バックナンバー

  さくら通信 http://www.kaibara-kaikei.jp/

□ 最新号

  さくら通信 第767号[役員貸...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  さくら通信 第767号[役員...
さくら通信 第766号[20...
さくら通信 第765号[政府...
さくら通信 第764号[「外...
さくら通信 第763号[軽減...
さくら通信 第762号[新制...
さくら通信 第761号[消費...
さくら通信 第760号[祖父...
さくら通信 第759号[祖父...
さくら通信 第758号[消費...
さくら通信 臨時号[消費税改...
さくら通信 第757号[IT...
さくら通信 第756号[IT...
さくら通信 第755号[平成...
さくら通信 第754号[連休...
さくら通信 第753号[消費...
さくら通信 第752号[中小...
さくら通信 第751号[借り...
さくら通信 第750号[事業...
さくら通信 臨時号[ものづく...
さくら通信 第749号[春の...
さくら通信 第748号[中小...
さくら通信 第747号[社長...
さくら通信 第746号[個人...
さくら通信 第745号[「働...
さくら通信 第744号[ふる...
さくら通信 第743号[もの...
さくら通信 第742号[パー...
さくら通信 第741号 [住...
さくら通信 第740号 新年...
さくら通信 第739号 [年...
さくら通信 第738号 [平...
さくら通信 第737号 [融...
さくら通信 第736号 [ ...
さくら通信 第735号 [ク...
さくら会計通信 第734号 ...
さくら通信 臨時号[ 弊社お...
さくら通信 第733号 [ ...
さくら通信 第732号 [ ...
さくら通信 臨時号 ◆◆ セ...
さくら通信 第731号 [今...
さくら通信 第730号 [女...
さくら通信 第729号 【...
さくら通信 第727号 [電...
さくら通信 第727号 [民...
さくら通信 第726号 [経...
さくら通信 第725号 【高...
さくら通信 第724号  I...
さくら通信 第722号 もの...
さくら通信 第721号 【事...
さくら通信 第720号 深刻...
さくら通信 第719号 相当...
さくら通信 臨時号 【事業承...
さくら通信 第718号 【5...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
DearName

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  かいばら会計通信  貝原会計事務所    第376号   2011.09.22
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆ 目次 ◆◆

1.金融円滑化法をめぐる動き
2.経営セーフティー共済について
3.編集後記
4.お知らせ

===================================
1 金融円滑化法をめぐる動き
===================================
平成21年11月30日に金融円滑化法が成立してから2年になろうとしてい
ます。

■金融円滑化法とは
 中小企業者に対する金融の円滑化を図るための臨時措置で、金融機関に対し
 中小企業者または住宅ローンの借り手から申込のあった場合にはできる限り
 その条件変更に応じる努力義務を課したものです。
 平成23年3月までの時限立法でしたが1年延長されています。

■影響
 この法律の施行によりこれまでの金融機関の対応は大きく変わり、リスケに
 かなり柔軟な対応をするようになりました。このためこの制度を利用した中
 小企業の多くは返済資金を猶予してもらい、事業の再構築の時間を作ること
 が出来るようになりました。

■問題点
 しかしながらこの間、東日本大震災、円高の進行などもあり、景気は良くな
 っていません。リスケが長引くにつれ次のような問題点が浮かび上がってき
 ました。

 1.震災の影響、長引く不況のもと、借り手である中小企業者の経営の改善
   への取り組みも不十分であり、企業は現実には資産を取り崩して赤字の
   補てんをしている。
 2.返済猶予が長期間続くと返済意欲をなくすといった、モラルリスクの増
   大も懸念されます。

■今後に向けて
 平成23年4月4日に金融庁から、新たな金融監督に関する指針が公表され
 ました。
 この指針では金融機関に対し税理士など外部機関と連携して、経営改善への
 取り組みを強化するよう求めています。リスケをされた事業者の中には銀行
 から改善計画書の提出を求められた方も多いと思います。
 しかしながら現実には多分に形式的であり、経営改善には至っていないよう
 に思います。しかし現状を変えるためには次の点に注目して改善すべきです。

 1.自社の強み弱みを改めて見直す
 2.新たな販路、新たな商品の開発
 3.固定費の削減
 4.実行可能な行動計画を盛り込んだ経営計画の策定
 5.具体的な進捗状況の把握

■円滑化指針では新規の貸し出しについて、債務償還能力が向上すると見込め
 る場合は積極的に貸し出しするよう金融機関に求めています。
 しかし実際に行われるためには、経営改善計画の着実な達成が必要です。
 経営者の皆様あきらめることなく着実に前に進みましょう。迷われた時には
 会計事務所に相談して下さい。お力になりたいと思っています。


===================================
2 経営セーフティー共済について
===================================
経営セーフティー共済とは中小企業倒産防止共済の事を言いますが、平成23
年10月1日より制度変更となります。

■今回の主たる制度改正
 JIS+2D21掛け金の引上げ
 JIS+2D22掛け金の積立限度額の引上げ
 JIS+2D23共済金の貸付限度額の引上げ
 JIS+2D24早期償還手当金の創設

 改正前の月額掛金の上限が8万円から20万円に引上げられました。
 また月額掛金は5千円〜20万円の5千円単位で掛ける事ができ、加入後も
 増減・減額する事ができます。(減額には要件があります)この掛金は全額
 損金として処理する事が出来ますので、税金対策としても有効です。

 また、12ヵ月以上掛ける事により80%以上は返戻がありますし、40ヵ
 月以上掛けるとその全額が返戻される事になりますので、退職金に対する準
 備金としても有効になると思います。

 月額掛金が引上げられたことにより積立限度額も800万円に、共済金の貸
 付限度額も8000万円に引上げられました。また共済金の貸付を受けた場
 合、貸付額の10分の1に相当する掛金の権利は消滅しますが、得意先が倒
 産した場合など、保険として非常に心強い安心材料ともなります。
 一度ご検討されてはいかがでしょうか?


===================================
3 編集後記
===================================
メジャーリーグ、シアトルマリナーズのイチロー選手が苦しんでいます。これ
まで10年連続して、シーズン200本以上のヒットを打ってきましたが、今年は
残り8試合で200本安打まであと24本(9月21日時点)と苦境に立たされていま
す。年齢による体力の衰え、特に動体視力の低下が原因との指摘がありますが、
記録が途切れてしまうのは非常に残念です。奇跡を信じ、最後まで応援したい
と思います。(福田)


 【 バックナンバーはこちら 】
 
http://k.d.combzmail.jp/t/c39t/a0z3p6x0cix3kiefmp3J2


━━━━━━━━━━━━━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━

★『労働保険事務組合』を活用しませんか!!★

 当貝原会計事務所は、国の認可を受けた労働保険事務組合を併設しています。
 リーズナブルな料金で、煩雑な雇用保険・労災保険の事務手続を代行いたし
 ます。また健康保険や厚生年金、各種助成金についてのご相談にも対応いた
 します。
 詳しくは貝原会計事務所事務組合担当者までお気軽にお問い合わせください。


無料相談の好評受付中!!

 現在、貝原会計事務所では事業経営者の方、個人的な相続問題を抱えておら
 れる方などからの無料相談をお受け致しております。ご来所いただくことを
 原則にしています。
 日程のご予約はhttp://k.d.combzmail.jp/t/c39t/a0z3q6x0cix3kiefmpD7wへ
 お願いします。

『経営者の四季』好評配布中!!

 経営のヒントとなる小冊子『経営者の四季』を毎月、送らせていただきます。
 ご希望の方は、貝原会計事務所まで、ご連絡ください。

【メールでのお問合せ・ご質問】
 kaibara@tkcnf.or.jp
【フリーダイヤルによるお問合せ・ご質問】
  0120-62-1361

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行責任者:貝 原 会 計 事 務 所
 住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1-6-16 野村不動産堺筋本町ビル901号
 TEL:06-6263-1361  TEL:0120-62-1361(フリーダイヤル)
 FAX:06-6263-1362
 メール:kaibara@tkcnf.or.jp 
 URL:http://k.d.combzmail.jp/t/c39t/a0z3r6x0cix3kiefmpZKa
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【 配信停止は下記をクリックして下さい。】
https://cbz.jp/d/c39t&m=E-Mail