バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  不安不満の解消で心身の豊かさを...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  不安不満の解消で心身の豊かさ...
対立する主張はその根拠をお互...
人間は考える管である
人間は考える管である
人間は考える管である
人も組織社会も時とともに改ま...
組織社会を家族のように共同体...
日本的経営の基盤は天理人理と...
欧米コンプレックスによる自虐...
ドラッカーの肩に乗って日本的...
医学を含む科学は永遠不滅の神...
ムダを取るというイノベーショ...
道徳のない経済は犯罪であり経...
生命は2つの正反対の力のバラ...
ドラッカーとトヨタ式経営の共...
日本人は外国から取り入れたも...
自分の命は自分で守る「自助」...
土曜日8月21日ドラッカー塾...
ドラッカーに古今東西の知見を...
日本が創った薬でコロナを完全...
ひとり1人の命と社会の命の両...
コロナ禍をたくましく生きるマ...
近代の科学的方法論を超えて古...
自然の原理と人間の理性を合わ...
兵法もマネジメントも社会の問...
仏教もドラッカーもすべてが繋...
自然の力である免疫力と医学の...
マネジメントの体系化に役立つ...
和魂洋才の志マネジメント
原因を一つに特定する科学的分...
生産思想の革命と次世代のオペ...
ドラッカーの知見を活かしたイ...
腸を制する者は健康を制す
イノベーションは自然の生命シ...
イノベーションは教条的ではな...
セミナー案内4月24日『ドラ...
ドラッカーとエコロジーと神道...
身体も企業も社会もエコシステ...
和魂で読み解くドラッカー社会...
ドラッカーから学ぶ和魂洋才の...
【オンライン無料体験】ドラッ...
再配信【オンライン・無料体験...
生命全体を維持する免疫系制御...
【オンライン・無料体験】 「...
いつまでも志をもって生きる人...
和魂洋才のイノベーション
ドラッカーに影響を与えた渋沢...
志は死を自覚して今を生きるこ...
ドラッカーと渋沢栄一
集団的恐怖心を煽る検査より無...
自律するひとり一人が現実に基...
本当の知恵は専門家の理論から...
他人に振り回されないで現実か...
現場もマネジメントの一角
問題解決の前に現状観察から問...
個人を超えて組織や日本や人類...
日本的経営の真髄は現場主義・...
【使命】とは、【誰でも人が存...
狭い専門家の視野ではなく現実...
ドラッカーコミュニテイカレッ...
自由と自律が人間の基本的特質...

他のバックナンバー

日本が創った薬でコロナを完全に終焉させようとする動き

発行部数: 2,848部  発行日:2021年08月04日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第678号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆



「日本が創った薬でコロナを完全に終焉させようとする動き」


目次
…………………………………………………
〇前書き  「独創性がないと言われる日本人の戦い」
〇本文  「日本人は調和を重んじるか?」
〇編集後記「イベルメクチンの治験開始」
………………………………………………………



いつもお読みいただきありがとうございます。

令和3年8月4日水曜日メルマガ配信します。


〇前書き「独創性がないと言われる日本人の戦い」

■新型コロナの変異種が蔓延し緊急事態宣言が繰り返され
オリンピックの華やかさに水を差しています。

長い経済低迷の中でコロナ禍を切り抜けるために
日本独自の政策がとれないものでしょうか?


コロナ禍の中で専門家会議の言うままテレビ新聞、
で恐怖を煽られPCR検査とワクチン接種が
強く奨励されている状況で対策は三密を避ける
外出自粛、手洗い、マスクなど同じことの繰り返しです。

日本人は独創性がないなどと日本人自身が
自虐的に言います。


多様な意見を紹介すると集団圧力がかかるという
のは確かに独創性を排除する文化かもしれません。


しかしながら以下のような
「コロナは完全に終焉させようとする動き情報」はテレビなどでは報道されませんが
明るい話だと思いませんか?


■日本が創った薬で
コロナは完全に終焉させようとする動きがあります。

ノーベル賞受賞者で北里大学の大村博士が発明した
「イベルメクチン」が今年の5月、
変異株の猛威で死者が溢れかえったインドで使われました。


WHOはすぐに「効果ないから使うな!」という指針を発表。

それでも、実際に家族がバタバタと死んで行くので、
もう背に腹は代えられない!と、
WHOを無視してインドでイベルメクチンを使い続けた州と、
WHOの言うことをしっかりと守った州。

  

■イベルメクチンを国民に飲ませた州は、
コロナが70%も激減。もちろん死者も激減。

一方、飲ませなかった州では、
5月よりもさらに死者が3倍に増え続けています。

それを受けて、
インドの弁護士たちがWHO(の女性主任)を提訴!


それは、1粒50円のクスリ。しかも飲むのはたった1回だけ。
既に特許期間が切れているため、製造元の製薬会社「メルク」さえも、
「今さらアレを増産しても儲からない。

別の新しい薬の開発に取り組もうと、
ダンマリを決め込んでいる薬です。

  
■北里大学の医師たちが今、命を懸けて頑張っています。

なんと、医師たちが主導して「治験」を開始したのです。
これは、常識では考えられない凄い戦いだそうです。

通常、
「治験」には莫大な費用がかかるため
(大量のコロナの患者を用意するのに)
大手製薬会社しか、もはや「治験」が出来ないシステムになっているそうです。
 
そこを、
医師たちの手で開始した日本国での「治験」。
 
北里大学の治験情報
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0zcp8r0vyfpjw2m2gHys
 
 
■ちなみに北里大学の先生たちは、
海外から「イベルメクチンなんて効果ない!」と潰そうとしてくる
「論文」に対しても毅然と立ち向かい、

抗議の反論論文を提出しながら懸命に戦っています。
 
 
 
お薬のほうはメチャクチャ効くようで、
変異株だってへっちゃらだそうで。
アメリカのFLCCCのコリー会長が上院の議会で、
「この薬を使うべきだ!」
「これだけでパンデミックを終焉できる!」と発言しています。
 
 
さらに、日本の国会議員でも、
衆議院議員の中島克仁さんが、
「総理、日本が作ったイベルメクチンは日本が使わないと!」
と2月に詰め寄ってますし、
 
菅首相も、
「国産の治療薬ですし、日本にとって極めて重要な医薬品であると思っているので、最大限努力します。
しっかりと我が国として取り組んで行く」
と力強く答えています。




■この薬を発見した大村博士は、
米製薬会社のメルクと50年前に提携し、
「寄生虫」の薬として販売を開始しました。

アフリカにはブヨなどに刺されると寄生虫が体内に宿り、
足がパンパンに腫れたり、「失明」するフィラリア症があり、
この薬だけが治せた。

WHOいわく、
「他の薬とは格段に効果が違う」というパワーを発揮して寄生虫を駆除。
  

これまで30年以上、
何十億回と処方され、毎年3億人以上の人たちを救ってきました。

(その功績で、2015年に大村博士はノーベル賞を受賞してます)
(その時はヒーローのように扱ったマスコミも、
今般「コロナに効くのに!」と発言した後は、
大村先生への取材をしなくなったそうです)
   

30年以上使われ続けて、
驚くべきことに、副作用の報告がほぼゼロ。
3億人以上の人間が飲んで副作用ゼロ。
 

■この薬が、コロナにも効果があるということは
2020年のかなり早い段階から指摘されておりおり、、海外でも使われています。

インドが有名ですが、
ペルー、メキシコ、マレーシア、アメリカ、イギリスも。
 
 
全国のお医者さんたちがコロナの患者を診る際のマニュアル、
『新型コロナ診療の手引き』というモノがあるそうですが、
 
なんと2020年の5月という早い時期には、
「イベルメクチンの服用」がこのマニュアルで認められています。
要するに、医者と患者が同意すれば日本でも使えるんです。

 
新型コロナで医者にかかった時も、
「イベルメクチン下さい」と言えばお医者さんは服用してくれます。

 
さらに。
ここからは、さすがに新聞などは報道してませんが、
ワクチンの副作用によって、大変な症状が出てしまった人たち。
例えば歩けなくなったり。

そんな人たちも、
このイベルメクチンを服用して回復させている例もあるそうです。
 

詳しくは以下のブログを参照してください。
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0zcq8r0vyfpjw2m2gEXx



■現実を客観的に俯瞰的に見て
人類の福祉、安全安心のための社会づくり(ソーシャルデザイン)、
心身共に健康で利他の人生設計(ライフデザイン)、

「デザイン思考が世界を変える」
〜イノベーションを導く新しい考え方〜
をセミナーでお伝えします。

オンライン・ドラッカーコミュニテイカレッジ(DCC)
開催日時 2021年8月7日 (土)13:30〜15:30
第二期「和魂洋才の新時代のマネジメント」
第9回テーマ「デザイン思考と日本的発想」のご案内


「デザイン思考が世界を変える」
〜イノベーションを導く新しい考え方〜
(How Design Thinking Transforms Organizations and Inspires innovation Tim Brown)
を読み解きます、



デザイン思考とは

「人間や社会が直面する課題に対して現状より効果的な
解決策を見つけ出す考えである」

「物理的製品だけではなく、市民活動、教育、企業、産業システム、
市場、環境、政治など21世紀の未解決の問題への取り組みにも効果がある」

ドラッカーはマネジメントを
資源を顧客満足に変換し、人々の安心安全の価値に変換する信念の具現であり
マーケテイングとイノベーションからなる
と定義しています。

以下のような項目でお話しします。

デザイン思考プロジェクトの成功事例
デザイン思考とは
ドラッカーマネジメントとデザイン思考3つのスキル
戦略リル案とデザイン思考の3つの制約条件
デザイン思考と3つの感性
共感・観察・洞察
帰納・演繹・発想

 
お申込みはこちらへ。    

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0zcr8r0vyfpjw2m2g0Pt


■さて、
本日のテーマ
==============================
「日本人は調和を重んじるか?」
「日本 成功の代償」<『フォーチュン』他評論集から>
(P.F.ドラッカー、ダイヤモンド社)」より
==============================

■21世紀になった現代では忘れられているが
かってジャパン・アズナンバー・ワンと言われたころ
日本の強さの原因が欧米で研究されていた。

その一つが
「日本株式会社」とい概念で
欧米から見ると日本産業が1つの会社のように見えた時代があった。


■あるメリカ人弁護士がドラッカーに言った。

日本人はロシア人より恐ろしい。

ロシア人の団結は上から強制されたもので
危機に面してそれに耐え抜けるとは思えない。

日本人の団結は内部からのものである。

日本人はスーパー・コングロマリットのように
行動すると。


■しかしドラッカーに言わせると
「日本株式会社」は事実ではなく人々が信じているだけの
神話である。

決して一枚岩の思考や行動の結果ではない。

それが何か非常に興味あると
ドラッカーは考えました。

会社は派閥間で対立しており、
省庁間でも縄張り争いがあり、

摩擦と多様性と意見の相異がある。

■日本人内部にいる者から見ると
緊張、圧力、軋轢に満ちており
とても一枚岩とは言えない。

ある日本人経営者が言った。

確かに経営者と労働者
政府と民間企業は同じロープで繋がっている。

しかし引っ張る方向は逆向きである。

ドラッカーの分析では
摩擦と多様性と意見の相異を
有効な政策と有効な行動をりだすのが日本人の能力ではないか。




〇編集後記(イベルメクチンの治験開始)
===========================
新たなコロナ治療薬として、既存の抗寄生虫薬「イベルメクチン」
が期待されている。国内では製薬大手の興和が7月1日、
新型コロナ感染者を対象とした治験を開始すると発表した。
興和は軽症者1000人程度までの規模の治験を年内にも完了し、
厚生労働省に承認を求めたいとしている。
イギリスではオックスフォード大学の研究者たちが、
通常の治療法と成果を比較する臨床試験に入った。
英BBCは、研究チームがイベルメクチンの
「世界中で容易に入手できる」性質に注目し、
治験の対象に選択したと報じている。
原則として人体に対してほぼ無害であるという特性も
選択の決め手となった。(YAHOO Japan ニュース)
===========================





■ホームページご案内

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは
供給連鎖において在庫削減と欠品防止のジレンマを解消して
利益体質を改善する手法です。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0zcs8r0vyfpjw2m2g7a2


■以下の動画は回転摩擦抵抗の多いミニ四駆で走行速度が
10%程度向上しました。




今岡テクノロジー『制振装置R2O』ミニ四駆実験
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0zct8r0vyfpjw2m2gy7j


2つのイノベーション
「在庫削減と欠品防止の両立」
「負荷運転でもアイドリングに近い軸振動抑制」


そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


ホームページご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0zcu8r0vyfpjw2m2gqox


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
(普通)口座番号 5324740
口座名義 アイエスデイアイ


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0zcv8r0vyfpjw2m2gGJ7



■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0zcw8r0vyfpjw2m2glxl

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0zcx8r0vyfpjw2m2g9Mb


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/k0zcy8r0vyfpjw2m2gXPt


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。