バックナンバー

  さくら通信 http://www.kaibara-kaikei.jp/

□ 最新号

  さくら通信 第766号[201...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  さくら通信 第766号[20...
さくら通信 第765号[政府...
さくら通信 第764号[「外...
さくら通信 第763号[軽減...
さくら通信 第762号[新制...
さくら通信 第761号[消費...
さくら通信 第760号[祖父...
さくら通信 第759号[祖父...
さくら通信 第758号[消費...
さくら通信 臨時号[消費税改...
さくら通信 第757号[IT...
さくら通信 第756号[IT...
さくら通信 第755号[平成...
さくら通信 第754号[連休...
さくら通信 第753号[消費...
さくら通信 第752号[中小...
さくら通信 第751号[借り...
さくら通信 第750号[事業...
さくら通信 臨時号[ものづく...
さくら通信 第749号[春の...
さくら通信 第748号[中小...
さくら通信 第747号[社長...
さくら通信 第746号[個人...
さくら通信 第745号[「働...
さくら通信 第744号[ふる...
さくら通信 第743号[もの...
さくら通信 第742号[パー...
さくら通信 第741号 [住...
さくら通信 第740号 新年...
さくら通信 第739号 [年...
さくら通信 第738号 [平...
さくら通信 第737号 [融...
さくら通信 第736号 [ ...
さくら通信 第735号 [ク...
さくら会計通信 第734号 ...
さくら通信 臨時号[ 弊社お...
さくら通信 第733号 [ ...
さくら通信 第732号 [ ...
さくら通信 臨時号 ◆◆ セ...
さくら通信 第731号 [今...
さくら通信 第730号 [女...
さくら通信 第729号 【...
さくら通信 第727号 [電...
さくら通信 第727号 [民...
さくら通信 第726号 [経...
さくら通信 第725号 【高...
さくら通信 第724号  I...
さくら通信 第722号 もの...
さくら通信 第721号 【事...
さくら通信 第720号 深刻...
さくら通信 第719号 相当...
さくら通信 臨時号 【事業承...
さくら通信 第718号 【5...
さくら通信 第717号 被...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
DearName

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  かいばら会計通信  貝原会計事務所    第339号   2011.01.06
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆ 目次 ◆◆

1.激流に遡る
2.確定申告をしなければならない人
3.編集後記
4.お知らせ

===================================
1 激流に遡る 
===================================
いよいよ2011年がスタートしました。
明けましておめでとうございます。謹んでお喜びを申し上げます。

2010年は1年を通じて大変な年だったと思います。現下の日本経済は、きわめ
て困難な状況におかれています。長引くデフレ、円高など、先行きに強い危機
感を感じざるをえません。しかし、日本経済を支えているのは、企業数の99.
7%を占めている中小企業なのです。


■「激流に遡る」
当事務所が所属していますTKCの創始者であります、飯塚 毅先生の著書で
す。その中から、感銘を受けた部分をご紹介させていただきます。

なぜ私の会社は発展しないんでしょう?という質問を受ける事があります。不
思議とそういう方々には共通点がある事が分かります。自分というものについ
て、まことに無責任な限定を加えている、という1点であります。私は、相手
の理科を確かめながら、説明を始めるのです。こんな風に、、、。

重大な事は、現在の貴社の規模と名声は、今までに貴方が世間の人にどんなイ
メージを与え続けてきたかという事実の終結結果に過ぎないんだ、という事を
しっかりつかむ事ですよ。貴方の主観的願望をは無関係に、できるだけ主観を
離れて、冷酷に批判してみてご覧なさい。いろいろな点で欠陥や不足があった
事に気付くでしょう。その打開策を断行するんですよ。その時に邪魔になるの
が、自分に対する無責任な自己限定のクセなんです。
例えば、不安感を例にとりましょう。貴方は、実行の前に常に不安感を強く抱
くクセを持っているとしましょう。貴方は、その不安感が、何処から来て、何
処へ去るのか、見極めてみた事がありますか。結論を先に言いましょう。来る
処も無く、去る処も無い、のです。貴方の本心の幻影に過ぎなんですよ。貴方
が、お母さんのお腹から「おぎゃあ」と生まれたときに授かってきた貴方の本
心、それは無限定なものであり、それを被とは無心と呼び、或いは仏心と呼び、
最澄や空海は一心と呼んだんです。その無限定なるものが、真の貴方の実践主
体です。それに貴方は、勝手に限定を加えて、身動きできない自我の映像を観
念の中で作り上げて、俺ってこういうんだ、と尊い主体性に対して限定を加え
て、求めて不自由になっているだけなんですよ。ここを直さなければ、大発展
は期待できませんね、と。

現在の日本の経営者のみならず不況を唱える海外の経営者の方々にも読んでほ
しい著書です。敵は「外」にあるのではなく「内」なのではないか。

平成23年の年頭を迎えるにあたって、貝原会計事務所は元気な会社のビジネス
ドクターとしての役割を担うべく新たな決心のもと、日本中の中小企業の大い
なる飛躍を祈念致します。本年も当「貝原会計通信」をご愛読下さるようお願
い致します。


===================================
2 確定申告をしなければならない人 
===================================
1月に入り私達のような会計事務所は3月15日まで確定申告の忙しい時期に
入ります。そこで確定申告をする必要がある人、したら還付を受ける事が出来
る人を書き出しました。

■確定申告をしなければならない人
1.給与収入が2,000万円を超える人
2.複数の会社などから給与をもらっている人
3.給与所得がある人で他の所得の合計が20万円を超える人
 サラリーマンが給与以外の収入がある場合です。ただし他の所得が20万円以
 下の場合は確定申告の必要はありません。
4.同族会社の役員やその親族などで、その同族会社から給与のほかに、貸付
  金の利子、店舗・工場などの賃貸料、機械・器具の使用料などの支払を受け
 た人
5.給与について、災害減免法により源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた
 人
6.事業所得や不動産所得がある事業者
7.退職所得について20%の税率で所得税を源泉徴収され、その税額が正規
 の税額より少ない人
8.公的年金等に係る雑所得の金額から所得控除を差し引いた結果、残額があ
 る人
9.土地や建物を売却し売却益がでた人

■確定申告をすれば還付を受ける人
1.医療費控除、寄付金控除、政党等寄付金特別控除を受ける人。
2.住宅借入金特別控除を初めて受ける人。
3.平成22年の途中で退職し、その後再就職しなかった人。

確定申告については、国税庁のHPや税務署でも窓口を設けておりますが、分
からない事があれば、当事務所へご相談下さい。


===================================
3 編集後記
===================================
新年明けましておめでとうございます。
今号は平成23年度兎年最初のメールマガジンとなります。
さて、平成23年は税制にも改正が多く、殊に、所得税の控除関係の改正が行わ
れ、年末調整の計算も変わってしまう訳ですが、月々の給与源泉に関しては、
23年度源泉徴収税額表を見ている限りは変更点が無いようで、源泉徴収税額
表の変更がある度、お客様の中には、古い税額表を利用されて、源泉税額が多
かったり、少なかったりするものですが、そういった事が今回は無さそうなの
でほっとしております。

私はもちろん職員一同、税制改正等も含め、内容の濃いメールマガジンを目指
して一層の努力を致してまいる所存ですので、宜しくお願い申し上げます。乞
うご期待下さい。(山岸)


 【 バックナンバーはこちら 】
   http://k.d.combzmail.jp/t/c39t/a05x1au07i6qdgjjck

━━━━━━━━━━━━━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料相談の好評受付中!!

 現在、貝原会計事務所では事業経営者の方、個人的な相続問題を抱えておら
 れる方などからの無料相談をお受け致しております。ご来所いただくことを
 原則にしています。
 日程のご予約はhttp://k.d.combzmail.jp/t/c39t/a05x2au07i6qdgjjckへ
 お願いします。

『経営者の四季』好評配布中!!

 経営のヒントとなる小冊子『経営者の四季』を毎月、送らせていただきます。
 ご希望の方は、貝原会計事務所まで、ご連絡ください。

【メールでのお問合せ・ご質問】
 kaibara@tkcnf.or.jp
【フリーダイヤルによるお問合せ・ご質問】
  0120-62-1361

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行責任者:貝 原 会 計 事 務 所
 住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1-6-16 野村不動産堺筋本町ビル901号
 TEL:06-6263-1361  TEL:0120-62-1361(フリーダイヤル)
 FAX:06-6263-1362
 メール:kaibara@tkcnf.or.jp 
 URL:http://k.d.combzmail.jp/t/c39t/a05x3au07i6qdgjjck
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【 配信停止は下記をクリックして下さい。】
     https://regist.combzmail.jp/d/c39t&m=E-Mail