バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  人間の自然生命力を強化する納豆...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  人間の自然生命力を強化する納...
企業家精神にはイノベーション...
知識労働者はゲリラ戦の兵士で...
食事や運動など生活習慣など免...
強い目的意識が専門分野を超え...
ドラッカーは組織のマネジメン...
免疫力はマネジメント力と同じ...
マネジメントの対象は生き物の...
自分をマネジメントすることを...
ヨーグルト、納豆、漬物など発...
ドラッカーや川喜多二郎の方法...
生き物の構造から企業組織の構...
健康管理に役立つ小口多頻度供...
物に本末あり事に終始あり、前...
カリスマによる指揮命令型の組...
腸内細菌も人間も大自然の一部...
イノベーションとは技術革新で...
強いのが生き残りの条件ではな...
ヨーグルトなど健康維持に発酵...
改善の『改』は改める、新たな...
事が起こらなくても心身の可動...
生活ルーチンが人の心身のマネ...
制約のない状況の中でのデザイ...
優劣というのは相対的なもので...
脳からの指令だけではなく腸か...
デザイン思考・OODA・KJ...
布施・自戒・忍辱・精進・禅定...
天理人理による健康長寿を目指...
経営戦略をデザイン思考で考え...
二宮尊徳の報恩仕法とドラッカ...
人生を楽しむことで免疫力を上...
デザイン思考はアリストテレス...
覇権主義の世界に日本の和を
社会経済も身体の命のように部...
新時代のイノベーションをデザ...
知覚、感性、美的感覚、芸術で...
食事、運動、生き方など心身の...
アリストテレスの弁証法でイノ...
微生物から植物・動物まで地球...
科学は所詮諸刃の道具と考えて...
現実に起こる様々な問題に対し...
マネジメントを含む仕事は神聖...
今岡ドラッカー塾最終回第12...
科学信仰より現実観察による効...
:2022年12月24日土曜...
Dr. Practiceマネ...
マネジメントとは人生・組織・...
精神性を大事にする日本の伝統...
今岡ドラッカー塾第11回イン...
日本を破壊する邪悪な思想を排...
今岡ドラッカー塾第11回20...
成果を上げる者は仕事からでは...
12月3日土曜日今岡ドラッカ...
組織や事業をデザインするイン...
今岡ドラッカー塾第11回イン...
生命は部分最適の総和は全体最...
今岡善次郎が教授陣の一員とし...
マネジメントの実践と身体の健...
ものづくりドクター鈴木 甫 ...
今岡ドラッカー塾第10回20...
日本の宗教「神道」は日本人の...
第10回「今岡ドラッカー塾」...
戦争のない世界を構築する方法...
ものづくりドクター鈴木 甫 ...
今岡ドラッカー塾第10回タイ...
戦略(軍政)と実戦(オペレー...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第354号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「義をみてせざるは勇なきなり」



4月1日水曜日、
今日から多くの組織で新年度が始まりますね。

入学、入社、転勤、転部など出入りがあり、
同じ組織でありながら入れ替わりしながら平衡を保っている。

■僕も67歳にして
東京農工大学工学府大学院博士課程に入学し、
あるプロジェクトに必要な研究を開始ます。

昨年の一期一会の出会いから
ある方向に人生が動き始めました。

回転体である工作機械や自動車や電車、飛行機
エアコンや冷蔵庫のモーターの
エネルギーロスは遠心力の中心が
回転軸からずれることによって発生する。

これを芯ブレ、アンバランスと言います。

■芯ブレを自動補正する構造を発明した技能者と
これから21世紀のものづくりNipponのマネジメント教育を
担う「義塾」を立ち上げる同士と
月曜と火曜の2日間話し合いました。


その画期的な発明を知って
その原理を理論的に解明し、世の中に普及させる「義」が
あると考えました。

「義をみてせざるは勇なきなり」の心境です。

発明者に恩義があるわけでもなく
仕事として依頼されたわけでもない。

あくまでもボランティアです。

■しかし、日本のものづくりの現場には
画期的な発明をする力がある。

そんな人材がいる。

一方でそれを阻害する制約もある。

ものづくり日本の現場力を強化するマネジメントと
それを社会組織のイノベーションを促進する
ことが出来る機会だと見ました。



さて、
本日のテーマ
====================
「世の中を変えたいという欲求」
(「ポスト資本主義社会 
21世紀の組織と人間はどう変わるか)P・F・ドラッカー」)
==================


■ドラッカーによると
米国で非営利組織でボランテイアが増加しているのは
社会サービスのニーズからではない。

十分な教育を受け、専門を持つ人達が
生活のための本業を楽しんでいても
「世の中を変える」このとできる場所で何かをしたいという
欲求を持っている。

コミュニテイや参加や貢献を求めている。


■資本主義社会では資本の論理が企業社会を経済的役割を
も求めてコミュニテイが二の次になる。

人は経済的動機だけでは生きられない。

ドラッカーの観察では
日本では職場コミュニテイが一般従業員にとっての関心が高い。

しかし米国流資本主義経営の礼賛で
コミュニテイがかってに比べて弱くなっている。

その証拠に
日本は米国に比べてボランテイが少ないと言われているが
日本でも非営利組織(NPO)が多く立ち上がっている。


■江戸時代の四民(士農工商)の仕事の哲学は
「私」だけではなく「義」にあった。

「仁」とか「義」は古臭い道徳という風潮があるが
生活のための金銭ではなく、世のため人のためという
ボランテイアであった。

■ドラッカーによると資本主義者社会で失われた
「市民性の回復」である。

市民の責任を回復し、
コミュニテイに貢献する市民の誇りを回復することである。

経済を最も重視する社会主義も資本主義も
コミュニテイにおける責任や誇りを失ったことが
社会の本質であるコミュニテイが崩壊した原因である。

人に備わっっている社会性とは
「世の中に貢献したいという欲求」である。


●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0a5lvs0vos9esg5joSqR

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0a5mvs0vos9esg5josDa


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0a5nvs0vos9esg5joVk3
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0a5ovs0vos9esg5jouYH
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。