バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  戦略(軍政)と実戦(オペレーシ...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  戦略(軍政)と実戦(オペレー...
今岡ドラッカー塾第10回タイ...
マネジメントの実践における原...
組織も社会も生命現象として個...
第9回9月24日土曜今岡ドラ...
掛け替えのない人生の時間を有...
第9回0924今岡ドラッカー...
日本は外国の影響を混合するの...
第9回今岡ドラッカー塾「デザ...
腸が人間の知情意を活性化し生...
自動車生産から食事作りまで共...
今岡ドラッカー塾ご案内:20...
日本人は外国文化を受け入れ、...
第8回今岡ドラッカー塾[弁証...
現状を見るとは俯瞰的に問題を...
セミナー:ヒラメキ発想の手法...
敢えて自分に負荷をかけて挑戦...
ありのままの現実を見て成すべ...
今岡マネジメント塾OODAに...
警察力も防衛力も設備の保全も...
今岡ドラッカー塾:緊急時に活...
木を見て森も観る現実認識がマ...
生き残りマネジメントセミナー...
相手を支配することではなく自...
今岡ドラッカー塾「兵法から学...
細分化する専門性ではなく生態...
人生は時間の使い方で決まる
U理論と仏教思想の諸法無我
外から見た日本観で日本のコア...
U理論:深呼吸して奥深い思想...
マネジメントは組織の生命力を...
今岡ドラッカー塾:ヒラメキ発...
カイゼンによる日本経済の復活
志を高く持つことは魂を成長さ...
ご案内セミナー5月28日:ド...
共生は個人や組織の生態系の安...
セミナー『ドラッカーと志マネ...
日本的経営思想にあるアリ型マ...
セミナー「ドラッカーと志マネ...
これからの時代に活きる渋沢栄...
仕事を通して人格を磨く『精進...
松下幸之助の商人道:ドラッカ...
主客分離から主客統合へのシス...
宮本武蔵の兵法:ドラッカー塾...
生命力強化のために両極端の二...
第4回2022年4月30日土...
ドラッカーマネジメントと宮本...
ドラッカー塾第4回「日本的心...
日本の強みはイデオロギーとい...
ドラッカーと神仏思想を繋ぐエ...
ドラッカー塾第3回マーケテイ...
恐怖心ではなく平常心で課題に...
ドラッカーマネジメント塾第3...
専門家からはイノベーションは...
ドラッカーマネジメント塾第3...
日本画にみる日本的マネジメン...
鬼滅の刃:ひとり一人の中に人...
ドラッカーマネジメント塾:人...
千日の稽古を「鍛」とし万日の...
LIFE SHIFT時代のド...
人も動物も花も鳥も日も月も星...
再送:人類の古代からの英知を...
人類の古代からの英知を現代シ...
宗教も政治経済も健康管理もマ...
ドラッカー塾ご案内「第一回ド...
日本人の自然道は日本復活のコ...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
ドラッカーのマネジメントは生...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
生活と仕事と信仰の統合
明けましておめでとうございま...
政府主導ではなく民間の活力の...
日本を活かす今岡ドラッカーマ...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
縄文時代からの生態系の思想と...
「精進」と「積小為大」が日本...
「精進」と「積小為大」が日本...
日本的経営の神髄は二律背反を...
病気を治して患者の命を失うと...
不安不満の解消で心身の豊かさ...
対立する主張はその根拠をお互...
人間は考える管である
人間は考える管である
人間は考える管である
人も組織社会も時とともに改ま...
組織社会を家族のように共同体...
日本的経営の基盤は天理人理と...
欧米コンプレックスによる自虐...
ドラッカーの肩に乗って日本的...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第685号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆



「ムダを取るというイノベーション」


目次
…………………………………………………
〇前書き  「国民にとってムダな政策」
〇本文  「7つのムダの排除」
〇編集後記「ムダについて」
………………………………………………………



いつもお読みいただきありがとうございます。

令和3年9月22日水曜日メルマガ配信します。


〇前書き「国民にとってムダな政策」


■自民党総裁選で
表の報道も裏の報道SNSも盛り上がっています。

国民にとって関心がある
いろいろな論点で議論しています。

コロナ禍対策
経済対策
外交防衛
憲法
災害対策
・・・

新総理が何に価値を置いて政治をするかで
我々の生活が変わるので
しっかり見て次の総選挙で一票投じたいものです。


■人生も政治も何に価値を置くかで
社会資源を有効に活用できるか否か左右されます。


価値のない政策はムダであり、
むしろ危険であり
国民の安全安心を阻害してしまう。

テレビの報道で集団洗脳された価値観で
政治が行われたり国民の投票行動に反映される
ことは避けるべきです。


■ナチスドイツの当時のラジオを使った
集団洗脳がヨーロッパの戦禍を拡大させた。

政治や哲学や、経済学などの大学教授や専門家は
異論を提起するどころか
むしろ集団洗脳に利用された。

そう分析したのはP・F・ドラッカーでした。

「産業人の未来」では
一人ひとりの日常の仕事をしている市民が
それぞれが大事にしている価値観を重視すべきである。

世の中を良くするのは政治家でも
専門家でもない。

商人であり職人であり農民であり官吏である
市民が自分と社会の関係を考えて
自律的に自分の役割を考えることで
健全な社会ができる。

■江戸時代の三河武士から僧侶になった
鈴木正三は代表的著作「四民日用」において
四民(武士、農民、商人、工人)が
それぞれの仕事に励むことが仏業だと説きました。

「買い手良し売り手良し世間良しの三方良しの近江商法」の
思想的元祖だとも言われています。


一律な価値観の押し売りではなく多様な価値観を
受け入れる社会であって欲しいものです。

本稿本題のトヨタ生産方式の「ムダ取り」は
顧客にとって価値を生まない作業をムダとしています。

政治においては国民にとって価値のない政策は
ムダであり、時には危険にもなる。

■世界の公益資本主義を唱えたドラッカーは
渋沢栄一の影響も受けています。

渋沢栄一は江戸時代武士道文化
二宮尊徳の神道・儒教・仏教
近江商法(鈴木正三)などがベースにある。


TOC(制約理論)を開発したゴールドラットは
トヨタ生産方式を発案した大野耐一から
影響を受けている。


大野耐一は豊田佐吉から
豊田佐吉は報徳思想の二宮尊徳から
また古くは江戸時代初期の
近江商法(鈴木正三)の思想が日本では根付いている。




■次回の最終回【ドラッカーコミュニティカレッジ】のテーマは
「日本的経営の本質と東西の融合」です。

◆開催日時 2021年9月25日 (土)13:30〜15:30
        

●講義テーマ「日本的経営の本質と東西の融合」



トピックスは以下のとおりです。

ドラッカーの社会生態系と日本的思想
近江商法の元祖・鈴木正三
二宮尊徳
聖徳太子
中江藤樹
ジム・コリンズ
トヨタのイノベーション
TQC・シックスシグマ
です。
 
お申込みはこちらへ。    

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k06ghnr0vyx3rmrwkiY2R


〇本文
■さて、
本日のテーマ
===========================
「7つのムダの排除」

「トヨタ生産方式のIE的考察」(新郷重夫、日刊工業新聞社、1980年)」より
===========================

■トヨタ式生産方式では有名な「7つのムダ」があり
生産現場でムダを発見し、改善を継続する
ことが習慣化することが重視されている。


7つのムダとは

1.作りすぎのムダ(注文がない分まで作る)
2.手待ちのムダ(手が空いている、すなわち何もしない無駄)
3.運搬のムダ(運搬そのものには付加価値がない)
4.加工のムダ(加工しなくてもいい場合がある)
5.在庫のムダ(滞留時間のロス)
6.動作のムダ(不必要な動作)
7.不良を作るムダ(不良品を作ることで材料も手間もかける)

です。


■ムダかどうかの判断は
「顧客にとって価値を生んでいるかどうか」
だと説明されています。

ムダを発見するためのチェックポイントではありますが、
機械的に決まるわけではない。

ムダが時には価値を生む場合もある。

見込み生産で在庫作ることが必要な場合もある。

手待ちで非稼働であることも
無駄な在庫を作らないためにも必要な場合がある。


■「7つのムダ取り」は公式ではなくチェックリスト
と考える必要があります。

加工スピードを上げて
一個あたりの加工費を下げることだけではなく
その加工は必要なのかと考える。

仕上げ精度を高くしても顧客に
価値をもたらさないならばその加工は
排除して加工費を0にすることの方が正解です。


■大きな理想を追求するより、
現実のムダを取るというカイゼンは日本的だと
思われます。


トヨタ生産方式の導入に失敗するのは
表面的なテクニックに拘ることにある。

本質を理解する必要がある。


生産を経営とみて
顧客の価値を生み、需要を喚起して
需要に応じた供給を作ることで流れを作る。

トヨタ生産方式とそこから生まれたTOC(制約理論)
そしてその本質に日本的経営思想を
取り入れて体系化します。



〇編集後記(ムダについて)
===========================
無駄な時間、無駄な生き方、無駄死に、無駄遣い、
資源のムダなど価値をとは対局にある概念で、
生き方や生活においていろんな意味で便利な言葉です。
どんな苦労も無駄にならないとか。
欧米は新しい概念で人知で自然を変え価値を生むイノベーション
を大事にするのに対してムダを取ることが改善になる日本的経営は
自然に対して謙虚なエコシステムといえないでしょうか?
===========================





■ホームページご案内

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは
供給連鎖において在庫削減と欠品防止のジレンマを解消して
利益体質を改善する手法です。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k06ginr0vyx3rmrwkidV2


■以下の動画は回転摩擦抵抗の多いミニ四駆で走行速度が
10%程度向上しました。




今岡テクノロジー『制振装置R2O』ミニ四駆実験
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k06gjnr0vyx3rmrwki58v


2つのイノベーション
「在庫削減と欠品防止の両立」
「負荷運転でもアイドリングに近い軸振動抑制」


そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


ホームページご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k06gknr0vyx3rmrwkiuzd


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
(普通)口座番号 5324740
口座名義 アイエスデイアイ


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k06glnr0vyx3rmrwkijz5



■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k06gmnr0vyx3rmrwkiL6o

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k06gnnr0vyx3rmrwkirao


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k06gonr0vyx3rmrwkisnk


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。