バックナンバー

  さくら通信 http://www.kaibara-kaikei.jp/

□ 最新号

  さくら通信 第766号[201...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  さくら通信 第766号[20...
さくら通信 第765号[政府...
さくら通信 第764号[「外...
さくら通信 第763号[軽減...
さくら通信 第762号[新制...
さくら通信 第761号[消費...
さくら通信 第760号[祖父...
さくら通信 第759号[祖父...
さくら通信 第758号[消費...
さくら通信 臨時号[消費税改...
さくら通信 第757号[IT...
さくら通信 第756号[IT...
さくら通信 第755号[平成...
さくら通信 第754号[連休...
さくら通信 第753号[消費...
さくら通信 第752号[中小...
さくら通信 第751号[借り...
さくら通信 第750号[事業...
さくら通信 臨時号[ものづく...
さくら通信 第749号[春の...
さくら通信 第748号[中小...
さくら通信 第747号[社長...
さくら通信 第746号[個人...
さくら通信 第745号[「働...
さくら通信 第744号[ふる...
さくら通信 第743号[もの...
さくら通信 第742号[パー...
さくら通信 第741号 [住...
さくら通信 第740号 新年...
さくら通信 第739号 [年...
さくら通信 第738号 [平...
さくら通信 第737号 [融...
さくら通信 第736号 [ ...
さくら通信 第735号 [ク...
さくら会計通信 第734号 ...
さくら通信 臨時号[ 弊社お...
さくら通信 第733号 [ ...
さくら通信 第732号 [ ...
さくら通信 臨時号 ◆◆ セ...
さくら通信 第731号 [今...
さくら通信 第730号 [女...
さくら通信 第729号 【...
さくら通信 第727号 [電...
さくら通信 第727号 [民...
さくら通信 第726号 [経...
さくら通信 第725号 【高...
さくら通信 第724号  I...
さくら通信 第722号 もの...
さくら通信 第721号 【事...
さくら通信 第720号 深刻...
さくら通信 第719号 相当...
さくら通信 臨時号 【事業承...
さくら通信 第718号 【5...
さくら通信 第717号 被...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

DearName

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さくら通信 第599号 税理士法人 さくら会計(貝原会計事務所)  
   2016.02.25
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ 目次 ◆◆
1.節税対策は初年度から必要!まずは経費を見直しを。
2.「和僑」とは
3.『平成28年改正税法特集号』ご希望の方にお送り致します!
4.編集後記
===================================
1.節税対策は初年度から必要!まずは経費を見直しを。
===================================
■法人税だけじゃない!節税は初めが肝心!
  企業の節税というと、決算時の法人税に目が向かいがちですが、本当は
  日々の積み重ねが大切になります。
  事業を興してから初めての決算までの間で何をすればよいのかを考えてみ
  てください。

■節税ポイントその1
  創立に関わるお金を節約する。以下の3つは繰延資産として、税務上、
  任意償却が認められているので設立時に全額償却できます。
  また繰延資産として、翌期に繰越し、設立から5年以内に黒字化したとき
  に償却することもできます。
    ・創立費(会社創立までにかかった費用)
    ・開業費(会社創立後から営業開始までにかかった費用)
    ・開発費(新たな技術、新たな経営組織の採用、資源の開発などにか
         かった費用)

■節税ポイントその2
  オフィスの場所を吟味する。
  最初のうちは自宅をオフィスにすれば節税になります。会社から賃料をと
  る形にすれば、会社の損金となり節税になります。
  ただし個人にとっては収入になり所得税が発生する可能性があるので注意
  が必要になります。
  賃料収入から、経費を差し引いた不動産所得が20万円以下であれば、確定
  申告をしなくてもよくなります。

■節税ポイントその3
  設備や備品は中古品を検討を。
  会社のスタート時には非常に金額が必要になります。
  設備や備品を中古にしておけば、価格が安いだけでなく、減価償却までの
  期間も新品より短くなるので節税に繋がります。

■節税ポイントその4
  役員報酬の利用を検討する。
  役員報酬は報酬額を自分の裁量で決められるので大きな節税になります。
  さらに家族を役員にしておけばさらなる節税をすることができます。
  途中で額の変更ができないので、多少大目に設定しておくのもおすすめで
  す。

■節税ポイントその5
  決算直前の出費を増やす!
  従業員の給与など、期末に未払分は、未払金として計上する。
  家賃や保険料などは期末に前払いして、損金扱いに。
  決算賞与を設定して未払金計上。決算賞与は従業員のモチベーションアッ
  プにもなります。

■法人税はどれくらいの金額になるか。
  黒字になった場合、実際には法人税の他、事業税と住民税を支払う必要が
  あります。
  それぞれの具体的な税率は、課税所得に応じてきめられていますが、法人
  税の場合、余裕を見て利益の4割になると覚えておけば十分かもしれませ
  ん。

■赤字でも払わなければならない税金もある!
  均等税という赤字決算でも支払わなければならない税金もあります。


===================================
2 「和僑」とは
===================================
「和僑」とは中国系の華僑、インド系の印僑に対してつくられた言葉。海外に
進出し、現地で活躍する日本人起業家や個人事業主のことを指します。
 日本人起業家の海外進出の歴史は長いが、それが集団化し、和僑という言葉
の走りになったのは15年ほど前くらいからです。現地で事業を成功させるため
に、日本人同士のネットワークを強化しようという動きが発端でした。現地で
集まって勉強会、メーリングリストなどを通じた交流、情報交換などが進み、
次第に組織化につながっていきました。 

===================================
3 『平成28年改正税法特集号』ご希望の方にお送り致します。
===================================
平成28年度税制改正大綱が公表されました。読者の皆様はもうすでにご覧にな
られましたでしょうか?
『平成28年改正税法特集号』をご希望の方にお送りさせていただきます。

申込はHP又はメール、FAXなどにてお申込み下さい。ご質問などございました
ら担当:川崎までお問合わせ下さい。

税理士法人さくら会計 担当:川崎
 TEL:06-6263-1361  TEL:0120-62-1361(フリーダイヤル)
 FAX:06-6263-1362
 メール:kaibara@tkcnf.or.jp 
  (資産税ホームページ)
 URL:http://www.kaibara-kaikei.jp/
  (事業用ホームページ)
  URL:http://www.kaibara-kaikei.com/pc/


===================================
4 編集後記
===================================
先日、妹の結婚式に出席しました。親の気持ちになり、感無量で泣いてしまい
ました。(秦)

【 バックナンバーはこちら 】
              http://backnum.mail-magazine.co.jp/?m=c39t


━━━━━━━━━━━━━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成28年も資産運用・相続対策・事業活動・経営改善と
積極的にセミナーを開催し、情報を発信していきたいと思っております。
税理士法人 さくら会計では、事業承継や相続対策について
個別相談会(初回無料)を随時開催しております。
お気軽にお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行責任者:税 理 士 法 人  さ く ら 会 計
 住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1-6-16 いちご堺筋本町ビル901号
 TEL:06-6263-1361  TEL:0120-62-1361(フリーダイヤル)
 FAX:06-6263-1362
 メール:kaibara@tkcnf.or.jp 
  (資産税ホームページ)
 URL:http://www.kaibara-kaikei.jp/
  (事業用ホームページ)
  URL:http://www.kaibara-kaikei.com/pc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【 配信停止は下記をクリックして下さい。】
     https://regist.combzmail.jp/d/c39t&m=E-Mail