バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  人間の自然生命力を強化する納豆...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...
健康管理に役立つ小口多頻度供...
物に本末あり事に終始あり、前...
カリスマによる指揮命令型の組...
腸内細菌も人間も大自然の一部...
イノベーションとは技術革新で...
強いのが生き残りの条件ではな...
ヨーグルトなど健康維持に発酵...
改善の『改』は改める、新たな...
事が起こらなくても心身の可動...
生活ルーチンが人の心身のマネ...
制約のない状況の中でのデザイ...
優劣というのは相対的なもので...
脳からの指令だけではなく腸か...
デザイン思考・OODA・KJ...
布施・自戒・忍辱・精進・禅定...
天理人理による健康長寿を目指...
経営戦略をデザイン思考で考え...
二宮尊徳の報恩仕法とドラッカ...
人生を楽しむことで免疫力を上...
デザイン思考はアリストテレス...
覇権主義の世界に日本の和を
社会経済も身体の命のように部...
新時代のイノベーションをデザ...
知覚、感性、美的感覚、芸術で...
食事、運動、生き方など心身の...
アリストテレスの弁証法でイノ...
微生物から植物・動物まで地球...
科学は所詮諸刃の道具と考えて...
現実に起こる様々な問題に対し...
マネジメントを含む仕事は神聖...
今岡ドラッカー塾最終回第12...
科学信仰より現実観察による効...
:2022年12月24日土曜...
Dr. Practiceマネ...
マネジメントとは人生・組織・...
精神性を大事にする日本の伝統...
今岡ドラッカー塾第11回イン...
日本を破壊する邪悪な思想を排...
今岡ドラッカー塾第11回20...
成果を上げる者は仕事からでは...
12月3日土曜日今岡ドラッカ...
組織や事業をデザインするイン...
今岡ドラッカー塾第11回イン...
生命は部分最適の総和は全体最...
今岡善次郎が教授陣の一員とし...
マネジメントの実践と身体の健...
ものづくりドクター鈴木 甫 ...
今岡ドラッカー塾第10回20...
日本の宗教「神道」は日本人の...
第10回「今岡ドラッカー塾」...
戦争のない世界を構築する方法...
ものづくりドクター鈴木 甫 ...
今岡ドラッカー塾第10回タイ...
戦略(軍政)と実戦(オペレー...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第473号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「現実から理論を導く帰納法と理論から現実を考える演繹法」



8月2日水曜日のメルマガ配信します。

盛夏はこれからしばらく本番ですが、
やがて秋となり冬が来る。

古希の歳になると季節が素早く過ぎていきます。


■暑い夏、閉じこもって論文書く合間に
人との会合も大事にしています。

7月27日は論文に書いた回転体振動制御技術の試作品製造について
優秀なものづくりの日本の小企業を訪問し相談しました。

28日はもう一つの研究テーマ「AIを活用する次世代SCM」の元になる
「需要に適応するオペレーションマネジメントのためのリーンシステム」
について講演する機会を外資系企業と相談しました。

30日日曜は若年性認知症家族会の定例会に久しぶりに参加し
修羅場をくぐった戦友達と交流しました。

31日は24〜25歳で初めて就職した会社、東洋エンジニアリングに
同期入社の4人で暑気払いで旧交を温めました。


■1回しかない人生で色んな出会いがあり
いろんな問題や出来事に遭遇し、それを人生のテーマとして
挑戦し取り組んでいると年齢を感じることが
ありません。

どんなことでもすべてマネジメントです。

個人の問題にしろ組織や社会の問題にしろ
技術にしろ経営にしろ
現実の課題をどうように処理するか。

理論や思想が先にあるわけではない。

妻のアルツハイマーも回転体振動も
医学や振動論を知っても現実の問題は解決できません。

自分の頭で考え、自分で調べ
自分の方法を見つける。

現実から方法考えるのを帰納法といい
理論から現実に応用するのを演繹法と言います。


どうやら専門家は演繹法に拘り
実務家は帰納法を重視する。

マネジメントは帰納法主体だが演繹法も捨てない。



さて、
本日のテーマ
====================
「機械の稼働率は低くてもよい!」
「トヨタ生産方式のIE的考察」(新郷重夫、日刊工業新聞社、1980年)」より
==================

■機械の稼働率を上げることは
コストを下げることになるのは常識です。

稼働率50%で100台作るより
稼働率100%で200台作れば
機械のコスト(減価償却費)は半分ですむ。

しかし現実は
機械のコストだけではないし、
人件費という時間に比例するコストの方が大きい。

又コストは下がっても売れ残りの在庫が積みあがると
全体のコストはさらに膨らみ
資金不足になる。


■そこで大野耐一氏は稼働率と可動率を区別した。

可動率(「べきどうりつ」ともいう)とは
必要な時に動かせる比率である。

いざというとき何時でも稼働できるが
いざいという時ではない(需要が無い)時は
稼働率が0でもいい。

消防車や自衛隊などは
それが理想である。


■1人で複数の機械を運転する多台持ち作業をすると
機械が作業を完了しても人が他に仕事で手が一杯なら
機械の稼働率は低下する。

一方で人の手が余っていても機械が作業中なら
人の稼働率が低下する。

機械も人もコストである。

一方のコストだけ下げても他方が上がれば
コスト削減にはならない。

又コストを下げても売れなければ
企業は成り立たない。


■経営システムは複雑系である。

作業システム、生産システム、経営システムの入れ子構造であり、
それぞれ稼働率、コスト、利益が評価指標となる。


それらは又部分最適か全体最適かの議論につながる。

複雑なシステムを部分に分け、
部分をすべて最適にすれば全体が最適になる
というデカルトの要素還元論が経営には役立たない。


マネジメントには俯瞰的視点が必要だというのが
ドラッカーの社会生態学思想です。

俯瞰的な社会生態学思想は帰納法に力点がある。



●ご質問ご意見は気軽に
返信で意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 21世紀ものづくり日本


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/g0ns1ft08skyd4wsotuqG

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/g0ns2ft08skyd4wsotjVS


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/g0ns3ft08skyd4wsotWcb

----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。