バックナンバー

  さくら通信 http://www.kaibara-kaikei.jp/

□ 最新号

  さくら通信 第767号[役員貸...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  さくら通信 第767号[役員...
さくら通信 第766号[20...
さくら通信 第765号[政府...
さくら通信 第764号[「外...
さくら通信 第763号[軽減...
さくら通信 第762号[新制...
さくら通信 第761号[消費...
さくら通信 第760号[祖父...
さくら通信 第759号[祖父...
さくら通信 第758号[消費...
さくら通信 臨時号[消費税改...
さくら通信 第757号[IT...
さくら通信 第756号[IT...
さくら通信 第755号[平成...
さくら通信 第754号[連休...
さくら通信 第753号[消費...
さくら通信 第752号[中小...
さくら通信 第751号[借り...
さくら通信 第750号[事業...
さくら通信 臨時号[ものづく...
さくら通信 第749号[春の...
さくら通信 第748号[中小...
さくら通信 第747号[社長...
さくら通信 第746号[個人...
さくら通信 第745号[「働...
さくら通信 第744号[ふる...
さくら通信 第743号[もの...
さくら通信 第742号[パー...
さくら通信 第741号 [住...
さくら通信 第740号 新年...
さくら通信 第739号 [年...
さくら通信 第738号 [平...
さくら通信 第737号 [融...
さくら通信 第736号 [ ...
さくら通信 第735号 [ク...
さくら会計通信 第734号 ...
さくら通信 臨時号[ 弊社お...
さくら通信 第733号 [ ...
さくら通信 第732号 [ ...
さくら通信 臨時号 ◆◆ セ...
さくら通信 第731号 [今...
さくら通信 第730号 [女...
さくら通信 第729号 【...
さくら通信 第727号 [電...
さくら通信 第727号 [民...
さくら通信 第726号 [経...
さくら通信 第725号 【高...
さくら通信 第724号  I...
さくら通信 第722号 もの...
さくら通信 第721号 【事...
さくら通信 第720号 深刻...
さくら通信 第719号 相当...
さくら通信 臨時号 【事業承...
さくら通信 第718号 【5...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
 DearName

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  かいばら会計通信  貝原会計事務所  第459号 5/23  $$$pubdate_y$$
$.05.23
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ 目次 ◆◆
1.企業経営者のためのリスクマネジメントについて
2.リスケ(「リ・スケジュール」)には、賢い交渉術で!
3.編集後記
4.お知らせ
===================================
1 企業経営者のためのリスクマネジメントについて
===================================

 企業の安定的、永続的な発展のために、経営者は適切な「リスクマネジメン
 ト」を常にこころがけておく必要があります。

 今回は、生命保険を利用したリスクマネジメントのポイントについてわかり
 やすくご紹介いたします。

 企業経営のための生命保険を活用したリスクマネジメント5つのポイント
 
 経営者が企業経営上抱える人的リスクは、大きく次の5つに分類できます。
 自社の状況と照らし、不足している部分があれば、すぐに対策を講じる必要
 があります。

1.役員退職慰労金、功労金対策
2.運転資金対策
3.借入金対策
4.事業承継、相続対策
5.福利厚生対策

ご検討・ご契約にあたっては、設計書(契約概要)・重要事項のお知らせ(注
意喚起情報)ご契約のしおり、約款を必ずご覧下さい。


1.役員退職慰労金対策・弔慰金対策
 経営者がご勇退後に豊かな老後をおくるための生存退職金として役員退職慰
 労金の準備が必要です。
 また、万一のときに残されたご家族の生活を支えるための死亡退職金として、
 役員退職慰労金および弔慰金の準備が必要です。

 役員退職慰労金には、役員の勇退時に支払われる「生存退職金」と、死亡時
 に支払われる「死亡退職金」があります。 

 過大な役員退職慰労金は、損金算入を否認されるケースがありますので、あ
 らかじめ適正額の算定を行う必要があります。
 また、支給根拠を明確にするために「役員退職慰労金規定」を作成しておく
 ことをおすすめします。 
 
 死亡退職金とは別枠で「弔慰金」を支払う会社も多く見られます。
 この場合、弔慰金として損金処理するには、死亡退職金との区別を明確にし
 ておく必要があります。 


2.運転資金対策
 経営者が万が一のときに後継者が円滑に事業を承継できるよう、当面の人件
 費(従業員の給与など)やその他事業継続に関わる資金などの運転資金の準
 備が必要です。

 運転資金とは、従業員の給与などの人件費とその他事業継続に必要な資金を
 指します。
 経営者が万一のときに、従業員の給与を何ヶ月分用意しておくのか、その他
 の緊急予備資金はいくら必要なのかを考慮する必要があります。 

 保険商品で運転資金を準備する場合、受取保険金には法人税がかかりますの
 で、納税準備を考慮する必要があります。 


3.借入金対策
 銀行などから事業資金を借り入れている場合は、経営者が万一のとき返済資
 金準備が必要です。

 企業が抱える負債には、流動負債(1年以内に返済期限が到来するもの)と
 固定負債(1年を超えて返済期限が到来するもの)があります。 
 借入金対策を講じるうえでポイントとなるのは流動負債であり、代表的なも
 のに短期借入金、支払手形、買掛金、未払金などがあります。

 経営者が万一のときに備え、これらの返済資金の準備が必要です。 
 また、固定負債についても、当面の返済資金を準備しておく必要があります。


4.事業承継・相続対策
 経営者の相続財産に自社株が含まれるケースは多く、またその評価額が思い
 もよらぬ高額になることも珍しいことではありません。
 スムーズな事業承継のためには、自社株買取の準備などの対策が必要です。

 経営者が万一の場合、取引相場のない株式(自社株)の評価は、相続税法の
 定めるところによります。
 その評価額が高い場合、後継者などの相続人に多額の相続税がかかり、事業
 継承に支障をきたすおそれがあります。 
 そこで、後継者が受け取った自社株を会社が買い取ることで納税資金にあて
 る方法が、有効な対策の一つとして考えられます。 


5.福利厚生対策
 従業員が安心して働ける職場にするには、退職金などの福利厚生制度を充実
 させることが大切ですが、一時的に多額の費用が発生し業績に悪影響を及ぼ
 すことのないよう、計画的な準備が必要です。

 従業員の福利厚生としては退職金制度が一般的ですが、退職金には中途退職
 時、定年時に支払われる「生存退職金」と、死亡時に支払われる「死亡退職
 金」があります。

 保険商品などを活用し退職金を準備することで、計画的かつ確実に退職金を
 支払うことができます。

 もし、保険のことについてわからない点などがあれば、貝原会計事務所にお
 問い合わせ下さいませ。



===================================
  リスケ(「リ・スケジュール」)には、賢い交渉術で!
===================================

 会社の資金状況から、やむなく「リスケ」の交渉を金融機関にしなければな
 らない事態もでてきます。 

 やみくもなリスケ要求は、会社に対する金融機関の心証を悪くするだけです。

 その後の資金調達計画や、タイミングなど、よりベストな条件で賢く交渉し
 ましょう。

 リスケジュール(リスケ)とは?
 返済が困難になった場合、借入れをしている金融機関に対して、借入れ条件
 の変更(=借金の減額)を申し出ることです。

 リスケは、単なる借金の棒引きではなく立派な商行為中の条件変更です。

 リスケを検討すべきタイミングについて
 このような場合にはリスケを検討すべきです。

 1.業況が急激に悪化した場合 
 2.業況の緩やかな下降が止まらない場合 
 3.返済可能額の10倍以上の返済がある場合 

 リスケに必要な準備
 事業計画書の作成

 リスケ後に業況が回復すると思われるような事業計画書を作成しましょう。
 これがないと、リスケしても意味がないと金融機関側に思われてしまいます。

 資金繰り表の作成

 リスケ前とリスケ後、どう変わるのかを示します。返済可能額を把握するこ
 れならば返していけるという根拠がなければ、事業計画や資金繰り表を作っ
 ても無意味になりかねません。減価償却費+当期利益内に年間の返済可能額
 がおさまるようにしましょう。 

 リスケ申請と同時にやるべきこと
 1.資産の処分 
 2.経費の削減 
 3.売掛金の回収強化 
 4.支払い条件の見直し 
 
 リスケを検討している方へ
 リスケをしたら、2度と借り入れができなくなるのでは?と誤解している方
 も多いようですが、そんなことはありません。

 低利の銀行へ返済するために、高利の金融機関からお金を借りることの方が
 よっぽど危険です。ひとまずリスケを申請し、健全な資金繰りを考えましょ
 う。

 経営者一人で悩まず顧問や知り合いの会計事務所へ相談をしてみることをお
 勧めします。


===================================
3 編集後記
===================================
貝原会計事務所の谷山です。
最近のニュースで3月決算の情報が出てきましたね。アベノミクス効果で増収
増益になったところも多いようです。しかし、その効果はまだ大企業だけのよ
うに思われます。
早く、中小企業や一般家庭にも反映されて欲しいと思います。
                               (谷山)
【 バックナンバーはこちら 】
              http://backnum.mail-magazine.co.jp/?m=c39t

━━━━━━━━━━━━━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━


『経営者の四季』好評配布中!!

 経営のヒントとなる小冊子『経営者の四季』を毎月、送らせていただきます。
 ご希望の方は、貝原会計事務所まで、ご連絡ください。
下記の資料、好評配布中。
ご希望の方は貝原会計事務所までご連絡お願いします。
□ 円満な相続・贈与のための財産承継ニュース(冬号2013 Vol3)
□ Q&A消費増税の実務ポイント



【メールでのお問合せ・ご質問】
 kaibara@tkcnf.or.jp
【フリーダイヤルによるお問合せ・ご質問】
  0120-62-1361

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行責任者:貝 原 会 計 事 務 所
 住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1-6-16 野村不動産堺筋本町ビル901号
 TEL:06-6263-1361  TEL:0120-62-1361(フリーダイヤル)
 FAX:06-6263-1362
 メール:kaibara@tkcnf.or.jp 
 URL:http://www.kaibara-kaikei.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【 配信停止は下記をクリックして下さい。】
     https://regist.combzmail.jp/d/c39t&m=E-Mail