バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  日本が創った薬でコロナを完全に...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  日本が創った薬でコロナを完全...
ひとり1人の命と社会の命の両...
コロナ禍をたくましく生きるマ...
近代の科学的方法論を超えて古...
自然の原理と人間の理性を合わ...
兵法もマネジメントも社会の問...
仏教もドラッカーもすべてが繋...
自然の力である免疫力と医学の...
マネジメントの体系化に役立つ...
和魂洋才の志マネジメント
原因を一つに特定する科学的分...
生産思想の革命と次世代のオペ...
ドラッカーの知見を活かしたイ...
腸を制する者は健康を制す
イノベーションは自然の生命シ...
イノベーションは教条的ではな...
セミナー案内4月24日『ドラ...
ドラッカーとエコロジーと神道...
身体も企業も社会もエコシステ...
和魂で読み解くドラッカー社会...
ドラッカーから学ぶ和魂洋才の...
【オンライン無料体験】ドラッ...
再配信【オンライン・無料体験...
生命全体を維持する免疫系制御...
【オンライン・無料体験】 「...
いつまでも志をもって生きる人...
和魂洋才のイノベーション
ドラッカーに影響を与えた渋沢...
志は死を自覚して今を生きるこ...
ドラッカーと渋沢栄一
集団的恐怖心を煽る検査より無...
自律するひとり一人が現実に基...
本当の知恵は専門家の理論から...
他人に振り回されないで現実か...
現場もマネジメントの一角
問題解決の前に現状観察から問...
個人を超えて組織や日本や人類...
日本的経営の真髄は現場主義・...
【使命】とは、【誰でも人が存...
狭い専門家の視野ではなく現実...
ドラッカーコミュニテイカレッ...
自由と自律が人間の基本的特質...
ドラッカーのマーケテイングと...
江戸末期の農村振興に貢献した...
真摯さを説くドラッカーと徳を...
人の寿命は無常なり,先ず臨終...
要素分解ではなく因果関係で問...
東西融合の新しいマネジメント...
青年ドラッカーの志と学生時代...
URL修正再配信 男女のコラ...
男女のコラボで展開する参加型...
日蓮とドラッカー:ドラッカー...
再送 無料の公開講座(オリエ...
ドラッカー・コミュニテイ・カ...
過去や現状を基準にして未来を...
理論や理想論より成果を上げる...
ドラッカーの社会生態学的マネ...
実践があってはじめて精神、戦...
政治も企業のマネジメントも大...
人生は一方が解決すれば他方に...
頭を切り替えて限られた人生の...
コロナ後にも生き残るニッチな...
社会正義を振りかざしひとり一...

他のバックナンバー

人生は一方が解決すれば他方に問題がでるトレードオフ問題に満ちている

発行部数: 2,696部  発行日:2020年08月26日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第629号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「人生は一方が解決すれば他方に問題がでるトレードオフ問題に満ちている」




目次
…………………………………………………
〇前書き  「感染拡大防止と経済活動」
〇本文  「コレストロールと血圧」
〇編集後記「トレードオフ」
………………………………………………………

令和2年8月26日水曜日のメルマガ配信します。


〇前書き「感染拡大防止と経済活動」


■2020年は既に8か月が経過してコロナコロナで
明け暮れています。

しかし猛暑がピークを越えたように
コロナ問題もピークを越えたように思います。


新型コロナ禍の問題は
個人の生活にも経済社会生活においても
重くのしかかっていますが

ここにきて感染者数増加の発表にもかかわらず
経済活動が恐る恐る再開されています。


■相変らずテレビ出演している専門家は
感染症拡大防止を語り恐怖感を煽っていますが
免疫の専門家やデータ分析の専門家から

集団免疫がすでに出来ており、
死者数は増えていないことから
日本では集団免疫が形成されている

という知見も広まり始めています。


■コロナ禍問題は感染症という医学の問題ばかりではなく
社会経済問題、死生観、社会学などを含む
複雑系の問題となっています。


一方が解決すれば他方に問題がでる。

感染防止だけに注力すれば経済が死ぬ。

経済だけに注力すれば感染が拡大する。

サプライチェーンマネジメントにおける
在庫削減と欠品防止問題と同じく
トレードオフ問題と言えます。

以下の
コレストロ―ルと血圧問題も又トレードオフ問題です。




〇本文
■さて、本日のテーマ
==============================
「コレストロールと血圧」
(「免疫力アップが全て「健康常識はウソだらけ」
奥村康WAC BUNKO)より
==============================

■コレストロ―ル悪者説の健康常識の疑問に続いて
血圧の健康常識にも奥村先生は疑問を呈しています。

コレストロールは血管を強くする素材であるので
コレストロール低下剤を多用すると
血管障害が起こります。

血管障害があると血圧が高い血管が破れやすくなるので
血圧降下剤が使われる。

コレストロール降下剤を飲んで血圧降下剤を服用することは
マッチで火をつて防火するようなものです。

■血管は消防車の放水ホースのようなもので
血圧(水圧)が強くないと効果がない。

血管が弱いから血圧を下げることは
ホースの素材が弱いから水圧を下げるのと同じで
身体全体に張り巡らせている毛細管から送られる血液が減る。

健康づくりからすると
コレストロールも血圧も一方だけに偏って神経質にならない
方が良い。

いずれも部分的な局所最適のバランスを欠いた
健康常識と言えます。


■ちなみに日本人の60歳70歳代の最高血圧平均は
男性で140女性で135だそうですが
150〜160でも気にする必要はない。

奥村先生の説によると
血管強度を示す柔らか決めるのは
最高血圧ではなく最低血圧だそうです。

血液を送り出す力は血圧なので
高い血圧に対して血管の強度が高いのが
健康レベルが高いと言える。



■高血圧の基準が毎年見直されて引き下げられている。


以前は150まで問題ではなかった。

引き下げられることで高血圧と診断され
血圧降下剤が売れる。

高齢者で150〜160まで問題ない。

180なら気を付ける。

心配すればするほど血圧は上がるそうです。

流体力学的に考えると
高血圧でも血管が強い方が良いと言えます。

コレストロールと血圧は2変数の
トレードオフの最適化問題と言えます。



〇編集後記(トレードオフ)
===========================
トレードオフ(英: trade-off)とは、何かを得ると、別の何かを失う、
相容れない関係のことである。
平たく言うと一得一失(いっとくいっしつ)である。
対義語は両立性(コンパチビリティ、英: compatibility)。
トレードオフのある状況では具体的な選択肢の長所と短所を
すべて考慮した上で決定を行うことが求められる(ウキぺディア)
===========================





■ホームページご案内

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは
供給連鎖において在庫削減と欠品防止のジレンマを解消して
利益体質を改善する手法です。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0rg1vr07x8vgnnzc1nvy


■以下の動画は回転摩擦抵抗の多いミニ四駆で走行速度が
10%程度向上しました。




今岡テクノロジー『制振装置R2O』ミニ四駆実験
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0rg2vr07x8vgnnzc1F8O


2つのイノベーション
「在庫削減と欠品防止の両立」
「負荷運転でもアイドリングに近い軸振動抑制」


そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


ホームページご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0rg3vr07x8vgnnzc1JVD


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 アイエスデイアイ


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0rg4vr07x8vgnnzc1sIS



■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0rg5vr07x8vgnnzc1ete

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0rg6vr07x8vgnnzc1eju


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0rg7vr07x8vgnnzc1S0V


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。