バックナンバー

  さくら通信 http://www.kaibara-kaikei.jp/

□ 最新号

  さくら通信 第767号[役員貸...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  さくら通信 第767号[役員...
さくら通信 第766号[20...
さくら通信 第765号[政府...
さくら通信 第764号[「外...
さくら通信 第763号[軽減...
さくら通信 第762号[新制...
さくら通信 第761号[消費...
さくら通信 第760号[祖父...
さくら通信 第759号[祖父...
さくら通信 第758号[消費...
さくら通信 臨時号[消費税改...
さくら通信 第757号[IT...
さくら通信 第756号[IT...
さくら通信 第755号[平成...
さくら通信 第754号[連休...
さくら通信 第753号[消費...
さくら通信 第752号[中小...
さくら通信 第751号[借り...
さくら通信 第750号[事業...
さくら通信 臨時号[ものづく...
さくら通信 第749号[春の...
さくら通信 第748号[中小...
さくら通信 第747号[社長...
さくら通信 第746号[個人...
さくら通信 第745号[「働...
さくら通信 第744号[ふる...
さくら通信 第743号[もの...
さくら通信 第742号[パー...
さくら通信 第741号 [住...
さくら通信 第740号 新年...
さくら通信 第739号 [年...
さくら通信 第738号 [平...
さくら通信 第737号 [融...
さくら通信 第736号 [ ...
さくら通信 第735号 [ク...
さくら会計通信 第734号 ...
さくら通信 臨時号[ 弊社お...
さくら通信 第733号 [ ...
さくら通信 第732号 [ ...
さくら通信 臨時号 ◆◆ セ...
さくら通信 第731号 [今...
さくら通信 第730号 [女...
さくら通信 第729号 【...
さくら通信 第727号 [電...
さくら通信 第727号 [民...
さくら通信 第726号 [経...
さくら通信 第725号 【高...
さくら通信 第724号  I...
さくら通信 第722号 もの...
さくら通信 第721号 【事...
さくら通信 第720号 深刻...
さくら通信 第719号 相当...
さくら通信 臨時号 【事業承...
さくら通信 第718号 【5...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
DearName

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  かいばら会計通信  貝原会計事務所    第385号   2011.11.24
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆ 目次 ◆◆

1.景気が良くない!でも、良いこともある!
2.役員退職金として活用する保険
3.編集後記
4.お知らせ

===================================
1 景気が良くない!でも、良いこともある!
===================================
上場していない、いわゆる非上場のオーナー会社の経営者の皆様、現在の我が
国の経営環境の厳しさに、頭を痛めておられる日々である方も少なくないと思
います。しかし、この不況がもたらす良い面もあります。

■「ムダ」を潰すことができる。
 節電、消耗品から資材購入代金の圧縮に及ぶ大小の出費の削減に、会社とし
 て取り組みはじめます。「ムダ」追求の本丸は「ヒト」です。人員を減らす、
 残業を無くすという行動も「ヒト」に関わる「ムダ」の排除です。
 しかし究極は会社で働く一人一人の頭の中の改革に行きつくのです。この際、
 まず経営トップからここに視点を向け、行動化していかれると展望が開ける
 きっかけになるかも知れません。

■考える力、技術力のアップ。
「モノ」が売れにくくなっています。今まで通りのことをただ続けるだけでは、
 どうにも将来がないのではと、経営者も社員も悩みます。諦めて終われない
 ビジネスパーソンは、生き抜き、勝ち抜いて行くために必要な行動を始めま
 す。そして以前より強くなります。人間力、スキルが向上してきます。焦っ
 て「コト」を構えるのではなく、多方面から情報を得つつ、進むべき方向を
 正しく判断する力をつけた経営者、社員が育っています。


事業承継を考えておられる会社のオーナーと後継者にとっては、この資産デフ
レの今の日本の状況は、実は大歓迎なのです。「自社の株式評価」の額が、自
然に下がっているのです。下がっていれば株式を移しやすくなります。また後
継者が買い取る場合も低い額でできます。

いつまでも我が国の景気が悪くてもよいという訳ではありませんが、現実にそ
の雲に覆われた状態であるなら、それを活かして使うのも経営体質の強化につ
ながります。
日本に景気回復の薄日が射してきたときには、大きく羽ばたくことができるで
しょう。


===================================
2 役員退職金として活用する保険
===================================
生命保険の営業の方からよく「役員退職金を準備するために保険を活用しまし
ょう」と提案されたご経験はありませんか?
ここで注意しなければならない点として退職金には「生存退職金」と「死亡退
職金」という二つの異なる性格があるということです。この二つの異なる性格
を理解した上で、自分にとって準備すべき退職金は何であるのか?それに見合
った保険はどのようなものなのか?を考える必要があります。

■退職金を受取る際の税金
 退職金を受取る際にかかる税金も、「生存退職金」と「死亡退職金」で異な
 りす。
「生存退職金」には所得税等が、「死亡退職金」には相続税がかかります。
 老後の資金等として活用する「生存退職金」の退職所得の計算方法は所得税
 法で規定されています。

(退職手当等の収入-退職所得控除額)×1/2×税率 となります。
 所得税等は一般の給与収入等に比べてかなり低い税額の負担です。

 死亡の際に遺族に財産を残したい場合の「死亡退職金」の課税価格の計算方
 法は相続税法で規定されています。

(死亡退職金-法定相続人数×500万円)が控除される取扱いとなっていま
 す。

 個人契約の生命保険の「死亡保険金」についても同様の計算方法であるため、
 ご遺族に財産を残したい場合には、死亡退職金を生命保険で準備すると共に、
 さらに個人の生命保険を契約し、保険金受取時には、「死亡退職金」「死亡
 保険金」の両方で相続税の非課税枠(法定相続人×500万円)を受けると
 いう節税方法が有効です。

■弔慰金の活用
 相続税の非課税枠をさらに有効に活用するための方法として、弔慰金の活用
 が挙げられます。弔慰金とは、死亡により会社を退職することになった場合
 に、会社から支払を受けるものですが、「弔慰金」は一定金額まで相続税の
 課税はされず、かつ、支払いをする会社の側でも損金となります。
 なお、相続税の課税がされない一定額は以下です。

 JIS+2D21被相続人の死亡が業務上の死亡であるときは給与の3年分に相当する金額

 JIS+2D22被相続人の死亡が業務上の死亡でないときは給与の半年分に相当する金額

 このように、「役員退職金を準備するために保険を活用しましょう!」と一
 口で言われてもその意味合いは目的によって大きく異なります。明確な目的
 のもとに自身が望む退職金を準備なさることが大切です。


===================================
3 編集後記
===================================
先日、東京から友人が仕事で大阪にやって来ました。この友人とは高校時から
の付き合いで、最後に会ったのは実に3年前。しかし困ったことに、この日は
娘の2歳の誕生日でもありました。どちらを優先するかで家族会議が開かれま
したが、娘の誕生日は年に1回、友人と会うのは3年に1回。機会の希少性を
重視して、今回は友人と会うことが許可されました。この埋め合わせは次の日
曜日にしなければなりません。(佐藤)


 【 バックナンバーはこちら 】
 
http://k.d.combzmail.jp/t/c39t/a0tctwx0dikcedlq9hrEH


━━━━━━━━━━━━━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━

★『労働保険事務組合』を活用しませんか!!★

 当貝原会計事務所は、国の認可を受けた労働保険事務組合を併設しています。
 リーズナブルな料金で、煩雑な雇用保険・労災保険の事務手続を代行いたし
 ます。また健康保険や厚生年金、各種助成金についてのご相談にも対応いた
 します。
 詳しくは貝原会計事務所事務組合担当者までお気軽にお問い合わせください。


無料相談の好評受付中!!

 現在、貝原会計事務所では事業経営者の方、個人的な相続問題を抱えておら
 れる方などからの無料相談をお受け致しております。ご来所いただくことを
 原則にしています。
 日程のご予約はhttp://k.d.combzmail.jp/t/c39t/a0tcuwx0dikcedlq9h5MPへ
 お願いします。

『経営者の四季』好評配布中!!

 経営のヒントとなる小冊子『経営者の四季』を毎月、送らせていただきます。
 ご希望の方は、貝原会計事務所まで、ご連絡ください。

【メールでのお問合せ・ご質問】
 kaibara@tkcnf.or.jp
【フリーダイヤルによるお問合せ・ご質問】
  0120-62-1361

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行責任者:貝 原 会 計 事 務 所
 住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1-6-16 野村不動産堺筋本町ビル901号
 TEL:06-6263-1361  TEL:0120-62-1361(フリーダイヤル)
 FAX:06-6263-1362
 メール:kaibara@tkcnf.or.jp 
 URL:http://k.d.combzmail.jp/t/c39t/a0tcvwx0dikcedlq9hFWK
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【 配信停止は下記をクリックして下さい。】
https://cbz.jp/d/c39t&m=E-Mail