バックナンバー

  さくら通信 http://www.kaibara-kaikei.jp/

□ 最新号

  さくら通信 第767号[役員貸...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  さくら通信 第767号[役員...
さくら通信 第766号[20...
さくら通信 第765号[政府...
さくら通信 第764号[「外...
さくら通信 第763号[軽減...
さくら通信 第762号[新制...
さくら通信 第761号[消費...
さくら通信 第760号[祖父...
さくら通信 第759号[祖父...
さくら通信 第758号[消費...
さくら通信 臨時号[消費税改...
さくら通信 第757号[IT...
さくら通信 第756号[IT...
さくら通信 第755号[平成...
さくら通信 第754号[連休...
さくら通信 第753号[消費...
さくら通信 第752号[中小...
さくら通信 第751号[借り...
さくら通信 第750号[事業...
さくら通信 臨時号[ものづく...
さくら通信 第749号[春の...
さくら通信 第748号[中小...
さくら通信 第747号[社長...
さくら通信 第746号[個人...
さくら通信 第745号[「働...
さくら通信 第744号[ふる...
さくら通信 第743号[もの...
さくら通信 第742号[パー...
さくら通信 第741号 [住...
さくら通信 第740号 新年...
さくら通信 第739号 [年...
さくら通信 第738号 [平...
さくら通信 第737号 [融...
さくら通信 第736号 [ ...
さくら通信 第735号 [ク...
さくら会計通信 第734号 ...
さくら通信 臨時号[ 弊社お...
さくら通信 第733号 [ ...
さくら通信 第732号 [ ...
さくら通信 臨時号 ◆◆ セ...
さくら通信 第731号 [今...
さくら通信 第730号 [女...
さくら通信 第729号 【...
さくら通信 第727号 [電...
さくら通信 第727号 [民...
さくら通信 第726号 [経...
さくら通信 第725号 【高...
さくら通信 第724号  I...
さくら通信 第722号 もの...
さくら通信 第721号 【事...
さくら通信 第720号 深刻...
さくら通信 第719号 相当...
さくら通信 臨時号 【事業承...
さくら通信 第718号 【5...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

 DearName

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  かいばら会計通信  貝原会計事務所  第577号   2015.$$$
pubdate_m$$$.24
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ 目次 ◆◆
1.相続税申告・調査実績について 
2.経費削減の勘所
3.編集後記
4.お知らせ

===================================
1相続税申告・調査実績について 
===================================
 
 平成26年12月に平成25年中における相続税の申告実績が発表さていますので
少し紹介したいと思います。
 被相続人数(死亡者数)は約127万人(平成24年約126万人)、このうち相続
税の課税対象となった被相続人数は約5万4千人(平成24年約5万3千人)で
、課税割合は4.3%(平成24年4.2%)となっており、平成24年より0.1ポイン
ト増加しています。平成27年の改正によって課税割合を6%台にする予定です。

余談ですが全国平均が6%台のため都心部であれば10%を超えるともいわれて
います。

では相続税の調査の実地についてはどうでしょうか?

平成23年中及び平成24年中に発生した相続を中心に、国税局及び税務署で収集
した資料情報を基に、申告額が過少であると想定されるものや、申告義務があ
るにもかかわらず無申告となっていることが想定されるものなどに対して実施
しています。
 実地調査の件数は11,909件(平成24事務年度12,210件)、このうち申告漏れ
等の非違があった件数は9,809件(平成24事務年度9,959件)で、非違割合は
82.4%(平成24事務年度81.6%)となっています。

また、申告漏れ課税価格は3,087億円(平成24事務年度3,347億円)で、実地調
査1件当たりでは2,592万円(平成24事務年度2,741万円)となっています。

申告漏れ相続財産の金額の内訳は、現金・預貯金等1,189億円(平成24事務年
度1,236億円)が最も多く、続いて土地412億円(平成24事務年度560億円)、
有価証券355億円(平成24事務年度431億円)の順となっています。

そして、追徴税額(加算税を含む。)は539億円(平成24事務年度610億円)で
、実地調査1件当たりでは452万円(平成24事務年度500万円)となっています


大なり小なりありますが調査に入ると追加税額が平均452万円とは驚きです!

追加税額がありますと、もちろん延滞税もかかってきますので、当初よりキチ
ンとした申告が必要だともいえます。

相続税申告は通常の会計業務とは違い特殊性がありますので、専門の税理士に
お願いすることを強くお勧めします。


===================================
2 経費削減の勘所
===================================
企業にとって、無駄な経費を削減し合理化を図ることは、利益を確保するため
に有効な手段の

一つです。経費削減を効果的に行うためには、企業としての経費削減の仕組み
づくりに加えて

、従業員一人一人に経費削減を浸透させることが重要です。

1.経費削減のための3つの方法
◆無駄な経費を見直して支出を節減する
⇒節約によって支出を減らす
ex.1 こまめに電気を消す、エアコンのフィルターを掃除し効率化をはかる、
不要になった

書類はメモ用紙として再利用するなど
ex.2 事務用品などについては一括購入し単価を抑える、必要なものに関し
て各社比較し、

どれが最も割安なのか検討するなど


◆業務を見直し、より一層の効率化により経費削減を図る
⇒すべての業務内容を見直し、費用対効果について再検討する
ex.1 宣伝広告について、効果が上がっていないものは現在の手法を見直す
ex.2 人件費の中で残業費の割合が大きければ、残業が発生しないような人
員配置やスケジ

ュールを考える

◆現時点で行っている業務の一部をアウトソーシングする

⇒現在自社で行っている業務のうち、効率性が低い業務については当該業務を
アウトソーシン

グして、その業務にかかる時間及び人件費などの経費の削減を検討する
ex.1 コンピューターシステムの運営・構築や経理処理などは専門で業務を
請け負う業者も

数多く登場しています。これらの業者に委託する方が経費を低く抑えられる場
合があります。

既に実践されている企業が多いと思いますが、今一度経費削減について見直し
てみてはいかが

でしょうか?





===================================
3 編集後記
===================================
シルバーウィーク、皆様はいかがお過ごしになられたでしょうか。
ちょっとブラブラするにも、いい季節になりました。
これを書いているのは連休前、、、何しようか計画中の楽しい時です。
結局何もしなかった、なんてことにならないようにしたいものです。(鈴木)





【 バックナンバーはこちら 】
              http://backnum.mail-magazine.co.jp/?m=c39t

━━━━━━━━━━━━━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━
4 お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「第2弾!マイナンバーセミナーのご案内」
6月22日に引き続き、貝原会計事務所主催「第2弾!マイナンバーセミナー」を
開催させていただきます。
前回のセミナーをステップアップした内容で、主に「安全管理措置の考え方と
具体的な対応」についてお話させていただく予定です。
皆様のお手伝いできるようご参加をお待ちしております。

日 時:平成27年10月5日(月)
受付時間 13時
    講  演 13時30分〜16時30分
場 所:大阪産業創造館 5階 研修室B
講 師:貝原会計事務所 副所長・税理士 布施 光一
参加料:1,000円(税込み)
対 象:経営者及び給与計算業務ご担当者様
定 員:45名
   (定員になり次第締め切りますので、お早めにお申し込みください)




━━━━━━━━━━━━━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━
貝原会計事務所では、事業承継や相続対策について個別相談会(初回無料)を
随時開催しております。
お気軽にお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行責任者:貝 原 会 計 事 務 所
 住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1-6-16 いちご堺筋本町ビル901号
 TEL:06-6263-1361  TEL:0120-62-1361(フリーダイヤル)
 FAX:06-6263-1362
 メール:kaibara@tkcnf.or.jp 
  (資産税ホームページ)
 URL:http://www.kaibara-kaikei.jp/
  (事業用ホームページ)
  URL:http://www.kaibara-kaikei.com/pc/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【 配信停止は下記をクリックして下さい。】
     https://regist.combzmail.jp/d/c39t&m=E-Mail