Nameさん


“出る杭をつくる会社”株式会社レバレッジ
こだわり社長です。


いつも、本当に、本当にありがとうございます!




 『真っ暗のエンターテイメント』


と呼ばれる、
“ダイアログ・イン・ザ・ダーク”
って、ご存知ですか?




世界的に、
有名なエンターテイメントで、
日本には、
南青山にスタジオがあります。



参加者たちは、
完全に光を遮断した空間の中へ、
何人かとグループを組んで入り、
暗闇のエキスパートであるアテンドのサポートのもと、
中を探検し、
様々なシーンを体験します。

そして、
その過程で
視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、
コミュニケーションの大切さ・・・
人のあたたかさ・・・
研ぎ澄まれた五感・・・
を全身で感じます。


ダイアログ・イン・ザ・ダーク
http://www.dialoginthedark.com/




僕は、
数カ月前に、
ボクシング元世界チャンピオンの
飯田覚士さんから
教えてもらいました。

あの伝説のテレビ、
“元気が出るテレビ”の中の企画で、
シロウトから世界チャンピオンになった方です。



いつか、、、行こう。



そう思っていて、
ずっと、忘れてました。






ある日、
青山を走っていたら、
見た事あるロゴ。



そう、
“ダイアログ・イン・ザ・ダーク”の
会場を見つけたのです。





それが、
僕が、
ダイアログ・イン・ザ・ダークの
イベントに参加するきっかけでした。


ほぼ、
毎日、満員御礼のイベント。




すごいのが、
『暗闇』が、コンテンツのイベント。



真っ暗なのです!






指定された時間に会場に
向かうと、
8人組にされて、
さっそく、部屋の中へ。


部屋は、
信じられないくらい、真っ暗・・・




あのような
体験は、人生で初めてです。





しかも、
面白いのは、
真っ暗の部屋が、
かなり広いのですが
その中で、
いろいろな体験をします。

その
すべての体験において
僕らをアテンドする係の人こそ・・・



普段、
盲目の視覚障害者。



そうなんです。

僕らは、
視覚障害者の方が、
プロフェッショナルとして、
暗闇に不慣れな僕らをアテンドするのです。







信じられないくらいの
体験をたくさんします。



暗闇の中・・・




ぜひ、
みなさんにも体験してほしいです。

あれこそ、
体験しないと、
どんなに語っても届かないです。




世界30カ国で実施され、
今までに、延べ8万人の参加者が
体感する、
世界的なイベント。




 『 暗闇で全く視覚が閉ざされた中で、

   絶対に、日常では体感できない非日常を体感できます。 』





実際に、
どんな体験をするかは、
あえて、
ここには書きません。



でも、
僕らのチームを
最初から最後までアテンドしてくださった
視覚障害者の担当の方が、
イベント終了後の
なにげない会話の中で、
すごく、深いことを言っていました。


それは・・・



 『 自分の力で努力しようとする人ほど、

    イベント中の真っ暗の闇の中、

    声を出そうとせず・・・

    自分の居場所を知らせようとせず・・・ 

    他人を頼ろうとせず・・・

    すべてを、自分で解決しようとして、

    終始、迷い、あたふたしている場面が多い。』




先日も、
イベント終了後に、
会社の研修として、
20名くらいで参加された
ある会社の上司が、
こんなことを
言っていたみたいです。




 「私は、このイベントですごく、すごく大事なことを気付かされた。

   渡し橋を渡るとき、勇気を出して、“助けてほしい!”と

   言ったら、部下が助けてくれた。

   “助けて”のたった一言が、私はずっと言えずにいた。」






暗闇で気づくこと。

自分の未体験ゾーンで知ること。




僕自身、
ゴールである出口を出たとき、
心のそこから、
8人のチームに
感謝をした。


人は、一人じゃ生きられない。

人は、一人じゃ歩くことすらできない。



暗闇が、
僕に大きなことを教えてくれた。





 『 助けて欲しい。 』


 『 手伝って欲しい。 』


 『 僕にはできない。 』






くだらない
プライドを捨てて、
勇気を出して、
言えること。

これは、
実は、真の強さではないだろうか?



今回は、
とあるコンサルタントと、
新サービスの開発研究のための
見学として
このイベントに参加したが、
次回は、
我が社の社員、全員に体感して欲しいと
思えました。



ダイアログ・イン・ザ・ダーク
http://www.dialoginthedark.com/

南青山にあります。
非営利団体が運営しています。

---------------------------------------------------------

今日の成功統計学:

学校の勉強は、テストという形式で、

自分の実力を、他人に頼ることなく、試される。

しかし、

社会においては、自分の実力に頼る以上に、

他人の協力をどう得るか?というスキルが非常に大事に思う。

---------------------------------------------------------

Nameさん、
最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html



感謝と成長のレバレッジホールディングス
株式会社レバレッジ

代表取締役こだわり社長 只石

==========================================
□ 今月の株式会社レバレッジ □



《お勧め!!》
■■■ユーストリームテクニック集を差し上げます■■■
《当社のクライアントに配布しているために、完全に無料です》


ユーストリームで、12時間以内に生放送をして、
集客や告知に活用するマル秘テクニック集

ユーストリームの使い倒し方:

http://www.brand-produce.jp/how-to-ustream/


※完全無料でダウンロードできます。
※対象は、全く使ったことない人となっております。



■■■本田健さんのオフィスで出逢った奇跡の写真■■■

本田健さんのオフィスに
伺ったときに、壁に飾ってあった
“赤富士”の写真。

情熱大陸に出演された有名写真家の作品でもあり、
経営者たちが、縁起が良いと飾っている写真。

僕らは、
自立し、経営者マインドで挑戦する方々に、
日本一、縁起の良い写真を提供し続けたい!


◆赤富士に浮遊する龍の奇跡の写真:
http://red-concierge.jp/

==========================================




人は何度だって生まれ変わることができる。

そのきっかけは、
一人の人間との出逢いかもしれない。
一冊の本との出逢いかも知れない。

もし・・・
この『こだわり社長レター』がきっかけになるのであれば、

明日からの変わろうとする貴方の勇気と共に歩みたい。



Nameさん、ありがとうございます!


感謝と成長のレバレッジホールディングス
株式会社レバレッジ 代表取締役こだわり社長 只石




いつも、皆様からの応援メッセージには
心から励まされております。


こだわり社長へのご質問・ご意見は
このメールをそのままご返信いただければ
送信できます。
スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
確実に、すべてのメールは真摯に拝見しております。




ぜひ、
夢を信じてやまない友人や最愛の人に
こだわり社長レターをご紹介ください。

 ご友人の方が、配信登録するには
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/index.html




こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html



『一人一人が積極的に生きれば、日本は絶対に変わる!』



なお、
こだわり社長レターの文章を、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記するのは、ご自由にどうぞ。


今日まで、
本当に多くの方々のブログやミクシーにて
ご紹介いただいております。



『コピーライト』的な考えは僕にはありません。

どんどん、
コピーしてご使用ください。



僕だって、しょせん、
成功者からいただいたありがたいお言葉を
書かせてもらっております。

ただ、
転記の際は、出典元URLだけは明記してください。

【出典元URL】こだわり社長レター:
http://www.lev.co.jp/mail-magazine/




このメールマガジンは  E-Mail 宛にお送りしています。



現在の発行部数    xxxxxxx 部
次の目標はデッカく・・・  発行部数 10,000 部!!

いっきに、倍だ!!

本当に、本当に、いつも最後まで読んでいただき
感謝してます。


レバレッジ行動指針〜改善・継続・おもてなし〜
僕たちは、たった一度の人生のだからこそ、日々の行動を極める!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
感謝と成長のレバレッジホールディングス
“出る杭をつくる会社”株式会社レバレッジ

代表取締役こだわり社長   只石 昌幸 tadaishi masayuki


1975年10月11日生まれ 群馬県群馬郡群馬町出身 A型


◎こだわり社長のメルマガ
 配信登録・停止はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/

配信先アドレスの変更はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

● こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/

【出版な夢】 2011年度中、人生初出版&100万部
【華麗な夢】 2011年度中、『祝い花』ビジネスにおいて日本一!
【直近な夢】 2011年度中に、2,000名講演実行
【趣味な夢】 2011年度中、ホノルルセンチュリーライドにて完走
【施設な夢】 2012年度中、旧軽井沢地区に研修センター
【社員な夢】 10社100名のグループ会社において社長排出
【家族な夢】 南青山三丁目に一軒家ガレージ付き&軽井沢ライフ
【究極な夢】 200名の社長ブランディング
【社会な夢】 渋沢栄一を超す1,000社の起業ブランディング
【改革な夢】 日本を世界に誇れるブランド王国へ

こだわり  >> こだわりの人生以外、無意味。と僕は思う。


こだわり社長グルメブログ  :http://ameblo.jp/lev/
こだわり社長の夢実現レター :http://www.lev.co.jp/form/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【株式会社レバレッジ経営ミッション】

“ 出る杭をつくる! ”


私たち、株式会社レバレッジではこんなことやってます↓↓
http://www.lev.co.jp/contents/index.html


感謝と成長のレバレッジホールディングス
株式会社レバレッジ

 東京都港区西麻布3-1-18 RD西麻布ビル4F
 Tel:03-5771-6633
 Fax:03-5771-6634

《作戦会議室》:
 東京都港区南青山4-15-40-301

オフィシャルHP :http://www.lev.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎こだわり社長のメルマガ
登録メールアドレスの変更はこちらにて可能です。
【アドレス変更】⇒  http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

 配信停止・拒否はこちらで簡単に解除可能です
【配信停止・拒否】⇒  http://www.lev.co.jp/kaijo/

※なお、一旦停止するとメルマガは一切届きませんのでご注意ください