┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  ┳ =====================================================  
┃●●●●     オンラインワッシーズ本店 メールマガジン
┃ ●●●              ワシ等の日々。 【2012年8月9日】
┃ ●●            http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xjl8w0zja0zv9k7dqwS
┃   ●======================================================  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

▼アドレス変更、配信停止は会員様メニュー「会員情報の変更」からどうぞ▼
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xjm8w0zja0zv9k7dV3n


DearName (E-Mail)


こんにちは。
オンラインワッシーズの副店長のサトウですm(_ _)m


”本日は長文となります。お時間のあります時に、
どうぞ最後までお楽しみいただけましたら幸いです。”



【夏季休業中お届けが遅れます。お詫びの送料300円セール実施中です。】
詳しくはこちら→http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xjn8w0zja0zv9k7dlrB



ワッシーズでは、
輸入業者さんにご協力のもと、社内で、

「エリア別リースリング飲み比べ」
「冷やしておいしいワイン」
「いろいろな国の泡」

などなど、ワッシーズ スタッフのレベルアップのため
毎月、様々なテーマで勉強会を実施しているのです♪



いつのもように、
勉強会に参加していると、突然、店長ハダノリから、





「 メルマガで紹介するから、おすすめワイン考えといてね♪(* ̄ー ̄)v 」





と、≪ 受注J & 制作クロカワ & 副店長サトウ ≫の3人に指令が。。。

勉強会は、常に真剣に望んているのですが、
この一言で、みんなの集中度が200%UPです(笑)





今月は、どんなテーマかというと、


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

■□■「暑い年」と「寒い年」のワインの飲み比べ ■□■ 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+




同じ生産者が造る同じ銘柄のヴィンテージが異なる二つのワインを、
飲み比べてどちらが「暑い年?」or 「寒い年?」のワインなのか、
どのような違いがあるのかを探ろうというものです!!


フランスのボルドー、ブルゴーニュ―、アルザスから、
この5アイテム↓↓↓を、それぞれ飲み比べました♪

★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★


■グラン バトー ボルドー ブラン /ボルドー

・2008年 定価1,732円 →【20%OFF】1,379円
 http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xjo8w0zja0zv9k7diA6

・2009年 定価1,732円 →【20%OFF】1,379円
 http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xjp8w0zja0zv9k7dTcT

-------------------------------------------------------------
■ドメーヌ ヴァインバック ゲヴュルツトラミネール レゼルヴ /アルザス

・2009年 定価4,189円 →【25%OFF】3,122円
 http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xjq8w0zja0zv9k7dsdp

・2010年 定価3,937円 →【25%OFF】2,940円
 http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xjr8w0zja0zv9k7dtGA

-------------------------------------------------------------
■ドメーヌ ジャン シャルトロン ブルゴーニュ
 オート コート ド ボーヌ ルージュ /ブルゴーニュ

・2007年 定価3,255円 →【14%OFF】2,800円
 http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xjs8w0zja0zv9k7d0bO

・2009年 定価3,255円  【25%OFF】2,429円
 http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xjt8w0zja0zv9k7dGKQ

-------------------------------------------------------------
■ドメーヌ アンリ ボワイヨ サヴィニー レ ボーヌ レ ラヴィエール /ブルゴーニュ

・2008年 定価7,140円 →【26%OFF】5,306円
 http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xju8w0zja0zv9k7djiy

・2009年 定価7,560円 →【28%OFF】5,460円
 http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xjv8w0zja0zv9k7d2bx

-------------------------------------------------------------
■シャトー シャス スプリーン /ボルドー

・2007年 定価4,221円 →【26%OFF】3,373円
 http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xjw8w0zja0zv9k7dvrw

・2009年 定価5,239円 →【24%OFF】3,980円
 http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xjx8w0zja0zv9k7dc1q


★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★〜☆〜★



もちもん、
初めから試飲するヴィンテージが分かっていると
先入観がはいるので、


試飲するワインボトルのヴィンテージは
あらかじめ、シールを貼って隠されていて、
どちらが「暑い年」か「寒い年」なのか
分からないようになっています。



ブラインドテイスティングは、
いつも、ちゃんと判断することができるのか
不安でドキドキしますが、、、

あーでもない、こーでもないと、
迷いながらも、自分の考えをまとめてみるのです(-。−;)




5アイテムを、それぞれテイスティングしてみて、
どれも面白さがあったのですが、その中でも、



≪ 受注J & 制作クロカワ & 副店長サトウ ≫が、

「 これ、おススメです(o ̄∇ ̄o)/ 」

というワインを1アイテムずつ選んでいます。



3人が、どんなことを思って、どのアイテムを一押しているのか??

是非、最後までご覧くださいませm(_ _)m



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


受注担当Jです。


さてさて、その勉強会に参加する前は漠然と、

『そりゃあ寒いより暑いほうがブドウにはいいよねえ・・・。
   だって寒かったらあまり実りもよくないはずだしね(ーー;) 』


『暑い年は極端に言えばさんさんとふりそそぐ太陽の光をいっぱいに浴びて、
しっかり熟した果実感、香りも強い。
 それに比べて寒い年はエレガント、香りも繊細な感じ・・・のはずだよね』と
ぶつぶつ・・・。

ついつい頭でっかちなJです(^_^;)



そしてテイスティングの当日は・・・

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

 
同生産者・同銘柄のワインが2本ずつずらりと並んでいます。
ヴィンテージは隠されているので、どちらかが暑い年、寒い年というわけです。
こっちのワインの方が香りが強いからヴィンテージは○○年かな?・・・と
まずは自分で考えてチェックしていくのです。

ひととおり終わったところで、解説を聞きながら答え(?)合わせ。
 
大体は思っていたように寒い年は香りも繊細・・・だったのですが、
思惑に該当しないところがあったのです!!
 
それはゲヴェルツトラミネール レゼルヴ。
 
『えーーーーっ???なんでなんで???』

ちなみにJは自他共に認めるアルザスワイン好き。
暑い年・寒い年のヴィンテージ当たらないのはショックだ・・・(←当てもの
じゃないけどね)

こっそりお教えしちゃうと、2010年が寒い年でした。
ということは2010年のお味は・・・予想以上にしっかりと熟した果実、それに
酸味のバランスもいい。 

インポーターさん曰く、

「考えてみてくださいね。アルザスは冷涼な地域ですよね。
それにあった作り方ができる。


とはいっても、暑い年がダメって訳じゃないんですよ。
ニュアンスは随分変わるけど


アルザスのゲヴェルツトラミネールが持つ複雑なアロマを感じてください」

ふーーーーん・・・そうなんだ〜(~o~)


漠然と暑い年の方がブドウにはいいんだろうなと思っていたけど、反省です。
アルザス奥が深いな〜

ちなみに合わせる料理はタイ料理とかエスニックな料理がよく挙げられます。
 
Jは、お家で簡単に市販のパイシートをのばしたところに薄切りりんごを乗せて
ハチミツをかけて短時間焼くという簡単なデザートを作ったりします。
  
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

日頃、ご注文をいただいたお客様にヴィンテージが変わる際には

『ヴィンテージが違ったらまったく別のワインですよ』
と皆さまにご案内をしているJですが、
 同じ生産者で同じ銘柄のワイン、ここまでチガウ(~_~;)!とちょっと冷や汗。

でも、どちらがよい出来で・・・という訳ではなく、味わいが違うのです。
Jはどちらもお気に入り。
そしてどちらを選ぶのかはモチロン皆さま自身。

でもそんなに違うの?(ーー;)って思っちゃいますよね。
だって同生産者・同銘柄ですよ〜。

それが違うんですね〜。不思議です。

是非ご自身でお確かめくださいね〜(^^♪
きっと驚かれること間違いなしです。

Jお勧め(^^♪ドメーヌ ヴァインバック ゲヴュルツトラミネール レゼルヴ 
/アルザス
 2009年  http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xjy8w0zja0zv9k7diqg
 2010年  http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xjz8w0zja0zv9k7dGti


=======================



制作クロカワです^^

実はワタクシ、同じワインをヴィンテージ(生産年度)違いで

飲み比べした経験があまりありません^^;





しかも寒かった年と暑かった年の飲み比べなんて初めて♪

フツーに家でワインを飲むとき、そこまで考えて飲まないですし。。。





そんなワケで試飲前にいろいろ想像してみました。





○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○



   同じ生産者が同じ場所でつくるんだから

   細かな味の違いなんてほぼないんじゃないの??



   いやいや、暖かい地域は太陽をいっぱい浴びて開放的な

   イメージがするし、寒い地域のワインっておしとやかで

   エレガントなイメージがあるから、生産者が同じでも暖かい年と

   寒い年だとやっぱり違ってくるのかしら??



   うーーーんわからんっ!!

          

○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○





もう、考えてても仕方がないので試飲!

すると









お、おもしろーーーーいっっ(≧▽≦)

同じ場所でできたブドウを使って、同じ生産者さんが毎年同じ作り方をしている

ハズなのに作った年によって味も香りも違うんですヽ (*'0'*)ツ ワァオォ!!







今回、私が飲み比べたワインの中で特にお気に入りだったのが↓↓

グラン バトー ボルドー ブランの寒い年(2008年)と

暑い年(2009年)の飲み比べ♪





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇ 寒い年・2008年はこちら

http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xj08w0zja0zv9k8dApb



  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



◇ 暑い年・2009年はこちら

http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xj18w0zja0zv9k8dk3P

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





寒い年と暑い年の違いの出かたは想像通り!!

2008年はピーンと張り詰めた寒い冬の早朝のようなしゃっきりとしたイメージ。

対して、2009年はというとぽかぽかした春のような、優しくって暖かいイメージ。








まったく印象の違う2つのワインですが、インポーターさんからは

「2008年のボルドー白は2009年よりも評価が高いんですよー」

とのコメントが。





じゃあ、やっぱり美味しいのは評価の高い2008年だと思いませんか??







むふふ・・・でもチガウんだなーー( ̄ー ̄)ニヤリッ







試飲したときにその場にいたオンラインワッシーズ、

姉妹レストランスープルチーム、実店舗ワッシーズチームのみんなで

多数決をとったら好みは見事にまっぷたつに分かれたんですw( ̄o ̄)w !







じゃあ結局ドッチを買えばいいのよ!って思いますよね。







   「是非どっちも買って飲み比べてみてください!!」







だってこのワインはとってもリーズナブル♪

両方買っても3000円しないんですヽ(´▽`)/





みんなでワイワイ言いながら楽しんだり、一人でじっくり飲み比べたり

どうせ買うなら両方買うほうが断然楽しいとワタシは思います(^0^)





クロカワとしては、2008年はドライな味なのでお食事に合わせて、

2009年は香り豊かで癒されるワインなのでリラックスタイムに

楽しんでいただければと思います(*^_^*)





ご自分のお好きなワインはどっちなのか、是非飲み比べてくださいませ♪


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

副店長のサトウですm(_ _)m


今回、「暑い年」と 「寒い年」の、
2つのワインを飲み比べしたときに、

酸味の具合はどうなのか、
凝縮感があるのか、
アルコール度は高いのか低いのか、

なんてところに、違いがでてくるんじゃないかなぁ〜と思いつつ、
テイスティングしてみましたが、、、



む、むずかし〜〜〜(-。−;)


どっちが「暑い年」か「寒い年」なのかを
区別するのは、なかなかできないものですね。



まだまだ修行が足りませんね(* ̄□ ̄*;




試飲してみると、
どのワインも「暑い年」か「寒い年」によって
味わいに違いはあるのですが、

暑い年で、ブドウの果実が熟したから、おいしいワインだとか、
寒い年で、ブドウが熟すことが難しいから、悪いワインだとか、

単純には言えないな〜と感じました。


それぞれのワインに個性があって、
比較しながら試飲できたことは、とても面白かったです♪



そんなワインの中から、今回の僕の一押しは、
ボルドーで造られたこのワイン↓↓↓です。

----------------------------------------------
■シャトー シャス スプリーン[2009](750ML)赤
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xj28w0zja0zv9k8d4vl
----------------------------------------------

ボルドーの良年と言われるこの2009年ヴィンテージは、
暑く、ブドウの生育期間中は雨も少なかったようです。



試飲しながら、こんなことを思いましたよ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「太陽の光をたくさん浴びたブドウなんだろうな〜。」

「カリフォルニアワインと、よく似たところがあるなぁ。」

「タンニンは、とけてるなー。」などなど、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



カリフォルニアワインは、飲む機会が多いこともあってか、
ボルドーなのに、すぐ頭の中には、「カリフォルニア」が浮かびました。




これがワインの資格試験でのテイスティングだったら大失敗ですが、

そう感じてしまうほど、果実味が豊かで凝縮感もあって、
好みのタイプの味わいでしたd(>_< )Good!!



ボルドーにも、
こんなワインがあるんだと知ってビックリですw( ̄▽ ̄;)wワオッ

カリフォルニアワイン好きのお客様には、
どのように感じるのか是非試していただきたいワインです!




このカリフォルニアワインに似てると思った
2009年ヴィンテージとは対照的に、


----------------------------------------------
■シャトー シャス スプリーン[2007](750ML)赤
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xj38w0zja0zv9k8dVA8
----------------------------------------------

ボルドーの難しい年と言わせる2007年ヴィンテージは、
冷涼で夏場は雨も多かったそうです。



こちらは、こんな印象をうけました♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「最初に青い香りがくるな〜。」

「でも繊細な果実味があり、酸味もいい感じ!」

「タンニンは、まだ少しざらつく感じがあるなー。」などなど、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


寒い年だったということもあったか、
青っぽさやタンニンのざらつき感が、少し気になりますが、

2009年に比べると、ずいぶんと落ち着いた味わいで、
エレガントなワインだなぁ〜と感じました(o ̄∀ ̄)



このワインを輸入したインポーターさんによると、

「2007年は、2009年にように、今すぐ飲んでおいしいというワインではないけど、
もう少し寝かせておいて、どんな風に変化していくのか楽しみなワインですね♪」

と教えていただきました。




同じシャトーがつくる同じ銘柄のワインなのに、
まったく別の顔を見せていることに驚きですw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!



この2つのワインを、僕はこんな風に感じましたが、
みなさまは、どんな風に思われるでしょうか?


是非、お試しくださいませ♪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

店長ハダノリです。
ながーーーい、メルマガを最後までお読みいただき
ありがとうございました m(__)m

スタッフがやっている事、つまりは垂直試飲です。
こういうの、よくやるのですが【寒暖年差】ちがいと言う視点が面白いです。

そして、先入観って面白いです。



さて、ここでハダノリ 爆弾投下します。


               爆弾 (ノ ̄ー+ ̄)ノ))))))))))))))))))●~*




●~*  一般的に暖く良年と言われた年だって、
収穫する頃、つまり秋の気候が悪ければ
        【ブドウの出来は悪い!】といわれる。 * ~●





そして、史上最難(最悪とは言いませんよ)と言われた2011年
のカリフォルニアを先日色々なワイナリーで試飲しましたが、
驚くほど美味しかったです。



奥が深いですねーーー♪
楽しいですねーー。ぶどう栽培♪♪ 


【夏季休業中お届けが遅れます。お詫びの送料300円セール実施中です。】
詳しくはこちら→http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xj48w0zja0zv9k8d9C6





◆※◆※◆※ ワシ等の日々。ワイン屋ブログ&facebook ※◆※◆※◆

カリフォルニアワイン ニュージーランドワイン 世界のワインが
豊富にそろうオンライン・ワインストア・ワッシーズ。
ワイン屋スタッフの普通の毎日を綴っています。

http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xj58w0zja0zv9k8dgj4
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xj68w0zja0zv9k8dtx4

-----------------------------------------------------


▼アドレス変更、配信停止は会員様メニュー「会員情報の変更」からどうぞ▼
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xj78w0zja0zv9k8dT0s

======================================================
  オンライン  Wassy’s 
  ┳     543-0074 大阪府大阪市天王寺区六万体町5-13       
●●●●   (TEL)    06-6774-0400
 ●●●    (FAX)    06-6774-8867  
 ●●   (URL)    http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xj88w0zja0zv9k8draX
   ●   (E-mail) online@wassys.co.jp            
            
  店長 波田紀子
 (社)日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー               
====================================================== 

 facebook:http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b0xj98w0zja0zv9k8daAj


■メールとお電話の受付時間

【メール】
9時〜18時の間にご連絡頂ければ2時間以内に
弊社より返信いたします。
(土・日・祝、及び長期休暇期間を除く)

【お電話】
午後12時〜午後14時(平日の月〜金)

■定休日のご連絡
毎週土、日曜日は定休日のため、
受注および出荷、メールの返信等は
お休みとさせていただきます。

その為、《金曜日13:00以降》のご注文に関しましては、
《月曜日以降》の受注処理となります。あらかじめご了承ください。

*******************************************************
  未成年者への飲酒は法律で禁止されています。
      お酒は20歳になってから
*******************************************************