Nameさん


オウンドメディア創造集団
   株式会社レバレッジ 代表の只石です。



いつもありがとうございます。



先日、
ある人から、言われた。


 『 金持ちと貧乏人には片方からしか見えないミゾがある。 』


一瞬、
なんのこと??って、思いました。

お金持ちとそうじゃない人の間には、溝があるのはわかりますが、
それが、片方からしか見えないって??




でも、
その話を聞いて、すごく、理解出来ました。

僕にも、全く、同じ経験があるからです。





うちのデザイナーの名刺の話。

以前、
弊社にいたデザイナーとの仕事でのやりとりの中での話です。

その子は、
弊社の前に、他社でデザインの仕事をしてました。
それから、転職して弊社に来た子でした。


すごくセンスはいいのですが、
ちょっと仕事のスピードが気になるレベルでした。

僕自身、
独立をしたときは、社員もいなかったので、
僕自身で、WEB制作ソフトを使って、
僕自身が、WEB制作をしていたので、
ある程度、どの作業が、どのくらいの時間がかかるか把握してました。

しかも、
当時は、
デザインだけじゃなく、ディレクションはもちろん、
入金処理、請求書出し、管理など、すべて自分でやっていたので、
24時間のうち、睡眠時間をギリギリまで削っても間に合わず、
必然的に、『作業時間』にこだわりまくってました。

その結果、
あらゆる作業がスピードアップ出来ました。

僕にとって、
あの、たった1人で経営をやり、営業をやり、管理をやっていたからこそ、
今の仕事のスピードの基準が出来たと言えることでしょう。



そんな僕にとって、
ストレスに感じるくらい、
そのデザイナーのスピードが遅すぎると
思ってました。

ある日、
僕は、そのデザイナーに、名刺のデザインを依頼したのです。

しかも、
ベースのデザインは、すでにある名刺の変更です。


僕「名刺のデザインの変更、どのくらいでできる?」

デザイナー「あ、この量だと、2時間くらいあれば出来ます!!」

僕「・・・・は??」



僕には、
信じられませんでした。

僕の中で、用意していた数字は、『10分』。
10分でも、遅いデザイナーなら、出来るだろうと思う数字なので、
早いデザイナーがやれば、5分以内でできるって
確信レベルで思っていたので、呆れました。。。



僕「ウソでしょ。。。2時間って時間かけ過ぎだよ。10分でやって!」

デザイナー「無理です!!!私を困らせないでください。」



そのデザイナーは、
明らかに、僕に敵意というか、拒否反応を出してました。

なので、
僕は、こう言ったのです。


僕「では、俺が後ろに座ってストップウォッチで測るから、やってご覧。」

デザイナー「とにかく、無理です!!」



僕は、
押し切って、勝手に椅子を持ち出し、そのデザイナーの後ろに座り、
どんな作業をするのか?が見たくて、画面が見える位置で、
そのデザイナーの手元を見てました。


僕「よーい、ドン!」


そして、
ストップウォッチを起動させました。



僕は、
ヒトコトも、アドバイスも、指示もしませんでした。

ただ、
後ろに座って、”見ている”だけ。



そして、
デザイナーが、名刺のデザインにとりかかったのです。




それから・・・5分後。



デザイナー「できました。」

気まずそうに、そのデザイナーは、完了の声を出しました。

たった5分。

そう、
2時間の作業が、たった5分で終わったのです。

僕は、
アドバイスもしてません。

ただ、
僕がしたことは・・・


 『 このレベルの仕事は、5分で終わるんじゃないの? 』


という、
基準を示しただけです。





そのデザイナーは、驚いてました。


しかし、
後日談があります。

結局、
そのデザイナーの仕事のスピードは、
変わりませんでした。

事あるごとに、僕が後ろに座って5分で完了できた出来事の話を
しても、そのデザイナーから出てくる言葉は・・・・



 『 名刺のデザインとWEBのデザインは違う。 』



僕は、
笑っちゃいました。

WEBのデザインだって、もっと早くできるって、
後ろに座って、試したかったのですが、
その前に、そのデザイナーは、転職していってしまいました。



-----------



僕は、
その先輩経営者の、


 『 金持ちと貧乏人には片方からしか見えないミゾがある。 』


この話を聞いて、
デザイナーの後ろに座ったことを思い出したのです。




その先輩経営者の話とは、
こういうことでした。



 「すでに成功している人は、どうしてこっち側に来られないのか?わからない。

  要するに、貧乏人と成功者の間には、ミゾなどない。

  しかし、貧乏人は、勝手にミゾを作ってしまい、手を差し伸べても、渡ってこない。

  そこに我々には見えないミゾを勝手にイメージして、来られないことを、ミゾのせいにしている。

  だから、成功者の人が“簡単にできる!”ってアドバイスをしてくれたら、

  一切、疑うことなく、やってみるしかない。

  そこに、そもそも、できないというミゾなどないのだから。

  出来る人には、ただの道。

  しかし、

  出来ない人にとっては、道が途絶えていて、深いミゾがある。

  ミゾを飛び越えて、向こう側=成功に行きたければ、ミゾが見えない人のアドバイスを聞くしかない。」




そのデザイナーにとって、
デザインを5分でやるって、
そのデザイナーにとっても、絶対に仕事の短縮になるので
プラスなはず。
しかし、そもそも、最初から無理だとも思っている。

そんなの無理・・・って、成功に歩もうとしない。
ミゾがあるからだ。

しかし、出来る人にとっては、ミゾなどない。

なぜ、こんな簡単な作業が5分で出来ないの??


 



どんなに、説明しても
どんなに、論理的に伝えても、
どんなに、出来る理由を丁寧に届けても、、、


“飛び越えて”こない限り、
そのミゾは消えない。

試さない限り、
永遠にそのミゾが、存在して、ミゾの向こうに行けないのだ。




仮に、
さきほどの僕の話のように、
目の前で、結果を見せてあげても、
本人が、無理=ミゾと思っている限り、
結局、飛ばないのだ。



 『 you can lead a horse to water, but you can't make it drink 』

有名な英語のことわざで、

 『 馬を水場まで連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない 』

これって、真理だと思う。



もっとシンプルに言えば・・・


 『素直な人ほど、成功する』


これって、真理だと思う。




素直に、言うことを聞くこと、

素直に、先人のやり方を真似てみること、

これこそが、
目の前のミゾを消すやり方だと思う。



ただし、『本人が、変わりたい!と本気で思わない限り、変わらない。』




僕は、
たくさんの先輩や、
たくさんの先人たちに、

僕が勝手に、作り上げていたミゾを消してもらった。

しかし、
彼らが、消してくれるわけじゃない。
そもそも、存在しないのだから。




言われたとおりに、歩んでみるしかない。

そう、

行動しかないのだ。





僕は、
ミゾを消して、歩み続けたい。

これからも
僕の人生において、飛び越えられそうもないミゾがたくさん目の前に出てくるだろう。

しかし、
そんなもの、最初から存在しないのだ。

誰でも、同じように歩める。
人によって、やり方が違うだけだ。





歩みだけは、止めたくない。



---------------------------------------------------------

今日のコトバ
〜言葉が人生をつくり、言葉が未来をつくる〜:


 『  出来ない理由を100万回考えるよりも、出来た人に聞いた方がいい。  』


---------------------------------------------------------

Nameさん、
最後まで読んでいただき感謝いたします。


オウンドメディア創造集団
   株式会社レバレッジ 代表 只石




人は何度だって生まれ変わることができる。

そのきっかけは、
一人の人間との出逢いかもしれない。
一冊の本との出逢いかも知れない。

もし・・・
この『起業家只石昌幸レター』がきっかけになるのであれば、

明日からの変わろうとする貴方の勇気と共に歩みたい。


Nameさん、ありがとうございます!

       オウンドメディア創造集団
          株式会社レバレッジ 代表 只石




いつも、皆様からの応援メッセージには
心から励まされております。


私、只石へのご質問・ご意見は
このメールをそのままご返信いただければ
送信できます。
スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
確実に、すべてのメールは真摯に拝見しております。




ぜひ、
夢を信じてやまない友人や最愛の人に
このレターをご紹介ください。

 ご友人の方が、配信登録するには
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/




こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/



『誰もが、自分らしく自立した世の中をつくりたい!』



なお、
こだわり社長レターの文章を、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記するのは、ご自由にどうぞ。


今日まで、
本当に多くの方々のブログやミクシーにて
ご紹介いただいております。



『コピーライト』的な考えは僕にはありません。

どんどん、
コピーしてご使用ください。



僕だって、しょせん、
成功者からいただいたありがたいお言葉を
書かせてもらっております。

ただ、
転記の際は、出典元URLだけは明記してください。

【出典元URL】起業家只石昌幸レター:
http://www.lev.co.jp/mail-magazine/



このメールマガジンは  E-Mail 宛にお送りしています。



現在の発行部数    xxxxxxx 部

本当に、本当に、いつも最後まで読んでいただき
感謝してます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎起業家只石昌幸レター
 配信登録・停止はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/

● 2007年から配信し続けている、
  すべての過去バックナンバーもこちらにてご覧になれます。
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/


〜人に火をつけられる情熱人材創造中〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オウンドメディア創造集団
    株式会社レバレッジ 代表 只石昌幸


只石昌幸Facebook :
『只石』で検索してみてください。


株式会社レバレッジ
オフィシャルHP :http://www.lev.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 配信停止・拒否はこちらで簡単に解除可能です
【配信停止・拒否】⇒  http://www.lev.co.jp/mail-magazine/

なお、アドレス変更も、一旦、過去のメールアドレスを解除してから、
新規に登録しなおして頂けると可能です。

※なお、一旦停止するとメルマガは一切届きませんのでご注意ください