バックナンバー

  さくら通信 http://www.kaibara-kaikei.jp/

□ 最新号

  さくら通信 第766号[201...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  さくら通信 第766号[20...
さくら通信 第765号[政府...
さくら通信 第764号[「外...
さくら通信 第763号[軽減...
さくら通信 第762号[新制...
さくら通信 第761号[消費...
さくら通信 第760号[祖父...
さくら通信 第759号[祖父...
さくら通信 第758号[消費...
さくら通信 臨時号[消費税改...
さくら通信 第757号[IT...
さくら通信 第756号[IT...
さくら通信 第755号[平成...
さくら通信 第754号[連休...
さくら通信 第753号[消費...
さくら通信 第752号[中小...
さくら通信 第751号[借り...
さくら通信 第750号[事業...
さくら通信 臨時号[ものづく...
さくら通信 第749号[春の...
さくら通信 第748号[中小...
さくら通信 第747号[社長...
さくら通信 第746号[個人...
さくら通信 第745号[「働...
さくら通信 第744号[ふる...
さくら通信 第743号[もの...
さくら通信 第742号[パー...
さくら通信 第741号 [住...
さくら通信 第740号 新年...
さくら通信 第739号 [年...
さくら通信 第738号 [平...
さくら通信 第737号 [融...
さくら通信 第736号 [ ...
さくら通信 第735号 [ク...
さくら会計通信 第734号 ...
さくら通信 臨時号[ 弊社お...
さくら通信 第733号 [ ...
さくら通信 第732号 [ ...
さくら通信 臨時号 ◆◆ セ...
さくら通信 第731号 [今...
さくら通信 第730号 [女...
さくら通信 第729号 【...
さくら通信 第727号 [電...
さくら通信 第727号 [民...
さくら通信 第726号 [経...
さくら通信 第725号 【高...
さくら通信 第724号  I...
さくら通信 第722号 もの...
さくら通信 第721号 【事...
さくら通信 第720号 深刻...
さくら通信 第719号 相当...
さくら通信 臨時号 【事業承...
さくら通信 第718号 【5...
さくら通信 第717号 被...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
DearName

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  かいばら会計通信  貝原会計事務所    第347号   2011.03.03
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆ 目次 ◆◆

1.消費税の免税点制度が変わります!
2.確定申告は青色申告で提出しましょう!
3.編集後記
4.お知らせ

===================================
1 消費税の免税点制度が変わります
===================================
 平成23年度税制改正注目点!
 昨年12月に財務省より発表された「平成23年度税制改正大綱」では下記
  の点に注目です。

■これまでの免税点制度
 消費税の課税事業者となるか、免税事業者かは課税売上高が1,000万円
 を超えているかどうかで判定します。1,000万円超の場合課税事業者と
 なり以下の場合は免税事業者となります。
 ただこの1,000万円の判定は申告する年度ではなく基準期間の課税売上
 高によることとなっています。基準期間とは申告する事業年度の前々期(個
 人事業の場合前々年)をいいます。例えば平成23年3月決算法人の基準期
 間は平成21年3月決算期です。平成21年3月決算期の課税売上高が1,
 000万円超の場合、平成23年3月決算期は課税事業者となります。

■改正案
 次の事業者で課税売上高が1,000万円を超える場合は免税点制度が適用
 されません。

(1)個人事業者―その年の前年1月1日より6月30日までの間の課税売上高

(2)法人―その事業年度の前事業年度開始の日から6月間の課税売上高

 つまり従来の免税点制度の場合、免税事業者の課税売上高が1,000万円
 を超えた場合、翌々事業年度から課税事業者となったのですが、新しい制度
 では課税期間の上半期の課税売上高が1,000万円を超えた場合、翌事業
 年度から課税事業者となります。1年早く課税事業者となってしまうのです。

■適用開始
 平成24年10月1日以後開始する年または事業年度より適用。

 上記の改正は派遣事業などで2年ごとに2つの会社間で転籍を繰り返し、結
 果的に消費税の納税を逃れるといった抜け穴をなくす意味があるようです。
 消費税は多額の納税となる場合があります。申告納付もれとなると加算税も
 かかってきますので十分な注意が必要です。


===================================
2 確定申告は青色申告で提出しましょう
===================================
 2月16日から22年分の確定申告の提出が始まっています。自分で確定申 
 告を作成し提出される方も多いと思われます。ご存知だと思いますが、所得
 税の申告には青色と白色の2種類があります。
 所得別に見ますと、青色申告の割合は次のような統計がでていました。

 所得 300万円以下         49%
    300万円超〜500万円以下  56%
    500万円超〜1000万円以下 67%
    1000万円超〜        77%

 所得税は、超過累進税率ですから収入が多いほど青色申告によるメリットが
  大きいので、青色申告による提出割合が高いのは当然ですが、収入300万
 円以下の方でも49%の人が青色申告をしているところをみますと、青色申
 告のメリットを利用して上手に節税し、黒字経営に役立てていることが推測
 されます。

 青色申告は、事業所得、不動産所得、山林所得がある人で、一定水準の記帳
 をし、その記帳に基づいて正しい申告をする人については、所得金額の計算
 などについて有利な取扱いが受けられる制度です。

 青色申告のメリットは、約40種類ありますが、主なメリットでは
  1 青色申告特別控除10万円(一定の要件を満たせば65万円)
  2 専従者給与
  3 純損失の繰り越し控除、純損失の繰り戻し還付
  4 減価償却の特例、貸倒引当金の繰入
 などがあります。

 内容については、今回記載は省略させていただきますが、現在白色申告で申
 告されている方で、利益が出ている場合は是非青色申告に切り替えてくださ
 い。ただし青色申告に切り替えるには申請をしないといけません。
 平成23年(今年)より、青色申告の承認を受けるには、この3月15日ま
 でに納税地の所轄税務署長に提出する必要があります。今年の申告と一緒に
 申請書も提出しましょう。


===================================
3 編集後記
===================================
3月になり、もうすぐ桜が咲く季節になりましたね。皆さんは桜の下でお花見
などしていますか?私は毎年お城の周りの公園でやっているのですが、花より
団子状態で、まったく桜を見ようとせず、お酒がメインになってしまっている
ので、桜はなくても一緒じゃないのでは…と思っています。「花より団子」も
結構ですが、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう!(谷川)


 【 バックナンバーはこちら 】
   http://k.d.combzmail.jp/t/c39t/a09l9zu08illu5prep

━━━━━━━━━━━━━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━

★『労働保険事務組合』を活用しませんか!!★

 当貝原会計事務所は、国の認可を受けた労働保険事務組合を併設しています。
 リーズナブルな料金で、煩雑な雇用保険・労災保険の事務手続を代行いたし
 ます。また健康保険や厚生年金、各種助成金についてのご相談にも対応いた
 します。
 詳しくは貝原会計事務所事務組合担当者までお気軽にお問い合わせください。


無料相談の好評受付中!!

 現在、貝原会計事務所では事業経営者の方、個人的な相続問題を抱えておら
 れる方などからの無料相談をお受け致しております。ご来所いただくことを
 原則にしています。
 日程のご予約はhttp://k.d.combzmail.jp/t/c39t/a09lazu08illu5prepへ
 お願いします。

『経営者の四季』好評配布中!!

 経営のヒントとなる小冊子『経営者の四季』を毎月、送らせていただきます。
 ご希望の方は、貝原会計事務所まで、ご連絡ください。

【メールでのお問合せ・ご質問】
 kaibara@tkcnf.or.jp
【フリーダイヤルによるお問合せ・ご質問】
  0120-62-1361

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行責任者:貝 原 会 計 事 務 所
 住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1-6-16 野村不動産堺筋本町ビル901号
 TEL:06-6263-1361  TEL:0120-62-1361(フリーダイヤル)
 FAX:06-6263-1362
 メール:kaibara@tkcnf.or.jp 
 URL:http://k.d.combzmail.jp/t/c39t/a09lbzu08illu5prep
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【 配信停止は下記をクリックして下さい。】
     https://regist.combzmail.jp/d/c39t&m=E-Mail