バックナンバー

  さくら通信 http://www.kaibara-kaikei.jp/

□ 最新号

  さくら通信 第766号[201...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  さくら通信 第766号[20...
さくら通信 第765号[政府...
さくら通信 第764号[「外...
さくら通信 第763号[軽減...
さくら通信 第762号[新制...
さくら通信 第761号[消費...
さくら通信 第760号[祖父...
さくら通信 第759号[祖父...
さくら通信 第758号[消費...
さくら通信 臨時号[消費税改...
さくら通信 第757号[IT...
さくら通信 第756号[IT...
さくら通信 第755号[平成...
さくら通信 第754号[連休...
さくら通信 第753号[消費...
さくら通信 第752号[中小...
さくら通信 第751号[借り...
さくら通信 第750号[事業...
さくら通信 臨時号[ものづく...
さくら通信 第749号[春の...
さくら通信 第748号[中小...
さくら通信 第747号[社長...
さくら通信 第746号[個人...
さくら通信 第745号[「働...
さくら通信 第744号[ふる...
さくら通信 第743号[もの...
さくら通信 第742号[パー...
さくら通信 第741号 [住...
さくら通信 第740号 新年...
さくら通信 第739号 [年...
さくら通信 第738号 [平...
さくら通信 第737号 [融...
さくら通信 第736号 [ ...
さくら通信 第735号 [ク...
さくら会計通信 第734号 ...
さくら通信 臨時号[ 弊社お...
さくら通信 第733号 [ ...
さくら通信 第732号 [ ...
さくら通信 臨時号 ◆◆ セ...
さくら通信 第731号 [今...
さくら通信 第730号 [女...
さくら通信 第729号 【...
さくら通信 第727号 [電...
さくら通信 第727号 [民...
さくら通信 第726号 [経...
さくら通信 第725号 【高...
さくら通信 第724号  I...
さくら通信 第722号 もの...
さくら通信 第721号 【事...
さくら通信 第720号 深刻...
さくら通信 第719号 相当...
さくら通信 臨時号 【事業承...
さくら通信 第718号 【5...
さくら通信 第717号 被...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
DearName

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  かいばら会計通信  貝原会計事務所    第323号   2010.09.02
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
___________________________________
 ◆◆ 目次 ◆◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 1.法人税の租税回避の防止策
 2.保険法施行の重要ポイント
 3.お知らせ
 4.編集後記
___________________________________

===================================
1 法人税の租税回避の防止策
===================================

100%グループ内法人間の資産の譲渡取引等

■親子関係会社間の不動産取引等の譲渡損益の繰延べ
親子関係にある法人間での取引によって生じた譲渡損益については、グループ
外への移転等まで、認識しないことになりました。この改正は、平成22年10月
1日以降に行う不動産等の譲渡損益について適用されます。

■譲渡損益の繰延べ対象資産は?
固定資産・土地(借地権等を含む)・有価証券・金銭債権・繰延資産です。も
ちろん棚卸資産等は含まれません。

■対象法人は?
完全支配関係がある法人間の取引ですので、100%子会社と親会社との間、と
いうのが一般的です。ただし、子会社間での取引についても、同一グループ内
ということで適用をうけます。(同一グループ内かどうかにより判定します)
また、兄がA社の株式を100%保有し、弟がB社の株式を100%保有している
ようなケースについても、A社B社間の取引について適用をうけます。

■株主に変更があった時は?
完全支配関係を有しないこととなった時は、譲渡したときに「譲渡利益額」
「譲渡損失額」で繰延べされていた金額は、その時の「益金の額」又は「損金
の額」に算入されます。

■除却した時は?
除却や貸倒れ等の事由が生じたときも、株主に変更があった時と同様、その時
の「益金の額」又は「損金の額」に算入されます。

■平成22年10月1日以後からの適用です。
親子会社間での資産の移転を検討されているのであれば、10月1日以降に移転
するのか、9月30日までに移転するのかで経理処理が全く違います。
どちらが有利かを選択されたうえで、移転時期をごご検討ください。

===================================
2 保険法施行の重要ポイント
===================================

■【保険法施行の重要ポイント】
9月に入り、猛暑も一段落してきましたが、円高等による日本経済の不安定な
状況はまだまだ続きそうです。このような経済状況をうけて、将来の生活に対
する保証のひとつとして保険について考えていく場面が増えていくことと思い
ます。本号では、2010年4月1日に施行された保険法について、その特徴をご説
明することにより、皆様が今後の保険を考える際に参考にしていただければと
思います。

■【保険法改正の背景】
保険法とは、保険契約に関する規律を定めた法律「契約法」にあたります。日
本では、これまで独立した保険の法律が整備されておらず、明治時代に制定さ
れた商法の保険に関する規定が保険契約法でしたが、時代の変遷とともにその
内容が社会情勢に合わなくなり、契約者保護の考え方などを取り入れた保険の
法律が必要と考えられるようになりました。こうした時代の要請を受けて誕生
したのが、2010年4月1日施行の保険法です。

■【保険法のポイント】
(1)契約者保護の重視
今回の保険法では、片面的強行規定が導入されました。保険法における片面的
強行規定とは、保険会社が約款などで保険の契約者に対し、条文より有利な条
項を定めることは可能ですが、不利な条項を定めることはできなくなったこと
をいいます。

(2)告知義務の見直し
法施行前は「自発的告知義務」であり、告知漏れを理由に保険金・給付金不払
いの問題が起きる可能性がありました。しかし、「質問応答義務」に代わり告
知書の質問事項について正確に答える形になり、上記の問題が整備されました。

(3)受取人の変更方法の明確化
保険金の受取人の変更について「保険契約者は、保険事故が発生するまでは保
険金受取人の変更をすることができる」及び「保険金受取人の変更は、保険者
(保険会社)に対する意思表示によってする」ことが明記され、保険会社に受
取人の意思表示をきちんと行わないと受取人の変更は認められないということ
が明記されました。
また、留意すべき事項として、保険契約者は、いつでも受取人の変更が可能で
すが、保険契約者と被保険者が別人の場合には被保険者の同意が必要となるこ
とがあげられます。

(4)遺言による受取人の変更
「保険金受取人の変更は、遺言によってもすることができる」と定められ遺言
による保険金受取人の変更が明記されました。遺言による保険金受取人の変更
については、これまでも判例にあり、可能だと考えられていましたが明記され
たことではっきりしました。なお、この場合遺言書自体が有効なものであるこ
と及び書き方が問題になってくるため、「どの保険金の受取人を誰にするか等」
を明確にし、遺言による受取人の変更が無効にならないよう注意する必要があ
ります。そして、「公正証書遺言」とされるのが良い選択です。

■保険法のポイントを列挙しましたが、その他にも受取人による介入権や解約・
失効などの場合の未経過期間の既払い保険料の返金について等注目すべき点は
多くあります。保険について考えられる際、疑問点などおありの際は貝原会計
事務所までご相談下さい。

 【 バックナンバーはこちら 】
   http://k.d.combzmail.jp/t/c39t/90wwdox0ogf0e5qst1

━━━━━━━━━━━━━━お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料相談の好評受付中!!

 現在、貝原会計事務所では事業経営者の方、個人的な相続問題を抱えておら
 れる方などからの無料相談をお受け致しております。但し1時間まで、ご来
 所いただくことを原則にしています。
 日程のご予約はhttp://k.d.combzmail.jp/t/c39t/90wweox0ogf0e5qst1へ
 お願いします。

【メールでのお問合せ・ご質問】
 kaibara@tkcnf.or.jp
【フリーダイヤルによるお問合せ・ご質問】
  0120-62-1361

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

 相変わらずの猛暑日が続いております。クーラーなどの暑さに関連する家電
製品がよく売れているようです。私も今年に入ってクーラーを購入しました。
エコポイントが9,000ポイント付き、少し得した気分になりました。このエコ
ポイントですが、家電量販店のにぎわいをみると、経済効果を与えているのだ
なあと思います。私事ですが、エコポイントに釣られて家電を買い込んでしま
いました。

 このエコポイントと並ぶ政府の制度のエコカー補助金制度ですが、残念なが
ら国の予算を使い果たしてしまったような報道がされています。次の機会をみ
て、予算のある方は、早い意思決定が出来る準備をしておきましょう。

(松浦)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行責任者:貝 原 会 計 事 務 所
 住所:〒541-0053 大阪市中央区本町1-6-16 野村不動産堺筋本町ビル901号
 TEL:06-6263-1361  TEL:0120-62-1361(フリーダイヤル)
 FAX:06-6263-1362
 メール:kaibara@tkcnf.or.jp 
 URL:http://k.d.combzmail.jp/t/c39t/90wwfox0ogf0e5qst1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【 配信停止は下記をクリックして下さい。】
     https://regist.combzmail.jp/d/c39t&m=E-Mail