Nameさん


オウンドメディア創造集団
   株式会社レバレッジ 代表の只石です。



いつもありがとうございます。



今、
イチオシの映画こそ、、、

 【 ビリギャル 】


DVD:
http://amzn.to/1OS0vXt 


2015年、
最高に泣いて、
最高に感動した映画の称号を与えるとしたら、
今年は、
迷わず、ビリギャルです。

正直、、、タイトルから言って、まったく見るつもりもなかったです。
モデルとなった名古屋の塾の先生、坪田さんともお会いしたことあったけど、
それでも、全く、見るつもりがなかった。

しかし・・・


 「 ビリギャルって、ウソっぽいよね。 」


という、
ある人の一言で、急に見たくなったのだ。


あの話は、
偏差値38のバカ女子高生が、慶応大学に合格する話。
実話なのだ。


うそっぽい・・・


そう言われた時、
僕は、自分自身の人生に重ねた。


僕にも、
僕自身すら、信じられない、過去がある。

たった数ヶ月で、人生を変えてしまったミラクルな過去・・・


僕も
中学校3年生までは、ほぼ偏差値で言えば、40もなかった。
勉強はほとんどしてなかったし、
授業は寝るだけだった。


そんな僕が、
ちょっとした傷害事件(大したことないけど、、、)
で、先生に怒られるとおもいきや、、、


 「お前は、そもそもアタマがいいのにもったいない。」

と、言われ、
人生で初めて、『アタマが良い』と言われたことに、
なんか、自分の可能性を感じて、翌日から、家庭教師をつけてもらって、
その教師と共に、8ヶ月で、偏差値78の県下最高の超進学高校に受かってしまったのだ。



この結果は、
勉強したから、生まれたのか?

僕が、そもそも、アタマがよかったから?



もちろん、寸暇を惜しんで勉強したから得られた結果とは理解しているが、
ただ、ほとんどの要因は、、、、


 『 運がよかった 』と、理解している。


もし、
その家庭教師に合わなかったら・・・

もし、
その家庭教師の勉強法が僕に合わなかったら・・・

しかも、
難関高校の試験に出た国語の読解問題が、読んだことあった評論文だったり、
英語の長文も一度出逢った文章から出題されたという、超ミラクルなラッキーも重なった。



そう、
運がよかったのだ。



おそらく、ビリギャルの人も、結果的には、『運がよかった』んじゃないだろうか。



『運』に関わることなので、
再現するのは、結構難しいと思うし、
同じような結果を、誰もが出せるか?というとわからない。

だから、
周りからは、『ウソ』っぽい話にとらわれてしまうのは、わからなくはない。



ビリギャルの子が、慶応に受かったのも、事実だし、

僕が、県下一番の進学学校に受かったのも、紛れも無い事実。



しかし・・・

それは、『運』の要素があるから、
いくら、同じ勉強法や、
いくら、同じ塾、同じテキストをやったからといって、
同じ結果が得られるとは、わからない。

現に、
僕の家庭教師は、あれから、20年近く、
たくさんの生徒を見てきたみたいだけど、
僕みたいな、アホで最下位レベルから、ミラクルな結果を出す生徒には会ってないみたいだし、
結果を出す人は、最初から、偏差値もそこそこ良い生徒ばかりという。



なので、
ビリギャルをみて、我が子も!というのは、辞めたほうがいいと思う。



運は、その人にしか巡ってこないもので、
同じ運を求めても、再現されない。

というのが、僕の持論。



いくら、
僕が、中学生の生徒を持つ親御さんの前で、
当時の奇跡の起こし方を、問いても、
同じ結果を出せるか?と言われたら、疑問だ。



でも、
唯一、言えることがある。




 『 人 間 の 可 能 性 は 、 無 限 大 』



これだけは、間違いない。

ビリギャルのお母さんも、塾の先生も、
ビリギャルを心から信じていたし、応援していた。
誰よりも、彼女の可能性を信じ抜いていた。


実は、僕の家庭も一緒で、

あれほど厳しかった両親が、勉強をしだして、
メキメキと、成績を上げだしたら、僕を心底信じきってくれて、

「昌幸なら、絶対に受かるから、ダメもとで受けてみなさい。」

と言われ、
その高校など、1ミリも志望校にすら入れてなかったのに、
締め切りギリギリで、受験を申込み、結果、受かったのだ。

もし、
あの時、あの日、
両親が、その言葉を僕に投げてくれてなかったら、
僕は、東京にいなかっただろう。地元、群馬で、こじんまりと生きていたに違いない。



信じて、信じて、信じ抜いてあげる。



これが出来たら、
強制もないし、文句も出ないし、注意することすらなくなるかもしれない。

だって、
そもそも、できるのに、
できないという前提、無理という前提、自分が注意してあげないとダメという前提、

これらがあるから、つい、口を出すし、
これらがあるから、つい、悪い結果に、イライラしてしまうのではないだろうか。




人は、
自分自身を、なかなか、信じ切れない。

だから、
信じてあげてくれる人を、求めている。




僕は、そうなりたい。

誰よりも、信じてあげて、
誰よりも、応援してあげられる人に、僕はなりたい。

だって、僕が、そうしてもらって、今日があるのだから。





ビリギャル、
本当に、おすすめです!

DVD:
http://amzn.to/1OS0vXt 


---------------------------------------------------------

今日のコトバ
〜言葉が人生をつくり、言葉が未来をつくる〜:


 『  運は、信じることで生まれる。

      誰かが信じてくれると、さらに信じきれるから、結果、運があがる。  』


---------------------------------------------------------

Nameさん、
最後まで読んでいただき感謝いたします。


オウンドメディア創造集団
   株式会社レバレッジ 代表 只石




人は何度だって生まれ変わることができる。

そのきっかけは、
一人の人間との出逢いかもしれない。
一冊の本との出逢いかも知れない。

もし・・・
この『起業家只石昌幸レター』がきっかけになるのであれば、

明日からの変わろうとする貴方の勇気と共に歩みたい。


Nameさん、ありがとうございます!

       オウンドメディア創造集団
          株式会社レバレッジ 代表 只石




いつも、皆様からの応援メッセージには
心から励まされております。


私、只石へのご質問・ご意見は
このメールをそのままご返信いただければ
送信できます。
スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
確実に、すべてのメールは真摯に拝見しております。




ぜひ、
夢を信じてやまない友人や最愛の人に
このレターをご紹介ください。

 ご友人の方が、配信登録するには
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/




こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/



『誰もが、自分らしく自立した世の中をつくりたい!』



なお、
こだわり社長レターの文章を、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記するのは、ご自由にどうぞ。


今日まで、
本当に多くの方々のブログやミクシーにて
ご紹介いただいております。



『コピーライト』的な考えは僕にはありません。

どんどん、
コピーしてご使用ください。



僕だって、しょせん、
成功者からいただいたありがたいお言葉を
書かせてもらっております。

ただ、
転記の際は、出典元URLだけは明記してください。

【出典元URL】起業家只石昌幸レター:
http://www.lev.co.jp/mail-magazine/



このメールマガジンは  E-Mail 宛にお送りしています。



現在の発行部数    xxxxxxx 部

本当に、本当に、いつも最後まで読んでいただき
感謝してます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎起業家只石昌幸レター
 配信登録・停止はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/

● 2007年から配信し続けている、
  すべての過去バックナンバーもこちらにてご覧になれます。
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/


〜人に火をつけられる情熱人材創造中〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オウンドメディア創造集団
    株式会社レバレッジ 代表 只石昌幸


只石昌幸Facebook :
『只石』で検索してみてください。


株式会社レバレッジ
オフィシャルHP :http://www.lev.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 配信停止・拒否はこちらで簡単に解除可能です
【配信停止・拒否】⇒  http://www.lev.co.jp/mail-magazine/

なお、アドレス変更も、一旦、過去のメールアドレスを解除してから、
新規に登録しなおして頂けると可能です。

※なお、一旦停止するとメルマガは一切届きませんのでご注意ください