイン 世界のワインが
豊富にそろうオンライン・ワインストア・ワッシーズ。
ワイン屋スタッフの普通の毎日を綴っています。

https://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/f0i1a4v0nqjaz296g221K
https://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/f0i1b4v0nqjaz296g2FwQ

-----------------------------------------------------


▼アドレス変更、配信停止は会員様メニュー「会員情報の変更」からどうぞ▼
https://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/f0i1c4v0nqjaz296g2GPE

================================================================
  オンライン  Wassy’s
  ┳     543-0074 大阪府大阪市天王寺区六万体町5-13
●●●●   (TEL)    06-6774-0400
 ●●●    (FAX)    06-6180-9500
 ●●   (URL)    https://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/f0i1d4v0nqjaz296g2Yl1
   ●   (E-mail) online@wassys.co.jp

  店長 鷲谷 良亮
 (社)日本ソムリエ協会認定 シニアワインアドバイザー/ソムリエ
================================================================ 

 facebook:https://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/f0i1e4v0nqjaz296g22ze


■メールとお電話の受付時間

【メール】
9時〜18時の間にご連絡頂ければ2時間以内に
弊社より返信いたします。
(土・日・祝、及び長期休暇期間を除く)

【お電話】
午後12時〜午後14時(平日の月〜金)

■定休日のご連絡
毎週土、日曜日は定休日のため、
受注および出荷、メールの返信等は
お休みとさせていただきます。

その為、《金曜日13:00以降》のご注文に関しましては、
《月曜日以降》の受注処理となります。あらかじめご了承ください。

*******************************************************
  未成年者への飲酒は法律で禁止されています。
      お酒は20歳になってから
*******************************************************