┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  ┳ =====================================================  
┃●●●●     オンラインワッシーズ本店 メールマガジン
┃ ●●●              ワシ等の日々。 【2012年2月17日】
┃ ●●            http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09z54u0vjgfkiqobtVTG
┃   ●======================================================  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

▼アドレス変更、配信停止は会員様メニュー「会員情報の変更」からどうぞ▼
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09z64u0vjgfkiqobt7UX


DearName (E-Mail)


こんばんは!!
オンラインワッシーズのサトウです。

いつもは、画像メルマガばかりの制作なのですが、
今日は、久々にテキストでメルマガを書いています。

なんだか、久々すぎてドキドキです(笑)




先週の金曜に、
フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーから、
業務卸部門の部長ウェンディ―さんと輸出部門の部長エミリーさんが
来店し、ご一緒にディナーをしました★


いろいろ話をお話しがお伺いできましたので、
最後までご覧くださいねm(_ _)m



ご存知の方も多いかと思いますが、
映画「ゴッド・ファーザー」を制作した
コッポラ監督が手掛けるワイナリーです。


でも、最近の若い人は、
この映画を知らないので、コッポラ監督も知らない人も
多いなんてお話しを聞きました。


僕の世代(30代後半)からすれば、



「知らないって、どうゆうことやねん〜!!」



と思ったりしましたが。。。
それだけ、歳をとったということでしょうか(笑)





★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆

■フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー & イングルヌック(旧ルビコン・エステート)
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09z74u0vjgfkiqobtFcY

★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆


コッポラには、2つのワイナリーがあります。

ひとつは、ソノマ/アレキサンダーヴァレーにある
「フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー」、

もうひとつは、ナパヴァレーにある
ルビコンやカスクといった最上級ワインが造られる
「イングルヌック」(旧ルビコン・エステート)です。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーは、
コッポラ監督が、


「家族連れが楽しむことができるワイナリーが造りたい!!」


と、突然言い出し、スタッフの反対を物ともせず、
シャトー・スーヴェランを買収し造られたワイナリーです。





スタッフの中には、「本当に造ってしまって大丈夫なの〜〜〜?」





なんて不安の声もあったようですが、2006年にワイナリーは無事完成し、
レストランやプール、ゲームコーナーなどの施設が充実した
コッポラの思い通り、家族連れで訪れても楽しめるワイナリーになっているそうです。




フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーから、
日本には、5つのシリーズを輸入しているのですが、
この中には、コッポラ監督の家族に対する思いを込めたワインもあったりします。


「どんなワインが輸入されているのか?」は、↓をご覧ください。


■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□
フランシス・コッポラ プリゼンツ 
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09z84u0vjgfkiqobtdZM
■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□


ロッソとビアンコの2アイテムあり、どちらもコッポラ監督が子供のころ、
食卓に登っていたようなワインをイメージしています。


特に、ロッソは、
コッポラの幼少時代の思い出が詰まったワインのようです。

家族、親族で集まって、ニューヨークに住んでいた祖父の家の地下で
発酵槽に、いろいろな種類のブドウをいれて、潰して造ったワインを再現しています。



ラベルには、映画館にスクリーンの中に、
ブドウ畑が描かれています。

ブドウ栽培をひとつの物語として捉えているのかも知れませんね♪


フルーティで口当たりの良く、
大勢でワイワイ、ガヤガヤと楽しむ食卓には、もってこいです。
価格的にも、1000円代中頃と、もっともリーズナブルなワインです。



■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□
フランシス・コッポラ ソフィア
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09z94u0vjgfkiqobtcJs
■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□


このシリーズは、見た目がとてもおしゃれで、女性に人気が高いようです。


特に、ソフィア コッポラ ブラン ド ブランは、

コッポラ監督と同じく映画監督であり、また女優でもある娘ソフィアさんの
結婚のお祝いとして造られたワインということもあり、
ワッシーズでも、結婚式のギフトとして送られることが多いです。

軽快で、フレッシュ感の溢れるやや甘みのあるスパークリングワインです。


【27%OFF】2,680円
☆ソフィア コッポラ ブラン ド ブラン[2010] 
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09za4u0vjgfkiqobtCPG




■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□
フランシス・コッポラ ヴォトル・サンテ 
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09zb4u0vjgfkiqobt7y4
■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□


チュニジア生まれのイタリア人、祖母のマリアは、4国語を話すことができ、
ディナーのたびに、彼女だけフランス語で、


「ヴォトル・サンテ」(あなたの健康のために!)


と言って乾杯としていたそうです。
亡くなってしまった祖母に尊敬の意味をこめて、このワインをつくったそうです。


おばあちゃんの誕生日や敬老の日などのお祝いに、
このワインを持っていくというのも良いなぁと思います★



このシリーズは、ブルゴーニュを意識したつくりになっていて、
エレガントで食事とよくあうワインです。

これとは、対照的に、ダイアモンド コレクションは、
力強さと意識した造りとなっています。


どちらにも、ピノノワール、シャルドネがあるので、
味わいの違いをくらべて見るのも面白いと思います♪



■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□
フランシス・コッポラ ダイヤモンド コレクション
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09zc4u0vjgfkiqobtgYN
■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□

 
もっともラインナップが豊富で、
フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーのメインとなるシリーズです。



中でも、クラレットがもっとも人気が高く、

【22%OFF】3,280円
☆フランシスコッポラ ダイヤモンドコレクション クラレット カリフォルニア[2010]
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09zd4u0vjgfkiqobtzAC


コッポラ監督のつくるワインの中では、日本でのセールス「No.1」、
日本だけではなく、世界セールス「No.1」です★

ボトルをみても、
他のダイアモンド コレクションのワインにくらべて
重厚感があって、「気合いれてるぞ〜。」ということが伝わってきますね(笑)




またダイヤモンド コレクションの中には、
名前がシラー/シラーズなんてワインがあります。


【20%OFF】2,920円
☆フランシス コッポラ ダイヤモンド コレクション シラー シラーズ カリフォルニア[2009]
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09ze4u0vjgfkiqobtnRR



「シラー/シラーズって、どうゆうこと?」なんて思いませんか??



実は、会議で商品名を決めるとき
シラーにするか、シラーズにするか、どっちも人気で、

「どうしようか〜!」

なんてことになったそうですが、コッポラ監督の、




「両方載せたら、ええやないか!!!」




の一言で、この商品名になってしまったそうですよ。

 


ちなみに、ワインボトルやラベル、名刺などなど、
ヴィジュアルに関することは、
すべてコッポラ監督自身が決めているようです。


ヴィジュアルに関しては、社員たちが反論しても、
聞く耳持たずだそうです。


今回、ワッシーズに来店していた
業務卸部 部長のウェンディ―さんは、名刺が黒で指紋がつきやすいから嫌だけど、


「コッポラ監督にいっても、その意見は通らないわ〜(笑)」


なんてことを言っていました。



■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□
フランシス・コッポラ ディレクターズ・カット
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09zf4u0vjgfkiqobtdOv
■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□


フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーの最上級のシリーズで、
2006年にソノマ/アレキサンダー・ヴァレーに
ワイナリーを購入したことを記念して造られました。


他のシリーズは、カリフォルニア内の産地のブドウを使っていますが、

それとは異なり、このディレクターズ・カットは、
ワイナリーのあるカリフォルニア/ソノマ産のブドウをつかうことにこだわり、
ソノマのテロワールを表現したワインとなっています。



ラベルも、映画監督であるコッポラらしく、
フィルムをイメージしたようなデザインです。


なぜだか学校の授業中、教科書の角をつかって
書いていたパラパラ漫画を思いだしました。


コッポラ監督は、このラベルを使いたいために、
ディレクターズ・カット シリーズのボトルは、
すべてボルドータイプにしたんです。



昔は、このラベルを手で貼っていたそうですが、
あまりにも、手間がかかるので、
このラベルを貼るためだけの機械を
オーストラリアのメーカーから購入したそうです。


業務卸部 部長のウェンディ―さん曰く、


「高い買い物だったわ(笑)」


なんてこといったました。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




イングルヌック(旧ルビコン・エステート)
についても、少しだけお話しをお伺いできました。


ここではルビコン、カスクという高級ワインを
造っているということで世界的に有名です。

【20%OFF】15,960円
☆ルビコン ラザフォード ナパヴァレー[2008]
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09zg4u0vjgfkiqobtxm2

【14%OFF】8,995円
☆ルビコン カスク カベルネ ラザフォード ナパヴァレー[2008]
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09zh4u0vjgfkiqobtJqH



1975年、コッポラ監督は、
ナパヴァレーに住居を含むイングルヌックのワイナリーを購入しました。


購入した際に、ワイナリーの地下には大量のワインが保管されていて、

その中には、
1900年代前半に世界の偉大なワインと肩をならべるワインとつくり、
ナパ・ワインの一時代を築いたイングルヌックのワインもありました。

そのワインを飲んで、




「おーいしぃー♪♪」




と、あまりのおいしさに驚いたそうです。



ロバート・モンダヴィ氏からも、
ワイナリーの目前に広がる畑の素晴らしい土地であることを聞き、
ワイン造りをすすめられたこともあり、

ニーバム・コッポラ・ワイナリーとして
ワイン造りをはじめました。(2002年に、ルビコン・エステートに改名)




イングルヌックの畑を手に入れて
ルビコンやカスクなどのワインをつくっていたコッポラでしたが、


唯一、ザ・ワイン・グル―プという企業が商標権をもっていたので、
イングルヌックの名前を使用できませんでしたが、

ついに、2011年にイングルヌックの商標権を取得し、
今は、ワイナリー名もイングルヌックとしてワイン造っています。



話を聞いていて、意外だったことは、
イングルヌックでは、コッポラは栽培の勉強もしていて、
有機農法を実践している畑にもよく顔をだしているんだそうです。

ワイナリーを訪問すれば、もしかすると、



「あっ、コッポラ監督が畑にいた!!!!」



なんてこともあるかも知れませんね(笑)



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



現在、オンラインワッシーズでは、

1000円台の「ロッソ」、「ビアンコ」から
約16000円の高級ワイン「ルビコン」まで全23アイテム揃えております。



・家族や気のあう仲間とのカジュアルな食事に、「ロッソ」や「ビアンコ」

・結婚式のお祝いに、「ソフィア」

・おばあちゃんへのギフトとして、「ヴォトル・サンテ」

・奮発してスペシャルな日のワインとして、「ルビコン」や「カスク」



などなど、生活の中のいろいろな場面でつかえるワインだと思います。
この機会に是非お試しくださいm(_ _)m


★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆

■フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー & イングルヌック(旧ルビコン・エステート)
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09zi4u0vjgfkiqobtgeC

★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆==★☆




◆※◆※◆※ ワシ等の日々。ワイン屋ブログ ※◆※◆※◆

カリフォルニアワイン ニュージーランドワイン 世界のワインが
豊富にそろうオンライン・ワインストア・ワッシーズ。
ワイン屋スタッフの普通の毎日を綴っています。

http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09zj4u0vjgfkiqobtw9m

-----------------------------------------------------


▼アドレス変更、配信停止は会員様メニュー「会員情報の変更」からどうぞ▼
http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09zk4u0vjgfkiqobtfwo

======================================================
  オンライン  Wassy’s 
  ┳     543-0074 大阪府大阪市天王寺区六万体町5-13       
●●●●   (TEL)    06-6774-0400
 ●●●    (FAX)    06-6774-8867  
 ●●   (URL)    http://k.d.combzmail.jp/t/9fp8/b09zl4u0vjgfkiqobtNQn
   ●   (E-mail) online@wassys.co.jp            
            
  店長 波田紀子
 (社)日本ソムリエ協会認定 ワインアドバイザー               
====================================================== 

■メールとお電話の受付時間

【メール】
9時〜18時の間にご連絡頂ければ2時間以内に
弊社より返信いたします。
(土・日・祝、及び長期休暇期間を除く)

【お電話】
午後12時〜午後14時(平日の月〜金)

■定休日のご連絡
毎週土、日曜日は定休日のため、
受注および出荷、メールの返信等は
お休みとさせていただきます。

その為、《金曜日13:00以降》のご注文に関しましては、
《月曜日以降》の受注処理となります。あらかじめご了承ください。

*******************************************************
  未成年者への飲酒は法律で禁止されています。
      お酒は20歳になってから
*******************************************************