Nameさん


“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




僕は、
12年前に、、、、

パソコンに出会い、
ネットとつながり、

始めて、
見る側から、提供者側になったとき、

気づいた時には、
それが、仕事になっていた。



これを、“挑戦”と言えるのだろうか?

振り返って、
誰かが、僕の人生を説明してくれたら、挑戦と
位置付けてくれるかもしれない。


しかし、
あの当時の僕にとって、挑戦でも何でもなく、、、、


 『 目の前にチャンスがあったから、とにかくやってみた 』



挑戦というコトバって、
間違って捉えちゃうと、

目の前のことを無視して、
未来ばかり観ることになってしまう気がする。



挑戦とは
僕は、“目の前にある、やったことないことをやる”ことこそ、
未来を形作る挑戦になるんじゃないかな。




 トライアスロンに挑戦する。


 空手に挑戦する。


 講演に挑戦する。



すべて、
決めて、挑戦したんじゃなく、

ただ、、、

目の前の人がやっていて、
目の前の人から紹介され、
目の前の人が声をかけてくれたから、


やる!と、決められた気がします。





僕は、
最近、本当に、、、


 『 目の前のことを、どれだけ真剣にやるのか? 』


 『 今日、どれだけ本気で生きるのか? 』




未来を観るのも大事だけど、

やはり、
【この瞬間】の連続の先に、未来があると思います。





今、
僕は、とにかく
講演をすべてやめて、初心に戻り、
WEBの世界に、また、身をどっぷり投じようかと。



だから、
『今日、何するか?』が、はっきりする。

そして、
今日、どれだけ、決めたことを真剣にやり切るか。





これが、
僕の今年の挑戦です。




 「いつか、やろう!」


これを、
百万回、唱えるなら、



やったこと、
行ったことないお店、
会ったことない人、

それらを、
『今日』やるほうが、よっぽど、挑戦なんじゃないかな。




やったことないことをしよう!

今までやっていたことを違ったやり方でやってみよう!


そのためには、
もっと、もっと、考え抜こう!



---------------------------------------------------------

今日の成功統計学:

挑戦を大きなモノにしてしまうと、いつまでも動けないでいる。

挑戦を小さなモノにするんじゃなく、

大きな挑戦を小さく分断して、逆算して行動を決めたら、

あとは、それに従い、やり続ければ、大きな挑戦がいつか叶う。

---------------------------------------------------------

Nameさん、
最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================


□ 株式会社レバレッジNEWS □

■2014年2月4日(火)
  @田町
只石社長がいつもに増して本音で語ります!
「リーダーのホンネ」◆◆第6弾◆◆
〜3人のカリスマが贈る秘密のメッセージ〜

  詳細:http://on.fb.me/LIAxrO


■2014年3月開催予定!
  @早稲田大学
只石社長が早稲田大学での講演!
【「情熱講演」in早稲田大学】

  詳細:http://bit.ly/1jBWapH


■2014年5月開催予定!
       @明治大学
只石社長が明治大学での講演!
【「情熱講演」in明治大学】

  詳細:http://bit.ly/1a2Q1N0


■レバレッジ只石昌幸、初の電子書籍
 [Kindle版]
やりたいことの見つけ方 〜これを読み終わったら自分への期待で満たされる〜
amazon Kindle
カテゴリー1位獲得!
http://amzn.to/19jPaeT



■20代の人たちに向けた、只石の描きおろし小説が完成しました!!

これから社会に出る学生さん、20代の若者たちのために
書き上げた小説です。

これから社会に出る時、
眼に見えない不安や、未経験という恐怖の中、
主人公が
“自分自身”の中に、強みを発見し、
競争ではなく、自分の追求の中に、宝物を探し出すまでの
ストーリーです。

僕自身が、
就活をしたときに悩みぬき、
せっかく内定した会社をクビになり、
その後、
ドン底を経験したからこそ、生まれた小説です。

 詳細:http://www.lev.co.jp/books/

 ※これから起業や転職を考えている方にも
  読んでほしい、僕自身が、魂で書き上げた小説と自負してます!

==========================================



人は何度だって生まれ変わることができる。

そのきっかけは、
一人の人間との出逢いかもしれない。
一冊の本との出逢いかも知れない。

もし・・・
この『こだわり社長レター』がきっかけになるのであれば、

明日からの変わろうとする貴方の勇気と共に歩みたい。


今、
全国で、講演もさせてもらっております。

次回は、リアルにお会いしましょう!


情熱講演〜日本一、自分の可能性に気づける場所〜

   http://jyounetsu.tv/



Nameさん、ありがとうございます!


          株式会社レバレッジ 代表 只石




いつも、皆様からの応援メッセージには
心から励まされております。


私、只石へのご質問・ご意見は
このメールをそのままご返信いただければ
送信できます。
スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
確実に、すべてのメールは真摯に拝見しております。




ぜひ、
夢を信じてやまない友人や最愛の人に
こだわり社長レターをご紹介ください。

 ご友人の方が、配信登録するには
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/index.html




こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html



『誰もが、自分らしく自立した世の中をつくりたい!』



なお、
こだわり社長レターの文章を、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記するのは、ご自由にどうぞ。


今日まで、
本当に多くの方々のブログやミクシーにて
ご紹介いただいております。



『コピーライト』的な考えは僕にはありません。

どんどん、
コピーしてご使用ください。



僕だって、しょせん、
成功者からいただいたありがたいお言葉を
書かせてもらっております。

ただ、
転記の際は、出典元URLだけは明記してください。

【出典元URL】こだわり社長レター:
http://www.lev.co.jp/mail-magazine/




このメールマガジンは  E-Mail 宛にお送りしています。



現在の発行部数    xxxxxxx 部

本当に、本当に、いつも最後まで読んでいただき
感謝してます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎こだわり社長のメルマガ
 配信登録・停止はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/

配信先アドレスの変更はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

● こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/


〜人に火をつけられる情熱人材創造中〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
情熱講演、全国で開催中〜企画者、求む!〜
http://jyounetsu.tv/

 株式会社レバレッジ 代表 只石昌幸 tadaishi masayuki

Mail: tadaishi@lev.co.jp Tel:090-2563-0502
1975年10月11日生まれ


只石昌幸の講演:
《毎月開催中! 企画者募集中です》 http://jyounetsu.tv/

只石昌幸メルマガ〜こだわり社長の夢実現レター :
《読者数 約5,000人》   http://www.lev.co.jp/form/

只石昌幸Facebook :
《プライベートしか書いてません》http://www.facebook.com/kodawari

只石昌幸のツイッター  :
《フォロワー 約55,000人》 http://twitter.com/kodawari_ceo


株式会社レバレッジ
オフィシャルHP :http://www.lev.co.jp
公式Facebookページ    :http://www.facebook.com/redlev
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎こだわり社長のメルマガ
登録メールアドレスの変更はこちらにて可能です。
【アドレス変更】⇒  http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

 配信停止・拒否はこちらで簡単に解除可能です
【配信停止・拒否】⇒  http://www.lev.co.jp/kaijo/

※なお、一旦停止するとメルマガは一切届きませんのでご注意ください