バックナンバー

  さくら通信 http://www.kaibara-kaikei.jp/

□ 最新号

  さくら通信 第766号[201...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  さくら通信 第766号[20...
さくら通信 第765号[政府...
さくら通信 第764号[「外...
さくら通信 第763号[軽減...
さくら通信 第762号[新制...
さくら通信 第761号[消費...
さくら通信 第760号[祖父...
さくら通信 第759号[祖父...
さくら通信 第758号[消費...
さくら通信 臨時号[消費税改...
さくら通信 第757号[IT...
さくら通信 第756号[IT...
さくら通信 第755号[平成...
さくら通信 第754号[連休...
さくら通信 第753号[消費...
さくら通信 第752号[中小...
さくら通信 第751号[借り...
さくら通信 第750号[事業...
さくら通信 臨時号[ものづく...
さくら通信 第749号[春の...
さくら通信 第748号[中小...
さくら通信 第747号[社長...
さくら通信 第746号[個人...
さくら通信 第745号[「働...
さくら通信 第744号[ふる...
さくら通信 第743号[もの...
さくら通信 第742号[パー...
さくら通信 第741号 [住...
さくら通信 第740号 新年...
さくら通信 第739号 [年...
さくら通信 第738号 [平...
さくら通信 第737号 [融...
さくら通信 第736号 [ ...
さくら通信 第735号 [ク...
さくら会計通信 第734号 ...
さくら通信 臨時号[ 弊社お...
さくら通信 第733号 [ ...
さくら通信 第732号 [ ...
さくら通信 臨時号 ◆◆ セ...
さくら通信 第731号 [今...
さくら通信 第730号 [女...
さくら通信 第729号 【...
さくら通信 第727号 [電...
さくら通信 第727号 [民...
さくら通信 第726号 [経...
さくら通信 第725号 【高...
さくら通信 第724号  I...
さくら通信 第722号 もの...
さくら通信 第721号 【事...
さくら通信 第720号 深刻...
さくら通信 第719号 相当...
さくら通信 臨時号 【事業承...
さくら通信 第718号 【5...
さくら通信 第717号 被...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
DearName

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  かいばら会計通信  貝原会計事務所    第366号   2011.07.14
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆ 目次 ◆◆

1.会社経営と個人経営のメリットデメリット!
2.連結財務諸表の表示の変更について
3.編集後記
4.お知らせ

===================================
1 会社経営と個人経営のメリットデメリット
===================================
事業を行うには個人事業としてすることも可能です。しかし最近は法人を設立
して事業を始める方も増えてきました。
法人設立時の資本金は、昔は1,000万円が必要であったため、その資金の
用意がハードルとなっていました。

しかし現在の会社法では資本金は1円でも可能となりました。また設立手続上
も金融機関の株式払込金証明書に変えて、通帳の写しでもよいこととなり、ず
いぶんと法人設立は簡単となりました。
そこで今回は改めて会社経営のメリットとデメリットについてお話ししたいと
思います。

■メリット
JIS+2D21節税対策が取りやすい。例えば・・・

 ア)生命保険料の一部または全部が損金対象になるなど経費として認められ
   る範囲が拡大します。
 イ)代表者の報酬についても、給与所得控除として所得控除が認められる。

JIS+2D22税率が一定のため所得の額が多くなると累進課税の所得税より税額が少なく
 なる。

JIS+2D23法人設立から2年間は消費税の免税事業者になる。(資本金1,000万円
 未満の場合)
 ※平成25年1月1日以後開始事業年度より2年目は課税事業業者となる
  場合があります。

JIS+2D23事業を永続的に継続することができる。

JIS+2D24資金、人材が集めやすい。

JIS+2D25対外的な信用力も高くなる。

JIS+2D26相続対策がしやすくなる。

■法人設立(会社経営)のデメリット
JIS+2D21設立コストがかかる。(25万円〜35万円程度)

JIS+2D22事務コストがかかる。

JIS+2D23赤字の場合も法人市府民税の均等割りがかかる。(資本金1,000万円で
 年間7〜8万円程度)

JIS+2D24交際費の損金算入額に限度がある。現行法人税では1事業年度あたり600
 万円までは90%が損金となります。600万円を超えると全額課税となり
 ます。

事業の継続が見込めるようですと、法人とした方がメリットが大きいようです。
世間の景気は芳しくないですが、まだまだやれることはあるはずです。
法人として事業をやることにチャレンジしてみませんか?
当事務所でも新設法人を応援しています。よろしければご相談下さい!


===================================
2 連結財務諸表の表示の変更について
===================================
投資家の方はご存知だと思いますが、平成23年3月31以後終了する連結会計年
度の年度末に係る連結財務諸表一部が変更されているのはご存知でしょうか?

今回の改正は損益計算書の表示面に関する規定となっています。
従来の損益計算書は純利益の表示を目的としていましたが、今回設けられた包
括利益の表示に関する会計基準による変更は下記の通りとなっております。

■新基準の目的
 今回の改正の目的は会計基準の国際的な収束の取組みの一環としたものであ
 り、海外からの資金調達を目的に改正されたものです。

■新会計基準の概要
 財務諸表における包括利益及びその他の包括利益の表示について定めること
 を目的とする。当期純利益を構成する項目及びその他の包括利益を構成する
 項目に関する認識及び測定については、他の会計基準の定めに従う。となっ
 ています。つまり、連結財務諸表においての利益は包括利益を表示する事に
 なりました。

 「包括利益」とは、ある企業の特定期間の財務諸表において認識された純資
 産の変動額のうち、当該企業の純資産に対する持分所有者との直接的な取引
 によらない部分をいう。当該企業の純資産に対する持分所有者には、当該企
 業の株主のほか当該企業の発行する新株予約権の所有者が含まれ、連結財務
 諸表においては、当該企業の子会社の少数株主も含まれる。「その他の包括
 利益」とは、包括利益のうち当期純利益及び少数株主損益に含まれない部分
 をいいます。

 今までの純利益は、実現・確定した損益だけを利益としていましたが、今回
 の改正では、保有するその他有価証券の評価損益もその他の包括利益として
 認識するということになりました。


現在の基準において適用されるのは、連結財務諸表を作成する企業グループに
対するものだけですが、今後は中堅・中小企業を含む非上場会社においても、
適用されるか否か検討されています。


===================================
3 編集後記
===================================
今月の24日をもってアナログ放送が終了してしまいます。我が家でも何台か
テレビを買い替えましたが、残りはチューナーを買って対応しました。チュー
ナーってどうかと思っていましたが、今までみたいにテレビ見るだけでしたら、
これで十分でした。急いでテレビ買い替えて少し後悔しています。画面の左下
に、「アナログ放送終了まであと○日」と表示されていましたら、それはアナ
ログ放送ですよ!(布施)


 【 バックナンバーはこちら 】
 
http://k.d.combzmail.jp/t/c39t/a00jxgw0bizthq5uo52uB


━━━━━━━━━━━━━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━

★『労働保険事務組合』を活用しませんか!!★

 当貝原会計事務所は、国の認可を受けた労働保険事務組合を併設しています。
 リーズナブルな料金で、煩雑な雇用保険・労災保険の事務手続を代行いたし
 ます。また健康保険や厚生年金、各種助成金についてのご相談にも対応いた
 します。
 詳しくは貝原会計事務所事務組合担当者までお気軽にお問い合わせください。


無料相談の好評受付中!!

 現在、貝原会計事務所では事業経営者の方、個人的な相続問題を抱えておら
 れる方などからの無料相談をお受け致しております。ご来所いただくことを
 原則にしています。
 日程のご予約はhttp://k.d.combzmail.jp/t/c39t/a00jygw0bizthq5uo5OAUへ
 お願いします。

『経営者の四季』好評配布中!!

 経営のヒントとなる小冊子『経営者の四季』を毎月、送らせていただきます。
 ご希望の方は、貝原会計事務所まで、ご連絡ください。

【メールでのお問合せ・ご質問】
 kaibara@tkcnf.or.jp
【フリーダイヤルによるお問合せ・ご質問】
  0120-62-1361

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行責任者:貝 原 会 計 事 務 所
 住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1-6-16 野村不動産堺筋本町ビル901号
 TEL:06-6263-1361  TEL:0120-62-1361(フリーダイヤル)
 FAX:06-6263-1362
 メール:kaibara@tkcnf.or.jp 
 URL:http://k.d.combzmail.jp/t/c39t/a00jzgw0bizthq5uo5zfq
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【 配信停止は下記をクリックして下さい。】
https://cbz.jp/d/c39t&m=E-Mail