バックナンバー

  さくら通信 http://www.kaibara-kaikei.jp/

□ 最新号

  さくら通信 第767号[役員貸...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  さくら通信 第767号[役員...
さくら通信 第766号[20...
さくら通信 第765号[政府...
さくら通信 第764号[「外...
さくら通信 第763号[軽減...
さくら通信 第762号[新制...
さくら通信 第761号[消費...
さくら通信 第760号[祖父...
さくら通信 第759号[祖父...
さくら通信 第758号[消費...
さくら通信 臨時号[消費税改...
さくら通信 第757号[IT...
さくら通信 第756号[IT...
さくら通信 第755号[平成...
さくら通信 第754号[連休...
さくら通信 第753号[消費...
さくら通信 第752号[中小...
さくら通信 第751号[借り...
さくら通信 第750号[事業...
さくら通信 臨時号[ものづく...
さくら通信 第749号[春の...
さくら通信 第748号[中小...
さくら通信 第747号[社長...
さくら通信 第746号[個人...
さくら通信 第745号[「働...
さくら通信 第744号[ふる...
さくら通信 第743号[もの...
さくら通信 第742号[パー...
さくら通信 第741号 [住...
さくら通信 第740号 新年...
さくら通信 第739号 [年...
さくら通信 第738号 [平...
さくら通信 第737号 [融...
さくら通信 第736号 [ ...
さくら通信 第735号 [ク...
さくら会計通信 第734号 ...
さくら通信 臨時号[ 弊社お...
さくら通信 第733号 [ ...
さくら通信 第732号 [ ...
さくら通信 臨時号 ◆◆ セ...
さくら通信 第731号 [今...
さくら通信 第730号 [女...
さくら通信 第729号 【...
さくら通信 第727号 [電...
さくら通信 第727号 [民...
さくら通信 第726号 [経...
さくら通信 第725号 【高...
さくら通信 第724号  I...
さくら通信 第722号 もの...
さくら通信 第721号 【事...
さくら通信 第720号 深刻...
さくら通信 第719号 相当...
さくら通信 臨時号 【事業承...
さくら通信 第718号 【5...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
DearName

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  かいばら会計通信  貝原会計事務所    第417号   2012.07.05
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ 目次 ◆◆
1.経営セーフティ共済のすすめ
2.国税庁発行パンフレット 「消費税のあらまし 平成24年度版」発行
3.編集後記
4.お知らせ

===================================
1 経営セーフティ共済のすすめ
===================================

7月になり、経営セーフティ共済(倒産防止共済)が拡充されてから9か月が
経ちました。まだ制度についてご存じない方のために、いま一度その内容をご
紹介したいと思います。

■経営セーフティ共済とは
独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営する共済制度で、取引先企業の倒産
の影響により連鎖倒産や、著しい経営難に陥ることを防止するために、あらか
じめ掛金を積み立てておく共済制度です。

■掛金は損金扱いに
毎月の掛け金は5,000円から200,000円までと幅があり、その全額が損金となり
ます。また、1年以内の掛金の前納分は毎期継続すれば短期前払費用の特例に
より、全額が損金算入となります。

■貸付けが受けられる
取引先企業が銀行取引停止、破産手続き開始となった場合、掛金の10倍まで貸
付をうけることができます。
※ 共済金の貸付けを受けた場合、貸付金額の10分の1に相当する金額の掛金
 はなくなります。

■任意解約
任意解約する場合、40か月以上かけていないと100%の金額は戻りません。逆
に言えば、40か月以上かけた場合100%戻るわけですから、その間掛金が損金
になることを考えると、これはかなりの節税になります。

■中小企業金融円滑化法は来年3月で期限切れ
本年3月期限であった中小企業金融円滑化法は1年延長されて来年の3月まで
となっています。政府は来年の3月には再延長はないと言い切っています。し
かしながら、同法の施行以降景気はよくなっておらず、企業の経営体質も改善
されているとはとても思えない状況です。このまま同法が期限切れとなると、
倒産する企業も多く出てくるのではと懸念されます。そのような状況に対して
できるだけ早急に掛金を積んでおく必要がある企業も多いのではないでしょう
か。

いざとなってからでは手遅れになります。取引先企業に懸念のある方は、でき
るだけこの制度をご利用されることをお勧めします。
ただし、この制度の利用にあたっては、内容について十分にご検討した上でご
加入ください。

===================================
2 国税庁発行パンフレット、「消費税のあらまし 平成24年度版」発行
===================================

国税庁は、消費税及び地方消費税の一般的な事柄及び手続きについて記載した
「消費税のあらまし」を4月に発行しました。納付税額や控除税額の計算方法、
届出から承認及び許可関係、国等に対する特例などについて、今年度は63ペ
ージにわたり詳述しています。
ここで、改めて昨年6月の消費税改正における2つの制度の適用要件を見直し
てみましょう。

【事業者免税点制度】
当課税期間の課税売上高が1,000万円を超えていなくても、その前年の特
定期間(6ヶ月間)の課税売上高及び給与等支払額の両方が1,000万円を
超えた事業者は課税されることとなりました(平成25年1月1日以後に開始
する年又は事業年度から適用となります)。

【95%ルール】
課税仕入れ等に係る消費税額の全額を控除できる要件に、課税売上高5億円以
下であることが追加されました。従って課税売上高が5億円超又は課税売上割
合が95%未満の場合、個別対応方式もしくは一括比例配分方式のいずれかに
より仕入控除税額の計算を行うこととなりました(平成24年4月1日以後に
開始する課税期間から適用)。
また今回の改正から、控除不足還付税額のある還付申告書を提出する場合に、
課税資産の譲渡や輸出取引に係る項目等についても記載した「消費税の還付申
告に関する明細書」の添付が義務化されることとなりました。

同パンフレットについては、以下の国税庁のサイトからpdfファイルをダウン
ロードすることができます。

「消費税のあらまし 平成24年度版 国税庁」
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shohi/aramashi/01.htm

===================================
3 編集後記
===================================
梅雨の季節になりました。関西に居住し20年弱ですが、関西で蝸牛をみていな
いことに気づきました。大人になって、蝸牛等に興味がなくなったから目にと
まらなくなったのか、はたまた、関西が都会で蝸牛等の生息数が少ないのが原
因なのかわかりませんが、梅雨時に蝸牛や蛙の鳴き声が聞こえないのはやはり
寂しいです。開発と自然の共存は難しい問題ですが、やはり、自然とのバラン
スは大切だと思います。今年の梅雨の課題は蝸牛を見つけることとします。
                              (金田)
【 バックナンバーはこちら 】
              http://backnum.mail-magazine.co.jp/?m=c39t
━━━━━━━━━━━━━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料相談も好評受付中!!

 現在、貝原会計事務所では事業経営者の方、個人的な相続問題を抱えておら
 れる方などからの無料相談をお受け致しております。ご来所いただくことを
 原則にしています。
 日程のご予約はhttp://k.d.combzmail.jp/t/c39t/b0pwruv0yjjtwjn9qyDAXへ
 お願いします。

『経営者の四季』好評配布中!!

 経営のヒントとなる小冊子『経営者の四季』を毎月、送らせていただきます。
 ご希望の方は、貝原会計事務所まで、ご連絡ください。

【メールでのお問合せ・ご質問】
 kaibara@tkcnf.or.jp
【フリーダイヤルによるお問合せ・ご質問】
  0120-62-1361

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行責任者:貝 原 会 計 事 務 所
 住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1-6-16 野村不動産堺筋本町ビル901号
 TEL:06-6263-1361  TEL:0120-62-1361(フリーダイヤル)
 FAX:06-6263-1362
 メール:kaibara@tkcnf.or.jp 
 URL:http://www.kaibara-kaikei.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【 配信停止は下記をクリックして下さい。】
     https://regist.combzmail.jp/d/c39t&m=E-Mail