Nameさん


“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




以前、
僕の会社では、アメブロが流行った時、

どこの会社よりもいち早く、
アメブロのカスタマイズをコンサルタント業務として
サービスで提供することを始めた。


当時、
アメブロの社長ブログにおいて、圧倒的なアクセスを集めていた僕だったので、
このビジネスは、すぐに当たった。

あまりの問合せ数に、
社員を増やし、すべて社員に任せてやっていた。



ある日・・・



 「只石さんに、私のBlog、コンサルして欲しい。」



僕が呼ばれた講演が終わった時に、
ある女性に、声をかけられた。

僕の知っている女性性社長だった。



 「いいですけど、今は、、、すべて社員が担当になってやっているんですよ。」



そうやって、
社員から連絡をすることを促そうとしたら、



 「私は、あなた自身に、やってほしい。」



嬉しい半面、、、

当時は、
たくさんの人達のコンサルを、社員たちが
やっていたので、

なんで、、、僕がやらないといけないの。。。って、

面倒だな。って。笑



遠回しに、
断ったこと、覚えてます。



確かに、
僕は、何人ものアメブロをコンサルして、

人気Blogに変えてきてました。

しかし、
この仕事って、やればやるほど、
時間を圧倒的に取られてしまって、

気づいたら、
1日のコンサルのアポイントが、8件。

朝から晩まで、
全く違う人達のコンサルをやっていて、疲れきって
苦肉の策で、

よし、すべて社員に任せよう。と、決断した直後でした。




僕は、ゼロか100かの人。

やるなら、徹底的に。

やらないなら、一切、やらない。




ゆえに、
社員に任せた以上、一切、僕自身がコンサルをするのは
辞めよう。と。



そんな時期に、
この女性社長に声をかけられました。




これをきっかけに、

パーティーや、講演会や、セミナーなどで、

この女性社長に会うたびに、声をかけられる・・・



 「私は、あなたに、コンサルをして欲しい。」

 「私は、本気です。アナタの力がないと、私のブログは人気がでない。」



こう、
言われ続けたら、いやな気がしないのが、人間。



いつしか、
僕は、変わってきて・・・



 「よし、この人のBlogを本当の最後の作品にしよう!」



と。



そして、
僕は、この女性社長に、伝えた。



 『僕は、理想でしか提案はしないです。

     僕の理想を、カタチにしたいのですが、やりきってくれますか?』



その女性社長は、瞬間的に、YES!の返事だった。




そして、
産まれたのが、『ボンドガール美保』という、ネーミングのBlog。

この女性社長が、
人と人を繋げることが大好きで、

その結果、
繋げられた人たちが、シナジーを産んで、
すごく、感謝している彼女の日常を見て、

僕は、

ボンド=人をくっつけるという意味。

ボンドガール=主役のジェームス・ボンドを引き立てる女性。

というところから、
Blogの提案をした。


やるなら、徹底的に。




スタジオにわざわざ行って、

ボンドガールっぽい格好をさせて、

木工用ボンドまで手に持ってもらって、撮影をした。




それが、
このBlogです。


http://ameblo.jp/miho-majikarumama/



このBlogが、ウケた。

そりゃ、そうだ、本気でやったのだから。笑




僕は、
当時を振り返って、すごく思うのが、、、



 『ここまで、僕の提案を受けてくれたクライアントは、ほかにいない。』



とにかく、素直。

とにかく、言われたことはすべてやる。



彼女は、
このBlogをきっかけに、


 『Blog見ました。』って、言われるようになったという。






僕のBlogコンサル、最後の作品。

そして、

最後を飾るなら、圧倒的なBlogにしよう!と、一番意気込んだ作品。





そんな彼女は、
常に言っていた。



 『いつか、本を出したい。』と。



Blogをカスタマイズするのも、本を出すのが目的だった。



当時、
僕は、、、、「そうだね、本、だそうね。」って、

言っていたけど、

確信はしてなかった。




あれから、数年。

ずっと、会うたびに、本を出したいと。


ずっとだ。




ある日、
一枚の用紙を持ってきて・・・


 「只石さん、この用紙に、、、、

    ”私の本が出版されたら、何冊買う!”という冊数を書いてくれませんか?」



まだ、、、出版、諦めてないんだ、この人・・・




僕は、
全く、信じられず、

全く、何も考えずに、書いた。



 1冊。と。



ほかの人達は、数十冊、数百冊って書いているみたいだったけど、

僕は、
こういうところ、、、すごく現実的。



 一冊。と。



それから、数ヶ月。

本当に、彼女の書籍が、出版された。



僕は、、、、目が点になった。



 【 強 い 思 考 は 現 実 化 す る ん だ、、、 】



僕は、
送られてきた、彼女の書籍を読んで、

すごく、すごく、共感した。

彼女の姿、
彼女の未来の描き方、

彼女が、
ずっとあきらめないでやり続けている姿を

間近で、
観てきたからこそ、すごく、共感できた本でした。


「セールスはママが最強」な7つのワケ (角川フォレスタ) 
http://urx.nu/diUQ




そして、
来週、彼女の出版パーティーが行われる。

彼女を応援していた人たちが集結する。


講演は、
日刊スゴい人!編集部、前山亜杜武会長。

前山会長は、
美保さんを応援して、書籍は100冊買ったほど。



もし・・・

あなたが、
心から、自分の人生を変えたい!
心から、自分の可能性を信じたい!

というなら、
僕は、川上美保さんに会って欲しい。




彼女は、
働きながら、ママをやりながら、

会社を立ち上げ、Blogを書いて、そして、書籍を出した。




強い気持ちは、
強い営業を産み、

強い想いは、
周りを動かす。



ぜひ、
ひとりでも多くの人に、川上美保さんにあってほしい。



10月27日月曜日です。

https://www.facebook.com/events/700048413427598/


そして、
彼女を応援している人たちに、彼女の魅力を聞いて欲しい。


そこに、
成功するヒントが、たくさん聞けると思う。


https://www.facebook.com/events/700048413427598/



---------------------------------------------------------

今日の成功統計学:

言い続ければ、夢は叶う。

これは、言い古されている言葉だが、

実際に、目の前で、夢が叶ってしまうと、

言い始めた頃から知っている身としては、信じるしかない。

---------------------------------------------------------

Nameさん、
最後まで読んでいただき感謝いたします。



投稿直後、、、
いきなり全国2位になった、STORY.jpの只石のストーリー:
『〜出逢い前夜〜僕がひとりの女性と出逢い、それまでのドン底から、経営者になって代官山に住むまでの話。』
http://storys.jp/story/11578




株式会社レバレッジ 代表 只石


==========================================

□ 株式会社レバレッジNEWS □


■只石自身が2年前から通っている“ストレッチ専門店”が
 全国で検索できるようになりました

Newリリース!
全国のストレッチ専門店検索
http://www.stretchnavi.com/


■只石社長のiPhoneアプリがリリースされました!

今の会社に価値を見い出せずにくすぶっている20代へ向けた
情熱メッセージ動画のアプリです。

も〜仕事イヤだ!そんな悩みを解決してくれる
(LEVERAGE.Co.,Ltd.)
キャンペーン価格700円→100円
https://appsto.re/jp/zmE0U.i


■2014年11月13日(木)開催!
       @帝京大学
只石社長が初めて栃木に降り立つ!
【「情熱講演」in帝京大学】

  詳細:http://bit.ly/1hriu3l


■レバレッジ只石昌幸、初の電子書籍
 [Kindle版]
やりたいことの見つけ方 〜これを読み終わったら自分への期待で満たされる〜
amazon Kindle
カテゴリー1位獲得!
http://amzn.to/19jPaeT


■20代の人たちに向けた、只石の描きおろし小説が完成しました!!

これから社会に出る学生さん、20代の若者たちのために
書き上げた小説です。

これから社会に出る時、
眼に見えない不安や、未経験という恐怖の中、
主人公が
“自分自身”の中に、強みを発見し、
競争ではなく、自分の追求の中に、宝物を探し出すまでの
ストーリーです。

僕自身が、
就活をしたときに悩みぬき、
せっかく内定した会社をクビになり、
その後、
ドン底を経験したからこそ、生まれた小説です。

 詳細:http://www.lev.co.jp/books/

 ※これから起業や転職を考えている方にも
  読んでほしい、僕自身が、魂で書き上げた小説と自負してます!

==========================================



人は何度だって生まれ変わることができる。

そのきっかけは、
一人の人間との出逢いかもしれない。
一冊の本との出逢いかも知れない。

もし・・・
この『こだわり社長レター』がきっかけになるのであれば、

明日からの変わろうとする貴方の勇気と共に歩みたい。


今、
全国で、講演もさせてもらっております。

次回は、リアルにお会いしましょう!


情熱講演〜日本一、自分の可能性に気づける場所〜

   http://jyounetsu.tv/



Nameさん、ありがとうございます!


          株式会社レバレッジ 代表 只石




いつも、皆様からの応援メッセージには
心から励まされております。


私、只石へのご質問・ご意見は
このメールをそのままご返信いただければ
送信できます。
スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
確実に、すべてのメールは真摯に拝見しております。




ぜひ、
夢を信じてやまない友人や最愛の人に
こだわり社長レターをご紹介ください。

 ご友人の方が、配信登録するには
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/index.html




こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html



『誰もが、自分らしく自立した世の中をつくりたい!』



なお、
こだわり社長レターの文章を、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記するのは、ご自由にどうぞ。


今日まで、
本当に多くの方々のブログやミクシーにて
ご紹介いただいております。



『コピーライト』的な考えは僕にはありません。

どんどん、
コピーしてご使用ください。



僕だって、しょせん、
成功者からいただいたありがたいお言葉を
書かせてもらっております。

ただ、
転記の際は、出典元URLだけは明記してください。

【出典元URL】こだわり社長レター:
http://www.lev.co.jp/mail-magazine/




このメールマガジンは  E-Mail 宛にお送りしています。



現在の発行部数    xxxxxxx 部

本当に、本当に、いつも最後まで読んでいただき
感謝してます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎こだわり社長のメルマガ
 配信登録・停止はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/

配信先アドレスの変更はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

● こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/


〜人に火をつけられる情熱人材創造中〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 株式会社レバレッジ 代表 只石昌幸 tadaishi masayuki


投稿直後、、、
いきなり全国2位になった、STORY.jpの只石のストーリー:
『〜出逢い前夜〜僕がひとりの女性と出逢い、それまでのドン底から、経営者になって代官山に住むまでの話。』
http://storys.jp/story/11578


Mail: tadaishi@lev.co.jp Tel:090-2563-0502
1975年10月11日生まれ


只石昌幸Facebook :
《プライベートしか書いてません》http://www.facebook.com/kodawari


株式会社レバレッジ
オフィシャルHP :http://www.lev.co.jp
公式Facebookページ    :http://www.facebook.com/redlev
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎こだわり社長のメルマガ
登録メールアドレスの変更はこちらにて可能です。
【アドレス変更】⇒  http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

 配信停止・拒否はこちらで簡単に解除可能です
【配信停止・拒否】⇒  http://www.lev.co.jp/kaijo/

※なお、一旦停止するとメルマガは一切届きませんのでご注意ください