バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  戦略(軍政)と実戦(オペレーシ...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  戦略(軍政)と実戦(オペレー...
今岡ドラッカー塾第10回タイ...
マネジメントの実践における原...
組織も社会も生命現象として個...
第9回9月24日土曜今岡ドラ...
掛け替えのない人生の時間を有...
第9回0924今岡ドラッカー...
日本は外国の影響を混合するの...
第9回今岡ドラッカー塾「デザ...
腸が人間の知情意を活性化し生...
自動車生産から食事作りまで共...
今岡ドラッカー塾ご案内:20...
日本人は外国文化を受け入れ、...
第8回今岡ドラッカー塾[弁証...
現状を見るとは俯瞰的に問題を...
セミナー:ヒラメキ発想の手法...
敢えて自分に負荷をかけて挑戦...
ありのままの現実を見て成すべ...
今岡マネジメント塾OODAに...
警察力も防衛力も設備の保全も...
今岡ドラッカー塾:緊急時に活...
木を見て森も観る現実認識がマ...
生き残りマネジメントセミナー...
相手を支配することではなく自...
今岡ドラッカー塾「兵法から学...
細分化する専門性ではなく生態...
人生は時間の使い方で決まる
U理論と仏教思想の諸法無我
外から見た日本観で日本のコア...
U理論:深呼吸して奥深い思想...
マネジメントは組織の生命力を...
今岡ドラッカー塾:ヒラメキ発...
カイゼンによる日本経済の復活
志を高く持つことは魂を成長さ...
ご案内セミナー5月28日:ド...
共生は個人や組織の生態系の安...
セミナー『ドラッカーと志マネ...
日本的経営思想にあるアリ型マ...
セミナー「ドラッカーと志マネ...
これからの時代に活きる渋沢栄...
仕事を通して人格を磨く『精進...
松下幸之助の商人道:ドラッカ...
主客分離から主客統合へのシス...
宮本武蔵の兵法:ドラッカー塾...
生命力強化のために両極端の二...
第4回2022年4月30日土...
ドラッカーマネジメントと宮本...
ドラッカー塾第4回「日本的心...
日本の強みはイデオロギーとい...
ドラッカーと神仏思想を繋ぐエ...
ドラッカー塾第3回マーケテイ...
恐怖心ではなく平常心で課題に...
ドラッカーマネジメント塾第3...
専門家からはイノベーションは...
ドラッカーマネジメント塾第3...
日本画にみる日本的マネジメン...
鬼滅の刃:ひとり一人の中に人...
ドラッカーマネジメント塾:人...
千日の稽古を「鍛」とし万日の...
LIFE SHIFT時代のド...
人も動物も花も鳥も日も月も星...
再送:人類の古代からの英知を...
人類の古代からの英知を現代シ...
宗教も政治経済も健康管理もマ...
ドラッカー塾ご案内「第一回ド...
日本人の自然道は日本復活のコ...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
ドラッカーのマネジメントは生...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
生活と仕事と信仰の統合
明けましておめでとうございま...
政府主導ではなく民間の活力の...
日本を活かす今岡ドラッカーマ...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
縄文時代からの生態系の思想と...
「精進」と「積小為大」が日本...
「精進」と「積小為大」が日本...
日本的経営の神髄は二律背反を...
病気を治して患者の命を失うと...
不安不満の解消で心身の豊かさ...
対立する主張はその根拠をお互...
人間は考える管である
人間は考える管である
人間は考える管である
人も組織社会も時とともに改ま...
組織社会を家族のように共同体...
日本的経営の基盤は天理人理と...
欧米コンプレックスによる自虐...
ドラッカーの肩に乗って日本的...

他のバックナンバー

ドラッカーのマネジメントは生命体の一部として使命を自覚すること

発行部数: 4,331部  発行日:2022年01月12日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第702号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆



「ドラッカーのマネジメントは生命体の一部として使命を自覚すること」


目次
…………………………………………………
〇前書き  「専門を超えて森羅万象を解説する健康科学」
〇本文  「腸内細菌の種類とその働き」
〇編集後記「生命体としてのティ―ル組織」
………………………………………………………



いつもお読みいただきありがとうございます。


令和4年1月12日水曜日メルマガ配信します。


〇前書き「専門を超えて森羅万象を解説する健康科学」

■「新型コロナが本当にこわくなくなる」
「新型コロナ騒動の正しい終わらせ方」
「コロナとワクチンん全貌」
「コロナワクチン幻想を切る」他」

たくさんの著作のある
井上正康先生(大阪市立大学医学部名誉教授)
によると現在のコロナ禍は茶番劇である。


井上先生は
知識の切り売りではなく、専門分野を超えて森羅万象を
鳥瞰図的に解りやすく解説する健康科学研究の第一人者。

専門分野は、栄養エネルギー代謝・疲労科学、生活習慣病学、
脳科学、災害科学など幅広い。「

「世界で一番受けたい授業」出演等、マスメディアでも活躍中。



■新型コロナ禍3年目、いよいよ第6波到来かと
連日テレビで恐怖心を煽られ
岸田総理大臣も外国人入国禁止やワクチン接種を勧めています。

今だ未知のウイルスだからと未だに恐怖
を煽っていますが、全世界での表の報道だけでなく
井上正康先生他本物の健康医療研究者など
裏のSNS報道を見る限り

感染力は強いもののほとんど無症状か軽症で
重症者や死者はインフルエンザ以下、風邪と同等だと
分かっています。


■2年前から始まったコロナ禍は
不思議なことが沢山あります。

先ず感染ではないPCR検査陽性者を
感染者として水増しされていること。

政府と専門家とマスコミが結束して
異論を陰謀論として排除していること。

ワクチンしか選択肢がないとワクチン接種をほぼ強制していること。

集団洗脳としか思えない異常な社会となっています。


■一人の人間としてどう生きるか、
家族や組織社会がどのように安全で安心して生活や仕事をするか。
大事なマネジメントの課題です。

現役世代でも引退世代でも人間生きている限り
マネジメントを学ぶことで
あなたの内に秘めた力を発見し、役割や使命を自覚し、
全力を尽くす場を発見することを目的とします。

人生が奥深く有意義に送れます。

自分の頭で情報を集め取捨選択して
自分で判断することはマネジメントに必須です。

人間は終生、日常のルーチンの中に
学びを取り入れることが自信になります。



■今岡ドラッカーマネジメント塾開催のご案内

各月の最終週(12月除く)の土曜日午後2時〜3時半の90分講義、
そのあと90分交流会とします。

遠方の方、講義だけの方はオンラインでも配信します。


第1回テーマ「ドラッカーの社会生態学マネジメント」

<内容>

西洋近代科学的マネジメントの限界、西洋脱近代と日本式マネジメント、
自然生態学と社会生態学、ドラッカーの社会生態学思想


<自己紹介プロフィール>
技術者から経営コンサルタントに転じ今岡のライフワークとして
技術と経営の両方をカバーするマネジメント手法として
処女作「経営力学」を上梓しました。

その後物理学者ゴールドラットの「ザ・ゴール」から
その原点に「トヨタ生産方式」の思想を観て
さらにトヨタの源流に豊田佐吉の「豊田綱領」に二宮尊徳の思想あることが分かり
「サプライチェーンマネジメント」の体系化を試みて来ました。


コンサルテイングの仕事をこなしながら
、幾つかの大学でMOTやMBAのマネジメント教育に携わりました。

その間、マネジメントを発明体系化したと言われている
ピーター・ドラッカーの書籍を読み漁り、
ドラッカーの思考回路で日本的経営も体系化できると思いつきました。

社会性生態系とサプライチェーンは経済連鎖
という概念でつながります。



■是非、月1回、スポットでも是非ご参加下さい。


ご質問があれば本メール返信でお問い合わせ下さい。


年間12回の講義でいつの時代にも役立つ普遍的なマネジメントを
共に考えて行きましょう!

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0fq98o1e02x7ehn28pvS

ご案内文
以前のドラッカー塾写真
特徴1心技体
特徴2エコシステム思考
特徴3日本的経営
今岡ドラッカーマネジメント塾2022年予定表
対面受講料(講義後カフェ懇親会付)
お申込みフォーム
場所アクセス

お申込み等詳しくは以下のURLご覧ください

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0fqa8o1e02x7ehn28NOI


〇本文
■さて、本日のテーマ
==============================
「腸内細菌の種類とその働き」
(「腸の免疫を上げると健康になる」奥村康、アスコム刊、2011.3)より
==============================

■社会生態系である人間社会には
良い人、悪い人、普通の人がいるように

腸内細菌にも
良い菌、悪い菌、普通の菌に分けられます。


良い菌は善玉菌と言い、乳酸菌やビフィズス菌など
免疫力を維持向上する細胞を調整する
人間の生命力に欠かせない働きをします。


悪い菌は悪玉菌と言い、下痢、便秘、発癌物質を生産し、
善玉菌は、それらを阻止する発酵菌だそうです。


■善玉菌は
ビタミン,ホルモン、アミノ酸などを生成する、
老化を防ぐ
腸内フローラと呼ばれる細菌叢生態系のバランスを整える、
有害菌、ウイルスの侵入・増殖・感染を防ぐ、
免疫力を高め病気になりにくい体をつくる、
食べ物の消化吸収を助ける、
腸内を酸性に保つことで便秘や下痢を防ぐ、
腸のぜん動運動を促す。


悪玉菌は
動物性たんぱく質を腐敗させる、
有毒物質を発生させる
炎症を起こす
発癌性物質を作る

普通の菌は日和見菌といい
どちらでもない。

■社会生態系の人間社会でも
利他の公益のために行動する善人と
自分の利益のみ追求し他者に害を及ぼす悪人がいるように

自然生態系においても
種と種が共生しあっている種もいれば
寄生菌や病原菌など危害を及ぼす種もある。


■腸内細菌の種類とその働きを知り、
腸内フローラという人体内の生態系を
如何にマネジメントするか。


3週間毎に
奥村先生の易しい解説で
腸内生態系のメカニズムをご紹介します。

人体という自然の神秘を知って
近代医療だけに頼らない知性を持ちたいものです。

科学技術は万能ではない。

一つの道具でしかない。






〇編集後記(生命体としてのティ―ル組織)
===========================
元マッキンゼーコンサルタント、フレデリック・ラルーが
唱えた組織を1つの生命体としてとらえ、個人も組織も進化し続ける
進化組織と定義されている。組織は社長や株主だけのものではなく、
組織に関わるすべての人のものと捉えて、「組織の目的」を
実現するために共鳴しながら行動をとる組織のことです。
ティール組織には、マネージャーやリーダーといった役割が存在せず、
上司や部下といった概念もありません。
社長や管理職からの指示命令系統はなく、構成員全体が信頼に
基づき、独自のルールや仕組みを工夫しながら目的実現のために
組織運営を行っていきます。そして、ともに働く構成員の
思考や行動がパラダイムシフトを起こすきっかけとなり、
さらなる組織の進化につながっていきます。
ドラッカーの社会生態学マネジメントとコンセプト同じだと
思います。
===========================





■ホームページご案内

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは
供給連鎖において在庫削減と欠品防止のジレンマを解消して
利益体質を改善する手法です。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0fqb8o1e02x7ehn28ARC




そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


ホームページご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0fqc8o1e02x7ehn28zI3


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
(普通)口座番号 5324740
口座名義 株式会社21世紀ものづくり日本


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0fqd8o1e02x7ehn28dos



■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0fqe8o1e02x7ehn284Wf

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0fqf8o1e02x7ehn288rR


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0fqg8o1e02x7ehn28LiR


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。