Nameさん


“出る杭をつくる会社”株式会社レバレッジ
こだわり社長です。


いつも、本当に、本当にありがとうございます!






4月2日、早朝・・・





僕らは、
陸前高田市に到着した。


車は、
ワンボックスのロングが2台。

荷台には、
隙間がないくらい
詰め込まれた物資の山を積み上げて。





陸前高田市は、
風光明媚の港町と聞いていた。

リアス式海岸なる入り組んだ地形が、
美味しい魚介類をこの街にもたらす。






しかし、
4月2日の僕らは緊張していた。

テレビでしか見たことがない
世界が、
陸前高田市にはある。

今の陸前高田市は、
テレビでは、
津波にすべてを奪われた街。




僕らは、
東京を出発し、
10時間近くをかけ
やっと、陸前高田市に入った。

正直、
僕のイメージと違った。

高速において、
数カ所、亀裂のせいか、
車がはねたりと地震の余波が
残っていたが、
それ以外は、いたって、普通の光景。


壊れた家もなければ、

崩れ落ちた塀すらない。


陸前高田市に入った後も、
そのような風景が、ずっと続いていた。



正直・・・



 テレビって、本当か?



車中での会話は、
ずっと、
車から見える風景が
普通すぎてしまうからこそ、
疑いの会話ばかり。

最後には、笑いながら


 「テレビの映像って、映画のセット??」



そう、

不謹慎にさせてしまうくらい、
陸前高田市の風景は、普通だった。


陸前高田市と言えば、
テレビで、何度も何度も
甚大な被害を被って、登場した街。


なのに、、、、

僕らの前に広がる街並みに普通。

コンビニもやっていれば、
スーパーも開いている。





正直、
疑いながら車を走らせていると、
目の前に、
焚き火らしい煙がひとすじ見えた。

正直、
あまりにものどかすぎて、
その
焚き火らしき煙が、
焼き芋でも焼いているくらい思っていた。







しかし・・・・






その煙のたつ向こう側が
目に入った。

その瞬間、
僕は、口がふさがらなくなった。








焚き火と思った煙の先に、
『何も見えない』のだ。






そう、何もない・・・・






家がない・・

車がない・・

駅すらない・・







すべて、津波が飲み込んだ。








あまりの
さきほどの風景とのギャップと、

あまりに
人生において見たことのない風景に、

仲間たちと、
口を覆ってしまった。




 「これが、津波で受ける被害なのか?」





もちろん、
僕は、ほかの方々と同じように
テレビで、
今回の津波を見ている。

津波が過ぎ去っていった
街の瓦礫状態もみている。



しかし、
テレビで観る風景のレベルを超えていた。



車から降りて
360度見渡した。



海が見えない・・・

なのに、

360度、津波にやられてなにもない。



こんな、
海から遠い場所で、
ここまで津波がすべてを奪うのか・・・・





おそらく、
どんな表現をここでしても、
伝えることができないくらいの
情景だった。


僕らは、
みな
自然に涙を流していた。






でも、
僕らは、
この情景を見に来たわけじゃない。

僕らは、
役目がある。

そう、
みなさんから預かった
救援物資を、現地の被災者の方々に
届けること。






しかし、
体が動かない。

僕は、
力なく座り込んでしまうくらい、
意識してないと、
立ってもいられなかった。




僕は、
ニュースやネットで
何度も見ていたはず。

しかし、
目の前の情景は、
映像とは一切、違っていた。

事実が違うとか、そういうものじゃなく、
受け入れられないくらいの衝撃。





東京に帰ってきて
3日目。

僕は、今でも戦っている。

経営者として
やるべきことをする生活。

ただ、
常に頭には
津波の被害の残像と、
向こうで見てきた被災者さんたちの様子。

でも、
日常が目の前にある・・・



正直、
まだ、心の整理がついてません。


救援物資を
現地の方々に届けてきた報告は、
次回のメルマガでさせてください。

----------------------------------

たくさんの方々に、ご協力を頂きました!

救援物資を直接持ってきていただいた方・・・

遠方から物資を郵送してくれた方・・・

わざわざ、来るついでに購入してきた方・・・

Twitterで拡散してくださった方・・・


本当に、
本当に、感謝しております。


お陰で、
被災地で、たくさんの笑顔が生まれました。


感謝!!

----------------------------------




ただ、ひとつだけ、今、伝えられることがあります。






それは・・・

僕は、もう一度、現地に行きます。




理由は、
ただ、ただ、僕が見た状況を
ただ、ただ、僕にできることがないかと、行動するため。




僕は、経営者。

しかし、それと同じに、日本人である。

日本人として、できることをやりたい。



往復の疲労、、、

現地での気遣い、、、

劣悪な環境、、、

危険だってあるかもしれない。


しかし、僕は、もう一度、行きます。




今度は、
物資を届けるのではなく、愛と笑顔を届けるため。


前回は、
物資を届けて、たくさんの方から感謝をされた。



しかし、
あの日、
被災地の避難場所の体育館で、
毛布にくるまって、
ただ、ただ、座っているお年寄りの方々が
今でも、気になって仕方ない。



僕は、
ある芸能人に声をかけた。

お年寄りに絶大な人気の芸能人。

そのかたが、即答してくれた。


「私、行きたい!!」




次回、 4月15日。

また、行ってきます!!



※なお、僕達が、東京を出発して、被災地に入り、
 救援物資を届けるまでのすべての記録が、Twitterにあります。

 こだわり社長Twitterにおける救援物資を届けたすべての記録
 
 : http://bit.ly/gK63Km 

---------------------------------------------------------

今日の成功統計学:

僕らは、自然の驚異の前では無力でしかない。

しかし、僕らも驚異的な自然の一部。

必ずや、驚異的な復興を遂げるに違いない。

復興は、他人がやることじゃない。そう・・自分がやること!

---------------------------------------------------------

Nameさん、
最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html



感謝と成長のレバレッジホールディングス
株式会社レバレッジ

代表取締役こだわり社長 只石

==========================================
□ 今月の株式会社レバレッジ □



《お勧め!!》
■■■ユーストリームテクニック集を差し上げます■■■
《当社のクライアントに配布しているために、完全に無料です》


ユーストリームで、12時間以内に生放送をして、
集客や告知に活用するマル秘テクニック集

ユーストリームの使い倒し方:

http://www.brand-produce.jp/how-to-ustream/


※完全無料でダウンロードできます。
※対象は、全く使ったことない人となっております。



■■■本田健さんのオフィスで出逢った奇跡の写真■■■

本田健さんのオフィスに
伺ったときに、壁に飾ってあった
“赤富士”の写真。

情熱大陸に出演された有名写真家の作品でもあり、
経営者たちが、縁起が良いと飾っている写真。

僕らは、
自立し、経営者マインドで挑戦する方々に、
日本一、縁起の良い写真を提供し続けたい!


◆赤富士に浮遊する龍の奇跡の写真:
http://red-concierge.jp/

==========================================




人は何度だって生まれ変わることができる。

そのきっかけは、
一人の人間との出逢いかもしれない。
一冊の本との出逢いかも知れない。

もし・・・
この『こだわり社長レター』がきっかけになるのであれば、

明日からの変わろうとする貴方の勇気と共に歩みたい。



Nameさん、ありがとうございます!


感謝と成長のレバレッジホールディングス
株式会社レバレッジ 代表取締役こだわり社長 只石




いつも、皆様からの応援メッセージには
心から励まされております。


こだわり社長へのご質問・ご意見は
このメールをそのままご返信いただければ
送信できます。
スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
確実に、すべてのメールは真摯に拝見しております。




ぜひ、
夢を信じてやまない友人や最愛の人に
こだわり社長レターをご紹介ください。

 ご友人の方が、配信登録するには
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/index.html




こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html



『一人一人が積極的に生きれば、日本は絶対に変わる!』



なお、
こだわり社長レターの文章を、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記するのは、ご自由にどうぞ。


今日まで、
本当に多くの方々のブログやミクシーにて
ご紹介いただいております。



『コピーライト』的な考えは僕にはありません。

どんどん、
コピーしてご使用ください。



僕だって、しょせん、
成功者からいただいたありがたいお言葉を
書かせてもらっております。

ただ、
転記の際は、出典元URLだけは明記してください。

【出典元URL】こだわり社長レター:
http://www.lev.co.jp/mail-magazine/




このメールマガジンは  E-Mail 宛にお送りしています。



現在の発行部数    xxxxxxx 部
次の目標はデッカく・・・  発行部数 10,000 部!!

いっきに、倍だ!!

本当に、本当に、いつも最後まで読んでいただき
感謝してます。


レバレッジ行動指針〜改善・継続・おもてなし〜
僕たちは、たった一度の人生のだからこそ、日々の行動を極める!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
感謝と成長のレバレッジホールディングス
“出る杭をつくる会社”株式会社レバレッジ

代表取締役こだわり社長   只石 昌幸 tadaishi masayuki


1975年10月11日生まれ 群馬県群馬郡群馬町出身 A型


◎こだわり社長のメルマガ
 配信登録・停止はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/

配信先アドレスの変更はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

● こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/

【出版な夢】 2010年度春、”レバレッジ本”にて人生初出版&30万部
【華麗な夢】 2010年度中、『祝い花』ビジネスにおいて日本一!
【直近な夢】 2010年度中に、2,000名講演実行
【趣味な夢】 2010年度中、ホノルルセンチュリーライドにて完走
【施設な夢】 2011年度中、旧軽井沢地区に研修センター
【社員な夢】 10社100名のグループ会社において社長排出
【家族な夢】 南青山三丁目に一軒家ガレージ付き&軽井沢ライフ
【究極な夢】 200名の社長ブランディング
【社会な夢】 渋沢栄一を超す1,000社の起業ブランディング
【改革な夢】 日本を世界に誇れるブランド王国へ

こだわり  >> こだわりの人生以外、無意味。と僕は思う。


こだわり社長グルメブログ  :http://ameblo.jp/lev/
こだわり社長の夢実現レター :http://www.lev.co.jp/form/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【株式会社レバレッジ経営ミッション】

“ 出る杭をつくる! ”


私たち、株式会社レバレッジではこんなことやってます↓↓
http://www.lev.co.jp/contents/index.html


感謝と成長のレバレッジホールディングス
株式会社レバレッジ

 東京都港区西麻布3-1-18 RD西麻布ビル4F
 Tel:03-5771-6633
 Fax:03-5771-6634

《作戦会議室》:
 東京都港区南青山4-15-40-301

オフィシャルHP :http://www.lev.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎こだわり社長のメルマガ
登録メールアドレスの変更はこちらにて可能です。
【アドレス変更】⇒  http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

 配信停止・拒否はこちらで簡単に解除可能です
【配信停止・拒否】⇒  http://www.lev.co.jp/kaijo/

※なお、一旦停止するとメルマガは一切届きませんのでご注意ください